サイレンススズカの競走成績の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, サイレンススズカの故障はなぜ発生したと思いますか? ダンジョンの中でしかできないんでしょうか?, パズドラで、炭治郎テンプレを作りたいんですけど、何をどう組めばいいのか分からないので、誰か組んでいただきです。よろしくお願いします。, パズドラのことについて質問させていただきます。現在開催されている鬼滅コラボキャラは、それぞれ何体ずつ確保すべきでしょうか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10143921930. サイレンススズカのミドルペースはg1級の他馬であっても超ハイペースになってしまいます。3コーナー手前の隊列が次の写真。これがg1レースとは思えません、、、 先頭サイレンススズカから2番手までが10馬身、中断に構える馬群までは15〜20馬身差です。 今回は特別編としてサイレンススズカ(がもし種牡馬になっていたら)という考察しても仕方ない馬を考察したいと思う。, ちなみに何故考察しても意味のないサイレンススズカを取り上げたかというと色々あるのだが、(血統オタクとしては)サイレンススズカ の死が未だに残念過ぎるから。, サイヤーオブサイヤーとしては、ディープインパクトより子孫を繁栄させていたのではないか?等々未だに夢想することがある。, 秋天での最終コーナーの先にはどれほどの衝撃が待っていたのか、日本レコードを出せていたのか?, 今回は特別編としてその美しきサラブレッド、サイレンススズカ の最終コーナーの向こう側に迫りたい。, http://db.netkeiba.com/horse/ped/1994103997/, ※代表産駒にスズカドリーム (牡 父サンデーサイレンス) 2勝  ストライクイーグル(牡7) サイレンススズカ(英: Silence Suzuka、香港表記:無聲鈴鹿、1994年5月1日 - 1998年11月1日)は日本の競走馬。 満を持した事故レースの秋天は、前半59秒で十分勝てたと思いますけどね。, 競馬・509閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 '19/11/9 デイリー杯2歳S(GⅡ) 京都 芝1600, [エンジェルウィング] 2歳12月 4戦目 大きなアクションに大きな走りで応える!. サイレンススズカは大逃げが持ち味で、その気持ち良いほどの大逃げは人々の心をつかみました。, サイレンススズカは4歳になってその才能に磨きをかけていきましたが、一方では若き世代も台頭。, エルコンドルパサーとグラスワンダーという3歳馬2頭は、それぞれ無敗で同世代のG1を制していました。, 後に凱旋門賞で2着になるエルコンドルパサーを下し、またG1・4勝を挙げることになるグラスワンダーも下した毎日王冠も名レースの一つとして数えられると思います。, そんな彼は3歳暮れの香港遠征から武豊騎手を背に迎えると、大逃げのレースを展開していくことになります。, そして通常なら止まってしまいそうなペースで大逃げを打っていきますが、それでもサイレンススズカは残ってしまう。, 後に武豊騎手をして「逃げて差す」と言わしめることになりますが、当初は粗削りだった大逃げのスタイルも徐々に完成しつつありました。, 一方では若い世代の台頭も著しく、エルコンドルパサーやグラスワンダー、スペシャルウィークやセイウンスカイといった面々がサイレンススズカの1つ下世代で凌ぎを削っていました。, 後にこの世代は「最強世代」の一つと評されることになりますが、エルコンドルパサーはこの時点ではNHKマイルを勝ったばかりで、後に2400mでジャパンカップを制することになり、凱旋門賞で2着になることはこの当時はまだ知る由もないことでした。, またグラスワンダーも後にグランプリを3勝(有馬記念2勝、宝塚記念1勝)することになりますが、毎日王冠では前年暮れの朝日杯からの休み明けではあり、今から振り返るとローテーションからは順調さを欠いていたことを伺わせます。, とはいえ2頭とも無敗でG1を制していたことに違いはなく、その存在感やスター性は充分で、, この毎日王冠では古馬のサイレンススズカと無敗の3歳馬2頭の対決に注目が集まることになります。, このレースを見るために競馬場を訪れたファンは13万人とG1並みの観客動員数でしたが、ゲートが開くとサイレンススズカは2番枠からいつもの逃げを打っていき、, 後続を離した大逃げになっても不思議ではないペースでしたが、このレースでは他のジョッキーもサイレンススズカをマークしていたのか、特別に後続を離した大逃げではないままにレースは進んでいき、, 通常ですとこうした局面では、ハイペースで逃げていた馬は後続の各馬に飲み込まれていくものですし、早めに押し上げてきたのはあのグラスワンダー。, ここからどうなる?という最も緊張感のある局面でしたが、しかし直線に向いてもサイレンススズカの脚色は衰えることなく、逆に後続を突き放しにかかりラスト3ハロンを35秒1でまとめると、, 2着になったエルコンドルパサーに2馬身半の差をつけてゴールを駆け抜け、無敗の3歳馬2頭の挑戦を退けて勝利を挙げることになります。, またグラスワンダーも早めに前に行く積極的な競馬で勝ちに行く姿勢を見せましたが5着と敗退することになり、無敗の3歳馬2頭はこの毎日王冠でサイレンススズカに初めて敗北を喫することになりました。, とはいえエルコンドルパサーは休み明けはあまり良くない馬で、後に管理していた二ノ宮調教師は以下のように語っています。, またグラスワンダーも前年の朝日杯からの休み明けでもありましたので、このレースだけで3頭の勝負付けが済んだと考えるのは早いのかもしれませんが、, ただサイレンススズカも休み明けで59kgを背負っての勝利ですし、サイレンススズカのファンの方にとってはエルコンドルパサー、グラスワンダーというスーパーホース2頭を破った一戦として大切な位置づけの一戦ではあると思います。, 12.7 – 11.0 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 11.6 – 11.4 – 12.1, 1000m通過は57秒7。2ハロン目から5ハロン目までは11秒台のラップを続けていて、5ハロン目-11秒7、6ハロン目-12秒1とここで若干遅いラップになりますが、, ラスト3ハロン目からは11秒6-11秒4と再び加速して後続を突き放し、ゴール直前はやや流し気味でラスト1ハロンも12秒1でまとめています。, 「逃げて差す」と武豊ジョッキーが言うのもうなずけるラップで、ただ逃げて差すと言っても並みの逃げではありませんし、これだけ速いラップを刻みながらもラストの3ハロンを35秒1でまとめるというのも驚きで、, ハイペースで逃げながら、なおも最後に脚を使えるところにサイレンススズカの凄みを感じます。, 強い先行馬も速いペースで前で競馬をしながら、最後もさらに伸びる競馬を見せますので「負けにくい」スタイルだと思いますし、, 名馬は長く良い脚を使うと言われますが、2000m前後でこれだけスピードの持続力があると後続はなす術がないと言いますか、, 瞬発力勝負を選んで後ろでじっと構えすぎればサイレンススズカとの距離が離されすぎてしまいますし、かといってサイレンススズカを追いかければそこで脚を使わされてしまいます。, どちらにしてもサイレンススズカを負かすなら、サイレンススズカ並みに長く良い脚が使えることが必須条件になると考えられますし、サイレンススズカは負かすことが難しい馬だったことは確かだと思います。, 負かすことが難しいサイレンススズカだと思いますが、彼の走りを止めたのは他ならぬ彼自身でした。, 走る馬ほど故障のリスクは付き物ですし、その素質ゆえに起こった悲劇だとは思いますが、, 競走馬として生まれてきたこと、そして精一杯の大逃げのスタイルで勝ち続けてきたことにも心の底から納得して、そして満足して天寿を全うしてくれたのではないか?, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. これはいくらなんでも、無理だったのじゃないかと。つまり、あまりスピードスピードというけど、馬体がそれに耐えられる以上のことをしてしまったと思うのですが、どうですか? [クローヴィス] 2歳10月 デビュー戦 京都5R(芝2000m)を東京競馬場から観戦... [アップライトスピン] 4歳7月 8戦目 新潟9R・糸魚川特別に福永騎手で出走しました... [クローヴィス] 2歳10月 京都5R ・芝2000mを坂井瑠星騎手でデビューします... [出資検討] 2020年度キャロット1次募集結果!10頭申し込みで○頭出資確定しました!... [レッドベルオーブ] 2歳3月 天栄経由でノーザンファームしがらきに移動!+19年11月牧場見学写真... [アランブレラ] 5歳9月 中山9R・白井特別(芝1800)に横山武騎手で出走します. 「 サイレンススズカに会いに行く 」 : 自分にはこれが真っ先に思い浮かびました。 「競走馬のふるさと案内所」なるサイトで情報が確認できます。 目的地は サイレンススズカ の生産牧場でもある平取町の … 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); <a href="http://amazoo.longseller.org/">Amazoo - Amazonランキング・キーワード検索ブログパーツ</a> 2歳馬キアレッツァです。 競馬王のPOG本 2020-2021 まずは近況から。 18/10/23  NF天栄 トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~ ... 天栄見学、最後はチャームクォークでした。 去年夏の見学時にはまだ北海道にいたので、初対面になりました。 一口馬主&POG攻略読本 愛馬選びはここを見よ! WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? サイレンススズカの故障はなぜ発生したと思いますか?私は、前年の秋天が無事で、故障の年と何が違ったかというと、体重440弱から450に達しています。前半1000のラップが、58秒から57秒になっています。これはいくらなんでも、無理だったのじゃないかと。つまり、あまりスピードス … 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス. サイレンススズカ(1994年05月01日生まれ、牡馬、父サンデーサイレンス、母ワキア)5代血統表、次走報、予想に役立つ条件別データが無料でみられます! '20/5/20 大井記念(SⅠ) 1着 大井 ダ2000, レッドベルジュール(牡2) サイレンススズカは大逃げが持ち味でその気持ち良いほどの大逃げは人々の心をつかみました。サイレンススズカは4歳になってその才能に磨きをかけていきましたが一方では若き世代も台頭。エルコンドルパサーとグラスワンダーという3歳馬2頭はそれぞれ無敗で同世代のG1を制していました。 芝1600m 戦を圧勝。ちなみに2着はのちに重賞でも活躍し1億稼いだパルスピード。一躍注目の的となる。, 今でもハッキリと覚えているが競馬ブックの寸評で上村騎手談「こんな凄い馬に乗ったことがない」と書いてあった。衝撃のデビュー。, 2戦目にはなんと弥生賞へ。ゲートを潜ってしまい発走しなおし。気性の荒さが仇となり全く競馬にならず。ただ凄いのはキャリア1戦で2番気になったこと。期待の高さが既にうかがえる。, 3戦目は500万、芝2000m。単勝1.2倍。またもや衝撃の走りで余裕の勝利。タイム差 -1.1秒。唯一の重馬場での競馬であり、パワーもあることをこのレースで示している。, ちなみに20年前のこの日、若かりしおくやんは祇園のウインズ京都に行っていた。サイレンススズカのレースを注目して見ていたがやはり衝撃を感じた。, また、高校の同級生で私に競馬やパチンコを教えてくれた悪友に偶然にも出会った。卒業以来の再会。, そんなことをハッキリと思いだせるのだから、サイレンススズカはすでに私の中で非常に興味のある競走馬であったのだろう。, ともかくこの後、気性面の問題など紆余曲折があり、真の伝説が始まるのは約10ヶ月後のバレンタインSから。騎手は武豊に前レースの香港国際Cから乗り替わり。, ここをタイム差0.7秒と危なげなく勝つと、その後怒涛の6連勝。その内容が凄い。中山記念(G2)、小倉大賞典(G3) を危なげなく勝つと、かの有名な語り草となっている伝説の金鯱賞(G2) 。, ミッドナイトベット、タイキエルドラド、 テイエムオオアラシ、ナムラホームズ、マチカネフクキタル、トーヨーレインボーと決して相手は弱くなかった。というか強いくらいのメンバー。, 中山記念(G2)、小倉大賞典(G3)が1.4倍、1.2倍の倍率に比べ金鯱賞は2.0倍もついているのは、距離が200m伸びたのもあるだろうがメンバーも揃っていたからだろう。, しかし、そんなことは全く関係なく超ド級圧勝。1頭だけ別のレースを走っているかのようなレースだった。そのタイム差なんと-1.8秒!?・・・ 。タイムも1:57.8 と非常に速い。, ラップ    12.8 - 11.2 - 11.2 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 12.0 - 12.4 - 11.7 - 12.2, ペース    12.8 - 24.0 - 35.2 - 46.7 - 58.1 - 69.5 - 81.5 - 93.9 - 105.6 - 117.8, を 58.1秒で通過し次の1Fを11.4秒、そして少しペースを緩め12.0秒、 12.4秒と1600m 地点で1,33.9で通過。凄いのはこの殺人ペースを刻みながら、尚且つ次の1Fを11.7 と再加速し1800m地点で1,45.6秒。この殺人ペースで走りながら最後も12.2秒と全く失速せず、1,57.8の時計で走破している。上り3F36.3。, 2着のミッドナイトベットの上り3Fが36.2、3着のタイキエルドラドが36.3。その2着ミッドナイトベットを-1.8秒突き放しての上り3Fのタイムが0.1秒しか変わらない。大逃げをしている馬が2着の馬と上り3Fのタイムが0.1秒しか変わらなければ圧勝するのも当然の結果。, そして次走の2200mと更に1F延長の宝塚記念を代打の南井でG1馬となる。ちなみに宝塚記念が唯一のG1勝ちだが、このレースがほとんど取り上げられないのは面白い。, ステイゴールドやエアグルーヴなど決して弱いメンバーでないG1での勝利がサイレンススズカの伝説の主役でないのは改めて不思議な馬だ。, 今気付いたが、このブログを書いている日が5月1日。サイレンススズカの誕生日は5月1日。どうでもいい偶然だ。, ともかく遅生まれで、デビュー時436Kgから徐々に体重を上げていき最後のレース天皇賞・秋では450Kgであることからも成長曲線は緩やかな晩成だったように思える。, 個人的にJCも勝てていたと思っている。勿論1800m~2000mがベストパフォーマンスを魅せられる距離だと思うがスタミナも十分にあった馬だと思う。(ラップタイムは一つの証左), 1600mよりは2400mの方が向いていた馬だとも思う。荒い気性とあまりにもスピードがあった為、中距離馬の印象が強いが血統からも私はスタミナにも優れていたと感じている。, 話しを戻して、金鯱賞とともにサイレンススズカの伝説に欠かすことのできない毎日王冠を迎える。単勝は1.4倍。あの名馬、エルコンドルパサー(57Kg)やグラスワンダー(55Kg)がいてのこの倍率は凄い。, サイレンススズカは最も重い斤量(59Kg)。59Kgを背負わされることさえ余りないと思うが、しかも馬格がない上でのこの斤量は過酷だ。しかし、そんなことは全く関係がなかったのは皆様もご存じの通り。タイム1:44.9という、えげつないタイムで2着エルコンを -0.4秒離して子供扱いに。下記ラップが凄まじい。, ラップ    12.7 - 11.0 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 11.6 - 11.4 - 12.1, ペース    12.7 - 23.7 - 34.6 - 46.0 - 57.7 - 69.8 - 81.4 - 92.8 - 104.9, 1000m通過が 57.7というこれまた殺人ペースで逃げている。とてもこのペースでついて来れる馬はいまい。1200mまで 12.1とほんの少しだけペースを落としそこから再加速。1400mまでを11.6(1,21.4秒で通過)1600mまでを11.4(1,32.8)とさらに再加速している。, 1,32.8は安田記念を勝ってもおかしくはないタイム。しかも安田記念のハンデは牡馬58Kgなので、59Kgを背負ってのこの通過タイムは驚きだ。そして最後の1Fを12.1秒でしめている。, ちなみに単純計算で1:44.9に毎日王冠で仮に一番遅いスタートから1Fのラップ12.7を足すと、2000mで1,57.6で走れている計算になる。次走の秋天のオフサイドトラップの勝ち時計は1:59.3。上の仮想計算では1,57.6と-1.7秒も速く走れていた計算になる。, 勿論これは仮想であり、歴代の天皇賞・秋をこれより速いタイムで勝利した馬は何頭もいる訳だし、馬場の差や相手関係にもより、勝ちタイムやラップのみで競走馬の真の実力は測れないのだが、このレースで次走JCを楽勝するエルコンドルパサー(57Kg)を子供扱いにしたパフォーマンスと重ね合わせると、最後のレースとなる秋天の最終コーナーの先にある筈であった光景と走破タイムを想像せずにはいられない。, ちなみに毎日王冠の上り3Fはサイレンススズカが35.1秒。2着のエルコンドルパサーがレース最速で35.0秒。斤量の差が2Kg ありながら0.1秒しか変わらない。これを物差しにしてもどれだけサイレンススズカの能力が突出していたか、もう語る必要はないだろう。, 持久力のあるスピードと底力は母父Miswaki の影響が大きいだろう。Miswaki は母父として非常に優秀で現在欧州に君臨しているGalileo とその異父弟Sea The Stars を母Urban Sea の母父として現代に伝えている。, 母父Miswaki はスピード・早熟性を伝えるミスプロの産駒としては珍しくスタミナ・底力を伝えている。父としても日本ではマーべラスクラウンが有名。, 母母父Ack Ack は5代血統内にSir Gallahad、Sickle、Pharos と近代競馬に大きな影響を与えているクロスを持っている。父サンデーの母系は超がつくほどのマイナー血統であり(それが嫌われて日本に来た背景がある)Ack Ack の血がそれを上手くサポート出来たのかもしれない。, 4代母の父はNever Bend 。父がNasrullah であり、豊かなスピードを産駒に伝える。個人的な感覚として柔らかさも伝えやすいように感じる。日本の馬場と非常に親和性が高い。, 5代母の父Tudor Minstrel も現代競馬に多大な影響を及ばしている偉大な馬。スタミナを誇るHyperion の子孫としては珍しくスピードを強く伝える種牡馬。, このように(大雑把だが)サイレンススズカは母系から、母父Miswaki のスタミナ・底力やAck Ack のサポート、Never Bend のスピードと柔らかさ(日本競馬との親和性)、ボトムラインに潜むTudor Minstrel のスピードを受け継いだのではなかろうか。, この母系につらなる4頭の種牡馬はどれも母系に入って素晴らしいサポートをする血脈に感じる。サイレンススズカの傑出した持久力のあるスピードは父サンデーの傑出した遺伝力と母系からも現代に大きな影響力を持つ種牡馬から、その能力を上手く引き継いだのではないだろうか。, 最後にTurn-to のクロスに迫りたい。サイレンススズカは5代血統内に唯一Turn-to のクロス, ちなみに私はサイレンススズカの核というか源は父サンデーサイレンスだと考えている。荒い気性、中距離を一気に駆け抜けるレースぶりはサンデーの代表産駒の中で一番父に似ているように感じる。(父サンデーサイレンスの現役時の馬体重を調べてみたが検索できなかったので記憶に頼るが確か中型の競走馬だったように思う), サイレンススズカも最高馬体重も452 Kg と牡馬では小柄な方で、見た目のイメージ以外はかなり父に似ている印象がある。, サイレンススズカにあるTurn-to は父サンデーの3代父にあたる。このシンプルな一本のクロスがサイレンススズカが競走馬として父サンデーの強力な遺伝力をシンプルに受け継いだのではなかろうか。, Turn-to の代表産駒はHail to Reason、Sir Gaylord など。Royal Charger →Nearcoに行きつくこのラインは近代競馬で最も繁栄している始祖と言える。現在の競走馬の90%以上がNearco の血を含むのだ。, ディープの産駒などサンデーの孫はHalo のクロスを持つ馬の活躍が目に付く。Halo の2代父がTurn-to な訳で、根拠も浅く、仮説、自説、推測の域をでないがTurn-to のクロスがサイレンススズカの能力に大きな影響を及ぼしたのでないかと、考えている。, ちなみに何故サンデー系とNorthern Dancer が相性がいいのか。単純にNorthern Dancer がフィリーサイヤーとしても非常に優秀なことも多分にあるが、サンデーの父父母がAlmahmoud でNorthern Dancer の母母がAlmahmoud であるので、必然的にサンデー×母系にNorthern Dancer はAlmahmoud のクロスになるところが大きいのだろう。更に深く入るとサンデーはMahmoud(Almahmoud の父)のクロスを持っている。, Northern Dancer クロスを持っている繁殖牝馬とかければ必然とMahmoudとAlmahmoud のクロスができるのだ。サンデー系×Northern Dancer 系との相性の良さはデータでも確認できる。上記のしっかりとした根拠もあるので間違いなく相性が良いだろう。, また、これもシンプルにHalo のクロスやTurn-to クロスの継続も間違いなさそう。芝中距離前後のスピードと機動力の高い産駒を多く産みそう。, 母系にNorthern Dancer のクロス持ち+Halo or Turn-to を持っている牝馬との配合は主流になりそうだ。個人的に相当惹かれる配合。, Northern Dancer の血を含まないこともあり、基本どんなタイプの繁殖ともいけそう。距離適性も幅がありそうでスプリンターからマイラー、中距離馬、クラシックで戦える産駒も出すだろう。, また、重い馬場やダート適性の高い産駒も多く出しそう。特にミスプロをクロスさせれば非常にスピードのあるダートの名馬を出しそうな気がする。, 近代競馬でその名を今尚、血統表に多く残す血脈が母系に多いので、ニアリーなクロスも作り易いと思うのでこの点も非常に魅力を感じる血統の種牡馬だと感じる。, 近代競馬の種牡馬はスピードが命。Danehill 系や Danzig 系、ミスプロ系にFappiano 系など世界的に発展している種牡馬はやはりスピード・早熟性だ。最近ではFrankel (父Galileo )もスピード系。, サイレンススズカはちと晩成臭いので、少し早熟性の強い血統を持つ繁殖牝馬が良かったかもしれない。底力は間違いないので世界中に産駒が拡散していった可能性は非常に高かったと今でもそう思うと残念でならない。, でも、ありがとうと言いたい。夢を与えてくれたことに。夢は叶わないから夢であり続けられる側面もあるだろう。夢は叶うと現実になってしまう、という悲しい側面を持っている。夢は永遠に夢のままが美しいこともあるのだ。, そう自分に言い聞かせて、想像の中で永遠にサイレンススズカ の最終コーナーの向こう側をずっと眺め続けるのだろう。, ミッドナイトベット、タイキエルドラド、 テイエムオオアラシ、ナムラホームズ、マチカネフクキタル、トーヨーレインボー.