サダム=フセインはイラク共和国大統領(在任1979年~2003年)でバース党の当主として、スンナ派を基盤として独裁的な権力を握り、イラン=イラク戦争(1980~88年)ではシーア派イランと戦った。 このときは化学兵器の使用などの疑惑で批判された。 | 朝青龍が日本に舞い戻る日 », サダム・フセイン元イラク大統領の長女、ラグダさん。38歳。このほど、テロ組織の活動を扇動したとして、イラク当局から逮捕状が出された。, CNNのウエブサイトに顔写真とともに掲載された記事によると、イラク軍はこの日曜日にテロ組織のリーダー格と思われる容疑者を拘束した。ロケット手榴弾や路肩爆弾を用いた一連のテロ攻撃に関与しているとされる。, 「フセイン関連のテロリストを拘束」と見出しのついたこのCNNの記事はアメリカ軍の発表に基づいて書かれたものである点には留意いただきたい。, フセイン元大統領には年長の二人の娘がいる。ラグダさんと次女ラナさんだ。フセイン政権が崩壊したのちの、2003年7月31日、イラクからいったんシリアに逃れたあと、こどもたちとともにヨルダンに亡命した。アブドラ国王が人道的配慮で入国を認めたという。現在ヨルダンの王室の保護を受けている。, ラグダさんはイラクの元工業鉱物資源相フセイン・カメル氏の妻。ラナさんは大統領警護隊幹部サダム・カメル氏の妻だった。二人は95年に夫とともにヨルダンに亡命したが、翌年にイラクに帰国。2人の夫はその後、フセイン政権に殺害された。, 周知の通り、兄弟のウダイ、クサイ両氏は米軍の攻撃で死亡、父、サダム・フセインは死刑を執行された。, 夫を殺され、父サダムへの憎しみに苦しんだ。そして、父サダムが絞首刑に処せられる瞬間を全世界の人々とともに目撃した。夫の仇であり、自身の父である人物の最後の瞬間はどのようにラグダさんという一人の女性の心に焼きついたのだろう。, インターポール(国際刑事警察機構)は彼女を探し出してイラク当局へ身柄を引き渡すよう世界中の警察に呼びかけている。   ただし、彼女はヨルダン王室にいぜんとして保護されており、イラク当局に身柄が引き渡される可能性は低い。, それにしても、なにゆえラグダさんはテロ組織を支援しているのだろう。ヨルダン王宮で静かに暮らしていればいいのではないか。見知らぬ他人のぼくには単純ににそう思える。, 掲載された写真は、夕日を浴びた彼女の横顔を映し出している。その深い苦悩を推し量ることはできないが、やはり、サダム・フセインがどんな父親であったにせよ、彼女は父を滅亡させたアメリカを憎み、テロ集団にシンパシーを感じるのだろうか。, 2007年8月29日 (水) ニュース, 日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際 | 固定リンク, メールアドレス: (ウェブ上には掲載しません). « 「お家騒動予防」安倍改造内閣 | サダム・フセインの娘、テロ支援とその苦悩 ここにも過酷な運命に翻弄されつづけたた女性がいる。 サダム・フセイン元イラク大統領の長女、ラグダさん。 フセイン・カーミル・ハサン・アル=マジード(アラビア語:حسين كامل حسن المجيد)(1956年~1996年2月23日)は、イラクの元政治家、軍人である。サッダーム・フセインの娘婿であり、従兄弟にあたる。イラクの兵器開発の責任者で、共和国防衛隊の創設者でもある。 1995年に家族を連れてヨルダンに亡命し、帰国後に殺害された人物としても知られる。軍の最終階級は陸軍大将。, フセイン・カーミルは、1956年にティクリート郊外のアウジャ村の貧しい農家の家に生まれた。彼は中学校の教育課程を修了することができず、途中で退学している。, 1977年、バグダードに上京したフセイン・カーミルは、叔父であるバルザーン・イブラーヒーム・ハサンが副長官を務める情報機関、総合情報庁の職員に応募する。しかし、フセイン・カーミルに学歴がほとんど無いことを内心軽蔑していたバルザーンは、職員に採用しなかった。代わりに職員では無く、自分の専属運転手となるよう命じた。しかし、これにカーミル家の人間が抗議し、サッダームが仲介したためか、バルザーンは渋々フセイン・カーミルを職員に任命している[1]。, 1979年、サッダームが大統領に就任したこの年に、フセイン・カーミルは陸軍大尉に任官した。1982年には、大統領直属の護衛組織である特別保安機関の長官に就任。その翌年、サッダームの長女ラガド・サッダーム・フセインと結婚し、名実共にサッダーム家の一員となった。サッダームの腹心、娘婿となったフセイン・カーミルに対しては、周囲はかつてのような陰口を叩くことはできなくなった。彼は、弟であるサッダーム・カーミルと共に、サッダームの寵愛を受けた。ラガドとの間には5人の子供をもうけている。, 1987年までにフセイン・カーミルは、軍事産業を統括する軍事産業委員会委員長、石油大臣、共和国防衛隊、特別共和国防衛隊、特別大統領警護隊の監督者の地位に就いていた。フセイン・カーミルは新兵器の開発に積極的に取り組み、中華人民共和国で大砲の開発を行っていたジェラルド・ブル博士と接触して「バビロン計画」を始めるきっかけもつくった[2]。, 1991年3月に発足したサアドゥーン・ハンマーディー内閣では、石油相と新たに国防大臣と工業・軍事工業大臣を兼務した。石油相はすぐに交代し、次のムハンマド・ハムザ・アッ=ズバイディー内閣では、工業・軍事工業相のみ留任した。, サッダーム・フセイン政権下で、フセイン・カーミルは、他のサッダームの親族同様に莫大な富を蓄えた。イラクの経済収益の大半が彼の個人資産へと消えた。国際社会が経済制裁に苦しむイラク国民に向けて送った人道支援物資にも手を付けた。, 1995年8月7日、フセイン・カーミルは突如、一族を連れてヨルダンに亡命する。しかし、サッダームの説得を受けてイラクに帰国。一族の恥として弟のサッダーム・カーミルと共に殺害された。, 一つは、イラク反体制派が協力を拒否したこと、アメリカがフセイン・カーミルが本当にサッダーム体制に立ち向かう気があるのか疑っていたこと、亡命国のヨルダンがフセイン・カーミルを厄介者扱いしていたこと、ヨルダンに多くのイラクの情報機関のスパイが潜入していたことなどである。, フセイン・カーミルを知る人物は、彼が非常に傲慢な性格の人物であったと回想している。また、他人を信用しない性格であったため、フセイン・カーミルのそばには側近と呼ばれるような人物は誰もいなかったとされる[1]。, https://www.popsci.com/saudis-use-chinese-made-cannons-yemen/, "Star Witness on Iraq Said Weapons Were Destroyed", https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フセイン・カーミル・ハサン&oldid=78543873. サダム・フセインは、1937年4月28日、イラクのティクリートで生まれ。 ティクリートはとても貧しい町で、生計を立てらなくなった若者はイラク国軍に入隊するという風潮がありました。そのくらい軍との距離が近かったこともあり、子供が銃を持ち歩くことが普通という大変物騒な町だったようです。 フセインは20歳のとき、イラクの一大政党であるバアス党に入ります。叔父のもとで育てられたフセインは、民族主義、反イギリス主義の思想に染まっていました。イラク国内で、要人の暗殺計画に加わ … フセイン・カーミル・ハサン・アル=マジード(アラビア語:حسين كامل حسن المجيد)(1956年~1996年 2月23日)は、イラクの元政治家、軍人である。 サッダーム・フセインの娘婿であり、従兄弟にあたる。イラクの兵器開発の責任者で、共和国防衛隊の創設者でもある。 トップページ サダム・フセイン(アラビア語:صدام حسين 、1937年4月28日 - 2006年12月30日)は、イラク共和国の政治家。スンナ派のアラブ人であり、イラク共和国の大統領、首相、革命指導評議会議長、バアス党地域指導部書記長、イラク軍最高司令官を務めた。軍階級は元帥。日本語の慣例では、彼の名をサダム・フセインと表記することが多いが、本項ではサッダームと表記する(詳細はフルネームの節を参照)。