gcse.type = 'text/javascript'; 脚本、監督は 矢口史靖 。. 一家が岡山に着いた頃もう限界を迎えていた。自転車をこぐ力もなくとうとう田んぼの脇に座り込んでしまう。その時目の前にあるものを目撃する。一匹の豚だ。それを見つけた一家は死にもの狂いで捕まえた。しかしいざさばこうという瞬間に一人の男性が現れた。その豚の持ち主だった。彼は4人と死んだ豚を家に連れて行った。そこには水も食料もありその男性はある条件と引き換えに4人にそれを与えることにした。その条件とは逃げた豚の捕獲。およそ一週間その家で世話になった4人だったがや … var gcse = document.createElement('script'); ある日、突然サバイバルが始まった————!. s.parentNode.insertBefore(gcse, s); サバイバルファミリー. })(); 映画の感想が主です。それらを通じて社会に対する考えを述べたり、個人的な疑問などを考えたりすることも, 映画『2020』ネタバレ感想 駄作とわかってても観ちゃう物好きな方にはオススメ(笑), 一言でいうならダメ映画です(笑)。だから、娯楽として単純に物語を楽しみたい人は観ないほうがいいと思う。この手のダメ映画が好きな人こそが鑑賞すべき作品。みどころは全編通して内容が酷い――ということに尽きる(笑)。 ―2017年製作 米 88分―, 映画『エンディング・ワールド』ネタバレ感想 ダメパニック映画の見本みたいな作品です, 期待して鑑賞する類の作品ではない。そして、その意味での期待には十分に答えてくれる駄作。こういうダメパニック映画は、起こっている事態はものすごく深刻で絶望的なのに、それらが一切画面から伝わってこないところが大きな特徴だ。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 87分―, 映画 家族ゲーム ネタバレ感想 松田優作がラストに一家の食事に便乗してパイ投げ(笑), 映画 THE QUAKE/ザクエイク ネタバレ感想 『THE WAVE ザ・ウェイブ』の続編です. 2月11日公開予定の映画『サバイバルファミリー』矢口史靖さんの最新作でいったいどんなコメディー映画になるのか楽しみですが今回は同映画に出演するキャストやあらすじ、見どころや予告映像などについて紹介していきます!あらすじある日突然電気がつかな var cx = 'partner-pub-9546883755892010:2971579243'; サバイバルファミリーのあらすじ (出典元 (C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ) 会社員の鈴木(小日向文世)は、専業主婦の妻・光恵(深津絵里)と息子・賢司(泉澤祐希)、娘・結衣(葵わかな)の4人でマンションに暮らし。 本作も一応、ディザスターパニックムービーのジャンルに入るんだろうか。それ系の映画が好きなので何となく借りて観た。内容は大災害ってわけではないので地味なんだが、それなりにおもしろくは観られます。後半にネタバレあり ―2017年公開 日 117分― Contents. 『 サバイバルファミリー 』は、 2017年 2月11日 公開の 日本の映画作品 。. ある日突然訪れた原因不明の 電気 消滅により廃墟寸前となった 東京 を脱出した一家のサバイバルコメディ。. 第1回 マカオ国際映画祭 ・コンペティション部門出品作品 。. 本作も一応、ディザスターパニックムービーのジャンルに入るんだろうか。それ系の映画が好きなので何となく借りて観た。内容は大災害ってわけではないので地味なんだが、それなりにおもしろくは観られます。後半にネタバレあり, 解説:すべての電気が止まった危機的状況を活写する、「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督による異色ドラマ。ある日突如電気がなくなり、電気で動くものすべてが止まったため都市機能が麻痺。混乱が広がる中、鈴木一家は東京脱出を図り、生き残りをかけ奮闘する。亭主関白な父を「アウトレイジ ビヨンド」の小日向文世が、とぼけたところのある母を「ステキな金縛り」の深津絵里が演じるほか、「ハッピーフライト」の時任三郎、「病院へ行こう」の大地康雄らが出演。(KINENOTE), あらすじ:東京に暮らす鈴木家では、お母さん(深津絵里)が話しかけてもお父さん(小日向文世)はテレビに見入り、無口な息子(泉澤祐希)はヘッドホンをつけ音楽に夢中、娘(葵わかな)はスマートフォンを手放せず、一緒にいてもどこかバラバラだった。ある朝、テレビや冷蔵庫の電化製品、スマートフォンにパソコンといった通信機器、さらに電車や自動車、ガス、水道など、乾電池を使うものも含め電気を使うあらゆるものが突如動かなくなってしまう。単なる停電とは言えないこの異常事態は、一週間経っても続いたまま。情報も絶たれ、不自由な生活に困り果てる人々。ついに父は東京脱出を決断。生き残りを賭けたサバイバルライフがはじまる。(KINENOTE), 監督・脚本・原作:矢口史靖 (「サバイバルファミリー」(集英社) 出演:小日向文世/泉澤祐希/葵わかな/深津絵里/時任三郎(友情出演)/藤原紀香/渡辺えり/宅麻伸(友情出演)/柄本明/大地康雄, この映画は巨大な天変地異が起こるわけではなく、単に長期間にわたって全ての電気が使えなくなるというものなので、内容はいたって地味だ。その状況に陥ったことで人心が荒廃するのかと思いきや、別にそれほどの阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられることもない。, という意味で、至って地味な作品です。ただ、その地味さが日常の延長にある災害のリアルさを感じさせて、鑑賞した人は防災意識が高まるんではないかと思う。個人的には、東日本大震災以降は防災用の鞄などを用意してたものの、いつの間にかその備えを止めていたことを思いだし、あらためて備えはしておこうと思わされた。あとは、アウトドアでもいいから、何らかのサバイバル知識を得ておこうと。, そう考えると、映画としてどうかというよりは、ためになる防災意識を高めるための教訓映画みたい――というのが感想。, てなわけで、この映画のイイところは、上記のような防災意識を持たされるところではないか。繰り返すけど、内容は別におもしろくない。災害映画の王道である家族の絆を取り戻す話が描かれるだけ。地味な内容なので、ところどころクスッとさせるものの、ハラハラドキドキがあるわけでもない。, 印象的だったのは、電気がない暮らしが可能な地方の田舎では、普通の生活ができなくもないのだということがわかるところ。ただし、その生活を続けるには、今のように過疎化して老人だけしか暮らしていないような地域に、若者の力が必要なんである。, この物語では都心に集中していた労働力が地方に散っていくことによって、地域再生の可能性を示唆しているところがおもしろい。そして、その生活を魅力的に描けているところもいいのではないか。という意味では利便性ばかり追求している現代社会を分かりやすく風刺する意味も込められているのかもしれない。, あとは、深津絵里って可愛いんだなぁと思わされた。彼女をイイと思ったのは初めてである。何でだろうね。, で、いつも通り突っ込みどころ(笑)。まず最大のおかしさは、電気がいきなりとまるのはいいとして、とまった翌朝の世界があまりにも平穏すぎだろ。主人公の生活圏周辺はそれでもいい。でも、急に電気が止まったのなら、まず、都心部の交通網は完全にマヒするわけだし、自動車事故が起こって高速含む道路はもっとメチャクチャになっているはず。そして、上空を飛んでた飛行機も墜落していると思うのだが。, あと、親父が川に流された後の展開。残された家族はいろいろあって汽車に乗るんだけども、母親がある場所で、車窓の外を眺めて発煙筒の炎を見つけるのである。で、その発煙筒を使ってたのは親父だとわかる。, あの距離で人の見分けがつくなんて、目がよすぎ。アフリカ人かあんたは。発煙筒なんて持っているのは親父だけだと思ったのだろうか。, そこは多めに見るとしてもだね、汽車はそれなりの距離走っているのに、なんで汽車の向かう先の地点に親父がいるんだよ。おかしいだろ。一晩でそれだけの距離を流されてたってことか? そんな都合のいい話がありますかね。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. (function() { 『サバイバルファミリー』のあらすじ どこにでもいるごく普通の家族として何気ない日常を送っていた鈴木家。 彼らも現代人の例に漏れず、パソコン、スマホ、自動車に電車など、電気の恩恵を享受しています。 var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; ある日、突然日本全国の電力供給が止まり、ライフラインが全て停止してあらゆる情報網が遮断されてしまいます。 東京に住む鈴木一家は「西日本へ行けば電力網が活きている」という噂を頼りに鹿児島へ向かいます。 その道中、様々な人々と出会いながら鹿児島を目指すのですが・・・ 廃墟となった東京を脱出する一家のサバイバルコメディです。 東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。. ?. そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生!. さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。. 2月11日公開予定の映画『サバイバルファミリー』矢口史靖さんの最新作でいったいどんなコメディー映画になるのか楽しみですが今回は同映画に出演するキャストやあらすじ、見どころや予告映像などについて紹介していきます!あらすじある日突然電気がつかな 『サバイバルファミリー』の作品概要 『サバイバルファミリー』のあらすじ. gcse.async = true; サバイバルファミリー. 登場人物紹介 『サバイバルファミリー』のネタバレ 【起】いざ、鹿児島 【承】終わりなき絶望 【転】救済と別れ 【結】家族の未来は 『サバイバルファミリー』の感想 舞台は日本の東京。 ここに4人の家族である「鈴木家」が住んでいた。 テンプレートを表示. 一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。. 2017年、矢口史靖監督、脚本の元制作された日本映画。 ある日突然、電気が使えなくなった世界での、 東京に住む一つの家族の物語。 上映時間は117分。 あらすじ. 「サバイバルファミリー」サバイバルという意味ではリアリティは弱い。日本人も人間もそこまで良くできてない。と思わせる。だからこれでもいいし、結果として我々の今の生き方も考えさせる。なんか周防監督がやりそうな題材だなあと思いながら観てた。最近の矢口監督作の中では異色。 東京都。 鈴木家は東京都の集合住宅(マンション)で暮らす、ごく平凡な一家でした。 父・鈴木義之は都会にあるオフィスに勤務する、中年サラリーマンです。薄くなった頭に着脱可能のカツラをつけています。 母・光恵は専業主婦でした。子どもは大きくなったものの、一家を切り盛りするのは大変です。 子どもたちは、大学生の息子・賢司と高校生の娘・結衣の2人です。 賢司は同じ大学の女子生徒・中村里美に、片思いしていました。結衣はおしゃれが好きで、つけまつげをつけて登校します。 父・義 … あらすじ. 主演は 小日向文世 。. gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx;