他のメンバーもサバイバー結成以前から活動していた、バンド名の通りアメリカン・ロックの「生存者、生き残り(=サバイバー)」たちである 。 作風は一作目から一貫してハスキーなボーカルが特徴のポップでメロディアスなハードロックである 。 『ロッキー3』の主題歌「Eye of the Tiger」の世界的ヒットで知られるサバイバーに、21歳の新ヴォーカルが加入。2014年に亡くなったジミ・ジェイミソンの後任としてナッシュビル出身のシンガー、キャメロン・バートンが加入 One Man's Trash Feat. ジミ・ジェイミソン(Jimi Jamison、1951年8月23日-2014年8月31日)[1]は、アメリカ合衆国の歌手、作詞作曲家。かつて100万枚以上を売り上げた[2]ロック・バンド、「サバイバー」のメンバーだった。他に「コブラ」というバンドのメンバーでもあった。水難監視救助隊の活躍を描いたテレビドラマ『ベイウォッチ』のテーマ曲を書いて歌っていることでも知られている[3] 。, ミシシッピ州の田舎生まれ。しかし本人は、自分のことをテネシー州メンフィスの生まれだと考えていた。ジェイミソンと母親のドロシー(1932年-2009年)がメンフィスに移ったのは彼が生まれた一日後のことだったのだ。十代の頃、独学でギターとピアノの弾き方を覚えたのだが、歌唱力については時間をかけて磨きをかけていった。中学校に上がるまでにもうバンドでの演奏を始めていた。, 1970年代の終わりには、メンフィスで活動していたバンド、ターゲット[4]のボーカルを務めていた。その後、1980年代初期にはより知名度があった、コブラというバンドのリード・シンガーとなっていた。その後、様々な成功したミュージシャン達、例えばZZトップやジョー・ウォルシュなどのバック・ボーカルを務めている。, 1984年にコブラが活動を停止した後、ジェイミソンはサバイバーに誘われる。サバイバーは、ナンバー・ワン・ヒットである「アイ・オブ・ザ・タイガー」(この曲の発表時のボーカルはデイヴ・ビックラーだった)を出した後、どんどん人気が衰え続けていた。ジェイミソンが慣れ親しんでいたコブラのヘヴィメタルなスタイルとは全く対照的なスタイルである、ジェイミソンからすれば「ポップ・ロック」なスタイルを取るサバイバーのボーカルをやることに最初はあまりこだわりはなかったのだが、結局はバンドに加わり新たなリード・ボーカルとなった。, ジェイミソンはサバイバーにすぐさま活気をもたらした。バンド加入後に発表されたアルバム『バイタル・サインズ』(通算5枚目のアルバム)からは数曲のシングルが大ヒットしたのである。こうしてバンドはスターの地位に、もう一度それもあっという間に返り咲いた。ジェイミソン加入後の2枚目のアルバム『ホエン・セカンズ・カウント』(通算6枚目のアルバム)からは、新たに「イズ・ディス・ラヴ」がトップ10入りした。このアルバムではまた、ジェイミソンが作曲面でバンドに貢献していることが見て取れる。ジェイミソンは4曲を共作しており、その中にはもう一つの印象的なシングル曲「マン・アゲンスト・ザ・ワールド」がある。, ジェイミソンがサバイバーと一緒に演奏する際に要求された最大の妥協は、自分以外の作者が書いた曲の演奏を諦めることだった。「たまにアンコールを始めようという時に、誰かが『レッド・ツェッペリンをやろうぜ!』って言うんだ」。ジェイミソンが1987年に『ナイン・オウ・ワン・ネットワーク』誌に語っている。「それで、『イェー、イェー』ってうなずきたくなるんだよ。それからもうぎりぎりの最後になって『いや、代わりにこっちの曲をやったほうがいいよ』って言うことになるんだ」。, ジェイミソンの歌で最もよく知られているのは、シルヴェスター・スタローンの映画『ロッキー4』で使用され、映画のサウンドトラックにも含まれている「Burning Heart」である。ビルボード最新ヒット100で第2位まで昇っている。その他、「High On You(アメリカ国内のチャートで第8位)」、「The Search Is Over(アメリカ国内のチャートで第4位)」、そして映画『ベスト・キッド』で使用された「ザ・モーメント・オブ・トゥルース」[5]などがある。, 1988年には新しいアルバム『今夜は眠れない』が発売された。これは、サバイバーの1980年代の最後のアルバムとなった。ジェイミソンとバンド仲間達は、このアルバムをこれまでの中で最も優れたものだと考えたのだが(後にジェイミソンは過去を顧みて語った時に、サバイバーのアルバムの中で一番好きなアルバムだと言っている)、実際は、レコード会社が積極的に販売促進をせず、結果として以前のアルバムのような成功を収めることができなかった。結局、バンドは1993年まで活動を停止することとなった。, Jimi Jamison Dead; Lead Singer Of Survivor Sang On Numerous Hits, https://genius.com/Jimi-jamison-im-always-here-theme-to-baywatch-lyrics, “Survivor The Moment Of Truth Chart History”, https://www.billboard.com/music/survivor/chart-history/hot-100/song/62766, "I Can't Hold Back" video, with Jimi Jamison, on July 21, 2011 Jimi Jamison was recognized by the Hard Rock International as a Solo Artist while in Boston, MA, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジミ・ジェイミソン&oldid=73678480. 1984年にコブラが活動を停止した後、ジェイミソンはサバイバーに誘われる。 サバイバーは、ナンバー・ワン・ヒットである「アイ・オブ・ザ・タイガー」(この曲の発表時のボーカルはデイヴ・ビックラーだった)を出した後、どんどん人気が衰え続けていた。 2006年。ボーカルはジミ・ジェイミソンのままだがバンド名はサバイバーになった。ギターのジム・ピートリックが抜け、フランキー・サリヴァンが1人で弾いている。キーボードを含む5人編成で、20年ぶりにバンドの体をなしている。 ¨æˆã€‚ギター、キーボードのジム・ピートリックが中心。, 映画「ロッキー3」の「アイ・オブ・ザ・タイガー」が主題歌としてヒットし、「ロッキー4」にも「バーニング・ハート」が収録されてヒットした。, 「ヴァイタル・サインズ」からボーカルがジミ・ジェイミソンに交代。キーボード主導のサウンドでヒットしている。. サバイバーに加入. Jimi Jamison & Fred Zahl. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 14:56 UTC 版), 『ロッキー3』の主題歌「アイ・オブ・ザ・タイガー」の世界的ヒットで知られ、1980年代中期に隆盛を極めた。活動停止期間を挟んだ1990年代からの再開以降、過去作品からのリバイバルを主体に活動している。, 1977年シカゴで結成、1979年デビュー。ブラス・ロック・バンド、「アイズ・オヴ・マーチ」の元メンバー、ジム・ピートリック(英語版)(1950年イリノイ州生れ)が「チェイス」の元メンバーであったデニス・ジョンソンとゲイリー・スミスを誘って結成した[1]。他のメンバーもサバイバー結成以前から活動していた、バンド名の通りアメリカン・ロックの「生存者、生き残り(=サバイバー)」たちである[2]。, 作風は一作目から一貫してハスキーなボーカルが特徴のポップでメロディアスなハードロックである[3]。当初はセールスに恵まれなかったが、1982年にシルベスター・スタローンの依頼により作曲したアメリカ映画『ロッキー3』の主題歌「アイ・オブ・ザ・タイガー」が全米で6週連続1位という大ヒットを記録した。同曲を収録したアルバム『アイ・オブ・ザ・タイガー』も最高位2位まで上った。1985年には映画『ロッキー4/炎の友情』の主題歌「バーニング・ハート」もヒットさせている。なお、この曲は、ボクシングの亀田興毅とオリックス・バファローズの小松聖投手が自らの選手登場曲として使用している。, 1983年に「アイ・オブ・ザ・タイガー」などのヒットを歌ったデイヴ・ビックラー(1953年ノースダコタ州生れ、元ジェイムスタウン・マサカー、マライア)からジミ・ジェイミソン[4](1951年ミシシッピ州生れ、元ターゲット、コブラ)へとボーカルが代わるが、バンドはこの後に黄金期を迎える。1980年代中期に「バーニング・ハート」をはじめ4曲のトップ10ヒットを放ち、ロン・ネヴィソンによるプロデュースの下でリリースしたアルバム『バイタル・サインズ』『ホエン・セカンズ・カウント』の2作も好セールスを記録した。1980年代後半、音楽性がヘヴィな方向に変化しセールスが落ち込んでくると、実質的にジミ、フランキー・サリバン(1955年シカゴ生れ、ギター、元マライア)、ジム・ピートリック(キーボード、ギター)のトリオとなり、ベース、ドラムスが流動的メンバーとなった。その後はバンド活動が停滞しメンバーのソロ活動が目立つようになった。特に1989年から1993年の間はバンドとしての活動は完全に休止し解散状態であった。, 1993年にデイヴが復帰するも新作アルバムのリリースはなく、ベスト・アルバムに新曲を収録した程度であった。1999年にはジミ・ジェイミソンズ・サバイバーの名でアルバム『Empires』が発表されたが、これはサバイバーの名を使ってツアーを続けていたジミの2作目のソロ作品であった。サバイバー本体(結成時からの一貫したメンバーであるフランキー・サリバン)からジミに対してバンド名の使用を巡り訴訟が起こされていたが、同作発表後フランキーがサバイバー名義の所有権を得たことで決着が付き、アルバムもジミのソロ名義に変更された。結成メンバーのジム・ピートリックも1996年にバンドを離れ、2000年代はソロ・プロジェクトのプライド・オブ・ライオンズに専念した。, 2006年、18年振りとなるオリジナル・アルバム『リーチ』を発表。同作ではジミ・ジェイミソンがボーカルを務め、フランキー・サリバンがギターとプロデュースを担当し、ジム・ピートリックが作曲でのみ参加した。同年、ジミ・ジェイミソンは脱退し、後任としてロビン・マッコーリーが加入。2008年、ジミ・ジェイミソンがジム・ピートリックと組んで3作目となるソロ・アルバム『Crossroads Moment』を発表、こちらも、もう1つのサバイバー復活作品として好評価を得た(ただし、サバイバーの名義は上記の経緯から1999年以降フランキー・サリバンが所有権を取得しているため、彼が参加しないプロジェクト・ユニットが使用することはできない)。2012年のツアーから、再度、ボーカリストにジミ・ジェイミソンが復帰、さらに2013年からはデイヴとのツインボーカル体制になっていた。, 2014年8月31日、ジミ・ジェイミソンが心臓発作のためテネシー州メンフィスにある自宅で死去[5]。翌2015年に21歳の新人、キャメロン・バートンが後を継いだ[6]。, サバイバー (バンド)のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, ジムは、チェイスのファースト・アルバム『追跡』に「Boys and Girls Together」を提供し、ラスト・アルバム『復活』にはボーカルで参加している, サバイバーというバンド名には、チェイスの他のメンバーが1974年に飛行機事故で他界した際、当時チェイスに参加していたジムはバスで移動、デニスとゲイリーは不参加という別行動を取っていたため難を逃れた「生存者」を意味するという説、またその中でも特にジム・ピートリック1人がニックネーム的にsurvivorと呼ばれていたとする説もある。, ただし、サバイバーの「Reach」、ジミのソロ「Crossroads Moment」いずれも日米各々ともに同じレーベル(アメリカ:, All text is available under the terms of the, デイヴ・ビックラー (Dave Bickler) – ボーカル (1978年–1983年、1993年–2000年、2013年-2016年), ジム・ピートリック (Jim Peterik) – キーボード、リズムギター (1978年–1988年、1993年–1996年), デニス・ジョンソン (Dennis Keith Johnson) – ベース (1978年–1981年), ゲイリー・スミス (Gary Smith) – ドラムス (1978年–1981年), マーク・ドラウベイ (Marc Droubay) – ドラムス (1981年–1987年、1996年–2014年), ステファン・エリス (Stephan Ellis) – ベース (1981年–1987年、1996年–1999年) ※2019年死去, ジミ・ジェイミソン (Jimi Jamison) – ボーカル (1984年–1988年、2000年–2006年、2011年-2014年) ※2014年死去, ビル・サイニア (Bill Syniar) – ベース (1988年、1993年-1994年), カイル・ウッドリング (Kyle Woodring) – ドラムス (1988年、1993年–1996年) ※2009年死去, ランディ・レイリー (Randy Riley) – ベース (1995年、2003年–2005年), クリス・グローヴ (Chris Grove) – キーボード、リズムギター (1996年–2008年), ゴードン・パトリアカ (Gordon Patriarca) – ベース (1999年), バリー・ダナウェイ (Barry Dunaway) – ベース (2005年–2006年), マイケル・ヤング (Michael Young) – キーボード、リズムギター (2008年–2010年), ミッチェル・シグマン (Mitchell Sigman) – キーボード、リズムギター (2010年–2011年).