ニュース サンダース, 上院議員, 外交, 嫁, 子供, 家族, 政策, 経済. 2020 All Rights Reserved. それは、サンダースの主張する教育費、医療保険、気候変動対策という3つの大きな争点が、民主党内部を割ることになっていたためだ。 学費をすでに払い終わった層には、サンダースが訴える学生ローンの債務免除は「今後の余計な負担」と見えてしまう。 バーナード・“バーニー”・サンダース( Bernard "Bernie" Sanders 、1941年 9月8日 - )は、アメリカ合衆国の無所属の政治家。 バーモント州選出のアメリカ合衆国上院議員(2期)。 2016年アメリカ合衆国大統領選挙では、長年統一会派を組んでいる民主党に入党し予備選挙に立候補した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); - サンダース上院議員は自分のことを民主社会主義者として 経済的な格差の是正、労働者の賃金上昇、金持ち・企業への増税、国民皆保険 といった政策を掲げています。 上でも説明したとおり、サンダース氏は国民皆保険や富裕層への増税、最低賃金の引き上げなどの「進歩的」な政策を掲げています。 実は、この点がサンダース氏の強みでもあり、同時に弱みでもあるので … rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0e652aa6.4b546b08.0e652aa7.a56e1198";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="200x600";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1531031014197"; Copyright© 米投資調査会社の推計によると、国民皆保険制度の導入を目指すサンダース氏の政策実現に必要な増税額は10年間で約28兆ドル(約3075兆円)。 アメリカ大統領選挙が2020年に行われるということで、民主党の大統領候補争いが始まっていますね。, いまのところ、民主党の大統領候補としてはサンダース上院議員が有力と言われているようです。ただ、ブティジェッジ氏も若くて勢いがあるということでどっちが勝つのかはまだまだ分からない情勢と言えそうですね。, 今回はサンダース上院議員がどういう人物なのか、政策や評判、家族などについて気になったので調べてみました。, サンダース上院議員は1941年9月8日生れの78歳で、ニューヨーク出身アメリカ合衆国下院議員当選8回のベテラン議員です。民主党の大統領位候補選に立候補していますが、政党には所属しておらず、無所属で活動しています。, ちなみに無所属としては上下院通じて米国史上最長のキャリアをもった議員なんだそうですよ。かなりのおじいちゃんという感じですが、しっかりしていて、若い人からの支持を受けているようですね。, アメリカは共和党、民主党の二大政党制となっていますが、サンダース上院議員はこれに否定的なんだそうです。サンダース上院議員は自分のことを民主社会主義者として経済的な格差の是正、労働者の賃金上昇、金持ち・企業への増税、国民皆保険といった政策を掲げています。, 一貫してリベラルな政策を貫いていてぶれないということで若い人やリベラル層の支持を得ています。また、LGBTや少数民族などマイノリティーの権利を尊重するという立場をとっています。, リベラルということでハリウッドのセレブとかミュージシャン、俳優、映画監督などアーティストからの支持も厚いそうですよ。, 熱狂的にサンダース上院議員を支持する若者も多く、クラウドファンディングによって草の根的に個人からたくさんの献金を受けていて資金も潤沢に持っているといわれています。, サンダース上院議員が主張している政策の目玉としては学生ローンの返済を全額免除するということを主張しています。学生ローンというのはいわゆる奨学金みたいなものですね。, 日本でも奨学金は問題になっていますが、アメリカの場合はもっと深刻で若い人の学生ローンが大きな社会問題にもなっているようです。学生ローンというと若い世代だけかなと思ったのですが、アメリカでは300万人以上の高齢者がいまも学生ローンの返済を行っているらしいです。, アメリカの大学の場合、授業料が高額なため返済もかなり大変なようです。2018年の学生の一人当たりの学生ローンは2万9800ドル(約320万円)とも言われているようですし、かなり大変な状況となっているようです。, こうした背景があり、サンダース上院議員が主張する学生ローンの免除という政策は多くの学生ローンに苦しむ人々に支持されているようです。, 外交政策についてはあまり積極的な発言はしていないようです。いまは国内の支持を集めることを優先しているということで、国内政策について論じることが多いようです。, 基本的な方針としては、イスラエルに対しては中立的な姿勢で、中国の人権侵害に対しては厳しいい姿勢を見せているようです。日本に対する外交政策についてもあまり言及していないらしく情報が見つかりませんでした。, トランプ大統領の外交政策に反対しているでしょうし、アメリカだけ良ければいいという外交政策ではなく、国際協調を重視していくという外交姿勢の可能性が高そうですね。, サンダース上院議員は戦争に対して徹底的に反対する立場に立っているということでイランや北朝鮮に対しても融和的な姿勢で対峙してく可能性が高いかもしれませんね。, サンダース上院議員は1964年に恋人デボラ・シリングさんと結婚したそうです、大学在学中での結婚ということで学生結婚だったそうです。しかし、わずか2年後に離婚しています。, 離婚後もデボラ・シリングさんはサンダース議員の支持者であるということなので関係は良好のようです。1969年にスーザン・キャンベル・モットさんとの間に男児が誕生。二人は結婚はしておらず、事実婚でした。, その後、二人は再婚はせずに破局。1988年にジェーン・オメアラという女性と再婚しています。この女性はバーリントン大学の学長などを務め、のちにサンダース議員の政治顧問などを務めていたそうです。, 現在サンダース上院議員には4人の子供と7人の孫がいるそうですが、子供については詳しい情報はないようです。表舞台にでてはいないようなので、政治家とかではなく一般の人として働いている可能性が高そうですね。, サンダース上院議員は金持ちを批判して若者を中心に指示を広めているようですが、サンダース上院議員自身はけっこうな金持ちの資産家なんだそうですよ。, 本の出版による印税で多額の収入を得ていて、2016~2017年は年収100万ドルを超えていたそうです。日本円だと1億900万円くらいですかね。年収でこれだけもらっているというのはすごいですよね。, 民主党の大統領候補選ではサンダース上院議員が有利とみられていますが、サンダース上院議員は高齢で自身の健康問題とかもありますし、トランプ大統領に勝つのはけっこう難しいかもしれませんね。. 関西電力の幹部が金品受領をしていたということが大きな問題になっていますね。金品を ... フジテレビの「グッディ!」が9月末で放送終了することになったそうです。 &nbs ... LIXIL(リクシル)会長兼CEOの潮田洋一郎氏がネット上でちょっとした話題にな ... 今回はしぶんぎ座流星群について紹介していきたいと思います。ペルセウス座流星群、ふ ... 小松靖さんはテレビ朝日のアナウンサーとしてワイドスクランブルなどに出演して活躍さ ... 秋篠宮家の長女・眞子さまが29歳を迎えられたということで、ニュースが報じられてい ... 今回は、経済評論家として、コメンテーターとして活動したり、著書をたくさん書いてい ... フジテレビのバイキングは好評で放送時間が伸びるなどしていますし、坂上忍さんの人気 ... rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0e652aa6.4b546b08.0e652aa7.a56e1198";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1592886780905"; 口下手で表現が苦手なコミュ障っぽいところがあるので、リアルではなかなかいいたいことが言えずに苦労しています。, ネットなら自分の頭でゆっくり整理して文章を書けるということでブログをはじめてみました。, 日常生活で感じたことや思ったこと、ネットニュースの感想などいろいろなことを書いていこうと思っています。. , 2020年はアメリカ大統領選があるということでどうなるのか注目されていますね。民主党の大統領候補を決める選挙戦が行われていますが、ピート・ブティジェッジ氏はその有力候補として注目されています。 これまでは無名でしたが、最近になって徐々に知名度を高... 一貫してリベラルな政策を貫いていてぶれないということで若い人やリベラル層の支持を得ています。.