こちらでは『ウイニングポスト8 2018』の2010年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。 オススメ史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よけれ ... こちらでは『ウイニングポスト8 2018』の1997年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。 オススメ史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よけれ ... こちらでは『ウイニングポスト8 2018』の2007年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。 オススメ史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よけれ ... こちらでは『ウイニングポスト8 2018』の1995年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。 オススメ史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よけれ ... このページではPS4版「Wining Post8 2018」に登場する青葉エリカの攻略情報(秘書チャレンジ、結婚条件)を掲載しています。 情報は現時点での最新版ですが、結婚条件などについては前作の「W ... Copyright© 光る原人 , 2020 All Rights Reserved. 対抗はもちろんシャダイカグラ。 敵に回せばメチャクチャ厄介なものの、自分で所有すると健康が低くて使いにくいという…。個人的にはシャダイカグラに牝馬3冠を狙わせて、この馬でNHKマイルorサマーシリーズを狙いに行くというのがオススメ。 Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月29日 閲覧。 ^ “シャダイカグラ 競走成績”. 1989年にオークス馬となったライトカラーは、なぜオークスを勝てたのでしょうか? このレースでなぜライトカラーが勝てたのか、なぜシャダイカグラが負けたのか、それが長年ずっと引っかかっ ています … (ウェブ上には掲載しません). シャダイカグラはどうだろう?史実では桜花賞馬ではあるが、ウイニングポスト7 2010 の中ではどうなったかというと、オークスは史実通りにライトカラーに完敗とな… ^ “シャダイカグラの競走成績”. 公益社団法人日本軽種馬協会. この記事へのトラックバック一覧です: シャダイカグラと89年牝馬クラシック 桜花賞馬は波瀾万丈: 【海外競馬】シーザスターズがGI6連勝で第88回凱旋門賞(88th Prix de l’Arc de Triomphe)を制す - 芸スポ+, youtube☆競馬動画☆JRA 名馬コレクション シンボリルドルフ '85 天皇賞(春), イナリワン 89年天皇賞春、宝塚記念、有馬記念勝馬 敵役は強くて男らしい方が良い!. シャダイカグラ[1]は、日本の競走馬、繁殖牝馬。おもな勝ち鞍は1989年の桜花賞、ローズステークス、ペガサスステークス。同年のJRA賞最優秀4歳牝馬を受賞。主戦騎手は武豊。武に初の牝馬クラシック優勝をもたらし、「ユタカの恋人」とも呼ばれた[2]。, 1986年、北海道門別町の野島牧場で生まれる。父は後にリーディングサイアーを獲得するリアルシャダイ。母ミリーバードは中央競馬で3勝を挙げている。両馬は調教師の伊藤雄二の考案で交配が行われた[3]。幼駒の頃からしっかりとした身体を備え、また人間に対しては利口な性格ながら、仲間の馬に対しては強い闘争心を見せ、早くより将来を嘱望された[3]。, その後、伊藤と親交のあった米田茂に800万円で購買され、競走年齢に達した1988年5月、「シャダイカグラ」と命名されて伊藤雄二厩舎に入った。馬名「シャダイ」は父名の一部、「カグラ」は1969年の桜花賞にも出走した米田の初所有馬・ミスカグラにあやかったものである[2][注 1]。, 6月13日、札幌競馬場の新馬戦で、柴田政人を鞍上に初出走を迎える。初戦は太め残りの馬体もあって2着に終わったが、20kg減で臨んだ 2戦目で初勝利を挙げる。その後骨膜炎(ソエ)を発症して休養、復帰緒戦の条件戦から、デビュー3年目の武豊を鞍上に迎えた。この競走で2勝目を挙げると、続く京都3歳ステークスでは、この次走で関西の3歳王者となるラッキーゲランに4馬身差を付けて勝利した。次走のラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークスで重賞に初出走、当日は1番人気の支持を受けたが、逃げたタニノターゲットをクビ差捉えきれず、2着と敗れた。, 翌4歳シーズンはエルフィンステークスから始動、2着ライトカラーに5馬身差を付けて圧勝する。続くペガサスステークスも連勝し、重賞を初制覇。本命馬として牝馬クラシック初戦・桜花賞に臨んだ。, 4歳以降は出走2戦でいずれも単枠指定を受け、桜花賞でも同様の措置が取られた。しかし競走2日前の発走枠順抽選において陣営は大外枠の8枠を引き、単枠指定馬の規定により、シャダイカグラは自動的に出走大外となる18番に振り分けられた。桜花賞が行われる阪神競馬場の芝1600mは、そのコース形態から外枠は圧倒的不利とされており、特に大外は「最内と比べて0.5秒は不利」と言われていた[4][注 2]。それでも桜花賞当日は単勝2.2倍の1番人気に支持されたが、発走前から激しい焦れ込みを見せる。迎えたレースでは、スタートで出遅れ、最後方からの運びとなった。しかし武は後方のままシャダイカグラを最内まで移動させると、道中で埒沿いの最短距離を通りながら先団に進出、最終コーナーでは先頭から5、6馬身の位置に付けた。最後の直線では抜け出したホクトビーナスを急追、ゴール直前で同馬をアタマ差交わし、大外、出遅れの不利を克服しての優勝を果たした。武の冷静沈着な騎乗は高い評価を受け、「武は大外の不利を帳消しにするため、わざと出遅れた」との風評も広まった(#桜花賞の出遅れについて)。, 優勝後、馬名から当時「シャダイ」の冠名を入れていた社台ファームに勘違いで優勝祝いの花が届いたというエピソードがある。, 次走はクラシック二冠を目指し優駿牝馬(オークス)に出走。直線で一旦抜け出したものの、シャダイカグラを終始マークしたライトカラーとの競り合いに敗れ、2着に終わった。, 夏は休養に充て、秋はローズステークスで復帰。これに勝利すると、次走・エリザベス女王杯をもっての引退・繁殖入りが発表される。以後女王杯に向けての調教が積まれていたが、この頃より両前脚にバンテージが巻かれていたことから、脚部に不安を抱え始め、強い調教ができない状態となっていた[5]。しかし陣営は女王杯出走を強行、不安説も流れたが、当日は1番人気に支持された。しかしレース中の第3コーナーでバランスを崩すと、そのまま馬群から置かれていき、ゴール前では右前脚を引きずりながら大差の最下位で入線。競走後に右前脚の繋靱帯断裂が判明し、伊藤は「大丈夫と思って使ったが、こんな結果になってしまいファンに申し訳ない」と謝罪した[5]。, 怪我は重傷であったが予後不良による安楽死は免れ、当初の予定通りそのまま引退。故郷・野島牧場で繁殖入りした。, 繁殖牝馬としては、2番仔にエイブルカグラ(父ジェイドロバリー)を送り出した。同馬はデビュー戦でレコードタイムを記録し、3歳時から「クラシック最有力候補」と注目を集めたが、故障のため1戦のみで引退した。以後は仔出しが芳しくなく、全部で6頭の産駒を出産するに留まった。2002年より平取町のびらとり牧場に移動した後、2005年4月4日に同場において動脈瘤破裂を発症し死亡した。, 前述の通り、桜花賞で大外枠・出遅れを克服して優勝した際、「武は意図的に出遅れた」との憶測が流れた。これについて武はしばらく明確な言及を避けていたため、騎乗の「伝説化」に拍車が掛かった。しかし後に江夏豊との対談において、「意図的じゃなく、本当の出遅れ。でも、言えなくなっちゃって」と述べ、「もしポンとスタートを切ってから下げたなら、もっと楽に勝っていたと思う」と語った[15]。, 競走当日、シャダイカグラが激しく焦れ込む様子を見て、武は「良いスタートは切れないだろう」と予想を立てており、ゲート入りした時点で無理に先行させることを諦め、後方待機策を決めていた。こうした事前の覚悟が、出遅れからの冷静な騎乗に繋がったものであった[16]。, 武は最終調教後、「9割方勝てると思う」と語っていたが、「大外枠を引いたりしなければ」という但し付きであった。(島田 1997、p.45), 枠番・馬番の太字は単枠指定を示す。内容はnetkeiba.comおよびJBISサーチのほか、日本中央競馬会『中央競馬全重賞競走成績 GI編』(1996年). トップページ シャダイカグラ: リアルシヤダイ: 田島良保: 0万円: エイブルカグラ: 牝28: ジェイドロバリー: シャダイカグラ: リアルシヤダイ: 伊藤雄二: 590万円: カグラグレート: 牡29: ミスターシービー: シャダイカグラ: リアルシヤダイ: 伊藤雄二: 75万円 シャダイカグラと89年牝馬クラシック 桜花賞馬は波瀾万丈(2008.03.09) マックスビューティ 87年桜花賞、オークス勝馬そして女王杯は2着(2008.03.07) フレッシュボイス 87年安田記念勝馬 まさに電光石火の末脚(2008.02.27) こちらでは『ウイニングポスト8 2018』の1986年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。, オススメ史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。. シャダイカグラ は、日本の競走馬、繁殖牝馬。 おもな勝ち鞍は1989年の桜花賞、ローズステークス、ペガサスステークス。 同年のjra賞最優秀4歳牝馬を受賞。 主戦騎手は武豊。 武に初の牝馬 クラシック優勝をもたらし、「ユタカの恋人」とも呼ばれた 。 ライトカラーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 JBISサーチ. netkeiba. « スズパレード 87年宝塚記念勝馬 消された名馬 | (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); とにかく海外馬が熱いという印象。サンデーサイレンスやイージーゴアなどがひしめき合っており、贅沢プレイの場合はぜひ押さえておきたいですね。, 国産馬なら牝馬ダート荒らしができるロジータ、本格化してからは第一線で活躍できるバンブービギン、短距離で活躍できるナルシスノワールあたりがオススメです。, 同期に強い牝馬はいませんが、競走馬としては金札ほどの価値はありません。デビューが遅く3歳戦線にも出遅れますし、古馬になってからはそれなりに戦えるものの同期のシャダイカグラや1期下のイクノディクタスに対して作為が必要です。, 史実は5歳で引退してますが、初仔が未勝利なので6歳も走って問題無いと思います。孫にはマイル戦で大活躍したモーリスがいますが、第8仔の仔(メジロフランシス)の第6仔であるため、モーリス目的で所持するのは気が遠くなるのでオススメしません。, 恐らく史実国内牝馬で唯一トリプルティアラが狙える存在じゃないかと思います。牝馬ダートなら間違いなく敵無し、男勝りも持っているのでガンガン攻めても大丈夫でしょう(サンデーサイレンスとイージーゴア相手は避けたい)。, 5歳を走らせてしまうとシスターソノが消失してしまいますが、1990年に開催される世界頂上決戦で使える切り札の1頭でもあります。仔出し能力も高いように感じるので、繁殖入りしてからもオススメ。, 距離適性的には牡馬3冠も狙えそうな気がしなくもないですが、本番は本格化してからになります。秋古馬戦線でもそれなりに勝負になりますし、他の強豪馬を押さえておけばGⅠもガンガン勝てるでしょう。個人的にはドクタースパートに3冠を獲らせる目的で押さえておくことが多いです。, 史実では3歳時の菊花賞がラストラン。初年度産駒は1993年なので5歳一杯走らせてもOK。, 2018になって適正距離がだいぶ改善されたものの、やはり一流どころとは勝負にならないという印象です。それでもマイルが狙えるようになって随分と使い勝手が良くなり、なんとか銀札の面目は保っているかなぁと。, 史実は5歳で引退で翌年には多くの産駒が産まれてますし(収録されてるかどうかは不明ですが)、6歳を走らせても恐らく勝負にならないので素直に引退させるのが吉です。, 素質はあるのですが所有するとなると非常に使い勝手が悪く、基本的にはドクタースパートの実力を遺憾なく発揮させるために押さえておくという意味合いが強いかも。史実では獲ったダービーも落とすことが多いです。, 健康が極端に低いのでケガに気を遣う必要もありますし、精神力も高くないので国内を優先して走らせたいことを考えても、個人的には銀札の価値は無いんじゃないかと思っています。, 史実では3歳の菊花賞がラストラン。初年度産駒は1992年のため、4歳も走らせてOKです。, 取りこぼしているGⅡ・GⅢレースの回収役に徹しましたが、そういう意味では非常に使い勝手がいいです。史実では5歳で引退していますが、6歳一杯走れます。, ただ「あくまで贅沢プレイの一角として所持していても差し支え無さそう」という程度なので、決してオススメはしません。距離的には魅力的なのですが、いかんせん一流相手には勝ちきれない…。, 他の強力馬を押さえることで国内牡馬3冠が狙えます(対抗はサクラホクトオー、ウィナーズサークル、バンブーブギンあたり)。, 基本的にダートを走らせることはそんなに無いと思うので万能適正が若干邪魔なような気もしますが、勢いに乗れば春古馬・秋古馬など国内GⅠ荒らしも可能です。, デビューが遅く競走馬としての寿命も長くない為、一瞬で燃え尽きる印象が強いです。それでも競走馬としてのポテンシャルは高く、なんとかオークスも走れるので牝馬3冠が狙えます(対抗はメジロモントレー、ライトカラーか)。, 史実では3歳一杯で引退し91年には第一仔(カグラグレート)も誕生していますが、未勝利のまま終わっていることもあり4歳を走っても問題はなさそうです。, 距離適性と早めの成長型が相まって3歳GⅠの桜花賞とオークスは狙いやすいのですが、やや秋華賞が獲りにくいという印象です。対抗はもちろんシャダイカグラ。, 敵に回せばメチャクチャ厄介なものの、自分で所有すると健康が低くて使いにくいという…。個人的にはシャダイカグラに牝馬3冠を狙わせて、この馬でNHKマイルorサマーシリーズを狙いに行くというのがオススメ。, 距離的にも非常に使いやすく、この1頭だけでも地方重賞荒らしができるほどです。特にJBCスプリントだけで複数回勝てるあたり非常に優秀だと思います。, 取りこぼしているダート重賞を集めたり、クラブに回して順位を上げるのにも最適です。何も考えずに国内ダート重賞を走らせているだけで、それなりに結果が付いてくる嬉しい存在と言えるでしょう。, こちらも地方重賞を獲るのには最適なので、全重賞獲得などを意識している場合はミスタートウジンと合わせて持っておくことで非常に使い勝手が良くなります。, 史実は8歳で引退していることもあってフルで走らせるのもいいですが、よほど丁寧に使っていかない限り最後の1年間は勝ち負けのレースをするのは難しいように思います。, 条件戦が終わった段階でデフォルトのローテになっているスプリント戦を走らせるだけでも、安定して良い成績を残しくれると思いますが、贅沢プレイの場合は1期下にダイイチルビー&ダイタクヘリオス、2期下にヤマニンゼファーがいるので、全頭保有している場合はレース選びに困るでしょう。, それでも隙間をぬって走らせてやれば金殿堂も十分に射程内です。少なくとも赤札としては破格だと思います。, 史実は7歳引退で史実馬の消失を気にする必要はありませんが、普通に走らせていると6歳の前半で燃え尽きるかと。, 距離適性が若干キツイような気もしますが、間違いなくこの世代で最強の1頭です。イージーゴアと双璧なので、直接対決を避けると幸せになれます。所有する場合は欧州マイル3冠を獲っておけば後々の配合で非常に使い勝手が良くなるので、ぜひオススメです。, また、年末の調教師からの短評を見て引退させるかどうかを決めている場合、4歳ではまだ「好調」のはずですが、ここで引退させないと産まれてくるはずだった史実馬に多大な影響を与えてしまうので注意してください。, サンデーサイレンスに負けず劣らず、競走馬としても種牡馬としても最強の1頭。モードA以外であれば米国3冠も狙えますが、その時に立ちはだかるのはやはりサンデーサイレンスなので、どうしても3冠獲らせたい場合はセーブデータを複数用意しておくことをオススメします。, 史実ではわずか4年で心臓麻痺により死去しているため、実際には136頭の産駒しか残せていません。仔出し能力も高く、ここでもサンデーサイレンスに負けていないのでifが好きな人にオススメ。, サンデーサイレンスとは違って1990年の世界頂上決戦にも参戦できるので(サンデーサイレンスの場合は影響が大きすぎる)、それ目的でもオススメです。, 海外マイル3冠を狙うも、ジルザルなどの強豪に阻まれマイルで戦うのはやや厳しいというイメージ。, とは言え、国内なら同期のナルシスノワールやセンリョウヤクシャでも事足りますし、金5枚だして獲得するのは種牡馬としての活躍を期待してのものになると思います。, 4歳も前半なら普通に走れると思いますが、3歳で引退しないと影響が出るので注意が必要です。, 3歳欧州マイルではナシュワン、デインヒルあたりと争っても簡単には負けません。ただし健康パラメータがあまり良くないこともあり、欧州マイル3冠を狙う場合は疲れに注意が必要です(1レース噛ませて3冠に挑むと最後には疲労が溜まります)。, 決して寿命が長いわけではなく、普通に走らせていれば4歳の折り返し時点ではガンガン低下が始まっていることが予想されるため、2位に悩まされる展開があると銀殿堂にすら届かない可能性も。, 史実産駒にシャンクシー(1992)がいるので4歳で引退しないと消失してしまう恐れあり。.