「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 シリア内戦が起こった背景とは? シリア内戦のきっかけはアラブの春と言われていますが、アラブの春の火種となったのが ジャスミン革命という民主化運動 です。 これは2010年12月にチュニジアで起こっており、その波が中東諸国へ波及しました。 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 2014.11.24 Mon posted at 13:49 JST. シリア空爆の死者900人超、民間人も犠牲に . 米国主導の有志連合による、シリア北部ラッカでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦の空爆と砲撃により、2017年に民間人1600人以上が死亡していたことが明らかになった。人権団体が25日、調査結果を公表した。, 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」と空爆による民間人犠牲者を監視する団体「エアウォーズ」は、有志連合の攻撃を受けた200カ所を調査し、犠牲者1000人の身元を確認したという。, 両団体は、対IS国際有志連合に対し、「2年近くにわたり」このような民間人の死を「否定することは終わりにするよう」求めた。, 有志連合の指揮官は、民間人の犠牲者を出さないため、すべての実行可能な予防措置を講じ、攻撃の指令は武力紛争法を順守していると説明している。, ISは、シリアと隣国イラクに住む800万人近い市民を残虐に支配してきた。米国、英国、フランスを含む有志連合国は2014年以降、シリアとその周辺地域で3万4000回もの攻撃を行なってきた。, 米軍は、シリアに居住するクルド人とアラブ人の武装組織「シリア民主軍(SDF)」と連携している。, SDFは先月、ISの最後の拠点であるシリア東部バグズを制圧。ラッカを事実上の首都とする「カリフ制国家」の正式な終焉をもたらした。, アムネスティとエアウォーズによると、「ストライク・トラッカー」と名付けられた前例のない調査の結果、2017年6月から10月にラッカで行なわれた米国と英国およびフランスの空爆と、米国の砲撃により死亡したとされる民間人のデータベースを構築することができたという。, アムネスティで危機対応アドバイザーを務めるドナテラ・ロベラ氏は、ISの「狙撃兵と地雷が、ラッカを死の落とし穴へと変貌させた」が、「(有志連合の)空爆の多くは誤りであり、何万もの砲撃が無差別的なものだった。だから、有志連合が何百もの民間人を殺傷したことには何の驚きもない」と述べた。, アムネスティとエアウォーズは、1600人以上の民間人犠牲者に関するデータベースを構築するため、何千ものソーシャルメディア上の投稿など、公になっている情報を分析した。, その後、研究者は約2カ月かけて、ラッカ市内の攻撃された場所で調査を実施し、400人以上の目撃者や生存者に聞き取りを行なった。, 犠牲になった641人の名前を直接確認したほか、残りの犠牲者に関する複数の重要な情報源にたどり着いた。, 両団体によると、有志連合は5カ月間の攻撃で死亡した民間人159人について責任を認めたものの、それ以外の死者に関する報告の多くについては「信憑性がない」として一蹴したという。, さらに、有志連合は現地訪問や、目撃者や生存者の聞き取りをしなかったため、適切に調査を実施できていなかったという。, 国連人権理事会は昨年3月、ラッカ奪還のための戦闘には「すべての側による違反行為が伴い、非常に多くの民間人が犠牲となった」との報告書を発表した。, 有志連合による攻撃の数。緑がイラク国内での数、赤がシリア国内での数(出典:米中央軍), 有志連合の報道官はBBCに対し、「(IS)掃討作戦中の意図しない人命の損失は悲劇的なことだ。しかし、(ISに)人に痛みを与え苦しめるテロ活動の継続を可能にさせるリスクとのバランスを保たなければならない」と述べた。, 報道官は、有志連合は民間人が犠牲になっている可能性をすべて真剣に受け止め、徹底的な調査を行なったが、十分な情報がない場合や、有志連合による攻撃が行なわれた時間と場所に合致しない場合は、その限りではないと主張した。, 「アムネスティ・インターナショナルはラッカ掃討作戦に関して、新たに86人が犠牲になったと主張したが、そのうち43人についてはすでに信憑性があると確認された。残りの43人については、団体側にさらなる情報の提示を求めた。提示されれば、調査を実施できるかどうか判断することになるだろう」, (英語記事 Strikes on Raqqa 'killed 1,600 civilians'), © 2020 BBC. トランプ政権が米軍の撤退を発表し、シリアで活動するクルド系勢力を「見捨ててしまった」。対米同盟の信頼性が問われる大失態である。一方、これを歴史的大英断と称賛する声も一部にある。中東で無意味な戦争を続けることは北京を喜ばせるだけという議論だ。 米軍に全面撤退命令が下された13日、sdfは従来緊張関係にあったシリアのアサド政権軍を受け入れ、協力することで合意したと発表した。アサド政権軍はすかさずシリア北東部への移動を開始、翌14日には要衝の町マンビジに入った。 10月20日、日本国民の大多数がラグビーワールドカップ準々決勝の対南アフリカ戦に固唾をのんでいた頃、トルコ・シリア国境のシリア側クルド地域では、中東アラブ諸国のみならず、米国と同盟関係にある全ての国にとって容認し難い異常事態が進行していた。トランプ政権が10月7日、シリア北東部に駐留する米軍部隊の撤退開始を決定したのを受け、トルコ軍が9日、同地域のシリア系クルド人部隊に対し掃討作戦を開始したからだ。, シリア系クルド人部隊といえば、イスラム国(IS)掃討作戦で最も勇敢に戦った最強武装組織。一説には、対IS作戦で1万人以上もの戦死者を出したといわれる。米国にとっては、シリアで活動するこの「同盟軍」がなければ、昨年末のISせん滅宣言など実現不可能だっただろう。ところが、トランプ政権は突然、米軍の撤退を発表し、このシリア・クルド系勢力を事実上「見捨ててしまった」のだ。対米同盟の信頼性そのものが問われる大失態である。, その後トルコは米国の要請を受け17日から軍事作戦を一時停止したが、22日にはエルドアン大統領がロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談し、トルコ、ロシア、アサド政権がクルド勢力を国境地帯から排除することで合意したという。米国は数百人の部隊を残留させると発表したものの、既にシリア情勢は「米国抜き」で動き始めた。ドナルド・トランプ大統領の軽率な撤退決定により、今後同地域でのトルコ、ロシア、イランの影響力は一層拡大するだろう。, これには共和党指導部も黙ってはいなかった。米ケンタッキー州選出の共和党議員、ミッチ・マコーネル上院院内総務は10月19日付のワシントン・ポスト紙に、「トランプ政権による在シリア米軍撤退は深刻なる失敗」と題する小論を寄稿。「終わりなき戦争を終結させるというレトリックだけで戦争は終わらない。戦争には勝利か敗北しかないからだ」として、トランプ政権の対シリア政策を厳しく糾弾している。, マコーネル院内総務の論点は明快だ。トランプ政権は「終わりなき戦争を終結させる」というが、今のシリアで戦争を単に「終結」させようとすれば、それは勝利ではなく敗北を意味するだけだろう。戦争終結そのものを政策目的に掲げること自体が間違いである。同氏の主張は内容的には当たり前かもしれないが、こうしたまともな議論が今の上院共和党執行部から出たこと自体に大きな意味があると筆者は見る。, 不思議なことに、似たようなレトリックは今の日本でも健在だ。その典型例が毎年8月15日の「終戦」記念日である。この日、日本は政府、国民、マスメディアを問わず、誰も「敗戦」を口にしない。マコーネル院内総務が指摘した通り、「戦争は単に終結するのではなく、勝つか負けるかのいずれか」であるにもかかわらず、だ。もしかしたら、トランプ氏の本音は、図らずも、戦後日本の「平和主義」的発想に近いのかもしれない。, 海外で起こる様々な事件・事象を専門家が斬る。歴史的にどのような位置づけにあるのか、背景を解説。次に何が起こるのか、その展望を…, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. シリアは2011年3月に始まった反体制派デモが全土に拡大し、内戦に陥った。シリア内戦で毎年平均4万人以上が死亡し、死者の累計は37万人を超えた。 BBCは外部サイトの内容に責任を負いません。 本サイトの外部リンク方針はこちら, The Clock tower roundabout in central Raqqa where IS performed several public executions, Strikes on Raqqa 'killed 1,600 civilians'. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. 米軍、シリア化学兵器施設への攻撃開始 英仏合同作戦 2018年4月14日 ビデオ , 化学攻撃は「人間のやることではない」 シリア空爆発表のトランプ氏