George Washington Carver. 母親になれる人は本当に勇気ある人。子供を育てられる人は強い人 自分以上に誰かを愛せる人は特別な人 It takes someone really brave to be a mother, someone strong to raise a child and someone special to love someone more than herself – 不明 生い立ち. ジョージ・ワシントン・カーヴァーは1864年に奴隷制度下のミズーリ州ダイヤモンド・グローブの近くで生まれた。 彼と兄弟、母親の所有者はドイツ系移民のモーゼス・カーヴァーであった。 父親はジョージが幼い頃に事故死した。 ② ジョージ・ワシントンは大ピンチにおけるグッドラックもなかなか. Peter D. Burchard, "George Washington Carver: For His Time and Ours," National Parks Service: George Washington Carver National Monument. ① ジョージ・ワシントンは結構失敗も多く、一見他を圧倒するような雰囲気はないかもしれないけど、ものすごく人望がある . "How to Grow the Tomato and 115 Ways to Prepare it for the Table" Tuskegee Institute Experimental Station Bulletin 36, 1936. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョージ・ワシントン・カーヴァー&oldid=75417741. 合衆国史上最も被害の大きかった南北戦争に打ち勝ち、奴隷解放宣言を発したエイブラハム・リンカーン。, 世界大恐慌にあえぐ中現れ、第2次世界大戦に参戦し、見事祖国を勝利に導き、強大化をさらにうながしたフランクリン・ローズベルト。, 第3次世界大戦か、核戦争か、というおいつめられた状況の中、キューバ危機を見事回避したJ・F・ケネディ。, そう。アメリカ合衆国初代大統領、まさに合衆国はこの人に始まり、そして繁栄してゆきました。, ジョージ・ワシントンのお父さんはバージニア州の農場主であり、ほかにもいろんな事業に手を出し、地方の政治活動にも参加している典型的なアメリカン・フロンティアです。, 当時のアメリカ東部は、まだ合衆国が独立しておらず、イギリスとフランスが植民地の利権を求め、激しくしのぎをけずりあっておりました。, ここがジョージ・ワシントンという人物のポイントだと思うのですが、軍の指揮官としても政治家としてもナポレオンやアレクサンダー大王のような天才性はあまり見られません。, ただ、敵前に身をさらして一斉射撃をされても傷ひとつ負わなかったりするなど、ギリギリいっぱいのところでなぜかいつも助かります。, そして、このアメリカ独立戦争自体が敵側イギリスの国際社会からの孤立がアメリカ合衆国の勝利に大きく結びついております。, ここで、さすがに引退をしますが、こういったずば抜けた誠実さこそが彼の絶大な人気の秘訣です。, 数々の戦争で敵対したいきさつがあったとはいえ、焦土作戦などかなり厳しい対応を取った事実があります。, ① ジョージ・ワシントンは結構失敗も多く、一見他を圧倒するような雰囲気はないかもしれないけど、ものすごく人望がある, ③ ジョージ・ワシントンはとても人徳のある人だけれど、ネイティブ・アメリカンへの対応などに厳しい評価があるのが事実. George Washington Carver. George Washington Carver. "How to Grow the Peanut and 105 Ways of Preparing it for Human Consumption," Tuskegee Institute Experimental Station Bulletin 31, 1916. ジョージ・ワシントン・カーヴァー(George Washington Carver, 1864年1月1日 - 1943年1月5日)は、アメリカ合衆国の植物学者。南部の農業に輪作を導入し、ピーナッツや他の作物の何百もの用途を開発した。, ジョージ・ワシントン・カーヴァーは1864年に奴隷制度下のミズーリ州ダイヤモンド・グローブの近くで生まれた。彼と兄弟、母親の所有者はドイツ系移民のモーゼス・カーヴァーであった。父親はジョージが幼い頃に事故死した。ジョージは幼児の時に母親と共に誘拐され転売されそうになる。モーゼス・カーヴァーは犯人を追いつめたが、ジョージは発見されたとき瀕死の状態で、母親は行方不明であった。このことが原因で彼は呼吸疾病に罹患し、労働が困難になった。ジョージは労働のできない間、野原を歩き回り野生植物の品種に引きつけられた。植物に関する知識に長けた彼は、隣人達から「農園の医師」として知られていた。, ある日彼は隣人の家に農場の手伝いを請われて訪れた。農場での問題を解決しその報酬を受け取るためその家のキッチンに呼ばれた。キッチンに入ったとき彼は壁に掛かる美しい花の絵に出会い、そのときから植物学者になることを決心した。, 奴隷制度が廃止された後、モーゼスと妻は彼らのものとしてジョージと兄弟を育て、ジョージにその知的好奇心を持ち続けるように激励した。モーゼスは経済的に困窮し、ジョージは12歳の時に外で自ら学ぶことを決心した。彼は別の町の学校に入学し、その町に到着したとき学校が夜間閉鎖されることを知って狼狽した。彼はとどまるところもなく近くの小屋の中で眠った。翌朝、部屋を貸してくれるという親切な女性に出会い、そのとき自らを「カーヴァーのジョージ」("Carver's George")と説明した。女性はジョージの名を尋ねられると「ジョージ・カーヴァー」と返答し、そのときから彼はジョージ・カーヴァーとなった。その後彼は契約を結び、一家のために料理を行って報酬を受け取り、学校に通った。彼は小屋を買うのに十分な貯蓄ができるまでその家族の元で暮らした。彼は結局黒人からのリンチで町を去ることを強いられた。この出来事は彼の生涯に消えない傷跡を残した。, 彼はカンザス州のミネアポリス高校で卒業証書を得た。1887年にシンプソン大学へ入学し、続いてアイオワ州立大学(その後のアイオワ州農業大学)に転学した。彼は1891年に学士号、1894年に修士号を得た。同じクラスにもう一人のジョージ・カーヴァーがいたため、彼は区別のためにジョージ・ワシントン・カーヴァーと名乗り始めた。, 大学に在学中彼は科学と同様に歌唱と芸術にも強い適性を示し、恐らく三分野のどれでも経歴を残すことができたと思われる。, 1896年にカーヴァーはブッカー・T・ワシントンの依頼でアラバマ州のタスキーギ研究所(今のタスキーギ大学)に入り、植物学を専攻した。彼は農業研究の管理者に就任した。, 綿の連作で消耗した土を用いて農業を行う、貧しい南部の農民達の苦境に興味を持ったカーヴァーは、消耗した土壌に窒素を補給するためピーナッツ、大豆のような豆科植物と綿花を交互に栽培し、窒素循環を行うことを主張した。この結果綿花の栽培は改善し、新しい作物が加わることとなった。カーヴァーは農民達にこれらの作物の栽培法と、作物の新たな用途を開発するためアラバマ州で農業拡張システムを開発した。, ピーナッツを有効に活用するため、カーヴァーは油分の多いピーナッツを原料として、マヨネーズ・チーズの食料品や、石鹸・接着剤や印刷用インク等の生活用品まで、300を越える新しい用途を考案した[1]。しかしながらこれらの中にピーナッツバターは含まれていなかった。彼はペカンやサツマイモでも同様の調査を行った。, 彼は地球上から全ての食料が無くなったとしても、ピーナッツとサツマイモだけで人間を養う十分な食料を供給することができるかもしれないとしばしば話した。, 彼は以前数人の国会議員にその考えを紹介するよう要請され議会に赴いた。彼らはカーヴァーがアフリカ系アメリカ人だったため演説の時間は10分しかないと言った。彼は報告を始めたが、途中で時間切れとなった。しかしながら彼の演説は議員達の好奇心をそそり、議長は「演説を続けてくれ、兄弟。君の時間は無制限だ。」と言い、一時間三十分にわたって続けられた。, カーヴァーは大きな成功を収め、フランクリン・デラノ・ルーズヴェルトによって称えられた。ルーズヴェルトはジョージ・ワシントン・カーヴァーの国と世界に対する大きな業績を記念するモニュメントの建造に30,000ドルを寄付した。, ウィキメディア・コモンズには、ジョージ・ワシントン・カーヴァーに関するカテゴリがあります。, National Parks Service, Legends of Tuskegee: George Washington Carver, American Chemical Society, National Historic Chemical Landmark, National Parks Service, George Washington Carver National Monument, Carver Homestead Monument - Beeler, Kansas, Iowa State University, The Legacy of George Washington Carver, Photograph of George Washington Carver's Bible and pocketwatch at Tuskegee.