言葉のもつ限りない可能性をハートフルに描いた青春小説。スピーチの極意もお教えします! 有名なケネディの演説も、スピーチライターの作品なのか 知りたくなった。OLの恋愛話を随所に挟んで、政治の世界という若い女性には、全く興味のない話を、スピーチライターという職業をとおして読ませる技量はたいしたものだ。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 物語の序盤、主人公の師匠となる久遠のスピーチには、心が動かされるものがあった。しかし、話が進むに連れ、だんだんとスピーチの内容も技巧が過ぎ、つまらなくなった。中盤に差し掛かる前の、友人の披露宴でした主人公の最初のスピーチに、心に響くものが全くなかったのは痛い。, 感動させる話かと思いきや、冒頭の結婚式のくだりは、実際に目の当たりにした際には「あざとさ」に少し引くと思います。小説だから、と流せば良いのかもしれませんが、私には不自然さばかりが目立つ登場人物が多く、楽しめない作品でした。, 最近、ドキュメンタリーのような本ばかり読んでいたので、体が小説を(脳かな?笑)求めて、「本日は、お日柄もよく」を拝誦。, 初めは、結婚式でのお話から、明石さんまのOLや女子大生の恋愛モノに、言葉の大切さを言いたいのかと読んでいたが、伝説のスピーチライターが出てきてから、主人公の普通のOLが、会社の重要な仕事を任され、次に政治の世界に, 「致知」誌上にて鈴木秀子氏が取り上げられていたので読んでみた。言葉には力があるのだろうなと感じられた点は良かった。, 本文中に出てくる素晴らしいスピーチの数々に、思わず何度か涙してしまいました。文字で追っているだけでも涙するほどなのですから、実際誰かの姿、声を通して聴いたならばもっと感動するのかもしれません。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. ©Copyright2020 おもしろハンター.All Rights Reserved. OLが選挙のスピーチライターに! OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。, 1962年東京生まれ。早稲田大学卒。商社、森ビル森美術館開設室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、02年独立後キュレーターとして活躍。「カフーを待ちわびて」で第一回「日本ラブストーリー大賞」受賞。「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞受賞。. ? 彼女の作品に触れるのは初めて。読書好きの友人に「よかったよおお」とおすすめしてもらって読んでみました。, OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。, ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的な スピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。, 空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!, 日本では、あまり馴染みがありませんが、スピーチライターは欧米では広く知られる職業。, オバマ大統領の専属ライターで「change」や「yes,we can」のフレーズを生み出したジョン・ファヴローさんが有名です。, 「クライマックスが泣ける」作品はたくさんあるけど、最初から最後まで泣けるって小説はあまりない…というか初体験でした。, どんなにすぐれた原稿であっても、棒読みになったとたん、聴衆の関心が薄れるから。必ず、全文暗記すること。, 主人公の恩師となる久遠久美のスピーチ。今川議員の首相質問のスピーチ。小山田党首の弔辞のスピーチ。幼馴染の厚志君のスピーチ。, 登場人物は1つ1つのスピーチに命を込めているわけで、小説の中で何度も何度もクライマックスがやってくるんだもん。そりゃ泣くよ。, ほんとうに弱っている人には、誰かがただそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。, そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになるんだな、って。, だけど、登場人物たちのように、自分の言葉に命をかけているか、言葉の力を信じているかというとまだまだです。, ■壇上に上がって、まず五秒待つ。会場が静かになるのを。五秒で無理なら、十秒。それでもだめなら十五秒。, ライターをやっていたら、いつか仕事が舞い込んでくるかもしれないので、その時は快く受けて、全力で文章書きたいです。, 旅好きWEBマーケター 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー ■詳しいプロフィールはこちら. 原田マハさんの小説『本日は、お日柄も良く』のレビューです。 彼女の作品に触れるのは初めて。読書好きの友人に「よかったよおお」とおすすめしてもらって読んでみました。 軽い気持ちで読んでみたんですけど、 最初から最後まで、泣きまくりでした。 谷口 智彦(たにぐち ともひこ、1957年 - )は、日本の雑誌記者、ジャーナリスト。元内閣官房参与、慶應義塾大学 大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授。 株式会社 日経BP編集委員室主任編集委員、外務省外務副報道官、明治大学 国際日本学部 客員教授などを歴任した。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. 「スピーチの巧い人」というのは絶対に地道な努力をしている。豊田氏も10回や20回の練習ではこうはならないだろう。多分3桁の回数だと思う。「いいスピーチライターがいるんでしょ」と言ってすませる人がいるかもしれない。確かにこの原稿 【ビジネス書大賞2020 大賞受賞作】FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界... 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 博報堂スピーチライターが、5日間で"思いを言葉にする力"が身につく25のメソッドを初公開します。 * 語彙のボキャブラリーが増えて、会話に詰まらない *「どうしてそうしたの」?に慌てず正確に答えられる * 急な質問が飛んできても、説得力の 旅好きWEBマーケター 北大経済▶︎旅行誌編集▶︎フリーライター▶︎世界一周36ヶ国▶︎海外ノマド2年半(ブログとサイト制作) ▶︎旅行系IT企業でWEBマーケ担当 ■副業でブログ(最高月22万PV)とYouTubeとかやってる ■英語とスペイン語が少しできる ■オードリーのオールナイトニッポンのヘビーリスナー.