距離短縮組の好走が「幻想」に終わる理由とは, 【JRA朝日杯FS】武豊、あの不名誉記録が遂にストップか!タイセイビジョンで33年目の悲願達成へ!. 15日、阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS(G1)は、武豊騎手がまだ勝っていないJRA・G1だ。夢の「完全制覇」へ、残すは本レースと年末のホープフルS(G1)のみ。本人も「リーチを掛けておきたい」と力が入っている。, 騎乗馬のタイセイビジョン(牡2歳、栗東・西村真幸厩舎)は、ここまで3戦2勝。武豊騎手が「チャンス十分」とコメントしている通り、前走の京王杯2歳S(G2)勝ちに加え、函館2歳S(G3)2着と、力は同世代でも一枚上だ。, だが、タイセイビジョンには大きな課題がある。距離経験が1400mまでしかないことだ。過去10年の優勝馬は、すべて1500m以上で勝ち星があるだけにデータ的にも苦しい。距離克服には「折り合い」が重要だが、本馬はそこにも大きな課題があるようだ。, 「前走の京王杯2歳Sは返し馬から、相当行きたがっていましたね。C.ルメール騎手が上手くなだめて末脚爆発に繋げましたが、これがマイル戦になってどうか……。決め手は世代トップクラスだと思うので、最後の直線まで余力を残して、自慢の末脚を発揮できるかが大きなポイントになりそうです」(競馬記者), ただ、陣営も当然、そこは織り込み済み。1週前追い切りで、初のマイル戦に向けての“新兵器”を導入すると「効果テキメン」だったという。, JRA武豊「新兵器」導入に「いいんじゃないですか」。朝日杯FS(G1)タイセイビジョン、2歳女王レシステンシアに続く「超速レコード決着」大歓迎!のページです。GJは、競馬、武豊, 朝日杯フューチュリティステークス, タイセイビジョンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!. サートゥルナーリアら3歳勢も充実で「G1連対経験なし」は出走できず!. 【朝日杯fs】タイセイビジョン武豊wwwwwwwwwwwwww 2019/12/15 騎手 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/15(日) 15:43:59.40 ID:XUcxMzJs0 【朝日杯fs】タイセイビジョン2着、武豊20回目の挑戦も初vならず、5度目の2着 [ 2019年12月15日 16:02 ] 競馬 【朝日杯FS】サリオス無傷3連勝で戴冠! Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. JRAオーソリティの「割引材料」は骨折明けだけじゃない!? All Rights Reserved. このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 単勝1倍台濃厚もよぎる「先週」阪神JFの惨事……, 【朝日杯FS(G1)展望】JRA「G1完全制覇」目指す武豊VS大本命サリオス! 2歳王者決定戦で未来の一流マイラーが激突!. JRAオーソリティの「割引材料」は骨折明けだけじゃない!? アルゼンチン共和国杯(G2)「激アツ情報」で極太「◎」から人気馬の不安が丸裸か, JRAアルゼンチン共和国杯(G2)森且行SG優勝の「極上サイン」!? 史上初は容易でない……。表には出ない「裏情報」が攻略のヒント, JRA菊花賞(G1)西山茂行オーナーが語った「異端の逃亡者」誕生秘話。グレード制導入以降「唯一」逃げ切ったセイウンスカイの伝説【特別インタビュー】, 朝日杯FS(G1)大本命サリオスは「惨敗」リアアメリアの二の舞!? アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. タイセイビジョンは金曜と同じく角馬場で入念に体を動かして厩舎に引き揚げた。余田助手は「追い切り後も変にテンションが上がることなく落ち着きがあるのが好材料。いい感じに来ていますよ」と笑みを浮かべる。「先週の追い切りはジョッキー騎乗で感触を確かめてもらっているので、あとはお任せするだけ。うまく折り合えば、しまいはいい脚を使えると思います」と武豊に託した。, 【朝日杯FS】グランレイ 人気薄もなんのその3着 池添「来年が楽しみになりました」, 【朝日杯FS】サリオス 規格外の強さでG1初制覇 吉田代表「クラシックに行くしかない」, 【朝日杯FS】サリオス無傷3連勝で戴冠!ムーア「まだ幼さがあって、このタイム。まだまだ速くなりそう」, 【朝日杯FS】サリオスがデビュー3連勝で戴冠!無敗馬優勝は3年連続 538キロ最高体重記録, 【中山新馬戦】3番人気クリスタルブラックが大外一気  吉田豊「力を信用して乗りました」, 藤田菜七子が通算100勝 中京で決めた!デビュー3年9カ月「感謝の気持ちでいっぱい」, 新人・小林凌、待望のJRA初勝利!通算187戦目「あせらずにここまでやってきました」, 【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】15日中山11R 長休明けでもセダブリランテスが力の違いを見せる, 【馬券道コバヤシ 特別編】15日阪神10R 絶好の「外枠」引けたメイショウオーパス. それだけに悲願の朝日杯勝利へ特に力が入っているはず。今年騎乗するパートナーは、前走で京王杯2歳ステークス(g2)を勝利したタイセイビジョン。 距離短縮組の好走が「幻想」に終わる理由とは, JRA武豊「新兵器」導入に「いいんじゃないですか」。朝日杯FS(G1)タイセイビジョン、2歳女王レシステンシアに続く「超速レコード決着」大歓迎!. タイセイビジョン(Taisei Vision) は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2019年の京王杯2歳ステークス、2020年のアーリントンカップ。 横山典弘「ラストラン」は勝負所から別馬の「悲しい過去」, JRA武豊「G1を4つ損した」……脚にボルト入れ現役続行、“幻の3冠馬”が29年前のアルゼンチン共和国杯で見せた復活劇, JRAファンタジーS(G3)“レシステンシア2世”候補は意外な「穴馬」!? All Right Reserved. All Rights Reserved. それだけに悲願の朝日杯勝利へ特に力が入っているはず。今年騎乗するパートナーは、前走で京王杯2歳ステークス(g2)を勝利したタイセイビジョン。 有馬記念(G1)アーモンドアイVSリスグラシュー「最初で最後」の女王決定戦!? アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 横山典弘「ラストラン」は勝負所から別馬の「悲しい過去」, JRA武豊「G1を4つ損した」……脚にボルト入れ現役続行、“幻の3冠馬”が29年前のアルゼンチン共和国杯で見せた復活劇, JRAファンタジーS(G3)“レシステンシア2世”候補は意外な「穴馬」!? JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ“忖度”の裏に、ノーザンファームにもう一つの「思惑」!? r.ムーア騎手騎乗のサリオスが、道中3番手追走から直線鮮やかに抜け出して快勝。2着タイセイビジョンに3馬身差を付ける内容で堂々と無敗の2歳王者となった。3着には最後方から追い込んだグランレイが入り、3連単は中波乱。 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/11/27(水) 07:53:02.95 ID:Iq28XhOH0 タイセイビジョン、武豊騎手と新コンビで朝日杯FS参戦! parts(1555871,"FFFFFF","300","001eff",600000,"134","9141","outrank","http://umaumanews.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff"); タートルボウルって代表産駒がフレンチフィフティーンとかトリオンフなんだし1600は向いてる範疇じゃないの, カープ森下暢仁(23)10勝3敗 防1.91 122.2回 124奪三振←このルーキーの完成形ωωωωω, ワイ「ネッコよ、調子悪いんか?」 ネッコ(14)「せや」 ワイ「じゃあ病院行くか」, https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-11260174-sph-horse, 『鬼滅の刃』吾峠呼世晴、『鋼の』荒川弘、『金田一』さとうふみやなど “男性名”の女性漫画家が多い理由, 【暫定情報まとめ】Pフィーバーアイドルマスターミリオンライブの先行映像が公開。最大継続って表現ならタイガーマスクとの声。, 「鬼滅の刃」が残酷過ぎて子供に見せられない | 主人公いきなり死ぬしな | 別にこれくらいなら大丈夫やん。内臓ぶちまける北斗の拳に比べりゃ。, 『細美武士』12月31日開催の「新生 New Year Rock Festival」に参戦 !, 【競馬板スレ】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 韓国メディア「バイデンは副大統領時代に安倍総理に対して『失望した』と声明に入れた人物だ」…いや、だからといって韓国に肩入れしてくれるわけじゃないだろうに, 【悲報】へずま氏、涙の訴え!「釈放されても即日で再逮捕される!無限逮捕地獄!」←これ, 【競馬】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 【なんJ競馬】三大日本語にするとダサい馬名「エルコンドルパサー」「コントレイル」あとひとつは?. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. アルゼンチン共和国杯(G2)「激アツ情報」で極太「◎」から人気馬の不安が丸裸か, JRAアルゼンチン共和国杯(G2)森且行SG優勝の「極上サイン」!? JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ“忖度”の裏に、ノーザンファームにもう一つの「思惑」!? 【穴党必見!】JRAアルゼンチン共和国杯、どんなに人気がなくてもこの馬を馬券から外すな、7週連続G1の資金稼ぎはここで獲る!? Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. タイセイビジョン独断と偏見で能力分析していきます。①スタートよし②二の脚よし③瞬発力まあまあ④折り合い微妙⑤持続力、持久力型⑥1200~1600⑦緩急苦手n… R.ムーア騎手騎乗のサリオスが、道中3番手追走から直線鮮やかに抜け出して快勝。2着タイセイビジョンに3馬身差を付ける内容で堂々と無敗の2歳王者となった。3着には最後方から追い込んだグランレイが入り、3連単は中波乱。, 内枠から想定通りビアンフェがハナを切って単騎先頭へ、外からメイショウチタンが2番手に上がり、その直後にサリオスが付ける展開。入りの3ハロンが33秒8というハイペースの中、各馬想い想いの位置取りでレースを進めて行くと直線での追い比べとなった。抜群の手応えから抜け出したサリオス、それに迫った追い込み勢のタイセイビジョンにタガノビューティーが遅い掛かるも、ラスト1Fで更に加速し突き放したサリオスが見事3連勝でGⅠ初制覇を飾った。際どい3着には最後方から大外を猛烈に追い込んだグランレイが入線。, スタートから押してポジションを取りに行ったサリオス。道中はビアンフェをマークする様に3番手を追走し、直線では早めに前を捕まえて単独先頭に立つ競馬を見せた。途中、タイセイビジョンに並びかけられたが、坂上で更にもうひと伸びすると3馬身突き放して楽に振り切る強い走りで完勝。これで無傷の3連勝、課題となった初遠征に初コースも克服し、来春のクラシック戦線では2歳王者として堂々と各馬の挑戦状を受ける立場となる。距離はまだまだ伸びても問題ない。, 本命サリオス、対抗タイセイビジョン、単穴なし。連下にレッドベルジュール、紐は単勝50倍未満が理想の想定だっただろう。, 発馬で立ち遅れたレッドベルジュール。道中はこれまでに経験した事ないペースで多頭数の競馬を強いられ馬自身も些か困惑したのではないだろうか。4コーナーでは既に手応えも悪く、直線では見る影もない内容で10着惨敗を喫した。上位人気勢の中では唯一のキャリア2戦、やはり経験値の無さも含めて大舞台ではその脆さを披露してしまった。, 道中はやや置いて行かれる様な形で後方追走を余儀なくされたタガノビューティー。しかし、前にちょうどタイセイビジョンを見ながら徐々に加速して行くと、直線では一旦先頭に立つ勢いで伸び見せ場を作った。最後は脚が止まってしまいグランレイに差されて4着に沈んだものの、初芝のGⅠという大舞台では上々の内容だっただろう。来春はいずれの路線でも期待値の高い1頭だ。, 勝ち馬サリオスについて、速いペースの中先行し、直線も突き放してレコード勝利と内容も良くとても強い勝ち方であった。レースセンスがよくどんな競馬もできそうだし距離ももっと合っても良さそうであり来年がとても楽しみな存在。輸送にもしっかり対応できておりこれ以上ないレースであった。2着馬タイセイビジョンについて、いい雰囲気であり一時は勝ったかと思う程手応えもあったが今日は勝ち馬が強かった。マイルも大丈夫であり次走も楽しみな存在。テンションの高さには今後も注意が必要。(石川), サリオスはR.ムーア騎手のソツない騎乗で見事栄冠に輝いた。しっかりと好位で最後まで脚を使わせるエスコートぶりは、日本人騎手では出来ない芸当だっただろう。2着タイセイビジョンも一時はかわせる勢いの伸びだったが、やはり少し距離が長かったという見解か。3着グランレイについては未勝利戦を見ればそのパフォーマンスも納得。やはり競馬は情報戦、全頭の全レースを把握しておけばある程度の予想も固められたのではないだろうか。タガノビューティーについては正直驚いたが、改めてヘニーヒューズの汎用性を認識した次第。(田中), サリオスは評判通りの競馬でやはり力が違った。スタートを決めて番手から追走し直線でも危なげなく抜け出し見事に勝利。この後はクラシックに向けて調整するみたいだが関東馬で楽しみな一頭が出てきた。タイセイビジョンはよく頑張ったが最後は力差が出たか。ただマイル前後ならばいい競馬にはなるかと思う。(坂入), 前評判と期待通りサリオスは一つ抜けた快勝。2着もタイセイビジョンと順当。またもや豊Jの2着はなんとも気の毒だが。3着は人気薄のグランレイが入り馬券は随分跳ね上がった。終わってみれば3〜6着までは人気のない馬がズラリ。これが2歳戦の怖いところ。予想的にはその人気薄を読めずに残念な結果。(道永), サウジアラビアロイヤルカップでは強烈な決め手でクラヴァシュドール以下を完封、ダノンプレミアムが持つレコードをあっさり更新する内容で無傷の2連勝を決めたサリオス。レベルの違う走りは新馬戦から依然続いており、2度も楽に打ち負かしたアブソルティスモがこうやまき賞で圧勝している事からも、本馬に対する能力の裏付けは問題ない。ここで負けるシーンはそうそう思いつかない存在だろう。, 前走のデイリー杯2歳ステークスでは、長期休養明けに約+30kgの超大幅体重増にも関わらず直線鮮やかに内から突き抜けたレッドベルジュール。そのポテンシャルや、サリオスを負かすとすれば本馬しかいないと思わせるものであり、鞍上にC.スミヨン騎手を配した事からも厩舎側の期待値が大きく見て取れる。競馬に絶対はないが、上位2頭のいずれかがチャンピオンに輝くのではないだろうか。, 潜在能力は相当高いのは承知の上だが、さすがに前走の反動はないだろうか。常識的に考えて数ヶ月で馬体が30kg近く増えた上に、重賞クラスの1戦であれだけの走りを見せた直後である。馬自身がガツ欠状態になってなければ良いのだが。, 上位勢がある程度抜きん出た存在だけに、未知数という点で初芝のタガノビューティーを推したい。前走はダートながら上がり34秒台の決め手で差し切り勝ち。過去にアジアエクスプレスが同様のパターンで朝日杯フューチュリティステークスを制しており、奇しくも父は同じヘニーヒューズである。一発の大駆けがあるとすればこの馬か。, 本命はサリオス、追い切りの動きが強化され、長めからしっかりとタイムを出してきている点が非常に評価できる。前走も余裕残しであのパフォーマンスなのだから能力の高さは素晴らしいものがある。メンバー的にここは負けられない戦いだろう。唯一のマイナス点は輸送か。対抗はタイセイビジョン、マイルまでならしっかり対応できるだろうし、レコード勝ちが示す通り内容としては前走強いものがあり非常に評価できる。スムーズなら面白いだろう。(石川), 先週の結果を鑑みても競馬に絶対は無い、とわかっていながらも今週のサリオスはほぼ間違いない存在として疑わない。それだけ将来性も込みでここは圧勝を飾って欲しい。唯一対抗出来るとすれば、血統的な点含めてのレッドベルジュール。もし万が一に2頭が共倒れした時はタイセイビジョンが突っ込んで来るだろう。後は昨年も穴を開けたスクリーンヒーロー産駒からウイングレイテストを。(田中), 本命はサリオス。東京のマイル2戦は実力通りの競馬だった。540キロの大型馬ではあるが、上がり33秒を使えるのでどちらかといえば器用な馬なのではないか。初の長距離輸送、右回りと不安要素もあるが鞍上にR.ムーア騎手を確保した辺り必勝体勢か。対抗はレッドベルジュール。前走は圧巻の競馬だった。ペース次第では前にも行けそうで、サリオスをマークしながらの競馬になるか。この馬も上がり33秒代を使えるので直線勝負になれば引けを取らない。またこの一族はマイルで結果を出しているのもあり阪神外回りはうってつけではないか。3番手以下ではペールエール、タイセイビジョン、ウイングレイテスト辺りが差はないか。(坂入), 勝つ馬は大体上位だが時々紐荒れはあるレース。軸は堅実に、穴を開ける紐を選びたい。◎サリオスが本命。先週の阪神ジュベナイルフィリーズのような事が起こった後はすんなり人気馬が買ったらするもの。この馬のポテンシャルなら敵は対抗を除けばアクシデントか。鞍上も心強い。◯レッドベルジュールなら本命にも勝つ可能性があるだろう。スミヨン騎手なら間違いはないだろうし、2歳戦ならディープ産駒のが好感は持てる。右回り経験もある。▲タイセイビジョンを単穴。ずっとこのレースと縁がない豊Jが乗るのが今回気になる。本人は虎視眈々と狙っているだろうし、応援も兼ねて。(道永). Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. タイセイビジョン±28が馬券対象3戦連続新馬11頭⑥-3-2函館2歳s16頭1-⑤-8京王杯2歳s10頭4-⑧-5朝日杯fs16頭5、12が候補4隣が馬券対象… JRA【エリザベス女王杯(G1)展望】C.ルメール“強奪”ラッキーライラックVS M.デムーロ&ラヴズオンリーユー!「女王不在」3歳勢はノーチャンス!? 【朝日杯フューチュリティステークス2019】最終予想|タイセイビジョン本命で勝負! 2019/12/14 2019年競馬予想 悔しい銀メダルだ。2番人気タイセイビジョンはスタートを決めたが、折り合いを意識して後方待機策。前半3F33秒8のハイペースで流れる展開で鞍上との呼吸はぴったり。勝負どころから外を回って直線へ。ゴーサインが出ると瞬時に加速。前を捕らえるかという勢いだったが、最後は勝ち馬に突き放された。, 武豊は「思い通りにいいレースができました。勝ち馬が強かった」と勝者を称える。今回が初めてマイル戦にもきっちりと対応した。「ペースが速かったので前が止まると思った。折り合いがついていたし、マイルは問題なかった。厩舎が工夫してくれたのでいい状態でしたよ」と話した。西村師も「折り合い重視で距離に不安はなかったです。最後は勝ち馬が強かったけど、いい競馬をしてくれました」とねぎらいの言葉をかけた。 今週行われる朝日杯フューチュリティステークス(G1)は、サウジアラビアRC(G3)優勝馬サリオス、デイリー杯2歳S(G2)優勝馬レッドベルジュールなど豪華なメンバーが出走するが、注目は何といっても武豊だ。, 武豊はデビュー以来、まだこの朝日杯フューチュリティステークスを1度も勝利していない。これまで日本ダービー5勝、有馬記念3勝、海外のG1レースも8勝という素晴らしい成績を残しているにも関わらず、この朝日杯FSに関しては19回騎乗して2着が4回という不名誉な記録を残している。これまで騎乗した馬もフジキセキに負けたスキーキャプテンを筆頭に、アグネスワールド、エアスピネル、エイシンキャメロンなど蒼々たるメンバー。それだけの馬に乗っても勝てていないのだから、これぞ競馬界の七不思議の一つと言ってもいいだろう。, 今年50歳を迎えた武豊。もちろん本人はまだまだ元気いっぱいであろうが、歳を重ねるごとにチャンスが遠のくのも事実。それだけに悲願の朝日杯勝利へ特に力が入っているはず。今年騎乗するパートナーは、前走で京王杯2歳ステークス(G2)を勝利したタイセイビジョン。ここまでデビューして3戦2勝2着1回と安定した成績を残しており、前走騎乗したルメールから今回は武豊への乗り替わりとなった。実績馬だけにチャンスも大きいと思われるが、今年はなかなかの豪華メンバーが揃い混戦模様。さらに最強の外国人騎手集団が短期免許で来日しており、武豊の前に大きく立ちはだかっている。武豊とタイセイビジョンは勝てるのか、そして競馬ファンにとって重要な馬券はどうなるのか。朝日杯フューチュリティステークス出走馬の内情を完全に把握する最強の馬券師集団「暴露王」に話を聞いた。, 競馬予想といえばコンビニや駅の売店で見られるスポーツ紙や競馬専門紙、インターネット上の様々なサイトを思い浮かべる人もいるかもしれない。しかし競馬にとって最も重要である情報は、必ずしもそれらに記載されているものが全てではない。競馬関係者は勝利を目指すため、ライバルのヒントになる自らの騎乗作戦や本当の状態などをわざわざ外部には話さない。しかし表に出ないそういった情報が、馬券にとって重要なのは言うまでもない。, しかしそんなマスコミも入手できない関係者の本音を入手する方法がある。それが現場と密接な関係にある、競馬関係者集団「暴露王」を利用することだ。暴露王は東西を代表する凄腕の現役ベテラン競馬記者達と極秘に提携。彼らが紙面には出さない関係者から入手した本当の情報を独占入手し、マスコミでは考えられないような的中を連発している。すでに今年も公約である年間300本の万馬券超えを達成しており、その実力は本物だ。, 若手記者やサラリーマンばかりが集まる通常のマスコミでは入手できない本物の情報を入手できるのがこの暴露王であり、この暴露王が提供する情報が競馬ファンにとって最も必要な情報となろう。今週行われる朝日杯フューチュリティステークスは、そんな暴露王の情報力が発揮される最適な条件が揃った。, なぜならこのレースはデータが通用しにくい2歳戦であり、現場の情報が最も活きるレースだからだ。そして暴露王は既にレースのカギを握る穴馬を把握しているという。その自信の根拠は前哨戦であるデイリー杯2歳Sの的中にあるという。, 「朝日杯フューチュリティステークスに繋がる重要な前哨戦であるデイリー杯2歳Sは、7番人気ウイングレイテストから3連単9万4030円を的中。このレースは1番人気と2番人気が敗退して波乱となりましたが、暴露王は提携する凄腕の現役トラックマンを通じて、ジョッキーから各出走馬の手応えを聞いていました。さらに当日の馬場状況や直前の状態を把握し人気馬の不安情報も把握、自信をもって推奨できましたね。, 今年の朝日杯は骨のあるメンバーが揃いましたが、キャリアも少なく何が勝つかすぐに分からないような横並びの一戦。だからこそ、大駆け態勢にあるのに人気にならない人気の盲点となる馬が鍵を握ります。その重要性はデイリー杯の的中で証明しましたが、それが今年の2歳戦の傾向なのです。とりわけ人気になりそうな素質上位馬の調子をどう見るかが馬券の分かれ道。暴露王は人気馬の買えない話も完全に把握していますし、今年も昨年同様に万馬券的中に自信はありありですよ。, 暴露王は万馬券を専門に狙っていますので、自信があるということは100倍以上の配当は大前提。しかも今年は人気の一角が飛ぶだけでも大きな波乱が期待できるでしょう。昨年の朝日杯でも単勝77.4倍の9番人気クリノガウディーを本命に3連単4万5180円、馬単1万4240円、3連複3340円の好配当を的中させましたが、それを上回る万馬券の的中も視野に入れています」(暴露王スタッフ), この話を聞けば、暴露王が朝日杯フューチュリティステークスにどれほどの自信を持っているか一目瞭然だ。そして今年も万馬券的中に破格の手応えを掴んでいるというのだから、これに乗らない手はないだろう。, というのも、暴露王はこの朝日杯フューチュリティステークスにて、万馬券的中が狙える【最終買い目】を【完全無料】で公開してくれるというのだ(まだ暴露王を利用したことがない方に限ります)。凄腕のベテラン競馬記者が入手した渾身の情報と勝負買い目、それを無料で入手できるのだ。競馬ファンであれば絶対に利用すべきだろう。, この朝日杯フューチュリティステークスは武豊が悲願の初勝利となるのか、それとも最強の外国人騎手集団が悲願を打ち砕くのか注目の一戦だが、競馬ファンにとっても【万馬券的中】が見込める重要な一戦。ここで財布を厚くし、来週の有馬記念(G1)や年末のホープフルステークス(G1)の資金を手に入れられるか。そのヒントは暴露王が握っている。絶対にこのチャンスを逃さず、打ち震えるほどの感動を手にしてもらいたい。, 【JRA朝日杯FS】武豊、あの不名誉記録が遂にストップか!タイセイビジョンで33年目の悲願達成へ!のページです。GJは、競馬、武豊, 朝日杯フューチュリティステークス, タイセイビジョンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!.