母父 Al Nasr(FR) 生産者 白井牧場 (門別) 没年月日 H29-2-21--基本情報; 関連コラム・ … 本番、前走14着だった2歳女王 ヤマカツスズランが逃げ、チアズグレイスが2番手。シルクプリマドンナやニホン ピロスワンは後方に控える展開。ティコティコタックはインコースの4番手という絶好位につける。レースは淡々と流れ、そのまま直線へ向く。 アドマイヤベガについて 戦績 国内:11戦3勝 総収得賞金 228,463,000円. All Rights Reserved. 主にサンデーサイレンス(Sunday Silence)の種牡馬としての実績をまとめています。, 母こそ重賞馬だが、近親に活躍馬は一切ない貧弱な牝系。見栄えの悪い馬体のため、まともに買い手がつかない。デビュー前のサンデーサイレンス評はその後を知るものとしてはにわかに信じられない。, 周囲がその才能に気付くのはデビュー後であり、ケンタッキーダービーの前哨戦サンタアニタダービーを11馬身差で勝つ頃には世代上位の評価を受けていた。サンデーサイレンスに立ちはだかったのは毛並みのよいライバルイージーゴア。サンデーサイレンスの三冠を阻止し、4度目の対決となったBCクラシックはアメリカを熱狂させた。BCクラシックと二冠を達成したサンデーサイレンスは年度代表馬に選出されている。, 引退後はアメリカでの種牡馬入りが模索したが、シンジケートが成立せず日本へ売却。アメリカでの人気は十二分に高かったが、種牡馬として成功するかの判断は別だった。社台ファームの購入金は約16億5000万円。安い買い物だったと世界が知るには、数年を待つ必要があった。, 産駒がデビューするや破竹の勢いで勝ちまくり、サンデーサイレンス旋風を巻き起こした。わずか2世代でリーディングサイアーに輝き、そこから数々の記録を打ち立てた。初年度産駒のタヤスツヨシから2020年のコントレイルまで、直系のダービー馬は16頭を数える。大多数の馬が内包する血となり、サンデーサイレンスはもはや日本競馬の代名詞といっていい。, 初期の種付け頭数が少なく映るが、当時は人気種牡馬でも60頭前後。繁殖技術の向上により種付け頭数が増えていき、今日の社台グループの経済的基盤ともなった。, サンデーサイレンスが種牡馬として成功をおさめた背景のひとつに、アウトクロスになりやすい血統構成があった。当時流行のノーザンダンサー系(ノーザンテースト、マルゼンスキー、アンバーシャダイなど)、ナスルーラ系(ブレイヴェストローマン、ミルジョージなど)、テスコボーイ系(トウショウボーイ、サクラユタカオーなど)の血をもたないことが多くの繁殖牝馬との配合を促進させた。, 母系の特徴を引き出すタイプで、短距離(デュランダル、ビリーヴなど)、ダート(ゴールドアリュール)など多様なカテゴリで優秀な産駒を送り出している。切れ味鋭い末脚を身上とし、軽い馬場でのスピード勝負に抜群の適性をみせる。母父としても影響力は多大で、ドゥラメンテ、アーモンドアイなど名馬を輩出している。, 後継種牡馬も多彩な面々が成功しているが、日本生産界の規模では血の飽和を感じるようになってきた。直系が残らないとは思わないが、これまで幾多の輸入種牡馬の系譜が途絶えてきたのは事実。使命感をもって存続を図る必要がある。, ヴィクトワールピサ(Victoire Pisa)の種牡馬情報です。 The rules of Visiting Stables(PDF 約10.1MB). ナリタトップロード、テイエムオペラオーの3頭でしのぎを削った世代のダービー馬。牝馬二冠ベガの …, ゴールドアリュール(Gold Allure)の種牡馬情報です。 スティンガー (阪神3歳牝馬s) アドマイヤベガ (ダービー) トゥザヴィクトリー (エリザベス女王杯,ドバイワールドc2着) 1995年産 チアズグレイスの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 ID: bdrtE2UoQb, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』心に炎を灯して…主題歌「炎」から紐解く炎柱・煉獄杏寿郎の魅力とは?, 『サンモニ』関口宏「アメリカの話題はカラッとして、日本の問題はジメっとする」トランプ氏の主張には触れず?, 友達と一緒に食べたおいしいおやつ、一人で食べるとなんか違う…… 4歳の女の子の「かわいい大発見」を描いた漫画. 日本馬としてはじめてドバイワールドカップ …, アドマイヤベガ(Admire Vega)の種牡馬情報です。 チアズグレイス は日本の競走馬・繁殖牝馬。 おもな勝鞍は 桜花賞 ( 2000年 )。 2000年の JRA賞最優秀4歳牝馬 に選出された。 チアズグレイス: 最優秀3歳牝馬 3勝、桜花賞-G1、コスモス賞、オークス-G1 2着、秋華賞-G1 4着、阪神3歳牝馬S-G1 4着、ローズS-G2 5着: 産駒: チアズガディス: 1勝: 祖母: チアズフラワー: 1戦: 産駒: チアズ … 2015年夏から一口馬主。 高校2年の春、チアズグレイスの桜花賞で初めて競馬を生観戦。その後、学生時代には阪神競馬場で検量室前警備員アルバイト経験があり、阪神競馬場で行われる唯一のクラシックである桜花賞に強い憧れを持つ。 Copyright © JBBA 2002-2020. 生年月日 1997年03月30日 性別/毛色 牝/鹿毛. サンデーサイレンス産駒として唯一のダートG1 …, ケンタッキーダービー、プリークネスS、ブリーダーズCクラシック、スーパーダービー、サンタアニタダービー、カリフォルニアンS(すべて米G1). 2歳6月の函館競馬場でデビュー。2戦目に不覚をとったが、夏の北海道シリーズを3戦2勝で過ごして暮れの阪神3歳牝馬Sは4着。3歳になって紅梅賞、チューリップ賞と2着を続け、1番人気で挑んだチューリップ賞は大敗したが、本番桜花賞ではきっちりと変わり身を見せて優勝した。オークスはシルクプリマドンナの2着。秋、勝ちきれないまでもローズS5着、秋華賞4着のあと脚部不安を発症。復活を目指したがいたらずに、そのまま引退となった。, 父サンデーサイレンスは1986年米国産。米国年度代表馬。G1ケンタッキーダービー、G1ブリーダーズCクラシックなど14戦9勝。91年から日本で種牡馬となり95年~06年総合チャンピオンサイアー。94、95、97~05年2歳チャンピオンサイアー。06年チャンピオンブルードメアサイアー。母チアズフラワーは1990年静内産、出走馬。全弟にチアズシュタルク(G3共同通信杯、G3毎日杯)。祖母デュムカは2勝、G1仏1000ギニー。近親にダルサーン(G3コーク&オラリーS)。, 北海道の牧場のアクセス情報や周辺にある周辺施設を、Googleマップで確認できます。. 父 サンデーサイレンス(USA) 母 チアズフラワー. プロフィール. チアズグレイス; チアズグレイス . 特徴的な馬名の由来は、ショーロの名曲「Tico Tico No Fuba」の別名「ティコティコ」とスペイン語で時計の音や心臓を意味する「タック(Tac)」から。言いづらい馬名でも有名で、実況ではしょっちゅう「チコチコタック」と言われたが発音的にはまあ間違いでもなかったりする。, 父サッカーボーイ、母ワンアンドバンブー、母父ブライアンズタイム。父は「弾丸シュート」と呼ばれた鬼脚を武器に活躍、種牡馬としても前年に菊花賞馬ナリタトップロードを出すなど内国産種牡馬のエース格に成り上がっていた。母はバンブー牧場ゆかりの血統で非常に古い牝系の出だが、この時期を以てしても全く活躍馬がいない斜陽の血統だった。したがって冠名はついていないがバンブー牧場の所有馬である。, デビューは遅れに遅れて旧4歳3月。2ヶ月で5戦して、やっと初勝利を挙げたその日にオークスも終わってしまった。春クラシックとは100%無縁だったのである。, 夏は札幌に遠征し、古馬相手に4戦2勝。4戦連続で上がり最速と末脚に磨きをかけ、上がり馬として秋華賞に乗り込む。しかしここまで半年で11戦もしている・・・走りすぎや。, この年の牝馬戦線は混戦模様で、桜花賞馬チアズグレイス、オークス馬シルクプリマドンナ、2歳女王ヤマカツスズランがローズSで揃って馬券圏外に敗戦。そのローズSを6番人気の条件馬ニホンピロスワンが勝ち、11番人気のトーワトレジャーが3着に突っ込んでしまう波乱。紫苑Sすら1倍台の1番人気ジャックカガヤキが4着に撃沈し出走権を逃すなど、もはやどれを買ったらいいのかわからない状況だった。, そんな状況なら前走超スローの流れをすげえ末脚で押し切ったティコティコタックにも穴人気が集まりそう…だったが、蓋を開けたら10番人気。人気順に並べると確かにそうかな、って感じもするが、それを差し引いても人気がなかった。理由は明確。馬体重-20kgだったのである。ただでさえちっこい馬なのに、デビュー以来最低の420kg。そりゃ買えないですよ。まあ、鞍上が横山典弘から武幸四郎に変わったのも多少影響したかも…, 本番、前走14着だった2歳女王ヤマカツスズランが逃げ、チアズグレイスが2番手。シルクプリマドンナやニホンピロスワンは後方に控える展開。ティコティコタックはインコースの4番手という絶好位につける。レースは淡々と流れ、そのまま直線へ向く。ここで幸四郎が仕掛け、力尽きたチアズグレイスの内を突いて一気に末脚を伸ばす。後方のシルクプリマドンナやニホンピロスワンは全然伸びてこない。逃げたヤマカツスズランが止まらずヤバいかと思われたが、確実に差を詰めて残り50mで逆転。そのまま半馬身差をつけてゴールイン。10番人気を覆す大金星を挙げた。2着にそのまま7番人気のヤマカツスズランが粘ったことで、馬連3万円の荒れた秋華賞となった。 撮影:2007/11. チアズグレイスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ヴィクトワールピサについて チアズグレイス (桜花賞) アグネスフライト (ダービー) エアシャカール (皐月賞,菊花賞) 1996年産. チアズグレイスの16 (牝) クロフネ(ノーザンダンサー系)×チアズグレイス(サンデーサイレンス系) sp:a 万能〇 瞬発&精神:b以外a以上 早熟 この世代は牝馬sh不在な関係で牝馬クラシック路線の中心になれる馬、クロフネ産駒1号。 ゴールドアリュールについて 鞍上の武幸四郎は5年目の初GⅠ。京都内回りのお手本になるような好騎乗を見せた。勝利後、インタビューで目を真っ赤にした幸四郎を覚えている人もいるかもしれない。泣いてたわけじゃなく結膜炎だったらしいけど、ドクターストップがかかっていたところを無理して乗ったそうだから期するものはあったのだろう。, その後ティコティコタックは10戦して勝ち星なしに終わったが、重賞で2着2回3着2回と安定した成績を残した。歴史に残る大接戦だった2001年のエリザベス女王杯でもトゥザヴィクトリーからハナ+ハナ差の3着に突っ込み、この年の二冠牝馬テイエムオーシャンとオークス馬レディパステルを差し切る激走を見せた。, 引退後は故郷のバンブー牧場に戻り繁殖牝馬として繋養。子出しは非常に良いのだが、主流から弾き出された血統ゆえか活躍馬には恵まれていない。20歳を迎えた今も現役の繁殖牝馬なので、なんとか逆転を期待したい。そしてあわよくば、調教師となった幸四郎の下に産駒が来ないかなぁ…と、筆者は淡い期待をしている。, 2019/01/13(日) 12:48:36