米大統領選争点は「経済」3割強. 先日の事ですが、アメリカのオバマ大統領は、「テロとの戦い」を宣言し、イラクとシリアへの空爆(イスラム国という組織への攻撃)を決めました。 「 対テロ戦争 」とも。. ブッシュ大統領は「テロとの戦い」に失敗した、という見方もあり、事実2008年に争われた大統領選挙では、共和党のマケイン候補、民主党のオバマ候補とも、「テロとの戦い」というフレーズを使わずに対テロ政策をアピールしている。, 時間のかかったアメリカ大統領選挙の開票もようやく終わり、 ジョー・バイデンが次期大統領になる。 しかし4年間のトランプ政治が残した傷はあまりにも大きく、 アメリカはとんでもなくつまらない国になってしまった。 分断なんて昔もあった。 しかしかつてのアメリカはもっと賢明で忍耐強かったはずだ。 という話。 (写真:フォトAC) 【2020アメリカ大統領選挙、終わる】 長引いたアメリカ大統領選挙もようやくバイデン候補の勝利で終わりそうです。 思えば4年前の今ごろは、あの野卑で下品な男が大統領になると知ってそうとうに腹を立て、苛立ち、気分を滅入らせていたものです。 ただひとつトランプが大統領になってよか…, 『21世紀 地政学入門』 舟橋洋一 文藝春秋 2016/2/19 <「米国の影響力は、地政学的バランスを回復することではなく、それを超越することである」> ・米国の衰退により、地政学的リスクが高まっている。地理、歴史、民族、宗教、資源、そして人口を抜きに、国家戦略は立てれない。 <地政学的直観力とは何か> ・北朝鮮が崩壊する可能性が強まっている。2016年1月の金正恩体制下の核実験は、この国をさらに孤立へと追いやることになるだろう。北朝鮮はこのままでは、爆発(外)か自爆(内)の暴発のいずれのシナリオもありうる際どい状況に向かいつつあるように見える。そうなった場合、朝鮮半島の行方が日本の安全保障…, イスラームからヨーロッパをみる 社会の深層で何が起きているのか 内藤正典/著 出版者 岩波書店 2020.7 1.概要 新書版で250ページ程度と決して「分厚い」わけではないですが、 読みごたえがあります。 ヨーロッパとイスラームの共生は、なぜうまくいかないのか? アフガニスタン侵攻やイラク戦争の大義名分として使われた。. ウィーン銃撃 isが犯行声明. 「テロとの戦い」は誤りだった 英外相、有力紙に投稿2009年1月16日8時32分印刷ソーシャルブックマーク 【ロンドン=大野博人】英国のミリバンド外相は15日付有力紙ガーディアンに掲載された投稿で「『対テロ戦争』は誤りだった」と断じた。米ブッシュ政権の外交・安保戦略のキーワードを、イラク戦争などで重要なパー... 【2020年45週ふりかえり】妻休みの日実行、ファイアパンチにハマり、約20件プルリクマージした一週間 #じぶんリリースノート, 100年続く郡上八幡の文房具屋さんで出会ったノート『ダブルリングノート テフレーヌ フラップ』. トランプ氏13州で勝利確実 報道. お使いのブラウザがJavaScriptがオフになっている場合、正しく閲覧できない場合があります。, オーストリアの首都ウィーンの中心部6カ所で、2日午後8時(日本時間3日午前4時)ごろ、銃撃が起きた。市民4人が死亡し、14人が重軽傷を負った。市民に発砲した容疑者の男は警官に射殺された。クルツ首相は「明白なテロ攻撃だ」と述べ、逃走中の容疑者がいる可能性もあるとして、市民に警戒を呼びかけた。, 同国のネハンマー内相は3日、射殺された容疑者について「過激派組織『イスラム国』(IS)に共感していた」と述べた。現地メディアによると、この容疑者は北マケドニアにルーツを持つ20歳の男。ISに参加するため、シリアに出国しようとして2019年4月に禁錮刑を宣告されたが、同12月に釈放されていたという。この容疑者は模造品の自爆ベルトを着用し、自動小銃を所持していた。警察当局は容疑者の自宅を捜索した。, 事件が起きたのは、観光客が多く集まるシュテファン大聖堂近くの繁華街。近くにシナゴーグ(ユダヤ教会堂)があるが、標的にされたかは不明だという。ネハンマー氏は「職業上可能な限り、自宅にとどまってほしい」と市民に呼びかけた。ウィーンの小中学生らに対しては3日、登校を義務づけず、家に滞在することが許可された。, オーストリアでは新型コロナウイルス対策として、3日から飲食店閉鎖などのロックダウン(都市封鎖)措置がとられることになっており、2日夜は多くの住民が外出していたとみられる。, 最近、テロが相次いでいるフランスのマクロン大統領はツイッターで、「フランス人は衝撃と悲しみを分かち合う。我々は何にも屈服しない」と述べた。ドイツのザイベルト政府報道官はツイッターで、メルケル首相のコメントとして「イスラムのテロに対する戦いは我々の共通の戦いだ」と発信。英国のジョンソン首相も「英国の心はオーストリアの人々と共にある。我々は連帯してテロに反対する」とツイッターで述べた。【ベルリン念佛明奈】, 毎日新聞のニュースサイトに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。 核兵器廃絶決議 国連委で採択. しかし、2003年に始まったイラク戦争の犠牲者は2008年9月現在で4000人以上にのぼり、同時多発テロのうちマンハッタンの世界貿易センタービルでの犠牲者約2800人を大きく上回っている。 フランスのオランド大統領はパリ同時多発テロ後、「非常事態宣言」を発令し、治安当局が令状なしで家宅捜索に踏み込むなど対テロ作戦を遂行している。こうした対応が可能なのは、緊急事態に対応するため、一時的に国の権限を強化して国民の権利を制限する「国家緊急権」が、憲法や法律に設けられているからだ。国際テロ... 【米旅客機墜落】ブッシュ大統領「新たなテロとの戦い」に乗り出す - bogusnews. テロとの戦い 本性は覇権主義 ブッシュ・ジュニアの8年間 (アメリカの歴史を知るための62章から抜粋) 冷戦の終結後は、多くの人は戦争が減ると予測していました。 しかし、クリントン政権は人道支援を名目にして、各地に軍事介入をしていきます。 アフガニスタン侵攻やイラク戦争の大義名分として使われた。 対テロ戦争(たいテロせんそう、英語: War on Terrorism または War on Terror、略称: WoT)は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争(GWOT: Global War on Terrorism)と呼び 、第三次世界大戦 やテロとの戦いとも呼ばれた 。アメリカ同時多発テロ事件を起こしたアルカイダの首謀者であるオサマ・ … 混乱続けば下院が米大統領選出も 死者は3倍?「第2波」が広がる露. 安倍総理大臣は訪問先のイスラエルで、ネタニヤフ首相と会談し、フランスで起きたテロ事件に関連し、卑劣なテロはいかなる理由でも許されないと非難したうえで、国際社会と緊密に協力しながらテロとの闘いに取り組みたいという考えを伝えました。 中東を訪問している安倍総理大臣は日本時間の18日夜、イスラエルに到着... 非常事態宣言、日本は可能か 憲法に規定なし…「テロとの戦い」欠陥に (産経新聞) - Yahoo!ニュース. 新たな貧血症「下戸遺伝子」関与 米 台湾への無人機売却を承認. 2001年から始まった「テロとの戦い」は、アメリカにとって最も長く、最も軍事経費が高く、終わりが見えない戦となっている。しかし、中東では「テロとの戦い」が始まる前は、テロが全く存在しない地域であった。アメリカの中東政策はテロ攻撃を助長させる環境を作りあげたとも言える ブッシュ大統領(当時)は2001年9月11日の同時多発テロの直後「テロとの戦い」を宣言した。同年10月、テロの首謀者とされるウサマ・ビンラディンをかくまっていたアフガニスタンのタリバン政権を攻撃する不朽の自由作戦(Enduring Freedom Operation)を開始。2カ月で同政権を打倒、国際テロ組織網アルカイダの拠点を破壊した。03年3月に開始したイラクの自由作戦(Operation Iraqi Freedom)では、わずか3週間でフセイン政権を打倒し、ブッシュは5月1日、大規模戦闘の終結を宣言した。しかし、反米武装勢力による米軍を標的にした自爆テロが頻発、米軍死者は増え続ける中でブッシュは06年8月、対テロ戦を「21世紀を決するイデオロギーの戦い」と位置づけた。オバマ大統領は11年6月、ブッシュ前政権が進めた大規模な「テロとの戦い」と決別し、国際テロ組織アルカイダに標的を絞った戦いを重視する、新たな「対テロ国家戦略」を発表した。新戦略では、アフガニスタンやパキスタンでアルカイダ幹部の掃討を続ける一方、イエメンやソマリアの関連組織の対策に力を注ぐ方針が示された。オバマ大統領は13年5月23日、ワシントン市内の国防大学で2期目のテロ戦略について演説し、「テロ組織を解体する組織的な努力は続けるが対テロ戦争は終結させなければならない」と強調、「テロとの戦い」を大幅に縮小し、終結を目指す考えを示した。. テロとの戦い. グレタさん トランプ氏をやゆ. アルジェリア大統領がコロナ感染. 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊, しかし、中東では「テロとの戦い」が始まる前は、テロが全く存在しない地域であった。アメリカの中東政策はテロ攻撃を助長させる環境を作りあげたとも言える。実に, 世界におけるテロ事件の傾向として、宗教的リーダー、法人、政治家は減少、民間人を標的とするテロ攻撃が増えている。テロ組織に関しては、, 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊. オーストリアの首都ウィーンの中心部6カ所で、2日午後8時(日本時間3日午前4時)ごろ、銃撃が起きた。市民4人が死亡し、14人が重軽傷を負った。 ウィーンテロ巡りモスク閉鎖命令. イルナー通信によりますと、マクロン大統領は3日火曜、ツイッターで、オーストリア・ウィーンでのテロ攻撃への犠牲者への弔意表明の中で、またもやテロとイスラムを関連付ける発言をし … ブッシュ大統領(当時)は2001年9月11日の同時多発テロの直後「テロとの戦い」を宣言した。同年10月、テロの首謀者とされるウサマ・ビンラディンをかくまっていたアフガニスタンのタリバン政権を攻撃する不朽の自由作戦(Enduring Freedom Operation)を開始。 ペンシルベニア州バイデン氏逆転. All rights reserved. Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. 露大統領に健康不安?政府は否定. ( 社会) 【 てろとのたたかい 】. というのが、主題ですが、 主にヨーロッパ舞台に 過去20年間に起きたことを、著者40年のフィールドワークをもとに、 イスラームの視座から解説しています。 女性の被り物論争、シリア戦争と難民、トルコという存在、イスラー ム世界の混迷と各章だで、詳細な分析です。直近の著作で、2020年 2月くらいまで記載があります。 ムスリム女性の被り…, 10月20日 00時09分 米ハリバートン、4四半期連続赤字 需要急減と原油安で 10月20日 00時11分 香港証取、アント・グループのIPO承認=関係筋 10月20日 00時13分 米農家補助金が過去最高に、トランプ氏が選挙控え票固め狙う 10月20日 00時15分 米、加・メキシコ国境閉鎖を11月21日まで延長 コロナ抑制で 10月20日 00時20分 インド、人口13億人の半分がコロナ感染も 2月までに=政府委 10月20日 00時25分 米住宅建設業者指数が過去最高、10月は85 10月20日 00時30分 新型コロナ退院患者、数カ月にわたり症状継続も=英研究 10月20日 00時3…, <他人や環境のせいにせず、正邪を判定する自力を> <「謙虚な心」が自分を護る理由> <最終的に必要なもの――信仰心で神仏と一体になる> <だんだん「強いもの」が出てくるとき、最終的に勝つ力> ・「降魔」というものは簡単なことではありません。最初は「いける」と思っても、だんだん強いものが出てくるのです。この段階を経験した人はそれほど多くいるわけではないので分からないでしょうけれども、やはり、「信仰心を持っていなければ、最終的には勝てない」ということを知っておいてください。 ・ただ、自分の分を超えて、いろいろなものに対する欲をあまり持ちすぎると、失敗することはあるということです。 <小さな成功を積…, 第1章 世界はなぜ混迷の度合いを深めて行くのか、そして日本はなぜ? いよいよ今回は、拙著「持続可能な未来、こう築く」を執筆し始めた出発点に当たる第1章に戻って公開します。 私の問題意識は、その表題に表現されたものから始まります。 世界は今、平和と安定に向かうどころか、ますます混迷を深め、未来に不安を抱く人の数を激増させています。 その傾向を示すごく近年の例は、領土拡大と勢力拡大の野心に基づく中国の世界における急速な台頭です。また米国は米国で、これまで歴代大統領が世界の諸国との間で築いてきた様々な取り決めを含む秩序から次々と撤退し始めていることです。しかもそんな中、米国と中国との間では、技術開発…, 知っているようで意外と知らないアメリカに迫るシリーズ、「アメリカの今」。本記事では、アメリカ大統領選についてご紹介します。テレビ討論会で激しい応酬を繰り広げたトランプ、バイデン両候補。それぞれの政党の情勢と争点、そしてコロナ下の選挙状況とは?現代アメリカ政治外交を専門とする前嶋和弘さんが、11月の大統領選を前に押さえておきたい点を解説します。 分極化の中の対照的なトランプ、バイデン両候補 トランプ大統領の信任投票となる大統領選挙が11月3日に行われる。ヒラリー・クリントン候補と大接戦の末、2016年選挙で勝利したトランプ氏は、大統領に就任して以来、常に自分の支持者が望む政策を進めてきた。しかし…, 一条真也です。アメリカの大統領選挙が1ヵ月後に迫る中、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、世界中に衝撃が走っています。来月の大統領選挙に向けたトランプ陣営の選挙対策の幹部も相次いで陽性が確認。政権運営や選挙戦への影響は避けられない見通しです。『コロナ・ショックは世界をどう変えるか』イワン・クラステフ著、山田文訳(中央公論新社)を読みました。「政治・経済・社会を襲う危機」というサブタイトルがついています。著者は1965年、ブルガリア生まれ。ソフィア大学卒。ヨーロッパとデモクラシーを研究する政治学者です。 本書の帯 本書のカバー表紙にはエッフェル塔の前にたたずむ警官たちの写真が使われ、「世…, “Knowledge will forever govern ignorance, and a people who mean to be their own governors, must arm themselves with the power knowledge gives.”― James Madison スノーデンが暴露した大量監視システムに関する話題を中心に、民主主義社会における監視と自由の平衡について検討する。 前半部はスノーデンへのインタビュー、後半はアメリカで活躍するプライバシー専門弁護士や情報機関専門ジャーナリストらの対談からなる。 ◆所感 日本でも勤務経験のあるスノーデ…, <南アメリカの蛇/タウ十字を携えたケツァルコアトル> ・蛇の神々を古代の神話や伝説の中心とする南北アメリカにも、両大陸全体に同じような話が存在する。マヤ人が『チラム・バラムの書』と呼んだ書物には、メキシコ大陸ユカタンの最初の定住者は「チャン」、すなわち「蛇族」と書かれている。 <北アメリカの蛇/「懐かしき赤い大地」から「亀の国」へ> ・アメリカ先住民族は、レプティリアンの先祖にちなんでアメリカを「亀の国」と呼ぶ。南アメリカの二つのインカ帝国を創ったのはともに「マンコ」または「マンコ・カパック」である(「カパック」は、知恵と豊かな精神を持つ蛇の意)。 <アフリカの蛇/緑の沃野破壊のチトウリ(蛇の…, まだ読んでなかったんかーーーーーーいって言われるやつ 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 作者:伊藤 計劃 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 伊藤計劃さんはね、「メタルギアソリッドガンズオブパトリオット」が超絶良すぎて、「ハーモニー」がキツいながらラストめちゃくちゃ好きで、こちらは冒頭から残酷な描写が続き、母を殺したとかいう表現があるから心が弱っていた私は読んでなかったんですよ。 屍者の帝国は厳密に言えば伊藤計劃さんの作品じゃないかもって思うから数に入れない。 9・11を経て、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸…, この本読みました。 長崎大学の戸田清教授が、「なぜ戦争をするのか」という本の中で「戦争の原因を考える平和教育のための25点」として列挙した本のなかの1冊。入門編は佐藤忠男氏の本で読み終わった。 https://mm3493.hatenablog.com/entry/2020/08/15/223323?_ga=2.90534494.517425333.1600567507-1220956125.1581672389 今回はアメリカの戦争というくくりの中から、アニメで読みやすそうなこの本を読んだ。日本語版の出版は2002年で、2001年の911にも触れているが、オリジナルは1993年に出版されたも…, 暴露:スノーデンが私に託したファイル作者:グレン・グリーンウォルド発売日: 2014/05/14メディア: ペーパーバック 事件や出来事の内幕に関するノンフィクション作品として、これまで、つぎのような書籍を取り上げてきた。 國重惇史『住友銀行秘史』 traindusoir.hatenablog.jp 佐々木実『市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』 traindusoir.hatenablog.jp 牧久『昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実』 traindusoir.hatenablog.jp 本書は、「公安国家アメリカ」に対する内部告発、いわゆる「スノーデン事件」をめぐるノンフ…, こんにちは とろろ小太郎です。今回は伊藤計劃原作のSFアニメ映画 『虐殺器官』の感想です。公開当初映画館にも見に行っていたのですが、ネットフリックスで発見し再度見ました。 結構原作既読の方からは厳しめな評価ですが、個人的には好きな映画ですね。 あらすじ 感想, この前は、皆さまのお力添えで、チェコ上院議長の「私も台湾人である」演説翻訳を紹介できて、ありがとうございました。はてなブログのその週のアクセス上位としても紹介されてもいます。 m-dojo.hatenadiary.comそれで再度、お願いなんですが…… フランスは「風刺の自由守る」 マクロン大統領、理念主張 https://t.co/cqLzAJYUsG— 47NEWS (@47news) 2020年9月4日 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は4日、同国の「共和国宣言150年」を記念してパリで演説した。フランス共和国の標語である「自由、平等、博愛」の理念を訴え「フランス人であることは笑わせ…, 『「残忍なように見えるイスラム国を作って、テロとの戦いをずっと続けたい」。これが米国の本音』:西谷文和氏ツイートまとめ - Togetter, かわんご回顧録 ドワクエ戦記その4 テロとの戦い - はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記.