邪面師が暴れることで発生する負のエネルギー 「闇エナジー」 を一定以上貯蓄し、その力でヨドンヘイムと人間界を結ぶ侵略ゲートを開いて邪悪獣を呼び寄せ、邪面獣が発生させる闇エナジーを貯めて行く行くはヨドン皇帝を人間界に招くことを目的とする。 等身大怪人と巨大怪人が別の存在と言うケースは何度かあったが、生命体なのは意外にも今回が初。 なお、撮影時はレンズ内の左目が不気味に瞬きし、撮った(捕らえた)対象が後頭部のモニターに映し出される。更に邪面は360度回転させる事も可能で、撮影方向に死角は無い。 スーツアクター:岡田和也, 身長/183cm 引き締まったボディから繰り出す素早い動きが特徴。, 地球のタガメに似た鉤爪を持つ双頭の闇獣・ダガメスに邪面を被らせたタイプの邪面獣。 カラーリングも全体的に泥等に塗れたかの様な、鮮やかでは無い淀んだ色合いが共通する。 そしてピンクとヘリコの予想外の攻撃を貰ったクラウドヒルドンはバランスを崩し墜落するも、その場所がよりにもよってデジタルカメラ邪面の真上だった。 そんな状況下で、クラウドヒルドンを成長させる目的を達成した事もあって余裕綽々だったか、デジタルカメラ邪面は小夜とそれを説得しようとする充瑠のやり取りをしばし傍観。だがその内に痺れを切らし、無防備な小夜を閉じ込めようとシャッターを下ろすが、代わりに彼女を庇った充瑠が捕獲され、クラウドヒルドンに送り込まれた。 それからしばらくして活動を再開、人間達を追い回していた所でキラメイジャーとマブシーナに遭遇。 邪面師ってなんで『面』って字が使われてるんだろうと思ったら、ようやく気が付いた。 ゴレンジャーの怪人『〇〇仮面』のオマージュなんだね。だから邪面師って戦隊では久々のタイツ怪人になって … 「映えてる俺を撮りな」と挑発するキラメイイエローを躊躇無く撮影してクラウドヒルドンへ送り込むも、イエロー=為朝が予め持っていたホワイトキラメイストーンの欠片の煌きを検知したマブシーナにクラウドヒルドンの待機場所を知られてしまう。 スペースドラゴン→スモッグジョーキー/邪面獣→??? 邪面師とともにヨドンヘイムの侵略の手先となる生体兵器。 防御性に富んだ、重厚で安定したボディが自慢。, 地球のブラックバスに似たヒレを生やした闇獣・バスラに邪面を被らせたタイプの邪面獣。 デジカメ邪面使が人間を映すことで捉え、邪面獣の体内にテレポート。 邪面獣は取り込んだ人間のエネルギーを吸って大きく育つという算段。 必ずしも邪面使→邪面獣の順番でなくても良いんだね。 邪面使と邪面獣の共存パターンの変則形かな。 デジカメ邪面の能力は、撮影した対象を別空間に閉じ込め転送してしまう事であり、接近戦を挑んで背後から切りかかった青と緑が、意表を突く360度大回転により撮影されてしまう。 「はい、ポーズ」 「いえいっ!」 「事務所に確認を!」 東映怪獣 するとそれに怒ったキラメイピンクの反撃で不意を突かれて頭を勢い良く回され、次の瞬間にはキラメイショットを顔へ突き付けられて2人を開放しろと凄まれる。 デストロン怪人 メカシンカ バイオ次元獣:「生物+器物の合成」繋がり。但し、邪面獣のような「最初から巨大なモンスター」は初めてである。 トゲ付きの表皮で突進して敵を粉砕する、攻撃的な性格。, 地球のタニシに似た貝殻に身を包んだ闇獣・シェルガに邪面を被らせたタイプの邪面獣。 *1 実際例え死んでもベチャットは大量にいるため、その中から昇格した個体に邪面を被せればいつでも戦力が補える。, *3 為朝曰く「ネアンデルタールはただの地名だから『人』が入らないと不自然(意訳)」。, べチャットを率いる行動隊長として破壊活動を行い、自分の邪面のモチーフと紐付けられた巨大戦力「邪面獣」を呼び寄せるため、侵略ゲートを開くのに必要な「闇エナジー」を発生させることを使命としている。, キラメイジャーの妨害によって邪面獣を召喚する前に邪面師が倒されることは当然起こり得るものの、ヨドン皇帝と「闇の保険」を結んでいたなら、倒されても生み出したエナジーの2割程度が補填されるため、闇エナジーがかさ増しされて邪面獣を呼び寄せられることもある。, また邪面の種類によっては固有能力に加えて別の能力を持つこともあり、音楽系の邪面であれば人間を取り込んで吸収する能力が発現する。, しかし、そんな彼らはヨドン軍にとっては使い捨ての戦力程度の存在でしかなく、上司にあたる, 撮影した人々を頭部の巨大デジタルカメラに取り込んでクラウドヒルドンの体内に転送。クラウドヒルドンの餌にする作戦で、闇エナジーを集めつつクラウドヒルドンを育成する作戦に従事した。, 時雨のストーカー「古寺良世」と結託し、彼女を歌姫「ヨドミヒメ」にしたてあげ、彼女の歌声で多数の人間から闇エナジーを奪いステージシェルガに供給する, キラメイジャーの妨害もものともせずに魔法陣の完成に注力したが、魔進ダストンによって煙突にスクラップを詰め込まれて黒煙の噴出を止められてしまい、魔法陣の完成が困難になってしまう。, その外見とひたすら走り回る光景や、煙突をつまらされること(そしてその一連の流れ)や最後の言葉など, 兄同様接着剤を頭から放つことが可能で作戦内容も兄とほぼ同じ『地獄強力接着剤作戦』に従事した。, ガルザとヨドンナの指示もあり、途中瀬奈と彼女が付けていたサポーターを改造した爆弾を強力接着して彼女を永遠に走らせ、いつかは爆殺しようとした。, 更には、彼女以外のキラメイジャーの足元をくっつけて動きを封じ、更にはキラフルゴーアローすらもその場にあった自転車とくっつけてしまい、瀬奈を孤立させようとした。, 近い内に邪面獣の項目も出来そうだな -- 名無しさん (2020-11-05 18:23:38), やっぱ頭にモチーフの被り物してたり地獄◯◯作戦だったり仮面怪人のオマージュだよね。まさか令和の世に昭和を受け継ぐものが現れるとは… -- 名無しさん (2020-11-05 23:30:50), こうなったのは予算が厳しいからかと -- 名無しさん (2020-11-05 23:36:36), 頭だけすげかえれば良いからな。ボディは4色のタイツ(赤、白、黒、金)をランダムに使い回ししてるみたいだし。 -- 名無しさん (2020-11-06 12:18:18), 見た目の割りにヤバい死に方してるやつが多い -- 名無しさん (2020-11-06 17:40:13), 作品は知らないけどハッシュタグの使い方、Twitter風じゃなくてインスタ風じゃないかな文法的に -- 名無しさん (2020-11-07 00:36:29), 戦隊側もイメージ1つで新戦力バンバン作り出してるし、歴代随一の高スペック同士の対決なのでは -- 名無しさん (2020-11-07 12:52:39), そういわれると邪面師ってクランチュラのイメージの結晶なんだもんな、生産性は歴代でもトップだわキラメイ陣もヨドン陣も -- 名無しさん (2020-11-07 21:19:43), そのうちキラメイジャー型の邪面被せてヨドレンジャーとかやりそう -- 名無しさん (2020-11-08 19:25:54). また、邪面師と共通点の多いとされる仮面怪人にも、カメラをモチーフとしたカメラ仮面が存在している。 邪面/デジタルカメラ→写真を撮影し、画像データに変換して記録する地球の撮影機器 魔進戦隊キラメイジャー 魔進戦隊キラメイジャーエピソード6ロケ地: 西友 リヴィンオズ大泉店 デジカメ邪面から救出した人々をヘリコがおろした場所. 小規模な闇ゲートを通して、幼体の状態で同時に送り込まれた邪面獣クラウドヒルドンを成長させる事を使命として行動する。, 邪面は青いコンパクトデジカメの右側に、ほくそ笑んだ表情にも見えるしかめっ面の人面瘡が付いた様な外見で、デジカメのレンズから人面の左目が覗き込んでいる(見ようによっては白目を剥いた単眼のようにも見える)。また、邪面の右部分には「YODON」とヨドン軍のローマ表記が書かれている。 共通して、作戦を担当している邪面師の邪面のモチーフと紐づいた、地球文化のものの邪面を装着している(但し、デジカメと雲=クラウドコンピューティング、リセットボタンと発射ボタン等と、色々と強引な組み合わせもあり、クランチュラのセンスが如何に独創的である事が窺える)。 「ん~…やっぱキラメイジャー、写真映りイイネ!」 こんな時こそ未来の小夜はこう言うよ、「エモい」って!」と充瑠に言われた小夜は始めて勇気を出した経験を思い出して覚悟を決め、キラメイチェンジを果たす。 皆映えてるよ、凄くイイ!」 しかし直前で、「無理なの? 作戦によっては地球上で育てる目的で、幼体の状態で最初から送り込む事も可能であるが、その場合は完全に育ち切るまでの間、普段は気付かれない場所や擬態させる等して、隠しておく必要がある模様。 デジタルカメラ マイナソー→邪面師・邪面獣→??? デジカメ邪面師の能力じゃなかったから、この怪人を倒しても小夜が元に戻る可能性はないわけです。仮に邪面師を倒せただけでは、めでたしめでたしとはならないのです。 登場した邪面獣については各闇獣のページを参照。, 地球のヒルに似た軟体の闇獣・ヒルドンに邪面を被らせたタイプの邪面獣。 デジタルカメラの邪面を被った邪面師。 「デジカメ邪面」 とも呼ばれる。 邪面のモデルはカメラのスコープ部分に単眼が付いたデジカメ。 頭は180度回転させて、うしろの敵もカメラに収めることができる。因みにレンズの中には巨大な眼球が隠されている。 名前は「邪面(モチーフになった地球のモノの名称のカタカナ)+闇獣の名前」で統一されている。 カメラオルグ、レンズバンキ、ジャシンガー:同じくカメラモチーフで能力が類似。因みにジャシンガーは声の人がクランチュラと同じという繋がりもある。 同様のケースは悪魔ロボット、コング、メカジャイガン、怪重機、敵メガゾード等があるが何れもロボットである。 ギガノイド 巨大戦闘疑似生命体:ロボットではない巨大戦力繋がり。但しこれらは純粋な生物ではない。 超獣 円盤生物:敵勢力によって侵略兵器として改造された怪獣繋がり。 墜落しそうになったのに作戦にかまけて自身の安全確保がなおざりだったデジタルカメラ邪面は逃げ遅れ、成す術なく墜落したクラウドヒルドンの下敷きになり、「決定的瞬間~! カメラ仮面、ルパンカメラー、カメラモンガー、カメラジゲン、メディア魔術師、バラプリンター、カメラトリック:カメラモチーフの戦隊怪人。 スーツは恐らく首から下が同じ色であるネアンデルタールジン邪面の流用(ネアンデルタールジン邪面自体未登場なので作品としてはこれが初)。 5歳の小夜がヘリコを操縦して邪面獣を翻弄。 こちょこちょ攻撃 … 生体兵器 元々はヨドンヘイムに生息する「闇獣」と呼ばれる、地球の水棲生物と似た特徴を持つ凶暴な巨大生物で、クランチュラが邪な力を宿す仮面・「邪面」を被らせる事で闇獣を操っている。 ハッシュタグ/#デジタルカメラ #邪面師の面フルエンサー #絶体絶命 #てばさきインゲンまめ #キラメイピンク #大治小夜5ちゃい #エモい, ヨドンヘイムが送り込んだ、地球の撮影器具「デジタルカメラ」を模した邪面をベチャットに被せて生み出された邪面師。 そのままキラメイジャーとの交戦に突入、嗾けられたベチャットを振り払ったキラメイグリーンとキラメイブルーが背後に回り込んで攻撃を仕掛けようとするが、怯むことなく邪面を背後に回転させて2人を撮影して捕獲、クラウドヒルドンの邪面内に飛ばした。 声を演じた堀江氏は近年、数々のアニメ作品等に出演している若手の声優であり、特撮作品の出演は今作が初となる。Twitterでは初めて特撮で怪人を演じた感想として「なかなかぶっ飛んでいてとても楽しかったです」とコメントしていた。 「はいポーズ!」と邪面の右頭上(人面の真上)のシャッターボタンを押し、デジカメで撮影した人間を別の場所に転送する能力を持つ。撮影された対象はクラウドヒルドンの邪面内に閉じ込められ、邪面獣が成長する為の糧として生命エネルギーを闇エナジーに変換され搾り取られてしまう。 絶体絶命だよ! 邪面師が集めた闇エナジーが最高まで満ちる事で作り出される、地球とヨドンヘイムを繋ぐゲートから、地球をより汚し尽くす為に送り込まれるが、状況によっては邪面師に任せずに邪面獣単体で送り込まれる場合もある。 邪面獣によってはベチャットを生み出す事も可能。, 邪面獣の素体である闇獣の種類によって現状、6つのタイプに分類される。 ヨドンヘイム 邪面師 ただその反面、邪面の能力に頼り過ぎて自身の危機管理に無頓着な面があり最終的にはそれが仇となった。, 満面の笑みが恐怖に変わる瞬間が絶好のシャッターチャンスと嘯く芸術家気取りの卑劣漢で、ベストショットを撮るべく執拗に人間を追い回す真似も厭わない。, 同時に送り込まれたクラウドヒルドンを遥か上空に待機させた後、人間達を襲撃して捕らえ邪面獣の元へ送り込む行動を開始。程無くキラメイジャーと遭遇し、瀬奈から「趣味悪!」と非難されるが、「ノンノンノン、ただの趣味じゃな~い」と悪びれず、手近な女子高生を撮影して消失させるのを見せ付ける。 ヨドン皇帝直属の邪面獣なので即投入は難しいが、戦闘能力はダガメスをも上回る。, 劇中では「闇獣」と言う名称以外に、怪獣や巨獣、モンスターとも呼ばれていて、邪面獣と化す以前の素体の呼称が定まっていない。 他の闇獣よりも特に大柄で威圧感のある身体を持ち、音波発生器官からキラメイ魔進の輝きを淀ませる強力な衝撃波を放つ。 しかしそこへガルザが魔進ジョーキーを割り込ませて援護。更に降りて来た彼から残りのキラメイジャーを撮れと急かされるも、メモリがいっぱいになった(※邪面獣の消化ペースが遅れて来たのを比喩的に告げたと思われる)と弁解、それを承知したガルザに連れられ撤退する。 素体のボディの色は金で前掛けの縁部分が黄色、マントの色は銀(裏地は銅)で手袋・ブーツの色は茶。 「ボクのクラウドヒルドンがァ! その他にも、環境破壊・生態系破壊に関連付けられる特定外来生物の可能性もある(ザリガニとブラックバスは在来種を、ジャンボタニシは水田の稲穂を食い荒らしている。但し、タガメは魚の養殖業に被害を与える反面、自身も被害者である)が、モチーフの生物は敵モチーフの例が少ない生物が多い。 邪面師とともにヨドンヘイムの侵略の手先となる生体兵器。 邪面師と同様に邪面の制作に精通しているクランチュラが作成を担当。 名前は「邪面(モチーフになった地球のモノの名称のカタカナ)+闇獣の名前」で統一されている。 邪面師は今までの戦隊怪人の大半が持っている、巨大化能力や手段が存在しないので、邪面獣が今作の巨大戦を担う。 元々はヨドンヘイムに生息する「闇獣」と呼ばれる、地球の生物と似た特徴を持つ凶暴な巨大生物で、クランチュラが邪な力を宿す仮面・「邪面」を被らせる …