フェアリードールの 1996年 史実産駒「トゥザヴィクトリー」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 トゥザヴィクトリーは日本の史実馬です。 父は サンデーサイレンス 、spが 70 、サブパラの合計が 69 となります。. 第02回(1977年) インターグロリア 11日のノーザンホースパークで行われたセレクトセールで、父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリーの当歳(0歳)馬が6億円で落札されましたが、複数の馬主での落札のようですが元を取ると意味では不可能ではないかと思うのですが、 第33回(2008年) リトルアマポーラ 第19回(1994年) ヒシアマゾン 第22回(1997年) エリモシック 第12回(1987年) タレンティドガール 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ 第38回(2013年) メイショウマンボ JBISサーチ. 第36回(2011年) スノーフェアリー 第05回(1980年) ハギノトップレディ 第25回(2000年) ファレノプシス 第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ トゥザヴィクトリー (To The Victory) は日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2001年のエリザベス女王杯。, 1998年にデビューし、新馬戦を快勝。翌1999年1月の福寿草特別ではスリリングサンデーの2着に敗れる。ちなみにこの競走の3着は、その年の東京優駿(日本ダービー)を2着、菊花賞を優勝したナリタトップロードである。他にもこの競走にはのちの重賞馬であるミッキーダンスが出走していた。, 続くつばき賞を勝ち、報知杯4歳牝馬特別を目指すが体調不良で回避。翌週のアネモネステークスに出走するが3着に敗れ、桜花賞への優先出走権を逃す。結局桜花賞には抽選で出走したが、プリモディーネらに差され3着に敗れる。1番人気に推された優駿牝馬(オークス)では先行するも、ゴール直前でウメノファイバーの末脚に屈し2着に敗れる。休み明けのローズステークスは1番人気に推されながら、期待を裏切り4着。秋華賞でも1番人気に推されたが13着と惨敗し、休養を余儀なくされた。, 復帰3戦目のクイーンステークスで重賞を初制覇すると、次の府中牝馬ステークスも勝ち、エリザベス女王杯へ出走。2番人気に支持されるもファレノプシスの4着に敗れる。1か月後の阪神牝馬特別で勝って重賞3勝目を挙げた。, 悲願のGI制覇に向け、陣営はダートに路線変更を決め、2001年のフェブラリーステークスに出走。初のダート挑戦ながらノボトゥルーの3着と好走した。, その後、ドバイ遠征を計画し、ドバイワールドカップ、ドバイデューティーフリー、ゴドルフィンマイルに登録。ドバイワールドカップはウイングアローとレギュラーメンバーが選出され、トゥザヴィクトリーはドバイデューティーフリーに選出された。しかし、ウイングアローが体調不良により辞退したため、トゥザヴィクトリーが出走意思を表明しドバイワールドカップに選出された。 第43回(2018年) リスグラシュー to the victoryの意味や使い方 トゥザヴィクトリートゥザヴィクトリー (To The Victory) は日本の競走馬である。 - 約1161万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 第03回(1978年) リードスワロー 解説. トゥザヴィクトリーを英語で訳すと To The Victoryトゥザヴィクトリー (To The Victory) は日本の競走馬である。 - 約1161万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 第13回(1988年) ミヤマポピー 第24回(1999年) メジロドーベル 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー トゥザヴィクトリー (To The Victory) は日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2001年のエリザベス女王杯。, 1998年にデビューし、新馬戦を快勝。翌1999年1月の福寿草特別ではスリリングサンデーの2着に敗れる。ちなみにこの競走の3着は、その年の東京優駿(日本ダービー)を2着、菊花賞を優勝したナリタトップロードである。他にもこの競走にはのちの重賞馬であるミッキーダンスが出走していた。, 続くつばき賞を勝ち、報知杯4歳牝馬特別を目指すが体調不良で回避。翌週のアネモネステークスに出走するが3着に敗れ、桜花賞への優先出走権を逃す。結局桜花賞には抽選で出走したが、プリモディーネらに差され3着に敗れる。1番人気に推された優駿牝馬(オークス)では先行するも、ゴール直前でウメノファイバーの末脚に屈し2着に敗れる。休み明けのローズステークスは1番人気に推されながら、期待を裏切り4着。秋華賞でも1番人気に推されたが13着と惨敗し、休養を余儀なくされた。, 復帰3戦目のクイーンステークスで重賞を初制覇すると、次の府中牝馬ステークスも勝ち、エリザベス女王杯へ出走。2番人気に支持されるもファレノプシスの4着に敗れる。1か月後の阪神牝馬特別で勝って重賞3勝目を挙げた。, 悲願のGI制覇に向け、陣営はダートに路線変更を決め、2001年のフェブラリーステークスに出走。初のダート挑戦ながらノボトゥルーの3着と好走した。, その後、ドバイ遠征を計画し、ドバイワールドカップ、ドバイデューティーフリー、ゴドルフィンマイルに登録。ドバイワールドカップはウイングアローとレギュラーメンバーが選出され、トゥザヴィクトリーはドバイデューティーフリーに選出された。しかし、ウイングアローが体調不良により辞退したため、トゥザヴィクトリーが出走意思を表明しドバイワールドカップに選出された。 第17回(1992年) タケノベルベット 第41回(2016年) クイーンズリング 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第09回(1984年) キョウワサンダー 第37回(2012年) レインボーダリア 2017年3月13日 閲覧。 ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). 第18回(1993年) ホクトベガ 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 第31回(2006年) フサイチパンドラ 第14回(1989年) サンドピアリス トゥザヴィクトリー (To The Victory) は日本の競走馬である。 主な勝ち鞍は2001年のエリザベス女王杯。 トゥザヴィクトリー; 能力・適正・成長型 テレビ朝日系アニメ『機動戦士vガンダム』オープニングテーマとして起用された「stand up to the victory 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」のアルバム・バージョンを含む川添ソロ唯一のミニ・アルバム。 その経緯から同アニメのステッカーを付属している。 ドバイワールドカップでは世界の強豪を相手に奮闘し、牝馬としてはドバイワールドカップ史上最高着順となる2着で入線し、史上初めて(そして2014年現在でも唯一の)ドバイワールドカップで賞金を獲得した牝馬となった。, 帰国後初戦となるエリザベス女王杯では、長期休み明けもあり歳下の牝馬二冠馬テイエムオーシャンらに人気を許すものの、それまでの先行策から一転、道中は脚をためてゴール寸前で差し切り、混戦を制して遂に悲願のGIタイトルを奪取した。レース後、鞍上の武豊は「ヴィクトリーに勝たせるにはこれしかないという乗り方をした」と語っている。次走ジャパンカップでは四位洋文を鞍上に迎えたが、道中で引っかかってしまい14着と大敗した。しかし、続く有馬記念では逃げてマンハッタンカフェの3着に粘り、テイエムオペラオーに先着した唯一の牝馬となった。そして、ドバイでの善戦やエリザベス女王杯での勝利が評価され、この年のJRA賞で最優秀4歳以上牝馬に選ばれ、ようやく5歳にしてJRA賞初受賞となった。, 2002年初戦となったフェブラリーステークスは4着、2年連続の出走となったドバイワールドカップでは11着に惨敗。同レースを最後に現役を引退し、繁殖生活に入った。, 2006年7月11日、ノーザンホースパークで行われたセレクトセールで、2006年生まれの産駒が6億円(お台8000万円〜)という日本最高額かつ牝馬世界最高額で取引され話題となった(競走馬登録はされず未出走のまま繁殖入りし、ディナシーという繁殖名をつけられた)。, 2007年2月8日、2番仔となるアゲヒバリが船橋競馬場で行われた3歳未出走未受賞(ダート1500メートル、9頭立て)でデビュー。石崎駿騎乗で単勝1.1倍の圧倒的1番人気に推され、3馬身差で勝利した。その後は4月のナイスビット特別で2勝目を挙げ、東京プリンセス賞で4着、そして関東オークスでは両親ともに騎乗経験のある武豊が騎乗したが11着で、2008年3月6日の草萌特別で1着となったのを最後に3月21日付で地方競馬の競走馬登録を抹消され繁殖入りが発表された。繁殖入り後はメドウラーク(2011年産。七夕賞、阪神ジャンプステークス)[1][2]、ダノンディスタンス(2014年産。京都新聞杯3着)[3]、リオンリオン(2016年産。青葉賞、セントライト記念)[4]といった重賞優勝馬・入着馬を産んでいる[5]。, 2010年3月14日、4番仔となるトゥザグローリーが阪神競馬6日目第5競走の3歳新馬でデビュー。圧倒的1番人気に推され、産駒初の中央競馬での勝利を飾った。本馬は春のクラシック戦線で東京優駿まで駒を進め(7着)、2010年12月11日、中日新聞杯で産駒による重賞初勝利を飾った。その後も京都記念、日経賞、日経新春杯、鳴尾記念といった重賞を制し、また有馬記念では2年連続3着の成績を残している。, 国際競走指定前: 第10回(1985年) リワードウイング 第21回(1996年) ダンスパートナー 第42回(2017年) モズカッチャン 公益社団法人日本軽種馬協会. to gain a victory (over the enemy)発音を聞く例文帳に追加, of a person, to win the victory発音を聞く例文帳に追加, to conquer the enemy―prevail over the enemy―gain a victory over the enemy―gain the mastery of the enemy―get the better of the enemy発音を聞く例文帳に追加, to win a battle―win the day―conquer―gain a victory―be victorious―come off victorious発音を聞く例文帳に追加, to gain a victory―win the day―(一局部の勝ちなら)―gain the advantage発音を聞く例文帳に追加, to gain the final victory―gain the ultimate victory発音を聞く例文帳に追加, to gain an easy victory―walk over the course―win hands down発音を聞く例文帳に追加, The player contributed to the victory.発音を聞く例文帳に追加, (勝敗決せぬうちなら)to strive for victory―contest the victory―dispute the victory―(勝敗決してからなら)―claim the victory発音を聞く例文帳に追加, to the victoryのページの著作権英和・和英辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。, To the Valiant Soldier of the Karelian Front, Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。. 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第44回(2019年) ラッキーライラック, 【阪神ジャンプS】メドウラークが逃げ切りV 平地・障害の両方で重賞制覇/JRAレース結果. 第08回(1983年) ロンググレイス 第35回(2010年) スノーフェアリー 第40回(2015年) マリアライト ドバイワールドカップでは世界の強豪を相手に奮闘し、牝馬としてはドバイワールドカップ史上最高着順となる2着で入線し、史上初めて(そして2014年現在でも唯一の)ドバイワールドカップで賞金を獲得した牝馬となった。, 帰国後初戦となるエリザベス女王杯では、長期休み明けもあり歳下の牝馬二冠馬テイエムオーシャンらに人気を許すものの、それまでの先行策から一転、道中は脚をためてゴール寸前で差し切り、混戦を制して遂に悲願のGIタイトルを奪取した。レース後、鞍上の武豊は「ヴィクトリーに勝たせるにはこれしかないという乗り方をした」と語っている。次走ジャパンカップでは四位洋文を鞍上に迎えたが、道中で引っかかってしまい14着と大敗した。しかし、続く有馬記念では逃げてマンハッタンカフェの3着に粘り、テイエムオペラオーに先着した唯一の牝馬となった。そして、ドバイでの善戦やエリザベス女王杯での勝利が評価され、この年のJRA賞で最優秀4歳以上牝馬に選ばれ、ようやく5歳にしてJRA賞初受賞となった。, 2002年初戦となったフェブラリーステークスは4着、2年連続の出走となったドバイワールドカップでは11着に惨敗。同レースを最後に現役を引退し、繁殖生活に入った。, 2006年7月11日、ノーザンホースパークで行われたセレクトセールで、2006年生まれの産駒が6億円(お台8000万円〜)という日本最高額かつ牝馬世界最高額で取引され話題となった(競走馬登録はされず未出走のまま繁殖入りし、ディナシーという繁殖名をつけられた)。, 2007年2月8日、2番仔となるアゲヒバリが船橋競馬場で行われた3歳未出走未受賞(ダート1500メートル、9頭立て)でデビュー。石崎駿騎乗で単勝1.1倍の圧倒的1番人気に推され、3馬身差で勝利した。その後は4月のナイスビット特別で2勝目を挙げ、東京プリンセス賞で4着、そして関東オークスでは両親ともに騎乗経験のある武豊が騎乗したが11着で、2008年3月6日の草萌特別で1着となったのを最後に3月21日付で地方競馬の競走馬登録を抹消され繁殖入りが発表された。繁殖入り後はメドウラーク(2011年産。七夕賞、阪神ジャンプステークス)[1][2]、ダノンディスタンス(2014年産。京都新聞杯3着)[3]、リオンリオン(2016年産。青葉賞、セントライト記念)[4]といった重賞優勝馬・入着馬を産んでいる[5]。, 2010年3月14日、4番仔となるトゥザグローリーが阪神競馬6日目第5競走の3歳新馬でデビュー。圧倒的1番人気に推され、産駒初の中央競馬での勝利を飾った。本馬は春のクラシック戦線で東京優駿まで駒を進め(7着)、2010年12月11日、中日新聞杯で産駒による重賞初勝利を飾った。その後も京都記念、日経賞、日経新春杯、鳴尾記念といった重賞を制し、また有馬記念では2年連続3着の成績を残している。, 【阪神ジャンプS】メドウラークが逃げ切りV 平地・障害の両方で重賞制覇/JRAレース結果, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トゥザヴィクトリー&oldid=77814961. 第39回(2014年) ラキシス 国際競走指定後: 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第01回(1976年) ディアマンテ 第06回(1981年) アグネステスコ 第23回(1998年) メジロドーベル 第20回(1995年) サクラキャンドル 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 第27回(2002年) ファインモーション 第11回(1986年) メジロラモーヌ ^ トゥザワールド号・ディアデラマドレ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2015年10月21日閲覧 ^ a b c “血統情報: 5代血統表|トゥザヴィクトリー”.