¥2,000~¥2,999, 昼の予算 cat. イスタンブールのアタテュルク国際空港やサビハ・ギョクチェン国際空港を利用しトルコに入国した観光客は2005年の4,849,353人から翌年には5,346,658人に増加している[208]。2011年には急成長しているトルコの観光事業により1,050万人に増加している。2011年のイスタンブールの2つの国際空港は5,000万人以上の旅客を扱っている[209]。, イスタンブールはまた世界の主要な会議の目的地の一つであり、世界有数の国際的な団体や機関にとってはますます人気のある選択肢となっている[210]。イスタンブールの会議の魅力は3つに分かれた会議と展示エリアにより発展した。カンファレンス・ヴァレー(イスタンブールコンベンション・エキシビジョンセンター、イスタンブールヒルトン・コンベンション・エキシビジョンセンター、軍事博物館文化センター・ジェマイルレシィトリーコンサートホール)、空港・エキシビジョン地区(150,000m2)、CNR国際博覧センターの周辺の展示スペース)、ビジネス・金融地区(多くの分散型のセンターを含む)がある。これらが集まったエリアは宿泊施設、会議場、展示スペースが結合したのが特徴である。これらは個々にでもイスタンブールメトロの輸送を通じて総合的に使うことも出来、10,000人またはそれ以上の参加者に対応している。, イスタンブールは歴史的に文化的な中心として知られているが、トルコ共和国の中心がアンカラに移ると文化的なシーンは停滞した[211]。新しい政府はトルコ人に音楽の伝統とくにヨーロッパ由来の音楽に適用させようと新しい計画を確立したが、音楽の機関や海外の古典音楽の芸術家は主に新しい首都に集中した[212]。多くのトルコの文化的なシーンはイスタンブールにルーツを持っていたが、文化的な重要性が単にその過去の栄光に基づくだけでない都市として再びグローバルに現れることは1980年代や1990年代までなかった[213]。, 19世紀末までにはイスタンブールは都市自体、この地域の芸術の中心としてトルコやヨーロッパ、中東などから街に芸術家を集めていた。アンカラをトルコの文化の中心として作る努力にも関わらず、1970年代までイスタンブールはトルコの主要な芸術関連の機関が置かれていた[215]。さらに、1980年代には大学やアートジャーナルが新たにイスタンブールに創設され、以前はアンカラを拠点としていた芸術家が移って来ている[216]。, ベイオールは街の芸術の中心として一変し[217]、若い芸術家や以前は海外に暮らしていた年長のトルコの芸術家が基盤をこの場所に見付けている。イスタンブール現代美術館(英語版)、ペラ美術館(英語版)、サキプ・サバンジュ美術館(英語版)、サントラル・イスタンブール(英語版)などモダンな美術館は2000年代に開館し、展示スペースやオークションハウスは都市の国際的な雰囲気への寄与を引き立てるものになっている[218]。 Urban Tourism: An Analysis of Visitors to Istanbul, İstanbul Büyükşehir Belediyesi Resmi Web Sitesi, Hürriyet: 2006’da Türkiye’ye gelen turist başına harcama 728 dolara indi, Sabah: Turist sayısı genelde düştü İstanbul'da arttı, EIBTM 2007 - The Global Meetings & Incentive Exhibition for the MICE Industry, 10 of the Best Exhibitions at the Istanbul Biennial, Abdi İpekçi Avenue to be new Champs Elysee, Shopping in Singapore is Better than Paris, Managing the Difficult Balance Between Tourism and Authenticity, A Big Night Out in Istanbul – And a Big Breakfast the Morning After, UEFA Champions League 2007/08 – History – Fenerbahçe, Aşçıoğlu Sues Partners in Joint Project Over Ali Sami Yen Land, Regulations of the UEFA European Football Championship 2010–12, Regulations of the UEFA Europa League 2010/11, 2010 FIBA World Championship Istanbul: Arenas, Fenerbahce Ulker's new home, Ulker Sports Arena, opens, 2020 Olympics: Six cities lodge bids for the games, 安倍首相「本当にうれしい 」東京五輪決定 cnn.co.jp 2013.09.07, Turkey Grand Prix Heads for the Scrapyard Over $26m Price Tag, 2012 Yarış Programı ve Genel Yarış Talimatı, University Profile: Istanbul Technical University, Turkey, Private Versus Public Universities: The Turkish Experience, Millî Eğitim Bakanlığı Anadolu Liseleri Yönetmeliği, Istanbul and the History of Water in Istanbul, Short History of Electrical Energy in Turkey, http://maps.google.com/maps?hl=en&ll=41.036118,29.047165&spn=0.147611,0.292168&t=m&z=12, Plan for New Bosphorus Bridge Sparks Row Over Future of Istanbul, Istanbul Commuters Skeptical of Transit Change, EBRD Supports Privatisation of Ferry Operations in Istanbul, How Your Greek Summer Holiday Can Help Save Greece, 2012 Sees End of Line for Haydarpaşa Station, Eurolines Germany–Deutsche Touring GmbH–Europabus, Sabiha Gökçen: New Terminal Lands On Time and Budget, Sabiha Gökçen Named World's Fastest Growing Airport, The World's Top 100 Airports: Listed, Ranked, and Mapped, http://www.radikal.com.tr/haber.php?haberno=94185, kardes_sehir_isbirligi_ve_iyi_niyet_anlasmasi_imzalanan_seh.pdf (application/pdf Object), Barcelona internacional - Ciutats agermanades, Saint Petersburg in figures - International and Interregional Ties, http://www.ibb.gov.tr/tr-TR/Pages/Haber.aspx?NewsID=20463, http://ianmorris.org/docs/social-development.pdf. トルコ政府観光局 (日本語) ウィキトラベルには、トルコに関する旅行ガイドがあります。 (日本語) 2F. | イスタンブールの人口に占める外国人の割合は僅かで、2007年現在42,228人であった[163]。, イスタンブールの人口密度は2,523人/km2でトルコの人口密度の102人/km2を遥かに超えている[165]。人口密度が高い傾向にあるのは北西部や西部、ヨーロッパ側に位置する南西部の市中心部である。最も人口密度が高いのはアジア側の地区であるユスキュダルである[14]。, イスタンブールは多くの歴史を通じて国際的な都市であったが、オスマン帝国の終わり以来均質化されてきている。それでもトルコの少数民族のほとんどは集中してイスタンブールに残っている。トルコ国内やイスタンブールの大多数の人たちは自分たちをムスリムと見なし、より明確にはスンナ派の信徒である。ほとんどのスンナ派の信徒はハナフィー学派を信奉し、約10%のスンナ派の信徒はシャーフィイー学派を信奉している。450万人のトルコ人の非スンナ派を数え、これらはアレヴィー派である。トルコ国内のアレヴィー派の3分の1はイスタンブールに居住している[164]。スーフィズムのような神秘主義はトルコ共和国の建国後、公式に禁止されたが今でも多数の信者を誇っている[166]。, コンスタティノープル総主教は6世紀以来、総主教に定められ、「エキュメニカル総主教」(全地総主教)という称号を持つ3億人の正教会信徒の指導者として広く見なされている[168]。1453年まではアヤソフィアを総主教座としていたが、アヤソフィアがオスマン朝に接収されてモスクとなって以後は、パンマカリストス修道院付属教会(現在のフェティエ・モスク)などを転々としたのち、1601年以降は旧市街北部・フェネル地区の聖ゲオルギオス大聖堂を基盤にしている。19世紀に入るとイスタンブールのキリスト教徒は正教会かアルメニア正教会(非カルケドン派)いずかれの信徒である傾向があった[169]。1923年のトルコとギリシャの住民交換や1942年のヴァルリク・ヴェルギシ(英語版)(富裕税)、1955年のイスタンブール暴動(英語版)など20世紀の多くの出来事により、フェネル(英語版)やサムティア(英語版)を中心としていたギリシャ人の人口はかなり減少している。1919年には35万人、1923年には13万も居たイスタンブールのギリシャ人は21世紀初めには3,000人に減少している[170][171]。, トルコのアルメニア人(英語版)の人口はアルメニア人虐殺により部分的な減少を見たが、最近のアルメニアからの移民により戻って来ている。1913年には164,000人のアルメニア人がイスタンブールに居たが今日では50,000から70,000人のアルメニア人が居る[172]。, 最大の少数民族はクルド人コミュニティで、トルコ東部や南東部を元にしている。市内のクルド人の存在はオスマン時代初期に遡るが[173]、イスタンブールへのクルド人の流入は1970年代後半のトルコ・クルド紛争とクルディスタン労働者党により加速し始めている[174]。200万から400万人のクルド人がイスタンブールには居住し、イスタンブールは世界の他のどの都市よりもクルド人が住んでいることを意味している[175][176]。, ボラト(英語版)地区はかなりのセファルディムコミュニティが暮らしており、最初に形成されたのはスペイン異端審問の時代に遡る[177]。ロマニオットとアシュケナジムはセファルルディムよりも前にイスタンブールに同様に居住していたが、その割合は減っており今日ではアシュケナジムはイスタンブールのユダヤ人のほんの1%だけである[178][179]。イスラエルへの移住によりユダヤ人の人口は全国的に減少し、1950年の100,000人から2005年には18,000人に減少している。大部分はイスタンブールかイズミルに居住している[180]。レヴァンティン(英語版)はオスマン期にガラタに居住したカトリック教徒で、19世紀から20世紀初期のイスタンブールの文化や建築を形作るのに重要な役割を担った。彼らの人口は減っているが今でも少数が市内に残っている[181]。, 2008年現在のイスタンブールのGDPは1,820億ドルで、世界の都市圏の域内総生産では34位に付けている[182]。イスタンブールはトルコ国内のGDPの27%を占め、国内産業労働力の20%が都市に存在する[17][183]。1人当たりのGDPで70%、生産性で50%それぞれ国内平均を上回っており一つには高付加価値に集中した生産活動が要因である。多くの人口とトルコ経済への高い貢献からイスタンブールはトルコの国税の5分の2を担っている[17]。税には30人のイスタンブールを本拠とする億万長者も含まれ、この数は世界の都市で5番目に多い人数である[184]。