元々PSGでは、FWマウロ・イカルディ、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFユリアン・ドラクスラー、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペ、DFフアン・ベルナト、DFプレスネル・キンペンベ、MFパブロ・サラビアが故障中で、今回の一戦で合計12名の選手が故障者リストに載ることになってしまった。 「もちろん、トゥヘルを支持している。彼はクラブ史上最高のシーズンを指揮した監督だが、その次のシーズンに入った今は彼の将来について議論している。フットボールには忍耐がないよね。僕も、彼も、誰しもが現実に集中する必要がある」 「ここ数年で確実に進歩しているチームだ。彼らはCLでプレーするに値し、クープ・ドゥ・フランスも制した。残念ながら我々を退けてね。非常に勇敢なソリッドで強いチームだ。チャンスを信じて挑んでくるだろう」
◆ズラタンが独走ドリブルから決めた絶妙スルーパス
「[4-1-4-1]を多用し、3日ごとに試合をする術を弁えている。互いにアグレッシブな試合を期待しているよ」 優れたパワーとテクニックを活かして得点を量産するイブラヒモビッチだが、PSG時代の2013年9月25日に行われたリーグ・アン第7節のヴァランシエンヌ戦では、華麗なアシストを記録している。 今季のリーグ・アン開幕からまさかの連敗を喫したPSGだが、現在は7連勝中と絶対王者としての本来の姿を取り戻している。一方でチャンピオンズリーグ(CL)では開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦を落とすと、4日に行われた第3節のライプツィヒ戦も逆転負けを喫し、わずか1勝でグループステージを折り返すことになった。 この試合を消化して、3試合で1勝2敗の3位に甘んじる昨季のファイナリスト。アンカーの位置でフル出場した主将のマルキーニョスは試合後、こう振り返り、巻き返しに意欲を示した。 そして、今節の相手となるレンヌは昨季のリーグ・アンで3位に入った強敵。トゥヘル監督はここ数年で成長著しいチームだとし、一昨季のクープ・ドゥ・フランスの結果を絡めて警戒を促している。 すでにチェルシーが歴史的大型補強を行っているが、他チームも10月16日のデッドラインデーまでには動きを見せるはず。, 久々にプレミアの舞台に戻ってきたリーズは、PSGからの引き抜きを狙っているようだ。, 『RMC Sports』によれば、リーズはドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを説得しようとしているとか。, シャルケで育成されたドラクスラーは2017年にPSGに加入。いきなりこんな超ゴールを連発するなど特大のインパクトを放った。, ただ、その後は大型補強のあおりを受けて、存在感は低下。パリとの契約は残り1年になっているが、プレミア参戦はあるのだろうか。. 2020-21シーズンの初戦でメンバー外となったことで移籍に向けた報道が過熱したパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(26)だが、理由は正当なものだった。. 2020-21シーズンの初戦でメンバー外となったことで移籍に向けた報道が過熱したパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MF, サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 0-0で迎えた前半アディショナルタイムの47分、自陣中央で相手のパスを奪ったイブラヒモビッチがドリブルを開始し、カウンターを発動させる。プレスに来た相手を跳ね飛ばし、独走態勢に入るとそのままボックス付近までボールを運んでいく。 ペナルティーアーク手前まで来たところで、裏へ走り出すFWエディンソン・カバーニへ絶妙のスルーパスを送ると、カバーニがこのパスをボール左下にダイレクトで沈め、見事な先制点となった。このゴールがこの試合唯一の得点となり1-0でPSGが勝利している。, パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表FWモイゼ・ケアンの活躍ぶりに改めて目を細めた。 【動画】ドイツ屈指のドリブラー、ドラクスラーが魅せたPSGでの初ゴール. そんなケアンは7日に行われたリーグ・アン第10節のスタッド・レンヌ戦でも自身の今季リーグ戦3得点目となるゴールを記録。トゥヘル監督は試合後、2ゴールを決めた先のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦後と同じく賛辞を送った。 UEFAチャンピオンズリーグで準優勝を遂げたPSG。今年8月でクラブ創設からちょうど50周... これまでアンドレス・イニエスタやイケル・カシージャス、ダビド・シルバ、リオネル・メッシなど... 2019-2020シーズンのプレミアリーグが閉幕した。ここでは、『sportskeeda』... プレミアリーグの90年代、とくに前半に登場した各チームのGKユニフォームは、良くも悪くも個... 今月発売された「eFootball ウイニングイレブン2021」。シーズンアップデートとい... 週末、YBCルヴァンカップ決勝で使用されるはずだった新国立競技場。日本政府は2017年、東... 今季もプレミアリーグが開幕してから2ヶ月近くが経過。それぞれのクラブの力関係が徐々に分かっ... 今季からはNikeとサプライヤー契約したリヴァプール。ユニフォームをはじめ様々な関連ウェア... 11月に入ったことで日本でも寒さが増してきた。ここでは、長袖のユニフォームを着ることが多い... 先日バルセロナの会長を辞任することを決めたジョゼップ・マリア・バルトメウ。2014年にサン... 新型コロナウイルスの影響でシーズンがずれ込んだこともあり、欧州主要リーグの夏移籍は10月中... © Qoly.jp / football webmagazine Qoly All rights reserved. トーマス・トゥヘル監督も試合後に「先発の11人を決めるのは非常に難しかった」とコメントしており、試合内容以上に苦戦を強いられたことを明かしている。 第10節のレンヌ戦はFWモイゼ・ケアンやMFアンヘル・ディ・マリアの2ゴールなどで快勝を収めたPSG。リーグ戦8連勝で首位の座をキープしたが、この試合では前半にMFイドリサ・グイエ、DFティロ・ケーラー、MFアレッサンドロ・フロレンツィが負傷。後半にもケアンが負傷交代を強いられ、4人の負傷者を出してしまった。 なお負傷者に関しては、FWマウロ・イカルディ、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFユリアン・ドラクスラー、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペ、GKケイロル・ナバス、DFプレスネル・キンペンベ、そしてMFパブロ・サラビアが起用不可であることを明かしている。, パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスが前向きな姿勢であり続ける必要性を説いた。『UEFA.com』が伝えている。 また、主戦場のリーグ・アンで7連勝と波に乗るものの、クラブがより重要視するCLで思わしくない戦いが続き、解任論も高まりそうなトーマス・トゥヘル監督にも言及。信頼を強調した。 昨夏に加入したエバートンで輝き切れず、今夏の移籍市場でPSGに活躍の場を移したケアン。その新天地フランスで迎えた今季のここまで公式戦7試合に出場して、5ゴールとイングランドで燻った才能を示す活躍が続いている。 移籍情報 > ドラクスラー、PSG退団でプレミアリーグ移籍も? ドラクスラー、PSG退団でプレミアリーグ移籍も? 2020/09/09 09:30. PSGは4日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でRBライプツィヒと対戦。開始6分に先制したものの、2選手の退場やPK失敗が響いて、1-2の逆転負けを喫した。 今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 「説明が難しい。対処していかないと。まだ3試合もあり、ポジティブでいる必要がある。ドレッシングルームで改善の努力をし続けないとね。このままじゃダメだ。この大会が難しいのは重々承知している。先に行きたいなら、プレーのレベルを上げなければならない」 神奈川県出身。もともとは野球小僧だったが、1998年W杯をきっかけにサッカーにも熱中。ウイイレなどのサッカーゲームにも、ドはまりした。好きなリーグはよく見ていたリーガ・エスパニョーラ。, ワールドクラスのFK達人だ!ウォード=プラウズ、「FK決定率」がプレミア史上最強に. 幸い、このレンヌ戦を最後に代表マッチウィークに突入するため、クラブとしては2週間の休暇期間が設けられる。フランス『レキップ』は、20日の第11節モナコ戦でネイマールやヴェッラッティ、キンペンベら多くの選手が復帰すると見込んでいるが、同時にチャンピオンズリーグのグループステージ後半戦が始まるため、できるだけ万全の状態に戻しておきたいところだ。, パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がスタッド・レンヌ戦前の記者会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 「ケアンには度胸があり、恐れず、勇気もある。求められたことをやってくれている。私は今の彼と対峙するDFになりたいとは思わないね。彼とのマッチアップは本当にハード。そういう状況は我々にとっても、非常に重要なことだ」 「それは時間を与えることの問題じゃない。フットボールには時間がなく、僕らはもっと良くなることに目を向ける必要がある。僕らは監督を信頼している。努力して改善しないと。物事がうまくいかなくても、それは監督だけのせいじゃない」, 敵陣を悠々とドリブルしたズラタンがカバーニに送った絶妙スルーパス【ベスト・アシスト】. 世界屈指のストライカーとして、イタリア、スペイン、フランス、イングランドのビッグクラブを渡り歩いたイブラヒモビッチ。“優勝請負人”として各国リーグで多くのタイトルを勝ち取った。 なお、ケアンは買い取りオプションなしのシーズンローンという条件でPSG入り。エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は先日、修業先での活躍に満足感を示しつつ、「来季は我々の下に戻ってくるだろう」と語り、復帰の可能性を示唆している。, 7日のレンヌ戦でリーグ・アン8連勝を収めたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チーム内部は故障者多数で危機に瀕している。 7日にホームで行われるリーグ戦第10節レンヌ戦の試合前会見では、ライプツィヒ戦について「後悔はあまりしてない。我々はフィジカル的な試合を展開し、ピッチ上でできることはやった。簡単ではなかったが十分なインテンシティを示すことができたと思う。失望はしているが前を向かなければならない」と反省。