その後、彼女はノーベル平和賞を受賞し、世界中を旅して、2冊の本を執筆し、イギリスのオックスフォード大学で学び始めた。 マララ・ユフスザイの驚くべき人生を見てみよう。 (敬称略) ノルウェーのオスロで2014年12月10日に開かれたノーベル平和賞の授賞式において、マララ・ユスフザイが行ったスピーチ。 マララのスピーチ② 2014年にノーベル平和賞を受賞した際の演説. マララ・ユスフザイ (Malala Yousafzai)は20歳にして、世界で最も活躍の目覚ましい有名人の1人だ。, 彼女は5年前、女性が学校へ行くことを禁じるタリバンに従わなかったとして、出身地のパキスタンで銃撃された。その後、彼女はノーベル平和賞を受賞し、世界中を旅して、2冊の本を執筆し、イギリスのオックスフォード大学で学び始めた。, Source: The New York Times, Business Insider, Source: Business Insider, The New York Times, Twitter, [原文:The incredible life of Nobel Prize winner Malala Yousafzai, who doesn't have a cell phone or use Facebook and once left Jon Stewart speechless], The incredible life of Nobel Prize winner Malala Yousafzai, who doesn't have a cell phone or use Facebook and once left Jon Stewart speechless, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 【10月17日 AFP】彼女は、祖国パキスタンをおとしめる任務についた欧米の工作員──マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さん(17)は、今年のノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)受賞が決定した今でも、一部の人々からそのように思われ、嫌悪の対象として見られ続けている。, マララさんは2年前、女性の教育を受ける権利を訴え、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(Tehreek-e-Taliban Pakistan、TTP)」の戦闘員に頭を撃たれた。そのような背景から、イスラム強硬派がマララさんを今も非難し続けることは驚きに値しない。, だがマララさんの支持者たちにとって理解が困難なのは、パキスタンの中間層から非難の声が出ている点だ。彼らは女子にも教育を受けさせたいと熱心ではあるが、自国の問題を国外で報じられることには反対している。, マララさんを中傷する人たちは、一連の銃撃と入院、昏睡などがすべて、英国の関与した陰謀だったと信じている。「マララ・ユスフザイはノーベル賞じゃなくてアカデミー賞(Academy Awards)を授与されるべきだった」──ツイッター(Twitter)ユーザーのアドナン・カリム・ラナさんはマララさん批判者のよく使う言葉を書き込んだ。ソーシャルメディアではマララさんに対する「性的な中傷」も多く見られる。, マララさんに対する憎悪の一部は、保守的な宗教観や女性の地位向上の反対などに由来する。ただ、パキスタンの多くの人は同国における武装勢力との10年に及ぶ衝突が米国によってもたらされていると考えており、この衝突に対する疑念もマララさんへの憎悪につながっている。, コラムニストのシリル・アルメイダ(Cyril Almeida)氏は「マララさんが体現したものが問題になっている。パキスタンの戦闘状態とタリバンとの戦いは、外部から持ち込まれた戦争だという考えだ。これは米国の計略と合致する。そして米国的なものはすべて、強い疑念の対象となるに値する」と指摘した。, マララさんに批判的な人々は、パキスタンの少女たちが学校に通う様子を捉えた写真をソーシャルメディアに投稿し、タリバンが多くの学校を破壊したとするマララさんの発言がうそであると主張している。こういった「証拠」を投稿する人の多くは中道右派の野党、パキスタン正義運動(PTI)のイムラン・カーン(Imran Khan)党首の支持者らで、女性もいる。, 「マララのことが嫌いな人々」と題されたSNSフェイスブック(Facebook)のページには、マララさんの顔写真に牙を合成した写真と、米軍無人機の攻撃で死亡したとされる子どもたちの遺体の写真が並べられていた。これはマララさんが美化される一方で、欧米の暴力による犠牲者たちのことは全く伝えられていないとの主張だという。(c)AFP/Masroor GILANI, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. ・マララさんは勇気があるだけではない。 ・考え方がしっかりしているだけではない。 ・危険を顧みず、自分の置かれた環境を世界中に訴えている。 ・パキスタン人の自覚をもっている。 ・普通なら、「やめてほしい」と周囲に訴えるだけにとどまる。 ・しかし、そうではない。その考えが素晴らしい。 ・今自分にははっきり言って、何もできることはない。 ・しかし、人生のうちで、自分にも世界の平和について、人類の幸福の … 受賞スピーチをしました。 マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ、Malālah Yūsafzay、1997年7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。フェミニスト・人権運動家。ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。2014年ノーベル平和賞受賞 。 2015年7月にはシリア難民の少女を対象として、レバノン東部のベカー平原に学校を開設した。この学校の開校にあたってはマララ基金から資金が拠出されている[42]。, 2018年3月29日、銃撃後に初めてパキスタンに帰国した。銃撃後から約6年後の帰国となる。シャーヒド・ハーカーン・アッバースィー首相との会談後、時折涙で演説を中断しながら「私はそれほど若くはないが、多くのことを見聞きしてきた」「パキスタンの女性が両足で立って自立できる力が得られるよう、パキスタン人は手を取り合うようになる」と述べた。故郷のミンゴラの地元民は250km離れたイスラマバードからの帰路に触れ歓迎の意を表した[43]。, 2012年以降、スターバックスやウォルマート、マイクロソフトのPR活動を手掛けたことで知られるEdelman社が、スピーチ原稿の草案の作成に関わるなど、マララのPR活動や支援活動に積極的に関与している[45][46]。, 国際連合 / コフィー・アナン (2001)  - ジミー・カーター (2002)  - シーリーン・エバーディー (2003)  - ワンガリ・マータイ (2004)  - 国際原子力機関 / モハメド・エルバラダイ (2005)  - グラミン銀行 / ムハマド・ユヌス (2006)  - 気候変動に関する政府間パネル / アル・ゴア (2007)  - マルッティ・アハティサーリ (2008)  - バラク・オバマ (2009)  - 劉暁波 (2010)  - エレン・ジョンソン・サーリーフ / レイマ・ボウィ / タワックル・カルマン (2011)  - 欧州連合 (2012) - 化学兵器禁止機関 (2013) - カイラシュ・サティーアーティ / マララ・ユスフザイ (2014)  - チュニジア国民対話カルテット (2015)  - フアン・マヌエル・サントス (2016)  - 核兵器廃絶国際キャンペーン (2017)  - デニス・ムクウェゲ / ナーディーヤ・ムラード (2018)  - アビィ・アハメド (2019)  - 国際連合世界食糧計画 (2020), “Taliban Say They Shot Teenaged Pakistani Girl Who Exposed Their Cruelty”, http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2012/10/09/162573135/taliban-say-they-shot-14-year-old-pakistani-girl-who-exposed-their-cruelty, http://www.nytimes.com/video/2012/10/09/world/asia/100000001835296/class-dismissed.html, 平成26年10月10日 マララ・ユースフザイさん及びカイラシュ・サティヤルティさんのノーベル平和賞受賞についての安倍内閣総理大臣コメント, The Nobel Peace Prize 2014 - Press Release, http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7834402.stm, “Pakistani girl, 13, praised for blog under Taliban”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-15879282, https://web.archive.org/web/20141028200320/http://jp.wsj.com:80/news/articles/SB11713596470002413933104580209192882632922, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013101200099, http://mainichi.jp/select/news/20121011k0000m030036000c.html, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE89903620121010, http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/597864/, “「凶悪、ひきょう」 国連の潘事務総長、14歳少女銃撃を非難 - MSN産経ニュース”, https://archive.is/20130104001233/http://sankei.jp.msn.com/world/news/121011/erp12101108560001-n1.htm, “UN chief strongly condemns ‘heinous and cowardly’ attack on Pakistani schoolgirl”, http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=43255&Cr=pakistan&Cr1=, “Malala Yousafzai: Reward offered for arrest of attackers”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19901277, Urgent Note from Tina Brown and Angelina Jolie, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121013-OYT1T00823.htm, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012101500543, http://mainichi.jp/select/news/20121021k0000e030116000c.html, http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2919000/10053530, “Girl shot by Taliban in stable condition after two operations to reconstruct skull and restore hearing”, http://www.nypost.com/p/news/international/hearing_shot_reconstruct_taliban_hmXZQyLBdo3PVCtzsLVM8O?utm_source=SFnewyorkpost&utm_medium=SFnewyorkpost, http://sankei.jp.msn.com/world/news/130110/asi13011011310000-n1.htm, http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580150884096529138, http://mainichi.jp/feature/news/20141011k0000e030205000c.html, http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014101102000136.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141012-OYT1T50033.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141011-OYT1T50063.html, https://archive.is/20141010200111/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141010/k10015317641000.html, http://www.sankei.com/politics/news/141010/plt1410100045-n1.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBC2GDKGBCUHBI006.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBB62KGGBBPTIL02Y.html, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I30RY20141014, UNESCO and Pakistan launch Malala Fund for Girls' Education, Malala returns to Pakistan for the first time since attack, “"Malala Inc: Global operation surrounds teenage activist"”, http://tribune.com.pk/story/616632/malala-inc-global-operation-surrounds-teenage-activist/, “"One year after being shot by the Taliban, Malala Yousafzai is a mighty machine".”, http://www.theglobeandmail.com/news/world/malala-yousafzai-a-strong-message-a-mighty-machine/article14762416/, ピックアップ@アジア 「パキスタン タリバンに立ち向かった少女」 ほっと@アジア 「ピックアップ@アジア」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マララ・ユスフザイ&oldid=79841912.