その軍属はエーリヒ・レーダー提督の姻戚であったという[21]。 この粛清での活躍により地位を高めたハイドリヒはSDの拡大と人材発掘に励んだ。やがてSDは3,000人の諜報員を有する一大諜報組織となった[46]。この時期にハイドリヒが人材発掘した者にアドルフ・アイヒマンやヴァルター・シェレンベルクがいる[47]。, 1936年6月17日の法令でドイツ全州の警察指揮権が正式に中央政府に移され、ヒムラーが全ドイツ警察長官に任じられた[48]。 ハイドリヒは、翌9月21日にポーランドの500人以下のユダヤ人社会を解体させてゲットーに集中させ、またポーランド以外のドイツ支配地のユダヤ人をポーランド総督府領ヘ集めるよう命じた。さらにドイツ国内のジプシー3万人もポーランドへ移住させるよう指示している[53]。, 1939年9月27日、ヒムラーの布告により、ハイドリヒの支配下にあるSD(党組織)と保安警察(国家組織)は統合されることとなり、親衛隊内部に「国家保安本部」が立ち上げられ、ハイドリヒはそのトップに任じられた[54]。, 1941年7月31日、ゲーリングから「ユダヤ人問題の最終的解決」(ユダヤ人の絶滅政策)の委任を受け、この権限に基づき、1942年1月20日に各省次官を招集してヴァンゼー会議を主宰し、絶滅作戦を策定した(詳しくは後述)[55][56]。, 第三帝国の政治警察を一手に掌握するハイドリヒは、様々な政治工作、弾圧、迫害、虐殺に関与した。, 1934年6月30日のエルンスト・レームら突撃隊幹部を対象とした粛清(長いナイフの夜)は、ゲーリング、ヒムラー、ハイドリヒの3名が主導してヒトラーに働きかけたものである[57]。 スターリンの粛清の意志決定に際してこの偽造文書が影響を与えたかどうかは不明であるが、5月下旬にはトゥハチェフスキーやヤキールらは逮捕され、6月に処刑された[77]。 このため、彼は親衛隊高官に昇進後も海軍総司令官のレーダーとは不仲であったと言われ、和解を申し入れられても拒否したという[22]。, 海軍除隊後、ハイドリヒは親衛隊上級大佐フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵(ハイドリヒの代父エルンスト・フォン・エーベルシュタイン男爵の息子)の推薦をうけて、1931年6月14日に親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーの面接を受ける機会を得た。しかしヒムラーとハイドリヒの出会いは偶然のものであった。この頃のヒムラーは親衛隊内に情報部を設置することを考えており、そのため「情報将校(Nachrichtendienstoffizier)」の経歴のある者を求めていたのだが、ヒムラーとエーベルシュタインは、ハイドリヒの「通信将校(Nachrichtenoffizier)」の経歴をこれと混同したのであった[23][24]。, ヒムラーは面接の際に20分の時間を与えてハイドリヒに親衛隊情報部の組織の構想を書かせ、その出来に満足した。またハイドリヒが金髪碧眼の長身という北欧人種の容姿であったこともヒムラーを満足させた。ヒムラーはハイドリヒの採用を即決し、ハンブルクからナチ党の本部があるミュンヘンへ移住の準備をするよう求めた[25][23][26]。, ハイドリヒは、海軍の解任が法的に有効になった1931年5月31日の翌日6月1日付けで国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党し(党員番号544,916)、さらに7月14日にハンブルクの親衛隊(SS)に配属された(親衛隊隊員番号10,120)[20]。親衛隊内にIC課(SDの前身)が設置され、1931年8月末のミュンヘンのナチス党本部「褐色の家」(Braunes Haus)で行われた親衛隊幹部の会議にはIC課の将来の指導者の資格ですでに参加している。10月5日にハンブルクの党本部にミュンヘンの「褐色の家」から「党員ラインハルト・ハイドリヒ、党員番号544,916。右の者は本年10月より親衛隊全国指導者の高級幕僚として独自の資格で行政事務を担当する。」との辞令が下りた。IC課の課長は名目上ヒムラーの兼務であったが、実質的運営はすでにハイドリヒに委ねられていた[23]。しかし発足当時のIC課は弱小組織であり(親衛隊自体も大した規模ではなかった)、「褐色の家」の4階の狭い部屋を事務所として、ハイドリヒの妻リナが長官秘書をつとめ、部下は3人だけという状態だった[27]。 In English. 日本は1952年(昭和27年)の第21回総会で加盟し、国家中央事務局は警察庁 。 1967年(昭和42年)9月27日 - 10月4日の間、京都市で第36回総会が開催された 。1975年(昭和50年)から事務総局に警察庁職員を派遣している。 4分間ほど放送したのち、ナウヨックスは、ミュラーから渡された「缶詰」を置き残して、撤収命令を出して去っていった[82]。, 翌日、アドルフ・ヒトラーは「ポーランド軍」によるグライヴィッツ放送局の攻撃を批判。いまやドイツとポーランドは戦争状態に入ったとしてポーランドとの戦争を国会において宣言したのであった[81]。, 第二次世界大戦開戦後の1939年11月8日、ヒトラーは、ビアホール「ビュルガーブロイケラー」(Bürgerbräukeller)でミュンヘン一揆16周年記念演説を行った。しかしヒトラーが退席した後、時限爆弾が爆発し、7人が死亡し、63人が負傷した。, 実行犯としてゲオルク・エルザーが逮捕されるが、ハイドリヒは、背後に敵国イギリスの工作員がいると睨み、翌11月9日にシェレンベルク、クノッヘン、ナウヨックスに命じてオランダのフェンローにいるイギリス軍の諜報員ペイン・ベスト(Payne Best)大尉とリチャード・スティーブンス(en:Richard Henry Stevens)少佐の二名を拉致させている(フェンロー事件)。, シェレンベルクが反ナチ派に成り済ましてペイン・ベストとスティーブンスに接触し、ナウヨックスが銃撃戦の末に2人を拉致したものであった。この事件は「オランダがヒトラー暗殺未遂事件の関与者をかくまった」という証拠になり、1940年5月10日のドイツ軍のオランダ侵攻の際に口実に使われた[83]。, 1941年の4月には部下であったヨーゼフ・マイジンガーが、駐日ドイツ大使館付の警察武官兼SD代表として派遣された。彼は着任直後、日本の特別高等警察や憲兵隊と連絡を取り合ったが、日本で活動していたソ連のスパイリヒャルト・ゾルゲと親密な関係を持っていたマイジンガーは、ゾルゲを「信頼できる」として、憲兵隊や特高に身分保証して尾行を中止させ[84]、彼と頻繁に酒を飲み交わす仲になった。しかし、特高は引き続きゾルゲの尾行や調査を続けており、その結果、ゾルゲ事件が発覚し逮捕に繋がった[85]。, 1938年10月28日にハイドリヒは、第一次世界大戦後にドイツへ移住してきたユダヤ系ポーランド人1万7000人をポーランドへ送り返す追放命令を出した。この命令に基づき、ドイツ警察はポーランド系ユダヤ人を次々とトラックや列車に乗せてポーランドへ移送しようとしたが、ポーランド政府が受け入れを拒否して国境が封鎖された。ユダヤ人たちは国境の無人地帯で家も食料も無い状態で放浪することとなり、窮乏した生活を余儀なくされた。, この中にセンデル・グリンシュパンの一家があった。センデルはパリにいる17歳の息子のヘルシェル・グリュンシュパンに惨状を訴えた。ヘルシェルはこれに激昂してドイツ大使館員エルンスト・フォム・ラートを暗殺して世にユダヤ人の惨状を訴えることを企図した[86][87]。, ラート暗殺を受けて1938年11月9日から10日にかけてドイツ全土で反ユダヤ主義暴動「水晶の夜」が発生したが、この際にハイドリヒは、暴動の取り締まりを行わぬよう各地の警察署長に次のように命令している。, 「(1938年)11月9日から10日かけてドイツ全土でラート書記官殺害にからんで反ユダヤデモが予定されている。次のように処理せよ。, 警察は本指令の遂行を監督し、掠奪者は逮捕する。」[88] しかしハイドリヒは精力的に働いた。ナチ党のライバルであるドイツ共産党、ドイツ社会民主党、中央党、ドイツ国家人民党などを執拗に調査し、また党内でも突撃隊の過激派など党首アドルフ・ヒトラーの邪魔になりうる者に対しては徹底的な調査を行い、党内外の政敵を索引カードにする作業に没頭した[30][20]。 【1位】映画・海外ドラマ・アニメに特化!U-NEXT! ところが、当時の総督コンスタンティン・フォン・ノイラートは、現地住民に対して融和的な政策を行っていたため、サボタージュ[要曖昧さ回避]や抵抗運動が多発し、同地の兵器生産力が20%近く落ちていた[107]。 ハイドリヒはフェンシングに長け、乗馬・飛行機・スキーといったものの操縦にも優れていた。特にフェンシングではオリンピック代表に選ばれ、SSでは体育監察官を務めるほどのスポーツマンであり、そのためかスポーツ選手には比較的寛容であったとされる(ユダヤ系スポーツ選手が国外逃亡できるよう手配した事があると言われる)。しかし、それでも友人はほぼいなかった。 ベーメン(ボヘミア)はルール地方と並ぶ当時のドイツの大工業地帯であった。アルベルト・シュペーアによれば、ドイツ軍の戦車の三分の一、軽機関銃の40%はベーメンで生産していたという[106]。 引用:http://kyowanannohi.blog.fc2.com ユリウス・カエサル(英語読みではジュリアス・シーザー)はローマ共和制期の政治家・軍人で、正式にはガイウス・ユリウス・カエサルで、父も祖父も曾祖父も同じくガイウス・ユリウス・カエサルを名乗っていました。 カエサルは紀元前100年の生まれで、幼いころは迫害を受け、シチリアなどに亡命して軍人をしていましたが、23歳のときにローマにもどると、弁舌の才能を活かして出世し、西ヒスパニア(現在のスペイン)の属州総督となります。 異民族の討伐や … ハイドリヒの組織は急速に拡大され、ナチス党の各支部に地方機関が設けられるようになっていった[30]。1932年7月19日、親衛隊大尉の時に正式にSDの長官に任じられた[30][32]。, 1933年1月30日にヒトラーは、パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領より首相に任命され、ナチ党政権が誕生した。しかしヒムラーやハイドリヒには政府の重要な役職は何も回されなかった。3月9日にバイエルン州政府がナチス党の突撃隊と親衛隊に制圧されるとようやくヒムラーがミュンヘン警察長官に任命された[33]。 公人として優秀な代わりに人格面に欠陥を抱えるものの多いナチス高官において、その最たる例とも言うべき人物であったが、家庭では女性問題の酷さを除けば意外と真っ当な人物であったという。結婚の際の些細な擦れ違いから疎遠になってからも母への仕送りを欠かさなかった孝行息子であり、(長男が事故で夭逝したのもあるのだろうが)次男が少年兵になるのを防ぐためにヒトラーユーゲントに入れなかった子煩悩でもある。女性問題の方も奥方が(多分、数え切れない数の女性問題に対する報復目的で)浮気して以降は反省したらしく、以後は生涯夫婦円満であった。奥方は後に再婚したものの、死ぬまでハイドリヒを擁護し続け、彼が熱を入れあげていたホロコーストの存在も否認した。, その冷徹さ・カリスマ性がウリで、主にWWⅡを舞台・モデルにした作品に出ることが多い。 第二次世界大戦開始以前から国内と他国から情報をかき集めて、ナチスが優位に立つように働いた。そうして親衛隊の中ではヒムラーに次ぐ有力な軍人として君臨し、1943年にベーメン・メーレン保護領と称されたチェコの植民地を懐柔政策と徹底的な圧力で統治する支配者になる。ハイドリヒの巧みな恐怖政治によりチェコの統治は円滑に進み、その功績が認められてハイドリヒはより重職につくことが内定していた。 ユダヤ人問題の最終的解決計画は「ホロコースト」と呼ばれ、即ちユダヤ人の絶滅となるのだが、何故こうした主義を抱く様になったのかは、母方の祖母の再婚相手がユダヤ人のような名前だった事から少年時代から「ハイドリヒはユダヤ人だ」と馬鹿にされてイジメられていたことから繋がっている。反ユダヤ主義とは、政治的なものではなく医学的なものであるという言葉を残しているほどその思想は強烈なものであり、ユダヤ人は抹殺するべきであると言う旨の言葉を多く残している。 そのためハイドリヒが水晶の夜の黒幕とする説もある[89]。, ハイドリヒは、この事件の後の1938年11月12日に今後ユダヤ人に黄色い「ダビデの星」を着用させることをヒトラーに提案したが、ヒトラーから却下されている。黄色いダビデの星のドイツ国内での着用義務化は1941年9月1日までなされなかった[90]。 1941年6月に始まる独ソ戦では、単独飛行で赤軍の対空砲火を撃破する活躍をしており、一級鉄十字章を叙勲している。ヒムラーはしばしば「高官が戦闘行為に及ぶ危険」をハイドリヒに説いたが、彼は国家保安本部が軍以外で唯一前線移動が認められていることを盾にして聞きいれようとしなかった[103]。しかし、東部戦線における出撃の際、ベレジナ川の東方で搭乗した戦闘機が被弾し、緊急着陸するという事件があった。彼は赤軍に見つからぬよう洞窟に身を隠し、SDの部隊に救出されて生還している。これを聞いたヒトラーは今度ばかりはハイドリヒに飛行禁止命令を出し、出撃をやめさせた[104]。, 1941年9月23日、ハイドリヒはヒトラーによりベーメン・メーレン保護領副総督に任ぜられた[105]。 《31日間無料!14万本の動画が無料見放題!(業界No.1)》, 【2位】国内・海外ドラマに特化!Hulu! Česko chrastí miliony na zahraniční filmaře, Anthropoid (2016) - International Box Office Results - Box Office Mojo, Anthropoid (2016) - Box Office Results - Box Office Mojo, “映画「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」BD&DVD発売。内田夕夜らがコメント”, https://news.ponycanyon.co.jp/2018/02/23282, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦&oldid=78122133. 度重なる親衛隊からの圧力に加え、ゲーリング自身もエルンスト・レーム以下突撃隊幹部への対抗のため親衛隊と共同戦線を必要としていたことなどから、1934年4月20日、ゲーリングはヒムラーを「ゲシュタポ統監及び長官代理(Inspekteur und stellvertretender Chef der Geheimen Staatspolizeiamts)」に任じて実質的な指揮権を引き渡すこととなった[42][43]。 ヒトラーらは彼の死を嘆いたあげく、報復として保護領ナンバー2の実権を握っていたカール・ヘルマン・フランクに命じ、逃亡していた暗殺部隊を含む多くのチェコ人が殺され、虐殺を逃れたチェコ人も強制収容所に送られてしまった。(有名どころではリディツェ村の虐殺) ハイドリヒは、オーストリア併合の計画を前にブロンベルクとフリッチュの二人を失脚させるための工作を開始した。, 1938年1月、ブロンベルク国防相の再婚した妻エルナが実は売春婦でありポルノ写真を撮っていた、というスキャンダルが発生した。エルナが1974年に語ったところによるとこの際に証拠とされたポルノ写真はハイドリヒが修正技術者の部下に作らせた合成写真であったという[71][72]。, またブロンベルクの疑惑と同時にフリッチュには同性愛者疑惑が浮上した。ゲシュタポの同性愛取り締まりの担当ヨーゼフ・マイジンガーがフリッチュが同性愛者であるという調書を作成し、ヒトラーに提出した[70]。, 結局、この疑惑が原因でブロンベルクとフリッチュは2月上旬に解任されることとなった(ブロンベルク罷免事件)。邪魔者を消したヒトラーは、3月14日にドイツ軍をオーストリアに進軍させ、オーストリア併合を達成した。, ハイドリヒとその部下の工作員たちは国外での政治工作にも多数関与している。有名な物に以下の物がある。, ソ連の独裁者ヨシフ・スターリンによって行われたミハイル・トゥハチェフスキーら赤軍幹部を対象とした粛清事件(大粛清)にハイドリヒは少なからず関与した。1936年12月5日、ハイドリヒはソ連の秘密警察NKVDとの間の二重スパイ(フランス在住の元ロシア白軍将軍)ニコライ・スコブリンとプリンツ・アルブレヒト街の事務所において面会した。スコブリンは「モスクワの確かな情報筋」からの情報としてトゥハチェフスキーやヤン・ガマルニク、イオナ・ヤキールら赤軍幹部がスターリンに対するクーデタを計画中であるという情報を告げた[73]。 1904年10月6日に聖フランツィスクス・ウント・エリーザベト教会(St. ブルーノの音楽学校の生徒数は1901年には20人だったが、1904年には134人、1912年の最盛期には400人に達していた。ブルーノが雇い入れた教師の数も1902年には6人だったのが、1914年には常設教師26人と臨時教師9人になっていた[13]。 その冷酷さから「金髪の野獣」と渾名された。またその優秀さと冷酷な仕事ぶりからヒトラーからも信頼され、ナチ支配が長く続き存命であったならばヒトラーの後継者は彼だっただろうとも言われる。 日本. 日本においては漫画・小説・ゲーム以外の作品にはめったに出ない上、戦時中に死去してしまう事からヒトラーやヒムラー、アイヒマンに役を取られがちである。, このように某SF小説作品のラインハルトに勝るとも劣らぬ出世スピードである。 ハイドリヒの棺は親衛隊員による大行進とともに運ばれ、総統官邸や国家保安本部を通って軍人墓地(インヴァリデン墓地)まで運ばれ、そこで葬られた。ナチ党の最高勲章であるドイツ勲章と血の勲章が追贈されている。埋葬場所には彼の銅像が付けられたモニュメントが建てられたが、第2次世界大戦後にソ連軍により破壊され、現在は基礎のみが残されている。, イギリスのタイムズ紙は、ハイドリヒの葬儀について「第三帝国の最も危険な男が『ギャング式葬儀』で葬られた」などと報じた[117]。, ハイドリヒの死後、国家保安本部長官の職はヒムラーが兼務し(1943年から親衛隊大将エルンスト・カルテンブルンナー)、ベーメン・メーレン保護領副総督の地位は親衛隊上級大将クルト・ダリューゲが引き継いでいる。, 一方チェコでは、ハイドリヒの補佐をしていたベーメン・メーレン保護領親衛隊及び警察高級指導者カール・ヘルマン・フランクが、ハイドリヒ襲撃のあった日からチェコ全土に戒厳令を敷き、大々的な捜査と報復に乗り出していた。襲撃からハイドリヒが死亡するまでの間だけですでに157人が射殺されていた[107]。 ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒ(Reinhard Tristan Eugen Heydrich, 1904年 3月7日 - 1942年 6月4日)は、ドイツの政治家、軍人。 最終階級は親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)および警察大将(General der Polizei)。. 1931年に、親衛隊を拡張するために情報機関の設立を画策したヒムラーによって親衛隊へと入隊した。ヒムラーは軍事や情報工作について全くの素人であり、彼の経歴である""通信将校"を"情報将校"と勘違いして書類選考を通し、ついであるべき情報機関の構想についてハイドリヒに質問をしたのだが、当時読んでいたスパイ小説をもとにプレゼンテーションしたハイドリヒの出まかせに関心して採用を決めたという逸話がある。 《14日間無料!&6万本の動画が無料見放題!》, これまで試写会で数多くの作品を見てきましたが、本作が暫定ナンバー1。(試写会で見た作品の中で), タダで見てしまったことを後悔するほどよく出来た作品で、3000円分の価値はある名作です。, 日本では決して語られない実話を基に作られた作品で、大量のナチスドイツに少数で挑んだチェコ軍人達の勇姿を描いた作品になっています。, 第2次世界大戦直下、占拠地域をヨーロッパのほぼ全土に広げていたナチスで、ヒトラーの後継者と呼ばれたナチス高官ラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。ハイドリヒ暗殺計画を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、ヨゼフ、ヤンら7人の暗殺部隊をパラシュートによってチェコ領内に送り込む。プラハの反ナチス組織や家族との接触など計画は進み、不可能に思われた暗殺のミッションは成功。しかし、ハイドリヒへの襲撃に憤慨したナチスは、常軌を逸した報復を展開する。, W主演を務めるのは、「ダークナイト」のスケアクロウを演じたキリアン・マーフィーと、「フィフティ・シェイズ・ダーカー」で注目を浴びたジェイミー・ドーナンです。, マリーの紹介でヨゼフと出会い、彼に特別な想いを寄せていたが、最後は銃殺されてしまう。, ヨゼフとヤンを匿ったモラヴェツ家の家政婦で、レンカ同様レジスタンスとしてヨゼフ達をサポートしていく。, 最後までヨゼフ達を献身的にサポートし、最後は口を割らないために自殺を図り死亡した。, 第二次世界大戦真っ只中。連合国から見捨てられ、ナチスドイツに占領されていたチェコ領内にヨゼフ・カブチークとヤン・クビシュの2人の軍人が降り立った。, 彼らはイギリスに亡命していたチェコスロバキア亡命政府の任務を受けた軍人で、当時チェコを支配していたナチスドイツのNo.3ハイドリヒを暗殺するために送り込まれたのだ。, 地元の一悶着がありなからもプラハにたどり着いた2人はレジスタンスと合流し、レジスタンスが用意した一家に居候という形で匿われることになる。, ヨゼフとヤンは自分たちの身分をナチスドイツから隠すために、レンカとマリーという2人の美しい女性と行動を共にし、チェコ内部の実情とハイドリヒの行動を調査していく。, その結果、ハイドリヒはいつも決まった時間に、護衛付きで街の中にある城へ車で向かい、そして帰るといった一つのルーティーンを見つけ出す。, 一方、ヨゼフはレンカとヤンはマリーと結ばれ、ヤンカップルは婚姻を結び、いつか終わる戦争に希望を抱くのだった。, それから数日後。ハイドリヒがパリへ移動するといった情報が流れてくる。レジスタンスの反対にあいながらも自国を守るため、ヨゼフとヤンはチェコから送り込まれた同僚の軍人たちと合流しハイドリヒ暗殺を決行することに。, その際、ヨゼフとヤンはもしも捕まった時、仲間を守るために拷問にかけられても口を割らないよう、すぐに自殺できる毒薬を渡されるのであった。, そして暗殺日当日。入念に練られた計画通りにハイドリヒがいつも車で走る道路でヨゼフ達は待ち伏せを行う。, そして遂にハイドリヒが現れるが、その日は運が良いことに護衛がついておらず、チャンスとみたヨゼフは機関銃を発砲しようとするが、弾が詰まってしまう。, その隙にハイドリヒと側近はヨゼフ達に銃を向けるが、ヤンが隠し持っていた小型爆弾を使って車をぶっ飛ばし、なんとかその場から逃げることに成功。, なんとか逃げ切ることに成功したヨゼフ達だったが、ナチスドイツは報復に出る。なんと、無実のチェコ人達を捕まえ大量虐殺を行ったのだ。, このままではいつか捕まってしまうと、ヨゼフとヤンを匿ってくれていたアレナと息子のビルは彼らを信頼できる神父がいる教会へと移動させる。, そこでヨゼフとヤンは同僚と元々プラハに潜んでいたチェコの軍人達と合流し、身をひそめるのであった。しかし、懸賞金に目がくらんだヨゼフ達の同僚チュルダがナチスドイツに密告。, ヨゼフ達を匿っていたアレナとビル、そしてレジスタンスは捕まり、アレナに至って自殺を図るも頭部を切断されてしまう。, また、激しい拷問をうけ母親の生首を見せつけられたビルは我慢できなくなり、ヨゼフ達が教会に潜んでいると口を割ってしまう。, ヨゼフ達の居場所をつかんだナチスドイツは、大量の兵士を派遣し教会を包囲し、攻撃を開始する。, 1人また1人と殺されていくチェコの軍人達。たった数名が何百人のナチス兵に勝てるわけもなく殺されていく。, 一方地下に逃げ込んでいたヨゼフだったが、水攻めと爆弾により徐々に追い込まれていく。諦めて自殺していく仲間達。, その時、彼の前に死んだはずのレンカが現れる。それを見たヨゼフは全てを察したかのように安堵に満ちた表情を浮かべ、自殺を図り死んでしまうのであった。, といったように、ぼくが戦争映画に求めるものがすべて含まれていて、見終わった後は興奮と哀しみが入り混じった、なんとも言えない高揚感を味わうことができました。, また、監督のシェーン・エリスが元CMディレクターということもあり、所々でプラハの美しい街並みのカットを拝むことができ、内容とは裏腹に皮肉なほど美しい映像が印象深かったですね。, それと、バッドエンド中は歓喜間違いなしの、残酷でぺーソスなラストがたまらなくよかったです。, 「インセプション」などで知られる、クリストファー・ノーラン監督作品が好きな人は、絶対ハマると思います。, キリアン・マーフィー(写真左)というと、「ダークナイトシリーズ」のスケアクロウのイメージが強すぎて、小物臭しかしない脇役俳優と思っていたのですが、本作を見て株が一気に上がりました。, セクシーとワイルドがうまい具合に同居していて、演技の幅が広いなと関心してしまいました。, 彼がクリストファー・ノーランファミリーとして、様々な作品に呼ばれている理由がやっとかわりましたね。, 女性はピンとこないかもしれないけど、男からしたら洋画の「タバコを吸うシーン」っていうのは重要事項の一つで、喫煙シーンがイカしてるだけで、名作に認定することもありますからね。, 史実を忠実に描いている作品のため、裏切り、拷問、虐殺といった目を背けたくなる描写が淡々と描かれいます。, 個人的に印象的だったのは、ジェイミー・ドーナン演じるヤンが「この任務が終わればまた幸せな暮らしが訪れる」, 教科書でみれば第二次世界大戦は1939年に始まり1945年に終結すると一瞬で分かりますが、当時の人たちは終わるか分からない無間地獄のような世界で、いつか終焉がくると希望を持って生活していたのが、深深と伝わってきました。, もちろん役者の役作りや演出のおかげもありますが、あそこまで当時の人たちの感情が自分の中に入ってきたのは初めてで、少し戸惑ったのも事実。, 近年は「キャプテンアメリカ」や「ワンダーウーマン」など、アメコミ映画も戦時中やナチスドイツを題材にしていますが、やはり重みが違う。, というのも、本作の主人公達は特殊能力や援軍に頼ることができないため、過酷な状況下でも自制心を保ち己の力で解決するしか生き残る術がないわけです。, そんな環境でもひたむきに自国を守るために戦う彼らから、純粋に勇気と感動をもらうことができました。, こういった戦争に対する正の感情は、つまらない教師と教科書からは生まれることはないですからね。, 本作の題材にもなった「エンスラポイド作戦」は本当にあった暗殺事件で、実際ハイドリヒはこの暗殺事件で生涯の幕を閉じました。, もちろん、主人公のヨゼフとヤンとその仲間達も実在しており、最後は教会で殺害&自殺という結果に終わっています。, なんでもエリス監督は本作を製作するにあたって10年近く準備をし、徹底的な時代考証を行なったんだとか。, ただ、レンカとマリーとの恋愛パートはどうやら若干フィクションが含まれているそうです。, ちなみに、主人公達を裏切ったチュルダはその後逃亡し、ドイツ人と結婚するも戦後の1947年にナチス協力罪の罪で処刑されています。, 本作はナチスドイツに焦点を当てながらも、主人公達は自国を取り戻すために奮闘するチェコ人達です。, 当時、チェコはアメリカ・イギリス率いる連合国から見捨てられ、枢軸国の親玉ナチスドイツの植民地となっていました。, そこで、イギリスに亡命していたチェコのお偉いさん達が主人公達を送りこみ、当時チェコを支配していたナチスのハイドリヒ暗殺を目論んだわけですが、これには映画では語られてない哀しい真実があります。, というのも、チェコの政治家達からしたらハイドリヒ暗殺はどうでも良くて、チェコはしっかりナチスドイツに抵抗していると示し、面子を保つために捨て駒として主人公達を送ったのです。, しっかり、実績を残せば再度連合国に入れてもらえるし、戦争が終わった後は大きい顔もできますからね。, 実際、彼らはパラシュートで降り立ったものの、帰りのルートや安全は保障されていませんでしたし、応援が来る気配もゼロでした。, 主人公達はあれだけ血を流したのに、チェコのお偉いさん達は「まあ、送っておいて暗殺計画成功したら儲けもん」くらいに思ったのでしょう。, しかし、彼らの努力は決して無駄にならずハイドリヒは死に、この事件の後にチェコは連合国に加入しています。, 実は本作以外にも「エンスラポイド作戦」を描いた作品はいくつかあり、その中でも有名なのが「アカツキの7人」です。, 本作同様事実通り制作された作品とのことなので、もっと理解を深めたい人におすすめです。, また、本作の監督ショーン・エリス監督の代表作「フローズン・タイム」と主演のキリアン・マーフィーの代表作「バットマン ビギンズ」もおすすめ!!, 「でも。それだけのためにお金を払えない….。」という方は31日間の無料お試し期間を活用してみて下さい。, キャスト キリアン・マーフィー、ジェイミー・ドーナン、ハリー・ロイド、シャルロット・ルボン, 教科書でみれば第二次世界大戦は1939年に始まり1945年に終結すると一瞬で分かりますが、, 本作の題材にもなった「エンスラポイド作戦」は本当にあった暗殺事件で、実際ハイドリヒはこの暗殺事件で生涯の幕を閉じました, 主人公達を裏切ったチュルダはその後逃亡し、ドイツ人と結婚するも戦後の1947年にナチス協力罪の罪で処刑されています。, http://mypace-night.net/wp-content/uploads/2017/11/1_Primary_logo_on_transparent_399x63.png, 【ネタバレ感想】「ハイドリヒを撃て!ナチの野獣暗殺計画」見捨てられても最期まで戦った男達の真実.