All rights reserved. ほんとはむしろ、もとは物凄く人間らしい人だったのかもしれませんね、だからこそ若い頃とかにどこかでバランスが崩れたのかもしれません、、、 地球は終わりのかなって思ったよね、大袈裟じゃなく、, 日本ハム 今季ワースト16失点 ショートスターターは抑えても…→今季ってまだ10試合もしてないぞ。, 日本政府は死刑停止を=EU、オウム7人執行で声明→内政干渉です。日本とEUは違います。, 東京五輪「1年延期」に言及 新型コロナでIOCの最古参委員→これも間違いなくひとつの案でしょうね。, バグダディ容疑者 トンネルで子どもと一緒に自爆か→これで終わりとは思いませんが一段落ですね, 韓国農民ら「WTO農業途上国地位放棄は農業死亡宣言」→ずいぶんと勝手な理論を展開されてますね, 浅倉、RENAとの3度目対戦は「断ります」→RENA寄りにルールを緩めても浅倉が勝った. そーゆー人って冷たいようにサイコパスなように思えるかもしれませんけど、 この人たちもよくこの時代になっても続くよな、お疲れ様ー!!!!だわ、 弾劾問題で窮地のトランプ政権には良い喧伝になるのだろうが, 陰謀論になるが、ISの後ろでアメリカが糸を引いていたなら そして、「バグダディは最後の死の瞬間まで泣き叫んでいた。犬のように、臆病者らしく死んだ」とも言っております。 ここで、バグダディが死に至るまでのプロセスを振り返ってみましょう。 バグダディ死亡までのプロセス 殺害したり迫害したりして、自分の思想と違う者を排除するのはよくない。, 陰謀論は信用しないがCIAとかモサドが通信の傍受とダーイッシュ幹部の買収工作とか元捕虜からの事情聴取とかやってたのか、幹部にもアメリカのスパイがいるという話もあるし。, 史実から言えば大東亜共栄圏を目指した神国大日本帝国の最高司令官である山本五十六を暗号解読でしとめたのと同じようなものだろうけどまだしばらく気が抜けない。, シリア内戦では携帯電話(スマホ)の位置情報を元にその地点を空爆できるからすぐ番号を変え機械その物を頻繁に変えるそうだけど、本人の居場所をどうやって特定しのかな。, この人モスルのヌーリーモスクで説教してたけど、聴いてた人は何言ってるのかわからなかったとか、その時に高級時計してるとかニュースにはなってたよ。, 「バグダディ容疑者 トンネルで子どもと一緒に自爆か→これで終わりとは思いませんが一段落ですね」, 「韓国農民ら「WTO農業途上国地位放棄は農業死亡宣言」→ずいぶんと勝手な理論を展開されてますね」, ほんと、なんでこんなのでてくんだろう、本人たちこそ一番苦しいだけだろうにってそんな次元じゃないのか彼らは, もうこの場所は、遡れば古すぎて、、 しかもそこで心が貧しかなってきてる子とか孤独な子とか、家族いなくなった子とか集めてきて、洗脳して、これに加担させてるんだろうけど、、、でもどっかでは人間だから、子供とか誘拐しても、 ただきっとみんな共通してたことは、 Copyright © The Asahi Shimbun Company. 2017年5月28日にシリアのラッカ近郊でisil幹部の会合が行われたのを狙ってロシア軍が空爆を行い、その結果バグダーディーが死亡した可能性があると同国国防省が発表している が、7月にアメリカのジェームズ・マティス国防長官やロシア政府自身がバグダーディーが死亡したとする情報に否定的な見解を示している 。 シリア北西部バリシャ近郊で27日、米軍の軍事作戦が行われた建物の跡地=AFP時事。バグダディ容疑者の死亡後、米軍が爆破した, シリア北西部バリシャ近郊で27日、米軍の軍事作戦が行われた建物の跡地=AFP時事。バグダディ容疑者の死亡後、米軍が爆破した, 過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が、米軍の急襲で死亡した。トランプ米大統領が27日、明らかにした。隠れていたのは、トルコ国境に近いシリアの小さな村。敵対勢力に囲まれた「危険地帯」だった。, バグダディ容疑者が潜伏していたのはシリア北西部イドリブ県のバリシャ近郊。地元住民によると、周辺は山がちな農業地帯で、トルコ国境まで約5キロしか離れていない。近くには内戦の戦闘から逃れてきた避難民も多くいるという。, シリア内戦はアサド政権が優位にあり、同県一帯は、反体制派の最後の大規模拠点となっている。政権軍や後ろ盾のロシアが同県周辺を包囲し、4月末から猛攻撃している。さらに、バリシャ周辺は、「シャーム解放委員会」(旧ヌスラ戦線)などの過激派組織が支配。ISはヌスラ戦線と活動方針をめぐって争ってきており、関係は悪い。, 同容疑者は、ISの戦闘員や協力者が多く残るイラク、シリア国境の砂漠地帯にいると思われてきた。なぜ危険なイドリブ県に移ったのか。, ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. 大統領はバグダディが死亡したことを、シリアからの米軍撤退の“大義名分”にしたい考えで、撤退の動きが加速すると見られている。 出てきたら、また潰す。, ある人が独特な思想を持っていても、それはそれ。 過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が、米軍の急襲で死亡した。トランプ米大統領が27日、明らかにした。 すごく人と比べてたんだろうな、とは思います、でも貧困だとしても少しでも心がまだ潤っててたらこの組織には入らないはずなので、、、、, 常争ってる場所だし、貧しいし、 そんで一番思うのは、みんなそれでも人の子なんだから、母ちゃんの腹ん中から生まれたわけでしょ???? けどこうなってしまうのが悲しいよね、、, イスラム教たてたムハンマドは未来でこんなことになるなんて思ってもいなかったんだろうけど、、でも、はるか昔から、イスラムは過激派だったからね、 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 トランプのピンチに飼っていたバグダディとやらを て、合同アンケート調査みたいなのやってみてほしい、, こんなもん、誰得なんだから、始めんなよな、主犯もさ、ほんと誰得??? The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). 悪くできなくて 優しくしたりして解放とかに繋がるんだろうか、、、 でもなぁ、、、若い貧困の子で、富裕層に恨みとかある子に目をつけて、洗脳して、テロのメンバーにしてるんだろうけど、、、なんかそれが一番哀しいなぁ、、、、、, ほんとはこんなことやりたくないよ〜〜〜!って思ってる人、手を上げてー!!!?? 丸山穂高 全世帯から受信料徴収案に「なめとるなNHKは」→スクランブルにするだけでいい, 丸山穂高氏 NHK受信料の全世帯徴収見送りに怒→本当にそう思うなら具体的に動いて欲しい, [ワシントン 27日 ロイター] – 過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディ容疑者が米軍の作戦によりシリアで死亡したとみられる。シリア、イラクおよびイランの関係筋が明らかにした。, トランプ米大統領は、27日米東部時間午前9時(日本時間午後10時)に「重要な声明」を発表する予定。, ある米高官はロイターに、アブバクル・バグダディ容疑者が襲撃の対象だったと述べていたが、作戦の成否については言及を避けた。, シリア北西部イドリブ県の武装組織のある指揮官は、バグダディ容疑者は26日深夜の大規模な襲撃で殺害されたもようだと述べた。, 引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000010-reut-asia. https://jp.reuters.com/article/mideast-crisis-baghdadi-video-idJPKBN1X71PG ここで殺害すれば再選に弾みも付くだろう, トランプの今の立場、ウクライナ疑惑とやらで、頭、混乱状態、シリアとか中東に何の関心があるわけでもないということは、先のグルド人見殺しの撤兵も国防省幹部などにも何の相談もせずに、自分一人の考えでやってしまう、これが今の、アメリカ最高司令官が、なんの軍事的配慮も考えない。, トルコ軍、すぐに侵攻して空爆に砲撃、海外ニュ-スでクルド人の8歳くらいの少女、片足を爆撃で失い、兄は即死、父親は茫然自失でいる無惨な光景を映していたが、トランプなどはこんなことも、何知ることもなく平然として、ツウイッタ-で訳の分からぬことをわめいてているばかりだろう。本当に許しがたい男だ。, いたちごっこは続くけど、定期的にやっつけておかないと蔓延して大変なことになる。 もう解決なんてできなさそうだけど、 お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, 拡大する ご質問・お問い合わせについても承っております。. トランプ米大統領は10月27日朝緊急会見し、生死が謎に包まれていた過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディが前日、シリア北西部で米特殊作戦部隊の急襲を受け、自爆して死亡したと発表した。ISはバグダディの死亡でその象徴を完全に失うことになった。トランプ氏にとってはシリアからの米軍撤退の追い風になった。, 大統領の発表によると、バグダディの隠れ家を特定する作戦は2週間前から始まった。当日は米軍部隊が8機のヘリコプターに分乗し、急襲の現場まで行った。大統領やペンス副大統領、エスパー国防長官らがこのもようをホワイトハウス地下の戦況分析室で見守った。国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンの殺害作戦が行われた時も、オバマ前大統領らが同じように作戦を監視していた。, 大統領は明らかにしなかったが、他の情報によると、バグダディの潜伏先はトルコ国境まで約5キロのシリア北西部イドリブ県のバリシャ村だった。ヘリはシリアに介入しているロシアの管轄空域を飛行するため、ロシアから攻撃を受けないよう、作戦に先立って「大切な任務」と伝え、了承を得た。急襲の米部隊は「デルタフォース」が中心だった。, バグダディの潜伏先にヘリが到着した際、地上から銃撃を受けたが、米側に損害はなかった。この際、IS戦闘員ら約10人が殺害された。潜伏先の建物の正面入り口には、わな爆弾が仕掛けられている可能性があったため、米部隊は建物の側壁を爆破し、そこから突入した。, バグダディは建物から通じたトンネルに逃げ込んだが、トンネルは行き止まりになっていた。追い詰められたバグダディは3人の我が子を道連れに、身に着けていた自爆ベルトを爆破し、吹っ飛んだ。遺体の一部のDNA鑑定でバグダディであることが特定されたという。, 大統領はバグダディが終始「泣き叫んでいた」とし、「犬のように死んだ」「臆病者のように死んだ」と述べた。さらに「異常で、邪悪なヤツだったが、今や消え去った。米国にとっては素晴らしい日になった」と成果を誇示した。大統領はバグダディが死亡したことを、シリアからの米軍撤退の“大義名分”にしたい考えで、撤退の動きが加速すると見られている。, 米紙などによると、作戦の発端はイラク情報当局がISの捕虜の尋問から、バグダディの隠れ家数か所を突き止めたことだという。米部隊が急襲したのはそのうちの1つだった。バグダディは米部隊の急襲作戦の48時間前にその隠れ家に到着したばかりだった。, 意外だったのは、潜伏先がシリア北西部のイドリブ県だったことだ。壊滅される前のISの支配地はシリア北東部からイラク北部にまたがっており、バグダディが潜伏しているとすれば、シリアとイラクの国境地帯の可能性が高いと見られていたからだ。しかもイドリブ県は、ISとはけんか状態にあった国際テロ組織アルカイダ系の「シリア解放委員会」(旧ヌスラ戦線)の根城である。, イドリブ県は、シリア反政府勢力の最後の拠点だ。「シリア解放委員会」は「自由シリア軍」などの反政府勢力と混在する形で、約3万人の武装勢力を保持していると見られている。バグダディはそうしたアルカイダの支配地に潜伏していたわけで、アナリストは「壊滅状態のISとアルカイダの統合の話を協議するためだったのではないか」と指摘している。, ISの首都ラッカが陥落した後、逃亡したIS戦闘員の一部が「シリア解放委員会」に合流しており、バグダディが組織的な統合を図ろうとした可能性は十分あり得る。特に、シリアのアルカイダ系組織の中で、最も危険だとされる「フラス・アルディン」という謎の組織の存在が浮上している点も懸念の的だ。, 同組織は、元々はアルカイダの指導者アイマン・ザワヒリが西側への攻撃を画策するためシリアに送り込んだものとされる。米国が小規模ながら最も危険なテロ組織として警戒していた「ホラサン・グループ」の後継で、2018年初めに「フラス・アルディン」に変わった、という。この組織がISと接触しているとすれば、「極めて深刻な事態」(アナリスト)と言わざるを得ない。, バグダディ亡き後、ISは誰が指導していくのか。ほとんどの幹部は米軍などに殺害されて残っていない。唯一名前が知られているのは、ISの公式スポークスマンとされるアブ・ハッサン・ムハジールという人物だが、その実態は全く不明だ。トランプ大統領は「バグダディの死亡で世界はより安全になった」と宣言したが、バグダディが示した「カリフの府」の過激な思想は中東から、アフリカやアジアにまで急速に拡散を続けている。, コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。, ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。, 白鵬・鶴竜、横審から「激励」でも最後通告となる理由 - 新田日明 (スポーツライター), トランプ敗退これだけの理由 - 斎藤 彰 (ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長), バイデン氏の当選確実、ゴルフ中に敗北知ったトランプ氏 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授), 大統領選にみる〝本音と建て前〟アメリカの理想、価値観はどこに - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長). 犯罪者でも人の子ですけど、、 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 指導者としてもビンラディン程の知名度も無し でも一回入ってしまったら抜ける方が怖いし抜けてもだれも助けてくれないんなら 死ぬまでこれやり続けるかってなるんかな, もう上層部?はみんなあたま狂ってるだろうからね、そこのヒラの方々でまともな方々に、謀反起こしてもらうしかないよね潰すのはね、希望がないよね, ほんとフランスがテロした時はもうこのまんま