『パリは燃えているか』(パリはもえているか、仏:Paris brûle-t-il?、英:Is Paris Burning?)は、1966年のアメリカ・フランス合作のオールスターキャストによる戦争映画。, ラリー・コリンズ、ドミニク・ラピエールによるフランス・レジスタンス(共産主義者とドゴール派)と自由フランス軍によるパリの解放を描いたノンフィクションの原作[2]をルネ・クレマンが監督した。脚本はゴア・ヴィダルとフランシス・フォード・コッポラが担当している。, 1944年8月7日から、8月19日のレジスタンスの蜂起開始、アメリカ軍の援護を受けて、8月25日のフランスの首都パリの解放に至るまでを描く。, 物語はドイツ軍の降伏に貢献したレジスタンス運動を中心にしている。主な登場人物は、レジスタンスのアンリ・ロル=タンギー(フランス語版)大佐やジャック・シャバン・デルマス大佐、ドイツ軍のディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍、アメリカ軍のジョージ・パットン将軍、自由フランス軍のフィリップ・ルクレール将軍などである。, 映画の終盤、降伏前にパリを破壊しろというアドルフ・ヒトラー総統の命令が下ったが、最終的にコルティッツ将軍は命令に従わずに連合国に無条件降伏し、パリを破壊から守った。パリ側のドイツ軍本部内でうち捨てられた電話機からヒトラーの「パリは燃えているか?(命令通りに破壊したか?)」との声が聞こえていた。, ※括弧内は日本語吹替[3](初回放送1975年8月20・27日『水曜ロードショー』), 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)241頁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パリは燃えているか&oldid=80348622. 作曲家・ピアニストの加古 隆の代表作でもあるnhkスペシャル「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」のオリジナルスコア。 壮大な“歴史と人間”のロマンを音楽で表現。 パリ側のドイツ軍本部内でうち捨てられた電話機からヒトラーの「パリは燃えているか?(命令通りに破壊したか?)」との声が聞こえていた。 キャスト ※括弧内は日本語吹替 (初回放送1975年8月20・27日『水曜ロードショー』)