その原因は何なのかを探っていこうかな~と。, 何かと日本人にはあまり関係ないと思われがちな中東情勢。 しかし、実際には日本とは深いつながりがあったり…。 この革命はチュニジアを23年間も独裁してきたベン・アリー政権を崩壊させるに至るだけでなく、のちにアラブの春と呼ばれるようにアラブ世界に存在した独裁政権に対して国民が反旗を翻していくわけで... ニュースや学校の授業などで耳にする事がある❝パレスチナ問題❞その理由として宗教が違うためだからとか民族が違うからだと簡単に説明されがちですが実際には、それだけではないのです! パレスチナ問題の原因 ユダヤ人 と アラブ人 は、 ユダヤ教 と イスラーム教 という宗教でも対立するが、本来はこの両者はともにセム系民族であり、ともに 一神教 という共通点があり、イスラームではユダヤ教を「 啓典の民 」として認めているので、共存していたものである。 パレスチナにあるエルサレムという都市は、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地として世界中の関心を集めているため、「宗教対立」とか「何千年前の紛争」とか言われて、「難しくて私たちには判らない問題ですね」とテレビなどで安易に片づけられることもあります。 少し旬が過ぎてしまったニュースですが、サウジアラビアで少なくない王子たちが拘束されたそうですね。 ですが、今回の外遊は報道されている経済協力以外にも目的がありそうです。 ですが、今回の外遊は報道されている経済協力以外にも目的がありそうです。 さて彼らはなぜ自国の政府によって拘束されてしまったのでしょうか。 1979年に起きた、イラン革命。 この戦いは、「宗教対立」「何千年前の紛争」などと言われてきました。 民族問題がない日本人にはあまりピンとこない問題かもしれませんね。 実は後のイラク戦争に大きく関係があるのですね。つまりは湾岸戦争を理解できるとイラク戦争もけっこう分かる。言ってしまえば湾岸戦争は現代中東問題の根っこの一部なんですね~。 現在、中東地域では内戦やテロが頻発しています。その中で、約半世紀にわたって争われている問題があります。それはパレスチナ問題です。, 今回は、パレスチナ問題とは何か、その原因と現在の状況、またパレスチナ問題の元凶をつくったイギリスについて、わかりやすくまとめていきます。, パレスチナ問題について解説していく前に、まずはこの問題の背景にあるシオニズムという思想について確認していきます。, シオニズムとは、ユダヤ人がシオンの地(現在のエルサレム)に帰り、そこで故郷を再建しようという考えです。この考えのもとで行われる建国運動をシオニズム運動と呼びます。, 『主はこう仰せられる。「わたしはシオンに帰り、エルサレムのただ中に住もう。エルサレムは真実の町と呼ばれ、万軍の主の山は聖なる山と呼ばれよう。」』, エルサレムの地を「神に約束された地」と考え、そこにユダヤ人が住むことは当然のことであるという考えがユダヤ人の間で広がっていったのです。, この考えは、1890年代にオーストリアに在住していたユダヤ人、ナータン・ビルンバウムによって提唱されました。彼によって、はじめてユダヤ人が民族として定義されました。, シオニズム運動を活発化させた事件として、ドレフュス事件が挙げられます。この事件は、当時フランス陸軍で働いていたアルフレド・ドレフュス大尉が、敵国であったドイツに情報を漏洩しているとして有罪判決を受けた事件です。, ただ、ドレフュス大尉が犯人であるという証拠はなく、「ユダヤ人であるから怪しい」という決めつけによって犯人にされてしまったのです。, ドレフュス事件をきっかけに、シオニズム運動は活発化していきます。ドレフュス事件を取材していた記者、テオドール・ヘルツルがユダヤ人が安心して暮らせる国を建国しようという主張をしました。, この主張を皮切りに、シオニズム運動支持者(シオニスト)によるシオニスト会議が開催されるようになります。, 第一次世界大戦以前は、オスマン帝国(現在のトルコ)がパレスチナの地を治めていました。そこで、シオニストたちはオスマン帝国に働きかけ、ユダヤ人のパレスチナへの入植を認めさせようと交渉しました。, ただ、この交渉はなかなか思う通りに運ばれませんでした。というのも、パレスチナにはすでにアラブ人(イスラム教徒)が暮らしていたため、パレスチナを丸ごとユダヤ人に与えることは現実的に困難であったからです。, 第一次世界大戦末期、中東への進出を狙っていたイギリスは、アラブ人の勢力を追い払うためにユダヤ人を味方につけようと考えます。, そして、1917年にイギリス外相バルフォアによって、パレスチナにおけるユダヤ人居住地の建設が約束されます。これを外相の名をとってバルフォア宣言と呼びます。, このとき、イギリスはアラブ側にも「アラブ国家の設立」を約束していました(フセイン=マクマホン協定)。ユダヤ人移住地とアラブ国家地域の線引きは、厳密にいうと互いにかぶってはいませんでした。, しかし、イギリスが一連の宣言、協定をユダヤ側、アラブ側に内密にしていたことから、俗にイギリスの二枚舌外交と呼ばれています。, この宣言にシオニストたちは歓喜します。その後、パレスチナはイギリスによって委任統治が行われ、徐々にユダヤ人入植者が増えていきました。, 第二次世界大戦後の1947年、国際連合によってパレスチナ分割決議案が採択されます。, この決議案の結果、イギリスによって委任統治されていたパレスチナは、アラブ人自治領(パレスチナ)とユダヤ人自治領(イスラエル)の2つに分割されることになりました。, これを受けて、シオニストのグループは1948年にイスラエル独立宣言を行い、念願であったユダヤ人国家の設立を果たします。, しかし、パレスチナに在住していたアラブ人、並びに周辺のアラブ国家はイスラエルの独立を承認しませんでした。, イスラエルの独立を承認しなかった周辺のアラブ諸国(エジプト、サウジアラビア、イラク、シリア、レバノン、トランスヨルダン)がパレスチナへ侵攻を開始しました。, そして、イスラエル軍とアラブ連合軍が戦闘を開始します。これを第一次中東戦争といいます。, 独立を果たしたばかりのイスラエルは、アラブ連合軍と比べて兵力が少なく、最初はアラブ側優位で戦闘が進みました。しかし、アラブ諸国側の足並みの乱れが徐々に露呈し、イスラエルは巻き返しを図ります。, 最終的には、イスラエル、アラブ側が国連の停戦勧告を受け入れ、1回目の中東戦争は終結します。この結果、イスラエルは分割決議案で認められた以上の領土を確保しました。, 第一次中東戦争以後もイスラエルとアラブ諸国の対立は続き、中東戦争は合計4回勃発しました。第4次中東戦争の際、アラブ諸国側がイスラエルと友好関係にある国に対して、石油輸出を止めたことは有名です。, この中東戦争の結果、パレスチナに在住していたアラブ人(パレスチナ人)は行き場を失い、パレスチナ難民となっていきました。, パレスチナ難民が増えていき、イスラエルがパレスチナ地域への入植を進めていく中、各地で暴動がおこります。これをインティファーダと呼びます。, 1987年、パレスチナ難民が多く在住していたガザ地区でイスラエル人の車とパレスチナ人車が衝突事故を起こします。この結果、4人のパレスチナ人が亡くなりました。, この事故をきっかけに、パレスチナ人による暴動が頻発するようになります。イスラエル国防軍に対する投石が主な手段であったため、大規模な戦闘には発展しませんでした。, 最終的には、1993年のパレスチナ自治政府設立を境に、インティファーダは沈静化していきます。石を投げることで、自治政府の設立を勝ち取ったのです。, 2000年に入ると、当時イスラエルの外相であったシャロンが、武装した側近とともにアル・アクサモスクに入場します。, このモスクは神殿の丘と呼ばれるイスラム教とユダヤ教の聖地にあるもので、その中にあるイスラム教のモスクへ入ったことに対して、パレスチナ人は紛糾します。, この結果、沈静化していたインティファーダが再発しました。ただ、このインティファーダによってイスラエルの姿勢が覆ることはなく、パレスチナ人は徐々に自治政府への反感を強めていきます。, パレスチナ自治政府の管轄下に置かれることになったガザ地区は、イスラエルに対して強硬な姿勢をとるハマースとよばれる政党によって統治されていました。, 武力行為も辞さないハマースとイスラエルとの間では、断続的な武力衝突が続いていました。, イスラエルは、ガザ地区を経済的に封鎖して、ハマースへ物資が渡らないようにしていたため、両者の対立はいよいよ深くなっていきました。, そして、2008年12月にイスラエルがガザ地区へ大規模な空爆を開始します。その後、ガザ地区へ兵隊や戦車が突入し、市街戦へと発展していきます。, この一連の武力衝突をガザ紛争といいます。紛争は年明けの2009年1月まで続き、最終的にはイスラエル側の一方的な停戦宣言によって紛争は終結します。, イスラエル側の空爆、侵攻に対して世界各地から非難の声があがりました。ただ、アメリカはイスラエルを擁護する姿勢を見せ、当時大統領就任を間近にひかえていたバラク・オバマもイスラエルを非難することはありませんでした。, ガザ紛争の結果、多くのパレスチナ人が被害を受け、イスラエルとパレスチナの対立はますます深まっていくことになりました。, 現在もパレスチナ問題は解決に至っていません。アメリカでは、親イスラエル派であるドナルド・トランプが大統領に就任しました。, トランプ大統領は、アメリカ大使館をエルサレムへ移すと宣言し、事実上、エルサレムをイスラエルの首都と認めました。, エルサレムはパレスチナ自治政府の都市であり、国際的にはイスラエルの都市として認められていません。それにも関わらず、トランプ大統領がこのような行動をとったため、イスラエルとパレスチナの対立は更に先鋭化してきています。, イスラエル政府は、エルサレムへ続く地下鉄を建設予定とのことで、エルサレムの終着駅の名前を「ドナルド・トランプ駅」とするとメディアに伝えています。, パレスチナ問題は、現状イスラエル側の強硬路線を止めることができない状態です。さらに、パレスチナ人の中にも、自治政府に対する不満が高まり、パレスチナ側が対抗するエネルギーを失ってきていると見えます。, 今後は、イスラエルがどのような関係をパレスチナと結んでいくかを見ていく必要があります。いくらイスラエルといえども、一方的にパレスチナを自国領にすることはできません。, それは侵略行為と変わらないからです。パレスチナ周辺地域では、イスラム国の台頭やシリア内戦により、政情は混迷を深めています。, 「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 そこで今回は、サウジアラビアで自国の王子が数多く逮捕された理由を... 2010年にチュニジアで起きたジャスミン革命。 パレスチナ問題の背景 なぜパレスチナ問題が発生したのかというと、第一次世界大戦前に遡ります。 第一次世界大戦で、イギリスは中東のオスマン帝国と戦争状態でした。 パレスチナ問題の根っこを説明します。. そこで、その理由とかを探っていきますね。. パレスチナ問題(パレスチナもんだい、アラビア語: القضية الفلسطينية‎、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-פלסטיני‎)は、パレスチナの地を巡るイスラエル人(シオニスト・ユダヤ人ら)とパレスチナ人(パレスチナ在住のアラブ人)との関係から生じた紛争を一個の政治問題として扱った呼称。パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。 パレスチナ とは、現在の イスラエル一帯の地域 のこと。. この革命はイランのパフレヴィー朝を倒しイスラーム共和制に移行しただけでなく、アメリカやソ連の対外政策に大きな影響を与えていくことになるにですね…。 この革命はチュニジアを23年間も独裁してきたベン・アリー政権を崩壊させるに至るだけでなく、のちにアラブの春と呼ばれるようにアラブ世界に存在した独裁政権に対して国民が反旗を翻していくわけで... あっけなく終わったように見える湾岸戦争。 はてさて、なぜにこの革命が起き、そして当時の超... サウジアラビア国王が来日するのはおよそ46年ぶりだそうですね。国王自らが来日した理由として経済協力を進めるためと報道されています。 パレスチナ問題の原因として語られることの多い、イギリスの三枚舌外交。 なぜイギリス後々に面倒くさい事態になるであろう外交をしたのでしょうか? イギリスの三枚舌外交の原因を探っていこうと思います! chiba-chiba.com . 現在、中東地域では内戦やテロが頻発しています。その中で、約半世紀にわたって争われている問題があります。それはパレスチナ問題です。 今回は、パレスチナ問題とは何か、その原因と現在の状況、またパレスチナ問題の元凶をつくったイギリスについて、わかりやすくまとめていきます。 ナチス政権下のドイツでユダヤ人がホロコーストの犠牲になったことは多くの人が知るところです。 しかし、そもそもなぜドイツでこうした悲惨な出来事が起こったのかを教科書などではあまり詳し扱っていません。 そこで今回は、ドイツでユダヤ人... シオニズムってなんじゃらほい? というよりもシオニズムという言葉を初めて聞いた人も多いはず、そこでシオニズムの思想を簡単に紹介していきますね!, パレスチナ問題の原因として語られることの多い、イギリスの三枚舌外交。 なぜイギリス後々に面倒くさい事態になるであろう外交をしたのでしょうか? イギリスの三枚舌外交の原因を探っていこうと思います!, 何でインティファーダがパレスチナで起こったの?そもそもインティファーダ運動とは何ぞや?と思っている人もいるはず、そこでインティファーダとは何であるのか、起きた原因を探っていこうと思います。.