ヒシアマゾンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 出典:wikipedia ディープインパクトは史上6頭目の三冠馬に輝き「英雄」と呼ばれました。 ナリタブライアンは史上5頭目の三冠馬に輝き、「シャドウロールの怪物」と呼ばれ、その評価は「もしかしたら世界で一番強いかもしれない」といわれたほどでした。 2011年 ヒシアマゾン(USA)2011(牡 黒鹿毛 父War Pass(USA)) 2010年 ヒシラストガイ(USA)(牡 栗毛 父Corinthian(USA)) 2009年 ヒシラストレディ(USA)(牝 黒鹿毛 父Posse(USA)) 2006年 Flying Warrior(USA)(せん 栗毛 父Fusaichi Pegasus(USA)) 3.1 タイキブリザード(シアトルスルー×ツリーオブノレッジ) ヒシアマゾン. 2.1 ナリタブライアン(ブライアンズタイム×パシフィカス) 2.2 サクラローレル(レインボウクウェスト×ローラローラ) 2.3 ヒシアマゾン(シアトリカル×ケイティーズ) 3 銀札. 産駒. 不運な女傑といわれましたが、 その活躍ぶりは90年代のエアグルーヴ、 ホクトベガと並んで女傑といわれます。, その強さは牝馬といえないほど強く牡馬相手でも引けを取らないそのレースぶりは 目を見張るものでした。, 初の芝となった京成杯3歳ステークスでも 2着に入り、G1阪神3歳ステークスに 挑戦します。, しかし明けて、1994年普通なら 桜花賞を目指して牝馬クラシック路線を 走りますが、その当時は外国産馬にクラシックへの出走が認められていなかったので 裏街道を歩みます。, 年明け初戦の京成杯は2着に敗れますが、 そのあとクイーンカップ、クリスタルカップ、 NZT、クイーンステークス、ローズステークス と連勝。, そして迎えたエリザベス女王杯では オークス勝ち馬のチョウカイキャロル との対決に。, 続く有馬記念ではナリタブライアンの 2着に敗れ、古馬牡馬相手でも 通用することを証明します。, よく1995年は春にアメリカ遠征に挑戦しますが、 レース前に脚部不安になり、帰国。, 6歳時は安田記念10着、 エリザベス女王杯2着入着も社交で7着降着・ 有馬記念では5着に敗れ5歳時までの 勢いはありませんでした。, そして1997年京王杯スプリングカップを 目指して調整していましたが右前脚の浅屈腱炎で引退しました。, この獲得賞金は牝馬の中だと、 スイープトウショウの7億1970万や ダイワスカーレットの7億4400万などと くらべてもすごいことがわかります。, しかも時代的にまだ賞金が今に比べて 少ないころでそれを考えると女傑の中の女傑ということが言えます。, ヒシアマゾンの伝説のレースは たくさんありますが、その中でも 選りすぐりのレース動画をいくつか ピックアップして紹介していきたいと思います!, 人気はヒシアマゾンが2.0倍の1人気、 そのあと、フィールドボンバーや 東証ルーイが続きます。, 逃げるタイキウルフは残り100mで まだ4馬身ほどリードがあり逃げ切ることは 確実視されました。, しかしヒシアマゾンは外国産馬であったため桜花賞、オークスに出走は出来ませんでした。, ヒシアマゾンは後方からレースを進め、 チョウカイキャロルは6番手の位置で 進めました。, そしてチョウカイキャロルとヒシアマゾン、 この2頭の猛烈な直線でのおい比べを制したのがヒシアマゾンで、4歳牝馬の頂点に 立ちました。, 離れた2人気にネーハイシーザー、 3人気にアイルトンシンボリ、 4人気にライスシャワーが続きます。, ヒシアマゾンは6人気でやはり古馬の中 しかも牡馬との厳しいレースなると 上位争いは厳しいのではないかというのが 大方の見方でした。, 4角ではナリタブライアン、そしてその外から ヒシアマゾンが並んで追い込んできます。, ここでヒシアマゾンは古馬に混ざっても、牡馬に混ざっても上位でしかも 今後の競馬界を担うくらいの強さを 見せつけることができました。, アメリカ生まれのヒシアマゾン、 その血統はどのようなものなのでしょうか、 みていきたいと思います。, その産駒はアイリッシュダービーを 制したザグレブやもちろんヒシアマゾンなど20頭以上ものG1勝ち馬を輩出しました。, その産駒はヒシアマゾンの半兄となる ヒシアリダー、半妹のヒシナイル 全妹のヒシピナクルなど 数多くの有力馬を出しています。, 後方からレースを進めるタイプの馬である ヒシアマゾン、その性格はどのようなもの なのでしょうかみていきたいと思います。, しかし、デビューしてから数戦はある程度 前でレースを進めるタイプでしたが、 クイーンステークスから追い込み馬に なりました。, そのヒシアマゾンと言えば中館英二騎手の イメージがありますがほかに乗った騎手も いるのでしょうか。, 引退後、初年度にヒシマサルと配合すると、 故郷のテイラーメイドファームに戻り、 繁殖生活を送ります。, ヒシアマゾンは日本的な美人というよりもアメリカ生まれらしくグラマーな美人と いったところでしょう。, 90年代の女傑であり、外国産馬として でれないレースも多い中 数々のG1得レースで好走を続けてきました。, その産駒に活躍馬は出ていませんが、 同系からはスリープレスナイトなども 出ています。, 1994 有馬記念 最強馬 ナリタブライアン 完勝 女傑 ヒシアマゾン 2着 ライスシャワー 3着 大逃玉砕 ツインターボ. ブライアンズタイム( Brian's Time 、1985年 5月28日 - 2013年 4月4日)はアメリカ合衆国の競走馬であり、フロリダダービー、ペガサスハンデキャップに勝利した。 のちに日本に種牡馬として輸入されたサラブレッドである。 ホクトベガは日本の競走馬。 1993年 エリザベス女王杯勝ち馬。 1996年 jra賞最優秀ダートホース、narグランプリ特別表彰馬。. ヒシアマゾンの産駒は? これだけ活躍したヒシアマゾン。 その産駒は活躍馬は出ているのでしょうか。 みていきます。 引退後、初年度にヒシマサルと配合すると、 故郷のテイラーメイドファームに戻り、 繁殖生活を送ります。 ダート競走において無類の強さを発揮し、牝馬でありながらダートでは並み居る牡馬をことごとく退ける圧倒的な走りを見せたことから、『砂の女王』とも呼ばれる。 1 1991年産駒の所感; 2 金札. チョウカイキャロルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。