『ヒロイン失格』(ヒロインしっかく)は、幸田もも子による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2010年4月号から 2013年4月号にかけて連載された 。 ファーストキスを廣祐に奪われ、ショックを受けるはとり。 利太に知られないよう、廣祐を口止めしに行く。 廣祐は、黙っておく代わりに、利太と安達の4人で遊びに行こうと提案する。 これから『ヒロイン失格』について思う存分語る。 基本、個人の思い入れで語るので価値観が合わないと思う人はバックプリーズ。 嫌いなキャラは特にナシなのでそこらへんは安心してください。 最強のライバル・安達 30「驚いたのは、『ヒロイン失格』では高校生の利太が、かなり恋愛経験豊富に描かれてるんだよね」 20「一応、安達さんとも男女の関係になってますもんね」 40「このご時世、恋する相手が必ずしも純情ボーイじゃなくてもいいっていうことなんだろうね」 映画「ヒロイン失格」で桐谷美玲さん演じるはとりの恋敵、安達を演じた我妻三輪子。 おかっぱ+眼鏡で「六角精児似」と表現されていましたが、実はきれいな顔立ちをした女優さん。 モデルとしても活動 … 漫画『ヒロイン失格』の感想. 廣祐とハイパーリア充な日々を送るはとり。 家に戻ると、安達がはとりの帰りを待っていた。 「利太は、はとりの事が好きで、自分と別れたがっている」と言う。 どう反応したらいいのかわからないはとり。 高校生の寺坂利太(山崎賢人)とは小学生の頃から幼馴染の松崎はとり(桐谷美玲)。はとりは10年間も利太のことを想い続けているのですが、自分からはそんな態度は一切見せません。はとりは自分は恋愛物語のヒロインだと決めて、利太から愛の告白を受けるのだと信じていました。 そんなある日、学食で不良に絡まれていた同級生の安達未帆(我妻三輪子)を助ける利太を見て、改めて利太に惚れ直したはとり。未帆は助けてもらったお礼を言い、優しくしてくれる利太に「こんな私に関わっていたら … 映画『ヒロイン失格』絶賛公開中! これほど思い出深く、大好きなマンガの実写版に参加させていただけたこと、ほんとに嬉しく思っています! 4年前に「ヒロイン失格」に出会い、はとりのマネをしながら変顔の練習をしていたのを思い出します。 完全にはとりの「ヒロイン失格」に終わるストーリーかという展開が最後に何故か利太の方に向かい二人は結ばれます。 感想 はとりと友人とトイレで安達の悪口を言っている所を安達に運悪く聞かれてしま … マンガ「ヒロイン失格」6巻 第20話のあらすじ. 漫画「ヒロイン失格」私は安達と利汰がくっつくんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょう? 安逹の変わりように驚きました(笑)でもやっぱり最後にははとりと利汰がくっつくと思います。 30「驚いたのは、『ヒロイン失格』では高校生の利太が、かなり恋愛経験豊富に描かれてるんだよね」 20「一応、安達さんとも男女の関係になってますもんね」 40「このご時世、恋する相手が必ずしも純情ボーイじゃなくてもいいっていうことなんだろうね」 マンガ「ヒロイン失格」2巻 第6話のあらすじ.