夏の札幌記念ではセイウンスカイと半馬身差の2着に好走するが、最大の目標であったエリザベス女王杯では女王メジロドーベルの1馬身半差の6着に敗戦。有馬記念では4馬身ほど離れた8着に敗北し、好走はしているのだが、勝ちきれないレースが続いた。, 5歳になっても現役を続行。フェブラリーSを予定していたが蕁麻疹を起こし回避、マイラーズCに挑むが再び10着に大敗し、更に脚部不安を発症して春を棒に振る。復活を期して前年2着の札幌記念に挑むが、1番人気に推されたものの7着に敗北。, エリザベス女王杯に挑むが、このレースを最後に引退する事が前もって表明され、陣営は「究極の仕上げ」という好調を維持し、悲願のGⅠ制覇に臨むフサイチエアデールとトゥザヴィクトリーにやや離された3番人気に推された。鞍上には前年のマイラーズC以来となる松永幹夫である。 第22回(1997年)エリザベス女王杯 詳細情報. ファレノプシス(Phalaenopsis)とは、1995年生まれの日本の競走馬。黒鹿毛の牝馬。, 牝馬2冠を達成した後、長い雌伏を耐えて再び花を咲かせた味わい深い名牝。 二冠目となるオークスでは1番人気に推されたが、2400mという距離を意識しすぎたか、後方待機から直線で良く伸びたものの、エリモエクセルとエアデジャヴーを捉えるには至らず3着に敗戦。, 夏を北海道では無く栗東で越した後、ローズSを先行策を以て勝利を飾り、2000m、秋華賞本番では距離は問題ない事をアピール。秋華賞では1番人気のエアデジャヴーと差の無い2番人気に推され、中段後方から徐々に進出し、直線入口では先頭に躍り出るとエガオヲミセテを競り落とし、エリモエクセルらの追撃を凌ぎきり、実況は「秋の京都でも胡蝶蘭満開! ファレノプシスです!」と報す。ここに2冠を達成。 3歳シーズンは6戦4勝、最優秀4歳牝馬に選出された。, 同世代の牝馬相手にはその才気を見せつけたが、古馬となり、牡馬との混合競走では勝手が違った。, 初戦のマイラーズCでは10着と大敗を喫し、続く京王杯スプリングCでは勝ち馬であるグラスワンダーから1馬身半差の5着。安田記念は熱発を起こして出走できず、春シーズンは失意の中終える。 2000年:エリザベス女王杯(GⅠ), 父は現在では大種牡馬として広く知られており、本馬の出走当時にはナリタブライアンやチョウカイキャロルが大競争を制した、売り出し中の種牡馬。母は未勝利で、母父であるストームキャットの2年目の産駒である。, 祖母であるパシフィックプリンセスの一族は白目を剥くほど走っており、本馬のいとこであるビワハヤヒデとナリタブライアンが、本馬の出生前に大活躍を収めており、現代でも本馬の15歳年下の半弟キズナがダービーを制し、また半弟のサンデーブレイクがアメリカで重賞を勝った。近親にはラストインパクトが重賞を3勝しており、今後も目を離せない牝系である。, ファレノプシスは三冠馬ナリタブライアンと4分の3同血という血統背景から、出生前から大きな期待がかけられていた。否が応でもクラシックを意識したくなる血統である。しかし、幼駒の頃は体質が弱く、更に後躯が貧弱、いわゆる腰が甘い状態で、競走馬デビューすら危ぶまれていた。だが、2歳春頃には状態は良化していき、ビワハヤヒデを管理した濱田光正調教師に預けられた。, 1997年11月末にデビュー戦となるが、ここでは2着に9馬身を離し2歳レコードタイムで圧勝する鮮烈なデビューを飾る。続くさざんか賞、年をまたいでエルフィンSを勝利して瞬く間に3連勝。一気にクラシック最有力候補に躍り出る。全て先行して抜け出す強い勝ち方であった。, 桜花賞を目指す陣営は、トライアルであるチューリップ賞に臨む。しかし飼葉食いが細く、前走から-8kg、前々走から-14kgと細化、出遅れの上馬群に包まれたまま動けない騎乗ミスによって4着に敗戦。このレースを最後に、デビューから鞍上を務めていた石山繁騎手は降板となった。, 桜花賞では馬体もほどよく戻り、鞍上に武豊騎手を迎えた。本番では3番人気に推された。ロンドンブリッジがハナを切ってやや早いペースで推移する中、道中中段前方から進め、直線で大外に持ち出すと、逃げ切りを図るロンドンブリッジを差しきり、馬場アナウンサーは「夢の架け橋ロンドンブリッジ!」と実況したが、ゴール前で見事に捉えきった。この年からノースヒルズマネジメントへと名前を変えた生産者、馬主共々初GⅠ勝利を果たした。 エリザベス女王杯 に挑むが、このレースを最後に引退する事が前もって表明され、陣営は「究極の仕上げ」という好調を維持し、悲願のgⅠ制覇に臨むフサイチエアデールとトゥザヴィクトリーにやや離された3番人気に推された。 1998年:桜花賞、秋華賞(GⅠ)、ローズS(GⅡ) ジャパンカップへの出走予定が立てられたが、状態の不安から取りやめとなり、休養。 レースではトゥザヴィクトリーがハナを切り、比較的詰まった馬群のままレースは進む。ファレノプシスは好位を占め、トゥザヴィクトリーとフサイチエアデールが4コーナー前で競り合う中、その後ろで虎視眈々と追走。直線で前の2頭に対し必死に追いすがり、フサイチエアデールが先頭に立ったが、その外から黒い胡蝶蘭が差しきり、引退の花道を2年ぶりの勝利で飾った。, 引退表明の通り、エリザベス女王杯をもって引退。最優秀5歳以上牝馬に選出され、翌年1月に行われた引退式では胡蝶蘭から作られたレイがかけられ、ターフを去った。ちなみに、グレード制導入後、桜花賞馬が古馬となった後GⅠを勝利したのは本馬が初めてである。, 引退後はノースヒルズにて繁殖入りし、その血統から主にサンデーサイレンス系種牡馬が付けられ、産駒は結構勝ち上がり重賞で入着する馬もいるが、重賞に届く産駒はいない。11頭の産駒を残したが9頭が牝馬である。これはパシフィックプリンセス一族を繋げろとのお告げか。初版執筆時点で、3頭が中央競馬で現役であり、引退した牝馬は全頭繁殖入りしている。, 2016年7月に、繋養されていたノースヒルズにてクモ膜下出血のため死亡。享年21歳だった。, 名は体を表すとはよく言ったもので、桜花賞や秋華賞といった「はな」と名の付くGⅠで2冠を制し、5歳で復活勝利を挙げた事は、胡蝶蘭は花が落ちても丁寧な手入れをしてあげれば、再び花弁を咲かせる生命力の強い花である事を思い浮かべさせる。, まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%97%E3%82%B7%E3%82%B9, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』心に炎を灯して…主題歌「炎」から紐解く炎柱・煉獄杏寿郎の魅力とは?, 『サンモニ』関口宏「アメリカの話題はカラッとして、日本の問題はジメっとする」トランプ氏の主張には触れず?, 友達と一緒に食べたおいしいおやつ、一人で食べるとなんか違う…… 4歳の女の子の「かわいい大発見」を描いた漫画. 新冠・マエコウファーム(現ノースヒルズ)生産、所有。栗東・濱田光正厩舎所属。, 主な勝ち鞍 ファレノプシスは日本の競走馬、繁殖牝馬。1998年の桜花賞、秋華賞、2000年のエリザベス女王杯などを制した。1998年度JRA賞最優秀4歳牝馬、2000年度同最優秀5歳以上牝馬。馬名は、胡蝶蘭の学名である。, 半弟に2002年のピーターパンステークスを制し、日本生産馬として43年ぶりのアメリカ重賞優勝馬となったサンデーブレイク(父フォーティナイナー)、2013年東京優駿優勝馬キズナ(父ディープインパクト)がいる。, 1995年4月、北海道新冠町のマエコウファーム(後のノースヒルズマネジメント 現・ノースヒルズ)に生まれる。従兄にGI競走3勝を挙げたビワハヤヒデと、クラシック三冠を含む同5勝のナリタブライアンがおり、その血統背景から誕生前より大きな期待を掛けられていた[1]。しかし幼駒の頃から体質が弱く、「すくむ体質」[注 1]だったため調教がままならず[2]、逆体温[注 2]にも悩まされた[3]。また後躯が非常に貧弱で、競走馬にはなれないのではないかとも見られていた[4]。, しかし3歳春頃より急速に状態が良化していき[5]、9月にはビワハヤヒデの管理調教師であった栗東トレーニングセンターの浜田光正厩舎に入る。当初浜田はその能力に懐疑的であったが、調教を続ける内に後躯の状態が良化、優れた動きを見せ始めた[6]。, 1997年11月30日、阪神開催の新馬戦でデビュー。鞍上は浜田厩舎所属の若手騎手・石山繁が務めた。脚への負担を考慮して[6]ダート競走への出走であったが、2着に9馬身差・2歳レコードタイムでの圧勝を収める。続く条件戦、年明け緒戦のエルフィンステークスと快勝。春に控えた牝馬クラシック戦線への最有力候補と目された。, 3月のチューリップ賞(桜花賞トライアル)で重賞に初出走。前年の最優秀3歳牝馬アインブライド、シンザン記念で牡馬を退けたダンツシリウス等を抑え、1番人気に支持された。しかし馬体重は414kgと細化、レースもスタートで出遅れると、道中から直線にかけて終始馬群に包まれた状態となり、ダンツシリウスの4着に終わった。状態の悪さに加え、騎乗ミスが明確であったと判断され、この競走を最後に石山は降板となる[7]。クラシック初戦の桜花賞に向けて、新たな鞍上には武豊を迎えた。, 4月12日の桜花賞では3番人気であったが、前走から10kg増と状態は回復を見た。レースは道中中団前方から、直線で逃げ粘るロンドンブリッジを交わして優勝。重賞初勝利をクラシックで果たした。生産者兼馬主の前田幸治にとっては、牧場創設14年目で初めてのGI制覇となった。, クラシック二冠を目指した優駿牝馬(オークス)では、戦前から2400mという距離への不安説があった[8]。レースでは後方待機策から直線で追い込むも、エリモエクセルとエアデジャヴーを捉えきれず、3着に敗れた。競走後に武は「これほど距離が持つとは思わなかった。失敗した」と、不安から消極的なレース運びとなったことを悔やむコメントを出している[8]。, 浜田の方針から夏は放牧に出されず、栗東で過ごした[9]。9月27日にローズステークス(秋華賞トライアル)で復帰、前走から一転して先行策からの勝利を挙げた。迎えた牝馬三冠最終戦・秋華賞ではエアデジャヴーに1番人気を譲ったものの、中団待機から最終コーナーで先頭に並び掛け、直後先頭からゴールまで押し切り優勝。牝馬二冠を達成した。, 競走後、浜田からジャパンカップ出走が表明されたが、状態の不安から回避となり、休養に入った。翌年1月には当年の最優秀4歳牝馬に選出された。, 休養の後、翌年3月に復帰。緒戦のマイラーズカップは10着と大敗を喫したが、次走の京王杯スプリングカップは勝ったグラスワンダーから1馬身余りの差で5着と、復調を見せた。しかし春の目標とした安田記念を前に熱発を起こし、休養に入る。, 夏に札幌記念で復帰すると、同期のクラシック二冠馬・セイウンスカイに半馬身差の2着となる。その後は間隔を開け、秋の目標としたエリザベス女王杯に出走、当日1番人気に支持された。しかし最後の直線要所で進路を失い[10]、6着に終わる。年末にはグランプリ・有馬記念に出走するも10着と大敗し、シーズンを終えた。, 不利を受けて敗れたエリザベス女王杯の雪辱を期し、翌2000年も競走生活を続行する[11]。しかし緒戦に予定していたフェブラリーステークスを蕁麻疹で回避、改めて復帰したマイラーズカップでは10着と大敗し、さらに競走後に脚部不安を生じて休養に入った。前年と同様に札幌記念で復帰するも7着に終わり、競走後には球節炎を発症する。これを受け、エリザベス女王杯へは前年と同様に直行となった。, 11月12日、エリザベス女王杯を迎える。本競走をもっての引退が表明されており、当日は「究極の仕上げ」という好調で臨んだ[12]。松永幹夫を鞍上に3番人気の支持を受けると、レースは2番人気トゥザヴィクトリーが先導するスローペースの中、5、6番手を進んだ。そして最終コーナーにかけて先行馬を捉えに動くと、最後の直線では粘るフサイチエアデールをゴール前で交わし、半馬身の差を付けて優勝。秋華賞以来およそ2年振りの勝利で、引退を飾った。, 翌年1月5日、京都競馬場で引退式が行われ、エリザベス女王杯のゼッケン「2」を着けてファンにラストランを披露した。その馬名に因み、記念撮影では胡蝶蘭で編まれたレイが掛けられ[13]、関係者にも胡蝶蘭の花束が手渡された[12]。同月、エリザベス女王杯優勝が評価され、2000年度の最優秀5歳以上牝馬に選出された。, 引退後は故郷ノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)で繁殖牝馬として供用されていたが、2016年7月1日にクモ膜下出血のため、死亡した[14]。, 母はビワハヤヒデ・ナリタブライアンの母パシフィカスの半妹。父ブライアンズタイムはナリタブライアンと同じであり、同馬とは「4分の3同血」となっている。, 普通の競走馬は午前中は体温が低いが、本馬はそれと逆で午後になると体温が下がっていた, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ファレノプシス_(競走馬)&oldid=78822571.