フサイチパンドラ(14歳) 10月28日 没. 概要. フサイチパンドラ は2003年生まれの牝馬。父は サンデーサイレンス で、母は ロッタレース (その父 Nureyev )。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯。 1: 名無しの ... フサイチパンドラ亡くなったんか 2007のエリ女でダスカにやられたのを思い出す . 101: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/03(木) 18:51:13.05 ID:nm5qtEOc0. ただの目立ちたがり屋のおっさんかと思ってたら地方競馬の復興にも力入れてて感心した思い出. 父 サンデーサイレンス、母ロッタレース、母 父 ヌレイエフという血統。 父は説明不要の大種牡 馬。 2002年に死亡しており、この世代がラスト クロップであった。 訃報 「フサイチ」で有名な競走馬馬主、会社社長として時の人となった関口房朗さんが、かなり波乱万丈な人生を歩んでいると評判だったので、どんな人物で、どれ程の資産を持ち、どこに自宅があり、また現在はどうしているのか気になったので調べてみました。 過去5年の死亡した著名な馬の情報をまとめています。中央競馬所属のG1馬プラスアルファになります。, ダンツシアトルは1990年生まれの牡馬。父はSeattle Slewで、母はCall Me Goddess(その父Prince John)。主な勝ち鞍は宝塚記念。, ハットトリックは2001年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はトリッキーコード(その父Lost Code)。現役時代はマイルCS、香港マイルに勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にDabirsim(モルニ賞-仏、JLラガルデール賞-仏)などがいる。, マチカネフクキタルは1994年生まれの牡馬。父はクリスタルグリッターズで、母はアテナトウショウ(その父トウショウボーイ)。主な勝ち鞍は菊花賞。, ビワハヤヒデは1990年生まれの牡馬。父はシャルードで、母はパシフィカス(その父Northern Dancer)。現役時代は天皇賞春、菊花賞、宝塚記念に勝つなどした。, スエヒロジョウオーは1990年生まれの牝馬。父はトウショウペガサスで、母はイセスズカ(その父マルゼンスキー)。主な勝ち鞍は阪神3歳牝馬S。, ナリタタイシンは1990年生まれの牡馬。父はリヴリアで、母はタイシンリリィ(その父ラディガ)。主な勝ち鞍は皐月賞。, ショウナンカンプは1998年生まれの牡馬。父はサクラバクシンオーで、母はショウナングレイス(その父ラッキーソブリン)。主な勝ち鞍は高松宮記念。, 引退後は種牡馬となり、産駒にラブカンプー(CBC賞-G2、スプリンターズS2着)、ショウナンアチーヴ(NZT-G2、朝日杯FSC2着)などがいる。, ニシノフラワーは1989年生まれの牝馬。父はMajestic Lightで、母はデユプリシト(その父Danzig)。現役時代は桜花賞、スプリンターズS、阪神3歳牝馬Sに勝つなどした。, サクラローレルは1991年生まれの牡馬。父はRainbow Questで、母はローラローラ(その父Saint Cyrien)。現役時代は有馬記念、天皇賞春に勝つなどした。, ダンスインザダークは1993年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はダンシングキイ(その父Nijinsky)。主な勝ち鞍は菊花賞。, 引退後は種牡馬となり、産駒にスリーロールス(菊花賞)、デルタブルース(メルボルンC-豪、菊花賞)、ザッツザプレンティ(菊花賞、ジャパンC2着)などがいる。, ウイングアローは1995年生まれの牡馬。父はアサティスで、母はサンヨウアロー(その父ミスターシービー)。現役時代はジャパンCダート、フェブラリーSに勝つなどした。, マヤノトップガンは1992年生まれの牡馬。父はブライアンズタイムで、母はアルプミープリーズ(その父Blushing Groom)。現役時代は有馬記念、天皇賞春、菊花賞、宝塚記念に勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にムスカテール(目黒記念-G2)、キングトップガン(目黒記念-G2)、ホッコーパドゥシャ(新潟記念-G3)などがいる。, チョウカイキャロルは1991年生まれの牝馬。父はブライアンズタイムで、母はウィットワタースランド(その父Mr. フサイチパンドラ(英:Fusaichi Pandora、2003年2月27日 - 2017年10月28日)は 、日本の競走馬、繁殖牝馬。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯(GI)、札幌記念(JpnII) 。父サンデーサイレンスのラストクロップ(最終世代)である 。 0, 極めつけは、バブル期のフェラーリF40の炎上事故だろう。有名な富豪(メイテック社長の 故・関口房朗氏)所有のフェラーリが関係者のドライブ中に炎上し、灰になってしまった。, どこの三文ライターが適当に書き散らしたんだと思ったら竹内由恵の叔父ならフサイチの消息知るだけの人脈あるだろな。, ケンタッキーダービー, ダービー, フサイチコンコルド, フサイチパンドラ, フサイチペガサス, 東京優駿, 関口房朗, 96年に天皇賞・春、有馬記念のGⅠ2勝を挙げ同年の年度代表馬に輝いたサクラローレル(父レインボウクエスト、母ローラローラ)が24日、老衰のため繋養先の新和牧場(新ひだか町)で死んだ。29歳だった。通算22戦9勝(重賞5勝)。種牡馬としては、サクラセンチュリー(05年日経新春杯など重賞3勝)などを輩出。, ダイワメジャーやダイワスカーレットなど、数多くの名馬を所有してきた大城敬三オーナーが、病気のため96歳で亡くなったことが14日、分かった。この日はダイワギャグニーがエプソムCを制し、弔いの勝利となった。レース前に訃報を聞いたという鞍上の内田騎手は、いつも以上に気持ちを込めての騎乗だった。, 種牡馬キングカメハメハ(牡18)が10日朝に死んだことが、分かった。同馬を生産したノーザンファーム代表の吉田勝己氏が明かした。体調不良を理由に今春は種付けを見送っており、種牡馬引退が発表されていた。この春に生まれた当歳馬たちが同馬の最終世代で、最後の直子たちがデビューするのは21年夏以降となる。, 2016年のJBCクラシックを制したアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)が、8月6日に放牧先の大山ヒルズで右飛節を骨折し、予後不良となった。同日付で競走馬登録が抹消。同馬は父ジャングルポケット、母ヘヴンリーロマンス。14年の目黒記念4着などの実績があったが、ダート転向後に素質が開花した。, ググったらフサローを追い出したメイテックも、追い出された後創設したVSNも健在だった, ただの目立ちたがり屋のおっさんかと思ってたら地方競馬の復興にも力入れてて感心した思い出, いつ死んだにもよるけど本当に死んでたらTwitterで親交のあった競馬記者や馬主仲間や関係者がとっくにつぶやいてそうなもんだが, ニュースならないというか、あの人は今状態の人は週刊誌とかの記事にならんとどうにもならんからな, 元スレ:awabi.2ch.sc/test/read.cgi/keiba/1525334718, https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010002-autoconen-bus_all, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E8%8D%89%E4%B8%80, カフェファラオの敗因 レーン騎手「轍に驚いてバランスを崩し、砂をかぶるのも初めてで…」, 【ジャパンダートダービー】“こっちのファラオ” ダノンファラオが制覇! カフェは7着に沈む. 2018/5/3 21:22 エリザベス女王杯馬フサイチパンドラが死亡 . フサイチパンドラの子が桜花賞勝ったことを知らないまま亡くなったのかしら . Prospector)。オークスの勝利のほか、エリザベス女王杯2着などの活躍を見せた。, キングカメハメハは2001年生まれの牡馬。父はKingmamboで、母はマンファス(その父ラストタイクーン)。現役時代はダービー、NHKマイルCに勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にミッキーロケット(宝塚記念)、リオンディーズ(朝日杯FS)、ドゥラメンテ(ダービー、皐月賞)などがいる。, ディープインパクトは2002年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はウインドインハーヘア(その父Alzao)。現役時代は三冠、ジャパンC、有馬記念、天皇賞春、宝塚記念に勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にロジャーバローズ(ダービー)、Saxon Warrior(英2000ギニー、レーシングポストT-英)、アルアイン(大阪杯、皐月賞)などがいる。, シルクジャスティスは1994年生まれの牡馬。父はブライアンズタイムで、母はユーワメルド(その父サティンゴ)。有馬記念の勝利のほか、ダービー2着などの活躍を見せた。, ヒシアマゾンは1991年生まれの牝馬。父はTheatricalで、母はKaties(その父ノノアルコ)。現役時代はエリザベス女王杯、阪神3歳牝馬Sに勝つなどした。, ウオッカは2004年生まれの牝馬。父はタニノギムレットで、母はタニノシスター(その父ルション)。ダービーなど多くのG1タイトルを獲得した。, キングヘイローは1995年生まれの牡馬。父はダンシングブレーヴで、母はグッバイヘイロー(その父Halo)。主な勝ち鞍は高松宮記念。, 引退後は種牡馬となり、産駒にローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)、カワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ダイアナヘイロー(阪神C-G2)などがいる。, サクラキャンドルは1992年生まれの牝馬。父はサクラユタカオーで、母はサクラクレアー(その父ノーザンテースト)。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯。, アウォーディーは2010年生まれの牡馬。父はジャングルポケットで、母はヘヴンリーロマンス(その父サンデーサイレンス)。JBCクラシック-地の勝利のほか、チャンピオンズC2着などの活躍を見せた。, スカーレットブーケは1988年生まれの牝馬。父はノーザンテーストで、母はスカーレットインク(その父Crimson Satan)。主な勝ち鞍は京都牝馬特別-G3。, ダイワスカーレット(有馬記念、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)ダイワメジャー(天皇賞秋、皐月賞、安田記念、マイルCS2回)ダイワルージュ(阪神3歳牝馬S2着)の母として知られる。, テイエムオペラオーは1996年生まれの牡馬。父はオペラハウスで、母はワンスウエド(その父Blushing Groom)。ジャパンCなど多くのG1タイトルを獲得した。, スペシャルウィークは1995年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はキャンペンガール(その父マルゼンスキー)。現役時代はダービー、ジャパンC、天皇賞春秋に勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にリーチザクラウン(マイラーズC-G2、ダービー2着)、トーホウジャッカル(菊花賞)、ローマンレジェンド(東京大賞典-地)などがいる。, サウスヴィグラスは1996年生まれの牡馬。父はエンドスウィープで、母はダーケストスター(その父Star de Naskra)。主な勝ち鞍はJBCスプリント-地。, 引退後は種牡馬となり、産駒にヒガシウィルウィン(ジャパンダートダービー-地)、ナムラタイタン(武蔵野S-G3)などがいる。, ネーハイシーザーは1990年生まれの牡馬。父はサクラトウコウで、母はネーハイテスコ(その父テスコボーイ)。主な勝ち鞍は天皇賞秋。, ノースフライトは1990年生まれの牝馬。父はトニービンで、母はシヤダイフライト(その父ヒッティングアウェー)。現役時代は安田記念、マイルCSに勝つなどした。, フサイチパンドラは2003年生まれの牝馬。父はサンデーサイレンスで、母はロッタレース(その父Nureyev)。主な勝ち鞍はエリザベス女王杯。, スマイルトゥモローは1999年生まれの牝馬。父はホワイトマズルで、母はコクトビューティー(その父サウスアトランティック)。主な勝ち鞍はオークス。, アドマイヤコジーンは1996年生まれの牡馬。父はCozzeneで、母はアドマイヤマカディ(その父ノーザンテースト)。現役時代は安田記念、朝日杯3歳Sに勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にスノードラゴン(スプリンターズS)、アストンマーチャン(スプリンターズS、阪神JF2着)、マジンプロスパー(CBC賞-G3)などがいる。, ヤマニンゼファーは1988年生まれの牡馬。父はニホンピロウイナーで、母はヤマニンポリシー(その父Blushing Groom)。現役時代は天皇賞秋、安田記念2回に勝つなどした。, ミホノブルボンは1989年生まれの牡馬。父はマグニテュードで、母はカツミエコー(その父シャレー)。現役時代はダービー、皐月賞、朝日杯3歳Sに勝つなどした。, チアズグレイスは1997年生まれの牝馬。父はサンデーサイレンスで、母はチアズフラワー(その父Al Nasr)。主な勝ち鞍は桜花賞。, ゴールドアリュールは1999年生まれの牡馬。父はサンデーサイレンスで、母はニキーヤ(その父Nureyev)。現役時代はフェブラリーS、東京大賞典-地に勝つなどした。, 引退後は種牡馬となり、産駒にコパノリッキー(フェブラリーS2回、など地含めG1を11勝)、エスポワールシチー(ジャパンCダート、フェブラリーSなど地含めG1を9勝)、スマートファルコン(東京大賞典2回-地、帝王賞-地など地のG1を6勝)などがいる。, 死亡したG1馬などの有名馬【2020年/2019年/2018年/2017年/2016年】.