アメリカとイギリス間でイギリス領メイン州の国境をめぐって起こった流血のない対立, 1841 先買権法施工 不動の1位はアブラハム・リンカーン(906点)で、2位ジョージ・ワシントン(867点)、3位フランクリン・ルーズベルト(854点)と続く。 2010 イラクから撤退 1823 モンロー主義宣言 1973 ベトナム戦争終結, 1975 ヤマグエース号事件 1919 「十四か条の平和原則」を発表、国際連盟創設に尽力した功績によりノーベル平和賞受賞。, 1923 ウォルト・ディズニー・カンパニー創設 1909 ドル外交 スペインに勝利し、プエルトリコ、グアム、フィリピンの植民地を獲得。 フランクリン・ピアースはニュー・ハンプシャー州ヒルズボローで生まれた。父ベンジャミン(1757.12.25-1839.4.1)と母アンナ(1768-1838.12)の8人の子供の中で6番目であった。父ベンジャミンはニュー・ハンプシャー州知事を務めている。 1987 INF条約調印 アメリカ、カナダ、メキシコの3国間で結ばれた協定。 1991 湾岸戦争 アメリカ南東部を襲った大型ハリケーン。死亡者数は、1,800人以上にも達した。, 2009 ノーベル平和賞受賞 2005 ハリケーン・カトリーナ発生 367日誕生日大事典 - フランクリン ピアースの用語解説 - 生年月日:1804年11月23日第14代アメリカ大統領1869年没 アメリカとフィリピンの戦争。 フランクリン・ピアース(Franklin Pierce, 1804年11月23日 - 1869年10月8日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、第14代大統領。現在までニューハンプシャー州から選出された唯一の大統領である。, 民主党員のピアースは「doughface」(奴隷制度に賛成した北部自由州の議員)であり、上下両院で議員として務めた。米墨戦争に従軍し、准将まで昇進した。ニューハンプシャーでの法律業務で成功し、いくつかの重要な地位に就くことになったが、後にそれを辞任する。その後彼は1852年民主党全国大会の49回目の投票において大統領候補に指名された[1]。大統領選挙ではピアースとランニングメイトのウィリアム・R・キングは選挙人団投票においてで地滑り的勝利を収めた。彼らはホイッグ党のウィンフィールド・スコット、ウィリアム・グラハムに一般投票で22万票差、選挙人投票で212票差で勝利した。, ピアースはその外見と人当たりの良い個性で多くの友人を作ったものの、私生活においては恵まれなかった。大統領としては米国史上最悪の大統領の一人として評価される[疑問点 – ノート]。彼はカンザス・ネブラスカ法を支持し、ミズーリ協定を撤廃、西部において奴隷制度を拡大することについての議論を再開したことで、北部における人気は急激に低下した。数名の外交官がオステンド・マニフェストを発行すると、ピアースの信用はさらに低下した。歴史家のデヴィッド・ポッターは、オステンド・マニフェストとカンザス・ネブラスカ法が「フランクリン・ピアース政権にとっての2つの災厄であった…この二つが世論の批判の雪崩を招いた。」と結論づけた。ポッターは「より重要なことは、彼らが政治的教義として永久にマニフェスト・デスティニーと「国民主権」を信用しなかったことだ」と言う。, ピアースは党に見捨てられ、1856年の大統領選挙では大統領候補に指名されず、ジェームズ・ブキャナンが後任として民主党候補に指名された。党の指名を失い、妻が1863年に死去した後、ピアースは余生をアルコールとの戦いで費やした。南北戦争において連合国の支持を表明すると、彼の評判は更に低下した。そして、ピアースとジェファーソン・デイヴィスとの私信がプレスによって公表された。彼は1869年に肝硬変のために死去した。, フィリップ・クンハートとピーター・クンハートは、多数の歴史家が述べた視点を反映したドキュメンタリーを製作した。ピアース大統領は「自身の短所を理解していなかった善人である。彼は本当に信心深く、妻を愛し、妻の方法に適応し、妻に真の愛情を示すことができるように、自身を再構築した。彼はニューハンプシャーで最も人気がある男性の一人であり、礼儀正しく、思慮深く、政治ゲームに熟達していた。そして、魅力的で、素晴らしく、ハンサムであった。しかしながら、彼は臆病で、変わっていくアメリカ社会に対処することができないと批判された」。, フランクリン・ピアースは1804年11月23日にニューハンプシャー州ヒルズボロの丸太小屋で生まれる。19世紀に生まれた初の大統領であった[2]。出生地は現在フランクリン・ピアース湖の底となっている。父ベンジャミン・ピアースは開拓地で農業を営み、アメリカ独立戦争時には州民兵の司令官を務め、ニューハンプシャー州知事を2度務めた。祖先のトーマス・ピアース(1623年 - 1683年)[3][4]はイングランド、ノーフォークのノリッジに生まれ、マサチューセッツ湾植民地に入植した。母親はアンナ・B・ケンドリックであった。彼は8人の子供の5番目であり、4人の兄弟と3人の姉妹がいた。バーバラ・ピアース・ブッシュはピアースの遠戚に当たる。, ピアースはハンコックとフランセスタウンの専門学校に入学した。その後フィリップス・エクセター大学進学予備校に入学し、1824年にメイン州ブランズウィックのボウディン大学を卒業した。彼は法律を学び、1827年にヒルスボローで法曹界に入り弁護士業を始めた。1829年から1833年まで州立法議会のメンバーで、1832年から1833年まで議長を務めた。その後第23と第24議会(1833年3月4日 - 1837年3月3日)への民主党議員に選出された。続いて上院議員に選出され、1837年3月4日から1842年2月28日まで同職を務めた。彼は第26議会で年金委員会の議長だった。, 上院議員職後、ピアースはコンコードで法律業務を再開した。彼はニューハンプシャー州の地方検事で、ジェームズ・ポーク大統領によって任命された司法長官職を断わった。米墨戦争が始まると大佐として従軍し、准将に昇進した。1850年にはニューハンプシャー州憲法制定会議の議長を務めた。, ピアースは民主党候補として大統領に選ばれ、1853年3月4日から1857年3月3日まで在任した。公私にわたり不遇で、子供は3人いたがいずれも早くに亡くしており、また大統領就任早々に副大統領も失っている。民主党の指名を失った後に、彼は「酔っぱらう以外に何も残されていない」と冗談を言った。極度のアルコール依存に陥り、1869年10月8日に肝硬変のためコンコードで死去し、古い北の墓地、マイナット・インクロージャーに埋葬された。, ナサニエル・ホーソーンとヘンリー・ワーズワース・ロングフェローは、ボウディン大学の親友だった。このことから、歴代大統領の中で一番の文学愛好家だったとする評価がされている[5]。, 妻ジェーン・アプルトンはボウディン大学学長の娘だった。夫の大統領就任以前に2人の息子を幼いうちに病気で相次いで失い、大統領当選後、就任2ヵ月前に息子ベンジャミン(11歳)をボストンからニューハンプシャーに向かう列車の脱線事故のため、夫妻の目の前で亡くした。ジェーンは元来大統領選挙出馬に反対していたが、この事故について神が夫に国務に精励するために求めた犠牲と考えた。そのため、ジェーンはファースト・レディの仕事に全く関心を持たず、就任式にも出ず、終始喪服で通したため、ホワイトハウスは葬儀屋のようになった。祝宴が終わった後、大統領は真っ暗になったホワイトハウスの中で秘書1人を連れて、蝋燭の明かりを頼りに2階の寝室にたどり着いた、といわれる。このため、ファースト・レディの代理は大統領の叔母アビー・ミーンズ夫人が務めた[6]。, The Life of Franklin Pierce, 1852, Chapter 7, http://books.google.com/?id=G81HonU81pAC&printsec=frontcover&dq=The+New+York+Times+Almanac+2002&q=, The Life of Franklin Pierce, 1852, Chapter 1, The height differences between all the US presidents and first ladies, Biographical Directory of the United States Congress, The Life of Franklin Pierce By Nathaniel Hawthorne, Franklin Pierce - 2004 article on the centennial of his birth, Franklin Pierce and His Services in the Valley of Mexico, The Health and Medical History of President: Franklin Pierce, Essays on Pierce and each member of his cabinet and First Lady, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フランクリン・ピアース&oldid=77477995. 1961-1972 アポロ計画 1964 トンキン湾事件 中距離核戦力を全て廃棄することを当時のソビエト連邦と締結。, 1989 マルタ会談(冷戦終結) ウエストバージニア州マーディンズバーグで始まり、45日間つづいた。, 1894 アメリカ最盛潮の寝台会社、ブルマン者のストライキ アメリカ中西部と西海岸を結ぶ。, 1865-1900 第二次産業革命 1869 大陸横断鉄道が開通 アメリカとスペインの戦争。 アメリカ歴代大統領のうち、不人気大統領はアンドリュー・ジャクソンからセオドア・ルーズベルトまでの約100年ぐらいの大統領に集中している。, この時代、アメリカは急速に発展していた。だが、国際的に見れば影響力が強かった訳ではなく、まだまだイギリスの植民地だった国というのが国際的な評価であったことだろう。, さらに国内では奴隷制存続を主張する勢力が国政を握り、ネイティブアメリカンへの迫害や奴隷制へ存続への法的強化を推進していた時代でもあり、もしも自分がアメリカ人であったらこの時代のことは恥に思うことであろう。, フランクリン・ピアースは1804年にニューハンプシャー州で生まれた。父であるベンジャミン・ピアースはアメリカ独立戦争においてニューハンプシャー州の司令官として戦い、ニューハンプシャー州の州知事を二度務めた人物である。, 15歳でボードウィン大学で法律を学び、卒業後は弁護士として活動。父が州知事を務める傍らフランクリンもニューハンプシャーの州議会議員を経験、その後は民主党から連邦議会の下院議員と上院議員を務め、その後はニューハンプシャーで検事を経験、米墨戦争では大佐として従軍し、最終的には准将にまで昇り詰める。, その後は民主党の候補として大統領選に出馬し、1853年に第十四代アメリカ合衆国大統領となる。, フランクリン・ピアース在任中に起きたことは、アメリカの歴史にとって完全に黒歴史だと言える。, 先代の大統領であるミラード・フィルモア在任時に成立した逃亡奴隷取締法に北部が反発している中、1852年には歴史を変えた一冊であるストウ夫人の「アンクルトムの小屋」が出版され、世論は奴隷制廃止に大きく傾くようになっていた。, そのような中で時代に逆行し、奴隷制存続を主張し、ミズーリ協定を撤廃、かの悪名名高きカンザス・ネブラスカ法が制定されてしまう。, ミズーリ協定というのは、1820年のミズーリ州誕生のさい、北緯36度30分の線より以北には奴隷州を認めないとするものであったが、1954年、カンザスとネブラスカ両方地方を准州とする際には両地方が将来自由州になるか奴隷州になるかは住民の決定にゆだねるとした法案であった。, これを受けてアブラハム・リンカーンは奴隷制廃止をスローガンに共和党の設立を宣言、アメリカは南北に分断されようとしていた。, それを受けてフランクリン・ピアーズは西部において奴隷存続を訴える工作に乗り出し、北部諸州の反感をかう。, また、奴隷州拡大を画策する南部においてはキューバをスペインから割譲させることで州とし南部に組み込みことを主張していた「オウテンド・マニフェスト」が発表されるもこれはヨーロッパ諸国から非難を浴びることになり、フランクリン・ピアーズは国内からも国外からも批判にさらされることになる。, 1856年にはマサチューセッツのサムナー上院議員がサウスカロライナのブルックス下院議員に襲われて重傷を負う事件も起きており、南北の対立は激化し、もはや内戦は避けられない事態となった。, この時期フランクリン・ピアースは公私ともに不遇で、3人いた子供を次々に亡くしており、あまりの不人気ぶりから次期大統領選では民主党の推薦を得られないほどであった。, それらが影響してか、大統領任期後にフランクリン・ピアーズはアルコール依存症になってしまい、1869年には肝硬変で死んでしまう。, 子供を亡くしたりアルコール依存症になってしまったのは気の毒に思うが、基本的にアメリカ合衆国大統領の中でもワーストの1人であるという評価は妥当であろう。, 非常に難しい時代に大統領になってしまった訳だが、南北の対立という大きな問題に対処しきれず、北部を大いに刺激し、世界的世論を敵に回してしまった部分の失政と、なにより奴隷制に力強く賛同していたという非人道性を鑑みてもマイナス要素は多分に存在する上に加点すべき功績が全くと言っていいほどないことがその理由と言える。, さらに南北戦争では南部のアメリカ連合を支持し、その評判をさらに落としたというから救いようがない。, それでもアメリカの国力は落ちず、むしろ伸びていく一方であったのも確かで、経済が伸びるのに必ずしも政治が良い必要はないのかも知れない。, 世界史を面白く!!をコンセプトに運営しているブログ。山川より詳しくwikipediaよりも読みやすくをモットーに。, チンギス・ハーンの4男トゥルイ!フビライ・ハーンの父親というだけじゃないその能力の高さを見よ, ローザ・パークス事件の解説と「公民権運動の母」ローザ・パークスの偉大な勇気と生き方について, キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の偉大な生涯について~私には夢がある(I have a dream)~, 何人知ってる?弁護士出身のアメリカ大統領をまとめてみた~なぜアメリカの大統領は弁護士出身者が多いのだろうか~. 奴隷解放を謳うアメリカ北部と奴隷制存続を主張するアメリカ南部の戦争。, 1867 720万ドルでロシアからアラスカを購入 「核なき社会」を目指し国際社会へ働きかけをした。 アジアとラテンアメリカの発展途上国の経済発展を促進させようと試みた手段。, 1914-1918 第一次世界大戦 1979 米中国交正常化, 1981 レーガン大統領暗殺未遂事件 不動産、カジノ、ホテル業で財を成した実業家。共和党候補としてヒラリー・クリントン民主党候補を僅差で敗り当選。政治経験のない新大統領として賛否両論に大きく分かれた。 貿易相手国として中国を重要視。, 2001 アメリカ同時多発テロ事件 かつてニューハンプシャー州知事の息子だったフランクリン・ピアース(1804〜1869)は、若い頃に政治に参入しました。彼は1833年に衆議院選挙に勝利する前に州議会の議長を務めました。下院で2期、上院で1期の後、ピアスは実務法に戻り、1852年に民主党の大統領候補として現れました。ピアス政権(1853-1857)の間に、奴隷制の問題と新しい領土への拡大を巡って部分的な緊張が高まったにもかかわらず、, かつてニューハンプシャー州知事の息子だったフランクリン・ピアース(1804〜1869)は、若い頃に政治に参入しました。彼は1833年に衆議院選挙に勝利する前に州議会の議長を務めました。下院で2期、上院で1期の後、ピアスは実務法に戻り、1852年に民主党の大統領候補として現れました。ピアス政権(1853-1857)の間に、奴隷制の問題と新しい領土への拡大を巡って部分的な緊張が高まったにもかかわらず、国の北西部での定住が奨励されました。 1854年にピアスが署名したカンザス・ネブラスカ法は、反奴隷制度の北方を激怒させ、新しい共和党の出現をもたらしました。カンザスでの激動に対処できなかったピアスは、多くの民主党員による否認につながり、1856年に党の指名を拒否しました。, 1804年11月23日、ニューハンプシャー州ヒルズボロで生まれたフランクリンピアースは、ニューハンプシャー州知事に2度選出されたアメリカ独立戦争の英雄ベンジャミンピアースの息子でした。若いピアースは1824年にボーディン大学を卒業し、法律の勉強を始めました。彼は1827年にバーに入場しました。24歳で、ニューハンプシャー州議会に選出され、2年後に彼はその議長になりました。民主党のメンバーでアンドリュー・ジャクソンの不動の支持者であったピアースは、1833年に議会で奉仕を始めました。1834年に、彼は元ボーディン大統領の娘ジェーン・アップルトンと結婚しました。, 知ってますか?彼が1852年に大統領に選出されたとき、47歳のフランクリン・ピアスはそのオフィスを獲得するために歴史の中で最も若い人になりました。 1830年代のアンドリュージャクソン大統領の不動の支持者であった彼は、ジャクソンの有名なニックネーム「オールドヒッコリー」を暗示して「ヤングヒッコリー」と呼ばれました。, 下院での2期(1837年まで)と上院での1期(1837-1842年)の間、若くてハンサムなピアスはワシントンで人気のある人物になりましたが、他の著名な民主党に比べて影響力はほとんどありませんでした。ピアスは多くの南部人に友好的で、ニューイングランドのより過激な奴隷制度廃止派に焦りました。多くの場合、健康状態が悪いため、ジェーンはワシントンでの生活に不満を抱き、1842年にピアースは上院議席を放棄してコンコードに戻り、そこで法曹界の指導者になりました。, フランクリン・ピアスはメキシコ戦争(1846-1848)で将校を務めましたが、次の10年間は​​公的生活からほとんど離れました。彼は1848年の大統領選挙でニューハンプシャーの民主党員をルイス・キャスの後ろにまとめること(自由土壌党による脅威にもかかわらず)と、挑戦に対する1850年の論争のある妥協の条件に州の民主党員を保持するために彼の党で多くの尊敬を獲得しましたその厳しい逃亡奴隷法に。ニューイングランド人と南部の代表団に支えられ、あまり知られていないピアスは、1852年の民主党全国大会でダークホース大統領候補として浮上しました。3人の主要候補者であるキャス、スティーブンA.ダグラスとジェームズブキャナンがデッドロックしました。, 奴隷制の問題はその年に大きく浮上し、民主党のプラットフォームは1850年の妥協に対する完全な支持の誓約を含んでいた。野党ホイッグ党は妥協に関してさらに分裂し、南部人はウィッグ候補、ウィンフィールド・スコット将軍を嫌い、ピアスを助けた。狭い勝利に勝ちます。スコットの敗北はホイッグ党にとって最後の息を切らし、壊れた党はすぐに解消するでしょう。就任の2ヶ月前、ピアスと彼の家族はボストンからコンコードへの途中で大破した。ピアスと彼の妻はほとんど負傷していませんでしたが、彼らの11歳の息子、ベニーは殺されました。彼は息子の3人目であり、成人に達する前に死にました。ピアスの妻ジェーンは損失から完全に回復することはありませんでした。陰気で敬iousな彼女は、夫の立候補に反対し、ホワイトハウスでの社会的義務のほとんどを果たしませんでした。, フランクリン・ピアスが就任したとき、国民は大きな経済的繁栄と相対的な静けさの時代を楽しんでいました。少なくとも当面、1850年の妥協は、国を分割していたさまざまな「主に奴隷制をめぐる」部分的な対立を解決したようです。 「質問が休息することを切に願っています」と、Pierceは就任演説で述べました。国家が国境をさらに拡大するという彼の提案は、すぐに多くの北方の人々の怒りを呼び起こし、奴隷制を拡大しようとしている人々に大統領がanderっていると感じた。, これらの疑念は、ピアースがイギリスに中央アメリカの利益を放棄するよう圧力をかけ、スペインにキューバを米国に売るよう説得しようとした後、増加しました。 1853年後半、ジェファーソン・デイビス陸軍長官の要請で、ピアースはアメリカの大臣をメキシコのジェームズ・ガズデンに認可し、南と太平洋沿岸を結ぶ鉄道の計画に不可欠と思われる領土の購入を交渉した。ハバナのスペイン当局が1854年2月に米国の船黒人戦士を押収した後、スペイン、フランス、イギリスのピアース政権と大臣は、秘密のオステンド宣言を締結しました。島を力ずくで占領することは正当化された。マニフェストは秋に公開され、新興共和党からの抗議を呼び起こしました。その年の別の外交政策の展開で、マシュー・C・ペリー提督は、オランダの長年の独占の後、日本との貿易を開始した条約の交渉を主導しました。, フランクリン・ピアース大統領の最大の緊張と、最終的に彼の没落は、1854年初期にスティーブン・ダグラス上院議員によって提案されたカンザス・ネブラスカ法に起因する可能性がある。この法案は正式にカンザスとネブラスカを領土と鉄道に開放した。建物;また、1820年にミズーリ州の妥協によって義務付けられたカンザス州での奴隷制の禁止を廃止し、議会ではなく各領土の市民が領土が奴隷制を許可するかどうかを選択する権利を持っていると宣言しました(ダグラスは「主権」と呼ばれる概念)。ピアスの支援により、議会を通じてカンザス・ネブラスカ法が推進され、法案に対する反対が、反奴隷制民主党、自由ソイラー、元ホイッグ党を含む連立政権となり、新しい共和党が結成されました。, カンザスはすぐに部分的な緊張の戦場となりました。1855年3月にミズーリ州から数千人のいわゆる「国境を越えた悪党」が流入し、議員選挙法を選出し、大衆の主権をm笑しました。カンザスの反奴隷制開拓者がライバル政府を結成し、自由国家として連合への入国を求めたとき、これらの自由党員とその奴隷制の反対者の間で暴力が勃発した。ピアースはカンザスへの連邦軍への抵抗に抵抗したが、ワシントンの緊張は新たな高みに達し、サウスカロライナ州議会議員のプレストン・ブルックスは1856年5月に上院議席で廃止議員のチャールズ・サムナー上院議員を襲撃した。ピアスは、1856年にジェームズ・ブキャナンを支持して民主党の大統領指名を拒否されました。, 結局、フランクリン・ピアースは連邦政府の限られた役割に対する信念と、民主党内の強力な奴隷制度の利権への適応と服従と相まって、彼を指導者としてほとんど無効にした。彼が退任するまでに、国は内戦に近づき、状況は南部の同情を持つ別の北部のブキャナンの下でのみ悪化するだろう。, 南北戦争(1861-1865)の間、ピアースはアブラハムリンカーンと共和党員を無謀な行為で非難し、リンカーンの解放宣言(1863)を非難しました。 1863年7月4日の民主党の集会で、彼は戦争を「恐ろしく、実りのない、致命的な」と非難し、ゲティスバーグでの歴史的な北軍の勝利のニュースが来るとすぐに顔を失った。彼の妻は1863年に亡くなり、ピアースはそれ以降、世間の目から離れたままでした。彼は1869年にコンコードで亡くなりました。, HISTORY Vaultを使用すると、何百時間もの歴史的なビデオに無料でアクセスできます。今すぐ無料トライアルを開始してください。, Passos | ar | bg | cs | da | de | el | et | fi | fr | hi | hu | id | it | iw | ko | lt | lv | ms | nl | pl | pt | ro | ru | sk | sr | sv | th | tr | uk | vi, リンドバーグの息子を誘kidした有罪判決を受けたブルーノ・ハウプトマンは処刑された.