760円/日~, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。 けれども、アジア、ヨーロッパ、中近東や北米と比べてまだまだガイドブックの情報も少ない地域。 エス・ティー・ワールドではお客様を安全に楽しめる秘境へご案内するべく、暇を見つけてはルポへ行っております! 詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。 - 世界三大公園の1つでもあるパレルモ公園や日本庭園、植物園などがあり、市内で1番緑の多い地区。アルゼンチン周遊の際の起点になるアエロパルケ国内線空港もこの地区に位置しています。パレルモソーホーとパレルモハリウッドはおしゃれなレストラン、ブティック、カフェが多くでき、ブエノスアイレスで最もホットなエリアになっています。デザインが特徴的な“ブティックホテル”が次々とオープンし、女性の旅行者やこだわりの旅をしたい方におすすめの滞在エリアです。, 1880年築の印象的でクラシックな建物を利用した、ブエノスアイレスのサンニコラス地区に位置する、フロリダ通りまで1ブロックの好立地にあります。観光、ショッピング、お食事全てに最適な場所にあるホテルです。レストランではジュースや地元の料理を含むビュッフェ式朝食を提供しています。エレガントで落ち着いたラウンジは、装飾付きの柱で飾られています。, クラシックな外観と、センスの良い内装がロマンチックなブティックホテル。今をときめくパレルモ地区にあり、女子旅やカップルの滞在にぴったりなホテルです。, ブエノスアイレスの政治の中心モンセラート地区はクラシックな佇まいがあります。インターコンチネンタルホテルなら旧市街の雰囲気に相応しい、落ち着いたホテル滞在が楽しめます。, STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。 フォートラベルポイントって?, フォートラベル GLOBAL WiFiなら カラフルに塗られた家が並ぶ通り“カミニート”が有名な、ラプラタ川の港町ボカ地区はブエノスアイレス観光の外せない観光スポット。サッカークラブ“ボカジュニアーズ”の本拠地があり、普段は入れないスタジアム内の見学をすることもでき(有料)サッカー通にはたまらない!, サンテルモ地区 ブエノスアイレス (人口: 2,891,082)はCapital Federal, アルゼンチンに位置しています. 日本はアジアに位置しています. 地元の料理, .......「じっちゃんとばっちゃん」...........etc........etc.......。渋すぎです....タンゴ....。, シェラトン ブエノス アイレス ホテル&コンベンション センター 今回は“南米のパリ”とも呼ばれるアルゼンチンのブエノスアイレスにクローズアップ! サッカー、タンゴ、ワイン・・・南米の中でもおしゃれなイメージの街。 治安もちょっと心配なブエノスアイレスの街歩きを徹底解剖いたします。, 一生に一度は行ってみたい世界遺産・ペルーのマチュピチュ、ワールドカップやオリンピックを控えて話題沸騰中のブラジル、近年人気が爆発したボリビアのウユニ塩湖・・・南米の国々のメディアの露出が飛躍的に増え、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか? けれども、アジア、ヨーロッパ、中近東や北米と比べてまだまだガイドブックの情報も少ない地域。 エス・ティー・ワールドではお客様を安全に楽しめる秘境へご案内するべく、暇を見つけてはルポへ行っております! 今回は“南米のパリ”とも呼ばれるアルゼンチンのブエノスアイレスにクローズアップ! サッカー、タンゴ、ワイン・・・南米の中でもおしゃれなイメージの街。 “南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き編 part1&part2はこちら http://stworld.jp/earth_info/AR/diary/5185f8618bd9c8.02965402/ http://stworld.jp/earth_info/AR/diary/51873bfbd74ae6.82516505/, アルゼンチン旅行・ツアーのお得な情報満載の海外旅行の専門店エス・ティー・ワールドのホームページです。アルゼンチンのパッケージツアーからオーダーメイドツアーまでアレンジ自由自在です。アルゼンチンの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!. かっちょえぇぇ.........................素敵..........過ぎだわぁぁ?? Corrientes 3247)周辺は、普段から治安が悪く、昼間でも停車中の車からの窃盗だけでなく、強盗、ひったくりなど危険な犯罪が多発している。また、アバストから近距離にある、エリア、オンセ(Once)も危ない。これらのエリアには、できれば近寄らないことが望ましい。有名な観光地である、オベリスコや大統領府周辺なども、観光客を狙った犯罪が多発しているので、気をつけるのはもちろんのことである。こちらは通常、観光地のエリアにいる限りは、荷物に気を払うことで犯罪は防げることが多い。人通りが多いので、刃物をもって脅されたりするようなことはまずないと思われるが、観光客の減る時間帯などには行かないこと。, 観光地や地下鉄・バスの中で一番日本人が遭遇しやすいのは、スリやひったくり。典型的な手口は連携プレー。一人が注意を引き付けている間に、別の人間がカバンやポケットを弄る。非常に巧妙にやってくるので、意味もなく寄ってきたり、声を掛けたり、大声を出すような人物がいたときは、その場を離れたり、周囲に気を配る必要がある。また、持ち歩く貴重品や、入れておく場所をよく考えること。地下鉄では、特に発車・到着間際に注意すべきである。よろけたり、駆け込み、慌てて出ていくフリをしてスリを試みる場合がある。, ブエノスアイレスでは、犬を飼っている人が非常に多い。犬の躾は驚くほど良く、ノーリードでも通行人に迷惑をかけることはない。ただし、散歩中の糞の始末については飼い主のマナーが徹底されていないため、通りには犬の糞があちこちに落ちている。踏まないように注意。, Official tourism website of Buenos Aires, in English, https://wikitravel.org/wiki/ja/index.php?title=ブエノスアイレス&oldid=206133, Pages linked to a data item for a disambiguation, アルゼンチン大統領の官邸。1873年に建設が始まり、1894年に完成した。ピンク色の塗装から、カサ・ロサーダ(Casa Rosada)、ピンク・ハウス(Pink House)とも呼ばれている。1996年に公開された、マドンナが主演の映画「エビータ」(Evita)のロケに利用された。エビータことエバ・ペロン(María Eva Duarte de Perón)は女優から大統領夫人になり、自ら国政に介入するようになったものの、1952年7月26日に子宮がんにより、33歳で死去した。, 1827年に完成したネオ・クラシック様式の大聖堂。教会内は厳粛な空気が漂う。南アメリカ各国をスペインから独立させるために活躍した、ホセ・デ・サン・マルティン(José de San Martín)の棺が安置されている。サン・マルティンは5ペソ紙幣に描かれている人物でもある。, 1906年に完成した。1976年からの軍政時代は閉鎖されていたが、1983年に民政に復帰してからは、再び国会議事堂として利用されている。1952年にエビータの葬儀がここで行われている。, 緑の芝生が美しい広場で、春にはジャカランダの花がたくさん咲き、実にきれい。広場にある像はホセ・デ・サン・マルティン(写真下)。, サン・マルティン広場に隣接している広場。こちらも緑の芝生が美しい。フォークランド紛争が始まる前はイギリス広場(Plaza Britania)と呼ばれていた。広場にあるイギリス塔(Torre de los Ingleses)は高さが70mあり、大時計が30分おきに時を告げる。この塔はアルゼンチン独立100周年を記念して、1916年にイギリスから贈られたもので、フォークランド紛争当時は格好の標的になり、大部分が破壊された。, レサーマ公園(Parque Lezama)に隣接している、1904年に設立された教会。アルゼンチンではほとんどの国民がカトリックを信仰しているが、この教会はアルゼンチンでは少数派のロシア正教に属している。, ボカ地区(Barrio Boca)にある通りの名称で、一番の見どころ。カラフルな建物。タンゴ発祥の地として知られる。タンゴの楽曲「カミニート」は、この通りにちなんで作られたといわれていたが、違うという説もある。, 1882年に開設された、ブエノスアイレスで最も古い、由緒ある墓地。13人の歴代大統領をはじめ、有名人の墓も多い。何といってもエビータの墓が一番有名(写真下)。墓の装飾が見事。, サッカーの本場アルゼンチン。アルゼンチンの名門クラブであるボカ・ジュニアーズの本拠地で、1940年に完成した。49,000人の収容。スタジアムはボンボネーラの愛称で親しまれている。スタジアム内にボカ・ジュニアーズの博物館(Museo de la Pasión Boquense)がある。以下の記載は博物館のもの。, サッカーの本場アルゼンチン。ボカ・ジュニアーズとならぶアルゼンチンの名門クラブであるリーベル・プレート(リバー・プレート)の本拠地で、1938年に完成した。67,432人の収容。ボカが下町に本拠地があるのに対し、リーベルは高級住宅街に本拠地がある。1978年FIFAワールドカップのメーン会場で、決勝戦もここで行われた。スタジアム内にリーベル・プレートの博物館がある。以下の記載は博物館のもの。, サン・テルモ地区にある人気のタンゲリア。建物外観は小さく見えるが、内部は100人近く収容できるホールになっており、ステージとテーブルの距離が近いので迫力あるショーを楽しめる。鑑賞時間は1時間40分。, ブエノスアイレス中心部にある、在亜日本人会館の1階にある日本料理店。ブエノスアイレスの日本料理店のなかで最も料金が手ごろである。地下鉄C・E線インデペンデンシア駅(Estación Independencia)から徒歩約5分のところに位置しているため、ロケーションにも恵まれている。, 地元客が多く利用する市内中心部のピザ店。エンパナーダや各種デザート、アルコールのメニューも豊富だが、やはり味わいたいのは次々と焼きあがるピザ。30種ほどあるピザはそれぞれ、アルゼンチン伝統だという厚い生地の al molde と、本場イタリアのような薄い生地の a la piedraがあり、大サイズと小サイズ、種類によっては1ピースから注文できる。オベリスクからコリエンテス通りを徒歩5分ほどの場所。, サン・マルティン広場から南に約200mのところにある日本料理店。料理の種類が豊富で、魚料理を最も得意としている。寿司やとんかつ、ラーメンなどもある。, 長距離バスターミナルからバスで15分、観光の中心でタンゴ発祥の地とされるサンテルモ地区にあるコロニアルな一軒家を利用。週末に同地区で開かれる骨董市は観光客にも人気で、かつてサッカーの高原直泰選手が所属したボカジュニアーズの本拠地であるボカ地区にも近い。管理人の交代を含め2017年4月22日に旧・日本旅館からリニューアルオープン。女性部屋の用意も可能。, ブエノスアイレスで一番の繁華街、フロリダ通りの1ブロック隣にあるホテル。付近は人通りが多いので夜外出しても問題ないし、どこに行くにも近くて便利。部屋はシンプルな造りで、設備的にはかなり古びた感じがする。, サン・マルティン広場から南に約300mのところにある、1945年に開業した115室の高級ホテル。歴史を感じさせるクラシカルな建物。ロビーにある時計は約200年前のもの。客室は高級感とレトロが融合している。, 5月広場付近にある、1930年に開業した138室の高級ホテル。歴史を感じさせるクラシカルな建物。客室は2007年の改装で、スタイリッシュになった。, サン・マルティン広場とフロリダ通りの入口に面して建つ、1909年7月15日に開業した318室の最高級ホテル。ヨーロッパ風の重厚な建物。客室は広くゆったりしている。カジノがある。ホテルの, レティーロ駅前に建つ24階建て742室の最高級ホテル。Ministro Pistarini国際空港~ブエノスアイレス市内を結ぶマヌエル・ティエンダ・レオンのバスターミナルがホテルの目の前にある。一般の宿泊客が利用する客室はクラシックルームで、全室禁煙である。ロケーションが良い。2020年オリンピック・パラリンピック開催都市決定東京応援ツアーがジェイティービー、近畿日本ツーリスト、トップツアーの3社で実施され、ツアーの参加者はこのホテルで行われたパブリックビューイングで、2020年東京五輪開催決定の瞬間を見守った。ちなみに、このツアーの参加者はこのホテルに宿泊していない。, フロリダ通りの近くに建つ197室の最高級ホテル。シェラトン・ブエノスアイレスより中心部にあるため、街歩きに便利。スタイリッシュな客室。プールは開閉式のガラス天井。, ラプラタ川に面したプエルトマデロ地区に建つ417室の最高級ホテル。ロビーは吹き抜けになっている。最も狭い客室でも42平方メートルあり、広い。地下鉄の駅からやや遠い。2013年9月7日から10日まで、2020年夏季五輪の開催都市を決める第125次IOC総会がこのホテルで行われ、高円宮妃久子、佐藤真海、竹田恒和、水野正人、猪瀬直樹、滝川クリステル、太田雄貴、安倍晋三が最終プレゼンテーションを行った。現地時間9月7日午後5時20分、当時のIOC会長のジャック・ロゲから「The International Olympic Committee has the honor of announcing that the games of the 32nd Olympiad in 2020 are awarded to the city of... Tokyo.」と発表され、東京が2020年夏季五輪の開催都市に選ばれた。最終プレゼンテーションには参加していないが、森喜朗、岸田文雄、下村博文、入江陵介、田中理恵、千田健太らもIOC総会に出席している。, ヒルトン・ホテルから北西に約350mのところにある。大使館は17階、領事部は15階にある。, 乗車したら、運転手に料金または目的地を告げて、料金箱の設定をしてもらってから、料金箱に硬貨を入れる。, 料金箱からおつりとチケット(boleto)を受け取る。たまに検札があるので、降りるまでチケットは捨てない。, 降車時は目的のバス停の手前で、車内のブザーを押して合図する。たまにブザーが壊れていたり、運転手が気がつかなかったりするときがあるので、そのときは「パラーダ」と叫ぶ。, 伝統的なアルゼンチン・タンゴのショーを楽しめる施設が市内にいくつも存在する。食事を楽しみながらタンゴ楽団の生演奏と踊りを鑑賞できる店はタンゲリア(tanguería)と呼ばれる。それぞれの施設に直接申し込む方法のほか、旅行代理店に手配を依頼するとホテルなどへの送迎サービスが付けられる。, アルゼンチンから日本の03-1234-5678にダイヤルする場合、00-81-3-1234-5678とダイヤルする。市外局番03の0は省略。, 外務省「海外安全ホームページ」の情報では、当地で犯罪などに遭い所轄警察署がわからない場合やスペイン語に不安がある場合は、観光警察(住所:Av. ホテル, どこもかしこも.....余り若い踊り手がいないんです....。........一体 どうしてでしょうか?.............。やっぱ....タンゴを踊るには 相応の年季が必要という事でしょうか......。, ペアの彼が来るまで、ひとりで陽気に踊る彼女。肩慣らし...ならぬ、足慣らし....。, 相方が来ると...........................急に、キリッとしたタンゴが始まります。やはり、大きく開かれた背中とそこにタッチする手がポイントといえます。, 「オ?ラ?。ちょっと?!そこのハポネス!わたしと踊ってかなぁ?い?100ペソでいいわよ?ぉ? 海外旅行・ツアーTop > アルゼンチンの海外旅行・ツアー > アルゼンチン エリア情報 > ブエノスアイレス旅行・ツアー, “南米のパリ”と呼ばれ、数多くの映画や音楽に登場する、南米の洗練された都市ブエノスアイレス。アルゼンチンタンゴと発祥の地カミニート、パレルモ…どこか哀愁ただようその街の名は、旅人の心をとらえてやみません。おしゃれなカフェで休憩しながらの街歩きや、アルゼンチンワインと楽しむ豪快なアサードなどの美食もブエノスアイレス滞在の楽しみの1つ。市は48の行政地区に分けられ、それぞれ特徴のある街並みを形成しています。下町から今一番ホットなエリアまで、ブエノスアイレスの街を散策しましょう。イグアスの滝、アルゼンチン北部のサルタ、南部のパタゴニア等の魅力的な観光地の玄関都市でもありますが、素通りするのはもったいない!ぜひ、最低1泊から2泊の滞在をお勧め致します。, ボカ地区