ブゼンキャンドル[1]は、日本の競走馬、繁殖牝馬。主な勝ち鞍に1999年の秋華賞。, 3代母・ムーテイイチは1971年の最優秀障害馬で、そのころの上田牧場は平地に障害にと活躍馬を多く送り込んでいた時代であったが、1987年に馬主で牧場オーナーでもあった上田清次郎が亡くなると、上田牧場は自家で完結するオーナーブリーダーから外を意識するマーケットブリーダーに転換を余儀なくされる。しかし、鍛錬を主眼に置いていた上田牧場の馬は見栄えが悪く映って売れなくなり、ついに牧場の繁殖牝馬も半分が放出されるが、残された1頭にムーテイイチの孫娘であるブゼンスワンがいた。牧場縮小後に就任した牧場長は、ブゼンスワンの交配相手について知り合いに相談し、障害競走で良績を残す産駒が多かったモガミが推薦された。牧場長は生まれてくる仔馬は、「中山大障害を勝つ馬」として育成する考えだったという。かくして生まれてきた仔馬は貧相ななりで、同じ年に牧場で生まれた仔馬で唯一売れ残り、上田牧場が自家所有することになった。上田牧場全体でも中央競馬での勝ち星が途絶えた時期でもあり、そのような中で「洒落た名前」として冠名と「キャンドル」を組み合わせた名前が付けられた。[2], 1998年11月14日、京都競馬場の新馬戦でデビューし、6着。もっとも、「ゆっくりと体を作る」ことを掲げていた上田牧場の方針の観点では、むしろ早い時期のデビューだった[4]。年内は3着を二度記録するが勝てず、年明け1999年1月6日の未勝利戦で逃げ切り初勝利を挙げる[5]。続く500万条件戦も逃げ切って勝ち[5]、エルフィンステークスに出走も7着。このあと上田三千夫の定年による厩舎解散により松田博資厩舎に移籍[4]。移籍後、報知杯4歳牝馬特別9着、スイートピーS9着、香港ジョッキークラブトロフィー7着とオープンでは勝てず、7月の900万特別やまゆりステークスで3着となると、小倉競馬場での天草特別で3着、西部日刊スポーツ杯でも2着と軽い斤量を武器に4歳同士はおろか古馬に混じっても上位争いに加わり[5]、秋華賞トライアルのローズステークスでもヒシピナクルの3着に入って秋華賞の優先出走権を得る。このころ、牧場長は「ローズステークスのあとに障害入り」という魂胆を持っていたというが、魂胆とは裏腹にこの時点では障害練習は行っていなかった[4]。12番人気で迎えた秋華賞は、逃げたエイシンルーデンスをトゥザヴィクトリーが追う展開で全体的にハイペースとなり、直線に入るや後方から末脚を伸ばし、同じく後方待機策をとっていた10番人気クロックワークを引き連れる形で先行馬を差し切り優勝[5][6]。単勝5780円、馬連94830円の大波乱となった[7]。この秋華賞と相前後して、牧場のブゼンスワンの挙動が一時落ち着かなくなる一幕もあった[8]。続く4戦はすべて二桁着順に終わり、2000年4月には障害競走に転じるが障害初勝利を挙げるまでに4戦を要し、再び平地に戻るも4戦勝てず、エリザベス女王杯でファレノプシスの11着となったのが最後の競馬となった。, 競走馬引退後はノーザンファームで繁殖牝馬となり、のち那須野牧場に移動した。2012年死亡。, 第1回 ファビラスラフイン / 第2回 メジロドーベル / 第3回 ファレノプシス / 第4回 ブゼンキャンドル, 第5回 ティコティコタック / 第6回 テイエムオーシャン / 第7回 ファインモーション / 第8回 スティルインラブ / 第9回 スイープトウショウ / 第10回 エアメサイア / 第11回 カワカミプリンセス / 第12回 ダイワスカーレット / 第13回 ブラックエンブレム / 第14回 レッドディザイア, 第15回 アパパネ / 第16回 アヴェンチュラ / 第17回 ジェンティルドンナ / 第18回 メイショウマンボ / 第19回 ショウナンパンドラ / 第20回 ミッキークイーン / 第21回 ヴィブロス / 第22回 ディアドラ / 第23回 アーモンドアイ / 第24回 クロノジェネシス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブゼンキャンドル&oldid=79134158, Northern Dancer 3 × 4 = 18.75%、Lady Angela 5 × 5 = 6.25%、Nasrullah=Malindi 5・5(母内) = 6.25%. 過去10年で8番人気以下の連対がなく、堅いイメージのあるジャパンCですら馬連平均配当が2832円。秋華賞はそれよりも1000円以上低い数字だ。無理な穴狙いは禁物のレースと言える。, 近10年の勝ち馬が選択したステップレースはローズS4頭、紫苑S3頭、クイーンS1頭、そしてオークスからの直行組が2頭となっている。やはりローズS組が[4-6-7-56]で群を抜いた出走数になっているが、注目したいのは紫苑S組。 そして、秋華賞ではハナ差凌ぎ切り初の栄冠をつかんだ。常に叩き合い、凌ぎ合うライバル関係は胸を熱くさせた。 競馬歴の長いファンからすれば、秋華賞と言えば「荒れる」イメージを持っている人が多いのではないか。なにしろ、1999年には12番人気のブゼンキャンドルが大金星を挙げ、翌2000年にも10番人気のティコティコタックが勝利。 また、近10年の秋華賞馬には「過去に1番人気で勝利した経験がある」ことと「前走で4番人気以内」という共通点があることは、覚えておいても損はないデータだ。2017年に1番人気で7着だったアエロリットは、それまでに1番人気で勝った経験がなかった。また、前走4番人気以内に支持されていた点に関しては、過去24回を振り返っても1999年のブゼンキャンドル以外、全馬が該当している。前走5番人気以下からの巻き返しは厳しい傾向だ。, 今年の秋華賞の最大の注目点は「デアリングタクトは無敗の三冠馬になれるのか?」だろう。結論からいうと、かなり高い確率で三冠達成するだろう。前走・オークスは1番人気で完勝しており、当然ながら前章で述べた2点をクリアしている。小回りコースでの好走実績という点でも、距離は違えど京都内回りの新馬戦で快勝している。 連対馬の脚質は道中の流れに左右されるが、逃げ先行馬がリズムよく走れた時は粘り込みが多い。差し追い込み馬は小回りコースでの好走実績が鍵となる。, ひと昔前はブゼンキャンドル、ティコティコタックと2年連続で2桁人気が激走し、荒れるGⅠという印象が強かったが、近年は堅い決着が続いている。ここ10年間では1番人気4勝、2番人気1勝、3番人気4勝、4番人気1勝となっており、馬連の平均配当は1726円となっている。 new! new! もう一つの理由としては、ステップレースを制してきたのがリアアメリアとマルターズディオサであること。ローズSを勝ったリアアメリアは2歳時にアルテミスSを制し、オークス4着。紫苑Sを制したマルターズディオサはチューリップ賞馬で、オークス10着。どちらも春までの勢力が完勝し、本番へ駒を進めてきた。したがって、勢力図は大きくは変わっていないと考えて良い。 中井聖「中山大障害を夢見た配合 秋華賞馬ブゼンキャンドルの故郷 上田牧場」『優駿』2000年2月号、中央競馬ピーアール・センター、2000年、 52-55頁。 外部リンク. 高橋楓。秋田県出身。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 一番人気はトゥザヴィクトリー。桜花賞を3着、オークスを2着と走り、三冠最後の秋華賞こそは1着を、と期待されていたが、優勝したのは12番人気のブゼンキャンドル、続く2着も10番人気のクロックワークと、大いに荒れた。, 配当金は単勝で5,760円、馬連では153通り中102番人気の94,630円。今でこそ三連単で万馬券当たり前の時代だが、当時は馬単すらなかったころ。あわや10万馬券に手が届く勢いの結果に当時の京都競馬場ではさぞ綺麗に馬券の花吹雪がまったことだろう。, 当時は秋華賞も4回めの開催ということもありデータの蓄積もすくなく、予想が難しかったというのもあるだろう。このブゼンキャンドルがなぜ勝つことができたのか、今のデータに照らし合わすことで、単勝12番人気などという低順位であることの違和感に気づくことができるのだ。, 秋華賞には紫苑ステークスとローズステークスの2つのトライアルが用意されているが、同じトライアル・前哨戦とはいえ明白な優劣が付いている。ローズSはGⅡだということもあり、まず出走条件が厳しいローズS。一方紫苑Sはオープンだが、ローズS・秋華賞と控えている中で有力なオープン馬の出走は少なく、事実紫苑S路線よりもローズS路線からの秋華賞活躍馬のほうが圧倒的に多い。, そして、ブゼンキャンドルもまたローズステークスで3着の好成績になり、秋華賞への優先出走権を得た馬のうちの1頭だった。, 過去10年の秋華賞優勝馬のうち4頭がローズSにより優先出走権を得た馬で、3頭が優先出走権を逃したがローズSを走った馬。1頭が紫苑S優勝馬で、残り2頭が別路線からの優勝馬。前哨戦としての役割は圧倒的にローズSの比重が大きい。, 一方で現在では、ローズS路線の重要性が明らかに認知されてきているおかげか、ローズS路線からの出走馬の人気が高く、オッズ的にあまり狙い目ではなくなってきている。 11 R 第4回秋華賞(G1) 芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の秋華賞. 魅力的な新星がいるとすれば、年明けデビューで3戦3勝のレイパパレ。6月の1勝クラスではプラス20kgの状態で、後のローズS3着馬オーマイダーリンを1馬身離し完勝している。続く古馬混合の2勝クラス糸魚川特別も、直線で間を割って先頭に立つと2馬身差で快勝。抽選対象だが、出走が叶えば面白い存在になるだろう。 【秋華賞】勝ち馬に2つの「共通項」 無敗の三冠女王を目指すデアリングタクトは満たすのか?. 《ライタープロフィール》 栗山監督の進退微妙 週内結論か 99年秋華賞の当時までのg1馬連最高配当を取ってからだ。 私は1人東京競馬場a指定席のオーラルビジョン映像で京都競馬場で行われた、 超万馬券ブゼンキャンドルとクロックワークで決まった秋華賞のレース実況映像を見ていた。 競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』にてライターデビュー。競馬、ボートレースの記事を中心に執筆している。, 【WIN5】史上最高払戻金額4億7180万9030円!的中までの票数推移を追ってみた, プロ野球3D一球速報やBリーグ、Jリーグのスタッツデータをはじめ、幅広いジャンルのスポーツコラムが読める!プロアスリートやスポーツビジネス界のトップへの独自インタビューなど無料ですべて楽しめるウェブメディアSPAIA(スパイア)をお楽しみください。. 2016年にGⅢへ格上げされて以降、ヴィブロス、ディアドラが秋華賞を制し、パールコード、カレンブーケドールが2着に好走している。直前で4つのコーナーがある小回りコースを経験してきた事によるアドバンテージがあるのだろう。また、紫苑S組は当日の人気が4番人気以内だと[3-2-0-1]、5番人気以下だと[0-0-0-41]と結果がはっきりしている。当日の人気にも注意を払いたい。 1999年の秋華賞は大いに荒れた。 一番人気はトゥザヴィクトリー。桜花賞を3着、オークスを2着と走り、三冠最後の秋華賞こそは1着を、と期待されていたが、優勝したのは12番人気のブゼンキャンドル、続く2着も10番人気のクロックワークと、大いに荒れた。 競馬歴の長いファンからすれば、秋華賞と言えば「荒れる」イメージを持っている人が多いのではないか。なにしろ、1999年には12番人気のブゼンキャンドルが大金星を挙げ、翌2000年にも10番人気のティコティコタックが勝利。 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第25回: 2020年: デアリングタクト: 成績: レース映像: 第24回: 2019年: クロノジェネシス: 成績 【エリザベス女王杯】5歳馬不振でラッキーライラック、ノームコアに黄色信号 当日まで覚えておきたいデータとは, 【秋華賞】3年連続ぶっつけ本番の馬が勝つのか?過去10年の秋華賞馬のローテーション, 【秋華賞】デアリングタクトにとって心配なデータ発見 狙うは末脚の持続力に長けたミヤマザクラ, 【秋華賞】デアリングタクトの三冠濃厚も相手は大混戦 妙味があるのは「同厩舎の人気薄」, 【秋華賞】デアリングタクト三冠達成の可能性大 京都2000mに適性がある相手候補は?, 【秋華賞枠順】無敗二冠馬デアリングタクトは7枠13番、三冠阻止の筆頭格リアアメリアは1枠2番, 【秋華賞】デアリングタクトなどのエピファネイア産駒を止めるのはキズナ産駒 東大HCが京都芝2000mを徹底分析, 【秋華賞予想】狙うは「器用さのある差し馬」 紫苑S組のパラスアテナ、マジックキャッスルに注目, 【秋華賞】デアリングタクトの最大のライバルは「5連勝中のノーザンF」「ディープ産駒」, 【秋華賞】デアリングタクト無敗の三冠に隙なし 「オークスから直行」「馬体重大幅増」でも大丈夫 当日まで覚えておきたいデータ. 1999年10月24日 4回京都6日目 4歳オープン (混) 牝(指)(定量)