<集客・売上アップ> ■アイデアを出す方法 そのため、競合不在の市場を見つけるということが重要なわけですね。, 競合不在の市場に入るには、「コストを落として」「価値を高める」という「バリューイノベーション」という考え方が必要です。, ーー ■寡占化とは? ブルー・オーシャン戦略は、フランス欧州経営大学院(insead)教授であるW・チャン・キム氏とレネ・モボルニュ氏が、2005年2月に発表された著書『ブルー・オーシャン戦略』の中で提唱した用語です。 ■SEO対策の基本2018 ikeaもブルーオーシャンの例です。 ikeaはモダンなデザインの家具を、非常に早い納品スピードで提供します。消費者は、ikeaのモデルルームのような売り場で、利用イメージを目の前で体感しながらikeaの家具が購入できます。 3、思い切り増やすべきものは何か? 戦略キャンバスは曖昧過ぎて、使いこなすのが難しいフレームワークだと言わざるを得ません。何を減らしたり増やしたりすれば、どういうニーズが生まれるのか?というニーズの切り口が不明だからですね。, というわけで、中小個人でも、バリューイノベーションを見つけるための、別の手段を教えます。これで実際に僕はクライアントのブルーオーシャンのマーケットを見つけています。条件が満たされていれば、ですけどね。, まず、法律や市場のルール変更、今までできなかったことが急にできるようになたこと、に注目することです。 なぜなら、売れない理... 【OATHの法則】見込み客をターゲットにしてはいけない理由〜市場規模を7倍にする…, 新版ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press), 【OATHの法則】見込み客をターゲットにしてはいけない理由〜市場規模を7倍にする方法, ブルーオーシャン アイデア 第1章 – B.o.p ikeda -26歳の自分探し-. 「小さなイノベーション」がなければ成功することはあり得ません。 ■TPOSとは何か? ■セグメンテーションとは?, <商品> 出典:wiki ブルー・オーシャン戦略とは、フランスの大学院INSEAD(インシアード)の教授である、W・チャン・キムとレネ・モボルニュが提唱する戦略です。 『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』 W・チャン・キム (著), レネ・モボルニュ (著), 有賀 裕子 (翻訳) このブルー・オーシャン戦略は、簡単に言うと「新市場開拓戦略」のことです。 この本の第一部で説明されている例は「シルク・ドゥ・ソレイユ」。斜陽産業だっ … ブルーオーシャン=「お客さんいっぱいいるけど、誰も商品を提供していない市場」, ということですね。 ■キャッシュポイントを増やす方法 逆に言えば、中小個人も、これに近いことができないと成長しないということです。, ビジネスにおける戦略とは投資回収のこと。 ■市場調査のやり方 価値の高い商品、サービスでビジネスをするということです。, 価値の高さは相対的に決まります。 ■ビジョン・ミッション・バリュー 実は切り口はもっとたくさんあります(笑), つまり、マーケット選びと商品サービスのイノベーション、最適な伝え方、そして利益の出るビジネスモデルです。, 今回はマーケット選定とイノベーションについてブルーオーシャン戦略という切り口でお伝えしていきました。, まず、何を減らせるか?何を増やせるか?何を変えるか? 「ブルーオーシャン」と、変わった名前がついていますが、これは市場選定という戦略の基本的な話なのです。, 「ブルーオーシャン」や「差別化」、「プロモーション」と言った言葉ほど勘違いされているものは珍しいです。ブルーオーシャン戦略を「誰もやっていないことをやることだ」と認識している人、「ブルーオーシャンに入れば全てが解決する」と考えている人が非常に多いですが、それは間違いです。ブルーオーシャンに関してある勘違いを、順番に説明していきますね。, ブルーオーシャン戦略はヒットしたビジネス書の中で語られている経営戦略の考え方で、イノベーションを作る方法の一種です。概要をwikiから引用しますね。, ーー ©Copyright2020 Jobrouting.All Rights Reserved. <戦略> ■起業の6つのステップ >>詳しいプロフィール 「ブルーオーシャン」は、 「競争相手のいない未開拓の市場」を表すマーケティング用語 です。 insead(欧州経営大学院)のw・チャン・キム教授とレネ・モボルニュ教授の共著「ブルー・オーシャン戦略」の中で提唱されました。 ■プロモーションの方法 ■ブルー・オーシャン戦略 >>コンサル実践報告. そんなビジネスをしたいという人は多いはずです。, 今回は、競合不在市場を見つけるブルーオーシャン戦略についてお話ししていきましょう。, 1、競合不在のマーケットへの参入 だからこそ、個人であれ、組織であれ、自分の使えるものを活かして、競争のない、それでいてお客さんもいっぱいいる、最も効率的に回収できるビジネスを選択していかなければいけません。, では具体的にどうすれば、投資回収率の高いビジネスができるの? ーー, そんなことはできるのか?と思われますが、実際に僕のコンサルでもこうした「プチ」バリューイノベーションを作り出すということはよくあります。, 例えば、詳しくは書けませんが、BtoB向けの企業で、今までと同じ作業をして、toC向けに販売していたサービスを、法人向けに販売をしたことで、『法人の新規開拓コストが下がる』という新たな価値が生まれました。それにより、今までの10倍の価格でも問題なく販売が行われ、原価が同じなので、そのサービスは粗利金額が45倍にもなりました。 ■イノベーションの意味と事例 まさに、コストを落とし、顧客が受け取る価値を上げたということです。, バリューイノベーションを考えるには、商品サービスの企画の際に、以下の4つのアクションを取り入れることで、バリューイノベーションを見つけます。, 1、常識から取り除くものは何か? 『魂から世界観を作って熱狂的なファンを作る方法』 競争相手のいない、それでいて多くの顧客がいる、自分だけしかビジネスをしていない ブルーオーシャン戦略とは、競争のない市場を創造して新しい事業を投入する事業戦略の考え方です。フランスの世界的なビジネススクールINSEADの教授であるW・チャン・キムとレネ・モボルニュが『ブルーオーシャン戦略』の中で提唱しました。同書は世界で350万部のベストセラーとなったビジネス書です。また、2人の著者はThinkers50(世界で最も影響力のある経営思想家50人)で2位に選出されています。, ブルーオーシャン戦略を知るにはレッドオーシャンを知ることが必要です。チャン・キム=モボルニュは、既存市場をレッドオーシャンと名付けました。既存市場では限られたパイを巡って企業が競い合うために競争相手が増える程に利益は得られなくなっていきます。『ブルーオーシャン戦略』では、競争が激化することで既存市場は「赤い血潮に染まっていく」と表現しています。, それに対してブルーオーシャンは、未知の市場のことを指します。そこにはルールがなければ、競争相手もいません。従って、企業はブルーオーシャンの中で新たに需要を見出そうとするのです。ブルーオーシャンといっても、何も既存市場の外に市場を見つける訳ではありません。むしろ既存市場の延長にブルーオーシャンを見つけることができるのです。未知の市場を開拓し事業戦略を打ち出していくことがブルーオーシャン戦略です。, 『ブルーオーシャン戦略』で紹介されている豪州のイエローテイルは、既存のワイン市場で消費者がワインに抱く「どれを選んだら良いか分からない」「とっつきにくい」といったイメージを払しょくするため、ブルーオーシャン戦略を打ち出しました。同社は飲みやすさ・選びやすさ・楽しさ等を前面に押し出して気軽に飲めるワイン市場を創造したのでした。その結果、米国における同社のシェアは輸入ワインの中で最大の輸入量を誇るまでに成長を遂げたのです。, ブルーオーシャン戦略には、バリューイノベーションというブルーオーシャン戦略の土台となるアプローチがあります。ちなみに『ブルーオーシャン戦略』ではブルーオーシャンを創造するために「コストを押し下げながら、買い手にとっての価値を高める」バリューイノベーションが必要だと述べられています。, イエローテイルは、既存のワイン市場では重要とされてきた熟成という要素を削ることでコスト低下に成功し、ビールのように気軽に飲めるワインを売り出しました。まさにコストを押し下げながら、買い手にとっての価値を高めるバリューイノベーションを体現したのです。しかもイエローテイルのワインは、安いワインよりも価値が高いために価格上昇に成功しています。コストを下げつつ価格を上げたことで利益を拡大したのです。, ブルーオーシャン(未知の市場)を創造するためには、分析ツールとしてアクションマトリクスが不可欠です。これは取り除く・増やす・減らす・創造するの4象限からなる分析ツールです。イエローテイルのアクションマトリクスは次の通りです。, 未知の市場を開拓するには、既存のワインから取り除くものは何か、増やすもの、あるいは逆に減らすものは何か、そして何を創造すべきかを分析します。それによりバリューイノベーションが求める「コストを押し下げながら、買い手にとっての価値を高める」状態を作り出すことができ、その先にブルーオーシャンがあります。, ブルーオーシャン戦略では低いコストを重視します。バリューイノベーションでは、価値とイノベーションとは等価で扱われます。低いコストなのだからイノベーティブな商品ではない、ということにはならない訳です。アクションマトリクスで「取り除く」を追求することでコストは下がります。一方で、価値を高めるために「増やす」「創造する」を追求することで、差別化を図ることができます。イエローテイルが米国の輸入ワインの中で最大規模の輸入量を達成したことを思い浮かべれば、このメリットの大きさは企業にとって魅力的に映るはずです。, ブルーオーシャンを開拓し、ブルーオーシャン戦略によって成功すれば、容易にシェアを獲得することができます。競争相手がいない未知の市場であり、しかもコストを押し下げて、企業と消費者双方の価値を高めているのですから、シェア獲得は難しくないのです。, デメリットの1つとしては、マネされやすいというものが挙げられます。ブルーオーシャンは、他社に発見されます。どんな企業だってレッドオーシャンよりブルーオーシャンが良いのですから、マネしてくるのです。そうすれば、ブルーオーシャンもいずれは赤い血潮で染まっていきます。ただし、ブルーオーシャン戦略については模倣の壁があり、模倣者が出てきてもブルーオーシャン戦略を創造した企業を駆逐するのは容易ではないという考えもあります。, 未知の市場を開拓したことで安住していては、いずれはブルーオーシャンも赤い血潮で染まることでしょう。ブルーオーシャン戦略を創造した企業は、絶えず努力を重ねていかなくてはならないのです。そのプレッシャーに耐えられる企業がブルーオーシャンで生き長らえていくのです。, ブルーオーシャンは簡単に見つかるものではないので、徹底的なリサーチと勝ち筋を考えたうえで緻密に戦略を練る必要があります。「ブルーオーシャンだと思って参画したら、ガチガチのレッドオーシャンだった」「需要を見込んで市場参入したは良いものの、市場が小さすぎて利益が見込めなかった」といった失敗談はよく聞きます。ニッチな市場とは、母数は少ないが需要が大きい市場のことであり、単に規模が小さい過疎市場に参入しても苦しむだけです。勝ち筋の大きいブルーオーシャンを探せるように、経験とスキルを磨いておくのがおすすめです。, シルクドゥソレイユはブルーオーシャン戦略の代表的な事例。サーカスというレッドオーシャンに、ブルーオーシャンを創造して成功を収めたのがシルクドゥソレイユなのです。シルクドゥソレイユは、スター芸人や動物ショーを取り除き、チケット代を増やして芸術性の高いダンスを創造してバリューイノベーションを構築し、ブルーオーシャン戦略の代表者として成功を収めたのです。, 家具は家具屋で「完成品」を選んで買うものという常識を覆したのがイケアで、ブルーオーシャン戦略により成功しました。イケアはコスト低下を目指すため、完成品を組み立てて店頭で売ることをしません。組み立てるのは消費者自身。完成した家具を取り除き、家具を組み立てる消費者を創造したことがイケアのブルーオーシャン戦略の成功例です。, ユニクロは、アパレル業界におけるブルーオーシャン戦略で成功した事例です。既存のアパレルは、品質が高いものは価格が高かったのですが、製造から販売までユニクロが手掛けることで、安い価格で質の高い衣類を売買するブルーオーシャンを創造しました。ユニクロを展開するファーストリテイリングは、売上高世界3位の世界的な企業に成長しています。, かつての吉野家はブルーオーシャンを開拓し成功しました。今でこそ牛丼チェーンは乱立していますが、質の高い牛丼を安価で、しかも注文して直ぐに提供できる仕組みを作ったのは吉野家が最初。現在の吉野家は模倣者が何社も現れています。, QBハウスは、ゆったりとした時間の中で過剰なサービスを供給する理容業界にブルーオーシャン戦略を持ち込みました。「ビジネスパーソンはヘアカットに過剰なサービスを求めていないはずだ」との仮説を元に、10分1,000円でできる理容室を全国展開。アジアにも進出しブルーオーシャン戦略の体現者として成功しました。ちなみにQBハウスの事例は、チャン・キム=モボルニュの『ブルーオーシャン戦略』にも載っています。感性志向(過剰なサービス)から機能志向(短い時間のヘアカット)へ転換した好例です。, 本書は、本記事でも何度か言及しているブルーオーシャン戦略のベストセラーです。豊富な事例を元に、ブルーオーシャン戦略について分かりやすく書かれています。, 『ブルー・オーシャン・シフト』は、W・チャン・キムとレネ・モボルニュによる、ブルーオーシャン戦略の実践的な書。ブルーオーシャンが大事だと気付けても、なかなかブルーオーシャンに移行できない企業のために、チャン・キム=モボルニュが道筋を実践的に指南します。, 最後に、ブルーオーシャン戦略に成功するための経営者に向けたポイントを2つ紹介します。, レッドオーシャンで安住している限りにおいては、競合との血みどろの戦いから抜け出ることはできません。未知の市場を開拓していくという広いビジョンを持つことが何よりも重要なのです。経営者自らが自身のやり方が絶対に正しいと思っている以上はレッドオーシャンから脱出することは不可能。自らを疑い、その上で広いビジョンを持つことがブルーオーシャンへの近道です。, ブルーオーシャン戦略は、新たなイノベーションを創出し、事業を軌道に乗せるために有用な事業戦略の考え方です。しかし、事業は継続しなければなりませんから新市場だけを追う訳にもいかない。そこで、既存のビジネスでしっかりと基盤を築きつつ、イノベーションを創出することがブルーオーシャン戦略で成功する秘訣です。, 既存市場で戦うだけではなく、競合のいない未知の市場を開拓することがブルーオーシャン戦略でした。ブルーオーシャン戦略には魅力的なメリットがあり、うまく進めれば事業を大きく拡大することができるのです。.