勝手わからないジャングルで苦戦するアメリカ兵。大規模な空爆をしたにも関わらず、効果が上がらない。焦るアメリカが非人道的な枯葉剤を散布し、後世に残る被害をベトナムにもたらしたことも有名です。, そもそもこの戦争はどこの国と、どこの国が戦ったのかあまり知られていません。 この協定により、フランスはベトナムから撤退し、ベトナムは南北の国に分かれ、南ベトナムにアメリカが支援する国が生まれるのです。, アメリカは共産主義に対抗する民主主義の政府を樹立させたつもりでしたが、実際のところ、南ベトナムの大統領になった人物は、独裁政権をつくり、国民が貧しい暮らしをしているにも関わらず、自分たち一族だけが贅沢な暮らしをしていたのです。, またカトリック教徒だった南ベトナムの大統領は、仏教徒も弾圧します。 ベトナム戦争は、アメリカが初めて負けた戦争だと言われています。圧倒的な軍事力を誇るアメリカが負けるなんて意外に思われるかもしれません。この記事では、ベトナム戦争において、ベトナム人がどうやってアメリカを撤退させたのかについて具体的に書いていきたいと思います。 ベトナム戦争の話の前に、ベトナムが北と南に国が分かれていた背景を先に説明します。, 日本の敗戦により、ベトナムは独立を果たすはずだったのですが、戦前にベトナムを支配していたフランスの抵抗によって、南ベトナムは独立をすることが出来ませんでした。 ベトナム戦争当時、韓国軍によって家族を失った被害者らが、国連に陳情を訴える。ベトナム戦争当時、韓国軍による民間人虐殺被害者が、国連(un)に陳情を訴えるのは、今回が初めてだ。 【写真】もっと大きな写真を見る 第二次インドシナ戦争(だいにじインドシナせんそう、英: Second Indochina War )とも。. 1975年、南ベトナムのサイゴン陥落。 ベトナム戦争についてアメリカ国内の観光地や博物館をめぐり、展示物、解説などから得た情報を中心にまとめました。ベトナム戦争ゆかりの地も紹介しています。 ベトナム戦争の概要 ベトナム戦争は、なぜ起きたのか! 弾圧された僧侶は、ハンガーストライキや焼身自殺をすることで抵抗を見せたのです。, 自由世界を守るためにアメリカは南ベトナムを援助していた論理ですが、現地では国民を抑圧する腐敗政権を援助していただけだったのです。, 南ベトナムで民主化運動がつぎつぎと弾圧されるなかで、南ベトナム解放戦線の結成が結成されます。ベトナム戦争が激化していく過程で、この組織は北ベトナムの命令を受ける組織へと変質しますが、当初は南ベトナムの国民による民主化運動のための組織だったのです。, 南ベトナム解放戦線は、ゲリラ活動を基本にし、南ベトナム政府に抵抗します。南ベトナム政府の弾圧がひどかったため、民衆・農民は解放戦線を支持します。, 南ベトナム政府の悪政に対して、住民が立ち上がったという事実だったのですが、当時のアメリカはこれを正しく認識できず、解放戦線をソ連や中国から送られた共産主義の手先と考えるのです。, 南ベトナム政府は解放戦線との戦いに次々と負けます。解放戦線を今日主義の手先だと勝手に思い込んでいるアメリカは危機感を募らせ、南ベトナム政府に代わって、解放戦線との戦闘をはじめます。, この当時は、アメリカはアジアに対する理解がまったくありませんでした。また東西の冷戦がはげしくなり、共産主義化が広がることを恐れるアメリカは冷静になれなかったのです。こうして、ベトナム人による民主化運動が、アメリカ人の戦争になってしまったのです。, 農村に派遣されたアメリカ兵は、ただの農民と解放戦線のメンバーを見分けることが出来ません。ベトナムの農民がすべてゲリラに見えるのです。そこではじまったのが、アメリカ兵による罪もない農民に対する殺害です。, ただの農民をゲリラと誤認して殺害することが、たびたび起こるのです。そうすることで、南ベトナム内でアメリカ兵に対する民衆の反発が大きくなるのは当然の流れとなります。南ベトナム内でアメリカは、解放戦線を相手にして非常に苦戦します。, 詳細は割愛しますが、トンキン湾というところで、アメリカの軍艦が北ベトナムから攻撃を受けます。これを口実に、アメリカは北ベトナムへの爆撃を開始し、北ベトナムとアメリカの戦争が本格化します。, アメリカは巨大な爆撃機による北ベトナムへの空爆をはじめますが、思ったような戦果をあげることができません。それは、北ベトナムは工業国ではなく、ほとんどが農村やジャングルだったこともあります。, アメリカから爆撃を受ければ受けるほど、戦意を燃やし北ベトナムは南ベトナムで戦う解放戦線への支援を強化していくのです。ここでも、アメリカの勉強不足により誤算が生じたのです。, 焦るアメリカ軍は、怪しいと思った農民や家族を捕まえては、訊問、その場で射殺を行います。村の家屋に火を放ち焼き払います。, アメリカ軍による村の破壊が進むと、南ベトナムの人口の大半をしめる農民が解放戦線の側に移ります。悪循環を繰り返すことにより、アメリカ軍による農民の虐殺がひどくなります。, なかでも、ソンミ村での集団虐殺、無抵抗な160人の老人や婦女子を虐殺した事件はアメリカ本国でも知られ、アメリカ国内での反戦ムードが高まるのです。, アメリカ国内の世論により、アメリカは方針を変え、次第にベトナムからの撤退を進めます。, アメリカ軍がいなくなった南ベトナム政府軍は弱体化し、結果、北ベトナム政府軍に敗北するのです。1975年4月には、首都であるサイゴン市内が攻略され、南ベトナムという国が消滅しました。. そのため、当初は北ベトナムだけが独立を果たせたのです。, その後、フランスが支配する南ベトナムと北ベトナムが戦争をはじめます。 ベトナム戦争(ベトナムせんそう、越: Chiến tranh Việt Nam 、中: 越南戰爭 、英: Vietnam War )は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。. 実は、ベトナム戦争は、もともとは南ベトナム国内で、弾圧されていた民衆が腐敗した政府に反対する民主化運動だったのです。それが、アメリカの介入により、北ベトナムと南ベトナムへの戦争と発展してしまったのです。 アメリカがはじめて負けた戦争ベトナム戦争は、アメリカがはじめて負けた戦争として有名ですよね。勝手わからないジャングルで苦戦するアメリカ兵。大規模な空爆をしたにも関わらず、効果が上がらない。焦るアメリカが非人道的な枯葉剤を散布し、後世に残る被 こんにちはてぃ~ちゃ~mです今回は#87【中学校社会科 歴史】「ベトナム戦争にからむ日本や世界の国々」を紹介しますノート用まとめベトナム戦争(1965年~1975年)1965年~アメリカの支援→軍事介入1973年~ベトナム和平協定1976年 ベトナム戦争とは? (アメリカ軍によるナパーム弾投下の様子 出典:Wikipedia) ベトナム戦争とは、アメリカと北ベトナムの間で1955年から1975年までの20年間行われた戦争です。 この戦争はアメリカが初めて負けた戦争でもありました。 これを「インドシナ戦争」と呼びます。このインドシナ戦争では、北ベトナムをソ連と中国が支援し、フランスが支配する南ベトナムをアメリカが支援していました。, これはその後に始まるベトナム戦争と同じ構図でした。アメリカが南ベトナムを支援したのは、当時のヨーロッパで東西の冷戦がはじまっていたからです。アメリカはアジアの共産主義化を恐れていたのです。, 結果、この戦争ではフランスが北ベトナムに負け、1954年に休戦協定が結ばれます。 そして、なぜアメリカはベトナムでの戦闘に参加していったのでしょう。このあたりの基本的なことをこれから説明します。, ベトナム戦争は、社会主義化をすすめる北ベトナムと、民主主義を守る南ベトナムとの戦争というイメージはありませんでしたか? 【ホンシェルジュ】 ベトナム戦争は、ベトナムだけでなくアメリカやソ連など、各国の思惑がまじりあう複雑な背景から生じた戦争でした。世界中の国々に大きな影響を及ぼしたこの戦争をわかりやすく解説し、おすすめの本をご紹介します。 | Emmy(本の虫、歴史好きライター) ベトナム戦争は、アメリカがはじめて負けた戦争として有名ですよね。