『マッドマックス』シリーズのMADアクション大国・オーストラリアから本格ベトナム戦争映画がついに上陸! オーストラリア軍108人が南ベトナムの農園地帯“ロングタン”で南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人に対峙した「ロングタンの戦い」。戦闘時間4時間に対して1日の損失はオーストラリア軍が戦ったベトナム戦史上最大という過酷な戦いだったにも関わらず、その功績は称えられることもなく50年ものあいだ封印されてきた伝説の戦闘を、オーストラリア映画界が総力を結集して描く『デンジャー・クロース 極限着弾』。, 「緊迫度200%を体感せよ!」―ベトナムのジャングル地帯、至近距離で敵と向き合った兵士たちは、《デンジャー・クロース》=「味方にも砲撃が届くほどの超至近距離での交戦」を要請する。一刻を争う緊急事態に、ベトナム戦争で活躍したヘリコプター、ヒューイの愛称で知られるベルUH-1イロコイが救出に向かう。地上に吹き上がる炎と噴煙をかいくぐり、決死の覚悟で敵に向かう兵士たち。日本だけのオリジナル版ポスターは、壮絶な戦闘シーンが連射される本編さながらに、砲撃が着弾した瞬間をとらえた緊迫度200%のビジュアルとなっている。, 同時解禁された場面写真からも、遮蔽物の少ない過酷な戦場の臨場感が伝わってくる。鋭い眼光で兵士を率いるハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)、最前線で身を伏せながら周囲の状況を見つめるボブ・ビュイック軍曹(ルーク・ブレイシー)とその傍らで「デンジャー・クロース」を要請する通信兵、不安げな表情で銃を手にするポール・ラージ二等兵(ダニエル・ウェバー)。さらに、ジャングルを一掃するかのように炸裂するナパーム弾の炎、ヘリコプターから敵に狙いを定める兵士、救出に向かうベルUH-1、機関銃を構えるベトコン兵の姿など、本編への期待が高まる場面写真となっている。, 味方108人 vs 敵2,000人という極限下の戦場で、味方も全滅しかねない危険なミッション《デンジャー・クロース》を要請するほどに追い詰められた兵士たちは生き延びることができるのか?, 4月17日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー オーストラリア軍108人が南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)2000人を相手に戦った“ロングタンの戦い”を壮絶に描く、史実を基にした本格戦争映画、日本上陸!, © 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA. © 2016- This article is a sponsored article by ''. ベトナム戦争の“知られざる激戦”『デンジャー・クロース 極限着弾』日本版オリジナルポスター完成!. ベトナム戦争を描いた映画といえば、オリバー・ストーン監督自身のベトナム戦争での実体験を描いた映画『プラトーン』(1986年)が第59回アカデミー作品賞を受賞している。戦争を体験した若者の苦悩はいかに描かれるのか、期待したい。 ベトナム戦争 ... は、ヘリコプター ... と、戦争の激化とともに戦地から遠く離れているアメリカ本国にもテレビ報道やニュース映画フィルムにより、多くの国民が戦闘の場面を、その日のうちに視聴することで、事実を目の当たりにする時代に入っていた。 オーストラリアで半世紀も封印されたベトナム戦争の知られざる“伝説の戦い”=「ロングタンの戦い」を描いた本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』から、本編冒頭108秒の映像が解禁された。 また、ヘリコプターの操縦手をベトナム 戦争 ... 同様にベトナム戦争 を題材にし、この映画の後から制作が始まった『ディア・ハンター』の方が先に公開されたほどである。 撮影終了後の1978年1月、制作会社のゾエトロープ社は作家のマイケル・ハーに電話し、ハーの『ディスパッチズ』(1977 Kindaieigasha 50年ものあいだ封印されてきた伝説の戦闘を、オーストラリア映画界が総力を結集、ハリウッドスタイルでリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』が、2020年4月17日(金)より新宿バルト9ほか全国公開される。, 【SCREEN ONLINE独占】伝説の戦いを映画化する『デンジャー・クロース 極限着弾』の道のりを監督&製作者が激白!. All rights reserved. 映画「デンジャー・クロース 極限着弾」 4月17日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー オーストラリア軍108人が南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)2000人を相手に戦った“ロングタンの戦い”を壮絶に描く、史実を基にした本格戦争映画、日本上陸! ベトナム戦争中オーストラリア軍108名が南ベトナムの農園地帯“ロングタン”で南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)軍約2,000名を相手に戦った「ロングタンの戦い」を壮絶に描く、史実を基にした本格戦争映画 オーストラリアで半世紀も封印されたベトナム戦争の知られざる“伝説の戦い”=「ロングタンの戦い」を描いた本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』から、本編冒頭108秒の映像が解禁された。, オーストラリア軍がどのような状況でベトナム戦争に参加したのか、本作を見る上で押さえておきたい最重要ポイントが解説され、クライマックスとなる「ロングタンの戦い」に向けて、壮絶な戦闘の模様を捉えた映像になっている。, 映像は、霧深い森の中から銃を構えた兵士たちが続々と姿を現し、発砲しながら向かってくるシーンから始まる。オーストラリア軍のオート・メラーラMod.56 105mm榴弾砲が火を噴き、砲撃を受けて次々吹き飛ばされる南ベトナム解放民族戦線の兵士たち。「ベトナムは南北に別れ内戦を始めた オーストラリアはアメリカと共に南ベトナムを支援した」という説明ののち、11機のベルUH-1イロコイが登場する。「オーストラリア兵は徴集兵と志願兵から成り平均20歳の新兵だった」という言葉の通り、ヘリコプターには若き兵たちが搭乗し絶体絶命の過酷な戦場へと送り込まれていく。広大な草原に散開した兵士たちを空中から俯瞰するカットは、彼らを待ち受ける壮絶な戦いを予感させる映像に期待が高まる。, 続く本編では、主人公ハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)率いるD中隊が、迫撃砲による急襲の発射地点を突き止めるため、偵察へと赴くこととなる。徴収兵を率いることに意義を見いだせないまま前線へ進む少佐と、素人同然の新兵たちの前には、死をも厭わずに向かってくる敵兵たちが待ち受けていた。2,000人の敵兵に囲まれ、絶体絶命の窮地に直面した前線部隊は、自分たちにも被害が出るリスクを承知で極限着弾(「デンジャー・クロース」=味方にも被害が出る可能性があるほど超至近距離への砲撃)を申請する――。, ともに死線をくぐり抜けながら、信頼と絆を育んでいく兵士たち。草原地帯を進む彼らの行く手には、果たしてどのような運命が待ち受けるのか。, 緊迫度200%、伝説の“ロングタンの戦い”の圧巻の臨場感と、若き司令官と兵士たちの成長と絆が生み出す感動のドラマが胸を熱くする。本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は、4月17日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!, [adcode]極限着弾(デンジャー・クロース)。味方にも砲撃が届くほどの超至近距離での交戦、 108人(味方) VS 2000人(敵)、緊迫度200%を体験せよ! 戦争映画に新たな歴史を刻む、50年封印された“伝説の戦闘[…], 監督:クリフ・ステンダーズ(『殺し屋チャーリーと6人の悪党』)脚本:スチュワート・ビーティ(『コラテラル』)出演:トラヴィス・フィメル(『ウォークラフト』)、ルーク・ブレイシー(『X-ミッション』)、リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)ほか2019年/オーストラリア/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/118分/原題:Danger Close The Battle of Longtan配給:彩プロ    G(一般映画), © 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA, ダースベーダーにトルーパー!スターウォーズのバンドGALACTIC EMPIREが熱い.