Pet Soundsのアルバム歌詞一覧ページ。 プチリリはカラオケみたいな歌詞が楽しめる歌詞投稿コミュニティサイトです。 Hello darkness, my old friend I’ve come to talk with you again. (1961年-62)), Keepin' the Summer Alive/The Beach Boys '85 (Keepin' the Summer Alive/The Beach Boys '85), Greatest Hits 1961-1965, Vol. 2 (マスターズ、第 8 巻を卓越した (1965 年): 代替の「ビーチ ・ ボーイズ今日「アルバム第 2 巻), Unsurpassed Masters, Vol. (マスターズ、第 9 巻を卓越した (1965 年): 代替「夏の日 (と夏の夜! 6 (1964): The Alternate "All Summer Long" Album (最高のマスター、Vol. 9 (1965): The Alternate "Summer Days (And Summer Nights!!!)" Silence like a cancer grows, Hear my words that I might teach you Written by Paul Simon. 2 (最高のマスター、第 14 巻 (1966 年): 代替「サウンド ペット」のアルバム第 2 巻), Unsurpassed Masters, Vol. 1 (すべてのもの (など) 1 巻), Too Tough to Die [Expanded] ([拡大] 死ぬにはあまりにも厳しい), Too Tough to Die [Bonus Tracks] ([ボーナス トラック] を死ぬにはあまりにも厳しい), Subterranean Jungle [Expanded] ([拡大] 地下のジャングル), Rock 'N' Roll High School (ロックン ロールの高等学校), End of the Century [Expanded] ([拡大] 世紀の終わり), Rocket to Russia [Expanded] ([拡大] ロシアへのロケット), Sweet Georgia Brown-14 (スウィート ・ ジョージア ・ ブラウン-14), The Jazz & Swing Collection (ジャズ ・ スイング コレクション), Fly International Luxurious Art-1 (飛ぶ国際豪華なアート 1). 3), Unsurpassed Masters, Vol. (Light Album) (M.I.U. 安アパートの廊下に書かれ That split the night 2 (サーファーの女の子/シャット ダウン、2 巻), Little Deuce Coupe/All Summer Long (少しデュースのクーペ/すべてサマーロング), Concert/Live in London (ロンドンのコンサート/ライブします。), Beach Boys' Party!/Stack-O-Tracks (浜の男の子の党!/スタック O トラック), Surfin' U.S.A./Surfer Girl (サーフィン ・ U.S.A./Surfer ガール), The Rock 'N' Roll Era: The Beach Boys - 1962-1967 (ロックン ロール時代: 浜の男の子 - 1962年-1967 年), Keepin' the Summer Alive (Keepin' the Summer Alive), Carl and the Passions - So Tough (Carl と情熱 - ソー ・ タフ), Friends [Japan Bonus Tracks] (友人 [日本ボーナス トラック]), Pet Sounds [Mono + Stereo] ([モノラル + ステレオ] ペット ・ サウンズ), Pet Sounds [40th Anniversary Limited Edition] (ペット音 【 40 周年記念限定盤 】), Summer Days (And Summer Nights!!) )), Surfin' Safari/Surfin' U.S.A. (サーフィン ・ サファリ/サーフィン アメリカ), Surfer Girl/Shut Down, Vol. 7 (1964): The Alternate "Beach Boys Today" Album, Vol. Exclusive] (サイ クラシック アルバム コレクション [f.y.e. ただ、預言者の言葉(芸術) の存在を警告するのがネオンサイン(商業主義) だというのは、少し不自然な気もします(その不自然さが皮肉っぽくてカッコよくもありますが)。, 現代社会のSNS(言葉ではなく絵文字やスタンプ、短い動画でコミュニケーションする人々)や、声で共有されない歌(握手券等のおまけとしての音楽、ただのBGMとして垂れ流されるだけの音楽)等を考えると(いや、別に非難しているわけじゃないですよ…)、現代の方が歌詞の重みを感じるように思えます。, リリース当初はヒットしなかった1stアルバム。『The Sound Of Silence』のオリジナルバージョンや、ボブ・ディラン『時代は変わる』のカバーなどが収録されています。, バンドアレンジがされた『The Sound Of Silence』のヒットにより、活動休止状態から急遽制作された2ndアルバムで、ロングセラーとなりました。, Simon & Garfunkel 歌詞和訳[生き方] 孤独/厭世, [社会] 風刺/抗議, [表現] 詩的/文学的, <歌詞和訳>Leaves That Are Green – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>April Come She Will (4月になれば彼女は) – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>The Boxer – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋) – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Cecilia (いとしのセシリア) – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>El Condor Pasa(If I Could) (コンドルは飛んで行く) – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>I Am A Rock – Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>The Sound Of Silence – Simon & Garfunkel  曲の解説と意味も, 「石のように転がっている」(Like A Rolling Stone)意識低い人間です。. <歌詞和訳>I Am A Rock - Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, And the vision that was planted in my brain, People writing songs that voices never share, <歌詞和訳>Tears In Heaven – Eric Clapton 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Sour Girl – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Plush – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Sex Type Thing – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Interstate Love Song – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Mr. Within the sound of silence, In restless dreams I walked alone People hearing without listening, People writing songs that voices never share 14 (1966): The Alternate "Pet Sound" Album, Vol. 11 (1965 年): その他トラックス、Vol. who makes the best replica watches rolex replicas, Keep an Eye on Summer: The Beach Boys Sessions 1964 (夏に目を離さない: ビーチ ボーイズ セッション 1964年), 20th Century Masters: Millennium Collection - 10 Great Songs: The Beach Boys: (20 世紀の巨匠: ミレニアム コレクション - 10 偉大な曲: 浜の男の子。), Made in California-1 (1 カリフォルニア州で行われました。), Live: The 50th Anniversary Tour (Live: 50 周年記念ツアー), The Beach Boys 50: Live in Concert [Video] (ビーチ ・ ボーイズ 50: ライブ コンサート [ビデオ] で), Fifty Big Ones: Greatest Hits-1 (大きなものは 50: 最大ヒット 1), Fifty Big Ones: Greatest Hits (大きなものは 50: グレイテスト ・ ヒッツ), The SMiLE Sessions [Deluxe Edition 2-CD] (スマイル セッション [デラックス版 2 CD]), U.S. Singles Collection: The Capitol Years 1962-1965 (米国シングル ・ コレクション: 国会議事堂年 1962年-1965), The Beach Boys [Weton Wesgram] (ビーチ ・ ボーイズ [Weton Wesgram]), Good Timin: Live at Knebworth, England 1980 (良い踊り: ライヴ ・ アット ・ ネブワース 1980), Covered by the Beach Boys (ビーチ ・ ボーイズで覆われて), Platinum Collection: Sounds of Summer Edition (夏版のプラチナ コレクション: 音), Pet Sounds/Smiley Smile/Wild Honey (ペット ・ サウンズ/スマイリーの笑顔/野生の蜂蜜), Christmas with the Beach Boys (浜の男の子のクリスマス), Sounds of Summer: The Very Best of the Beach Boys [Sights and Sounds of Summer] (夏の音: 浜の男の子 [観光地や夏の音] の最高), Sounds of Summer: The Very Best of the Beach Boys [Holiday Gift Pack] (夏の音: 浜の男の子の最高 [ホリデイ ・ ギフト パック]), Sounds of Summer: The Very Best of the Beach Boys (夏の音: 浜の男の子の最高), California Feelin': Best of the Beach Boys (浜の男の子の最高のカリフォルニア気分:), Goodbye Surfing, Hello God! やぁ暗闇、古くからの友よ また君と話したくて、来てしまった. 歌詞の意味としては、「預言者の言葉(人の心を結びつける真の芸術) は、寂れた場所から登場し、ひっそりと囁かれる(支持される)」という事だと思われます。これは自分たちの音楽を指しているのかもしれません(そうだとしたらかなり自信家ですが)。 2 (すべてのもの (など) 第 2 巻), All the Stuff (And More), Vol. Brightside – The Killers 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Somebody Told Me – The Killers 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Heaven Beside You – Alice In Chains 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Man In The Box – Alice In Chains 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Them Bones – Alice In Chains 曲の解説と意味も. (ロックン ロールのラジオを覚えているか。), Punk Rock: Live in Concert, 1978 (パンクロック: ライブ コンサートで 1978), Old Waldorf, San Francisco, 31 January 1978 (古い Waldorf、San Francisco、1978 年 1 月 31 日), Live on German Television: The Musikladen Recordings 1978 (ドイツのテレビのライブ: Musikladen 録音 1978年), Hey, Ho! Left its seeds while I was sleeping, And the vision that was planted in my brain 歌詞と和訳. (1961-62) (遺失物発見! 19 (1967 年)), Unsurpassed Masters, Vol. I’ve come to talk with you again, Because a vision softly creeping