All Right Reserved. 第069回(1974年) タケホープ Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 第147回(2013年) フェノーメノ 国際競走指定後: All Rights Reserved. 第045回(1962年) オンスロート マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) の元競走馬 。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス 。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」 。ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は17万×100口の1700万円 。 第029回(1954年) ハクリヨウ 第113回(1996年) サクラローレル 第021回(1950年) オーエンス 第103回(1991年) メジロマックイーン 今年の春の天皇賞は、松岡正海騎手の12番人気・マイネルキッツが、4番人気のアルナスラインをクビ差抑えて勝利。思えば前走・日経賞の1・2着が入れ替わった結果ですが、それでも馬連で万馬券が出る結 … Copyright © Japan Racing Association All rights reserved. 第027回(1953年) レダ 第149回(2014年) フェノーメノ 第115回(1997年) マヤノトップガン 第053回(1966年) ハクズイコウ, 第055回(1967年) スピードシンボリ 第019回(1949年) ミハルオー 第129回(2004年) イングランディーレ 第077回(1978年) グリーングラス 第012回(1943年) グランドライト Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 第125回(2002年) マンハッタンカフェ 第023回(1951年) タカクラヤマ 第141回(2010年) ジャガーメイル å‰å®—、相馬地方の馬づくりを調べる, 国際アンデルセン賞受賞・文化功労者 安野光雅氏が描く“名馬面”, 幕末の志士から浮世絵師へ -楊洲周延のご紹介-, 馬の博物館 春季特別展「ハイカラケイバを初めて候(そうろう)」見どころをご紹介, 馬の博物館 企画展 「 馬鑑 ( うまかがみ ) 山口晃展」見どころと展示作品の一部をご紹介, 馬の博物館の収蔵資料紹介 その①「鮓荅石(さとうせき)」, 昭和初期に賑わいを見せた2つの戸塚競馬場, 野間馬によせて(のまうまによせて), 初春馬の寿(はつはるうまのことほぎ), 馬の博物館(Equine Museum of Japan). 第093回(1986年) クシロキング マイネルキッツは日本中央競馬会 (jra) の元競走馬 。 勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス 。 馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」 。 ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は17万×100口の1700万円 。 “栗東留学”は、やはり効果抜群!?「第139回天皇賞・春」は3日、京都競馬場で行われ、12番人気の関東馬マイネルキッツがロスなく立ち回り、G1初制覇を果たした。栗東に入厩して本番に臨んだ一戦で見事に結果を出した。手綱を取ったスポニチ本紙コラムでおなじみの松岡は、07年のヴィクトリアマイル(コイウタ)に続くG1・2勝目。首差の2着にはアルナスラインが入った。, 辛抱する木に花が咲く。ド演歌を地でいくサクセスストーリーを成し遂げたのはマイネルキッツだ。直線半ばを過ぎてから馬体をびっしり併せての叩き合い。3000メートル以上走り、人馬とも疲れのピークに達した極限状況で奮起した。これまで重賞8戦で2着3回の善戦どまり。その成績がうそのように晴れ舞台でしぶとさを発揮した。外アルナスラインに最後まで先頭を譲らず、首差ねじ伏せてゴールイン。松岡が笑顔で振り返る。 第047回(1963年) コレヒサ 第089回(1984年) モンテファスト 第095回(1987年) ミホシンザン @‘æ139‰ñ“VcÜitjiGIj‚ł́AGIŽÀÑ‚Æ‘O£í‚̐¬Ñ‚ð‚à‚Ƃɐl‹C‚ªŒ`¬‚³‚ꂽBˆêð”N‚Ì‹e‰ÔÜ”n‚ōð”N‚Ì‚±‚̃Œ[ƒX‚Ì‚R’…”nƒAƒTƒNƒTƒLƒ“ƒOƒX‚ª‹ž“s‹L”O‚ƍã_‘åÜ“T‚ð˜AŸ‚µ‚Ä‚P”Ԑl‹C‚ÉŽxŽ‚³‚êAˆÈ‰ºAƒWƒƒƒpƒ“‚bŸ‚¿”nƒXƒNƒŠ[ƒ“ƒq[ƒ[Aƒ_ƒCƒ„ƒ‚ƒ“ƒh‚r‚P’…‚©‚ç“úŒoÜ‚R’…‚Æ‚¢‚¤ƒXƒeƒbƒv‚Å—Õ‚Þƒ‚ƒ“ƒeƒNƒŠƒXƒGƒXA“úŒoÜ‚ðŸ‚Á‚½ƒAƒ‹ƒiƒXƒ‰ƒCƒ“AŽYŒo‘åã”t‚𐧂µ‚½ƒhƒŠ[ƒ€ƒWƒƒ[ƒj[‚̏‡B, –{Ü‹à: 13200A 5300A 3300A 2000A 1320–œ‰~, 13.3 - 11.7 - 11.4 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 11.3 - 12.0. 写真提供:JRA . 第033回(1956年) メイヂヒカリ マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) の元競走馬[1]。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス[1]。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」[2]。ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は17万×100口の1700万円[2]。, 2003年3月18日、北海道新冠郡新冠町のビッグレッドファームにて生まれる[3]。日本中央競馬会美浦トレーニングセンターの国枝栄厩舎に入厩し[3]、2005年9月24日の第4回中山競馬第5日第5競走のサラブレッド2歳新馬戦で後藤浩輝を鞍上に据えデビューを果たし5着となった[3]。2005年10月15日、次走の10月15日に東京競馬場で出走したサラブレッド2歳未勝利戦で初勝利を記録[3]。2006年9月30日、第2回札幌競馬第7日目第10競走の恵庭岳特別(500万円下条件)で2勝目をあげた[3]。, その後1年間勝ち星から遠ざかったが[3]、2007年9月22日に前年に勝利をあげた恵庭岳特別(札幌競馬場)で3勝目を記録[3]。2007年の神奈川新聞杯、2008年の早春ステークス(1600万下条件)と勝利した[3]。2008年夏競馬の七夕賞(福島競馬場)で3着[3]、新潟記念(新潟競馬場)で2着となり[3]、その年の秋の福島記念(福島競馬場)でも2着に入る[3]。, 2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った[3]。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した[4]第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングスや2番人気スクリーンヒーローを退け勝利した[5]。なお、重賞未勝利馬が天皇賞(春)を制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり[6]。その後宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた[3]。, 秋競馬の緒戦は京都大賞典。5番人気に推されたものの、7着に敗れた[3]。その後、11月29日のジャパンカップでは出走18頭中の最後方18番手に位置取ってレースを進め8着に終わった[3]。続く有馬記念では三浦皇成が騎乗して18頭中の10番手から追い上げ5着へ入着した[3]。, 2010年1月24日のアメリカジョッキークラブカップから始動、11番手から最後の直線で追い上げるも届かず4着に終わった[3]。2ヶ月の間を挟んで3月27日の日経賞に出走、エアシェイディに3/4馬身差をつけて勝利、前年春の天皇賞以来の重賞2勝目となった[3]。しばらく勝利の無い状況が続いたが、2011年12月3日のステイヤーズステークスで勝利した[3]。, 2012年2月18日のダイヤモンドステークスで始動したが見せ場無く10着[3]。再び勝ちをあげられない状況が続き、10歳となった2013年も現役を続行したが惨敗が続き[3]、11月30日のステイヤーズステークス11着を最後に現役を引退した[3]。, 引退後は神奈川県横浜市の根岸競馬記念公苑内のポニーセンターで、マイネルキッツは乗馬として第2の馬生を過ごしている[7]。馬の博物館のホームページに設けられた「マイネルキッツ写真館」では、マイネルネオスと仲良く過ごす姿や、鞍上を務めていた松岡がマイネルキッツを乗馬として手綱を操る姿を確認できる[8]。, 上記「競走成績」は、netkeiba.com「マイネルキッツの競走成績」に基づく[3]。, 国際競走指定前: 第121回(2000年) テイエムオペラオー 第075回(1977年) テンポイント 第065回(1972年) ベルワイド 第006回(1940年) トキノチカラ 第087回(1983年) アンバーシャダイ 第014回(1944年) ヒロサクラ 第067回(1973年) タイテエム 第015回(1947年) オーライト 【天皇賞・春】(2)マイネルキッツ [ 2009年5月3日 06:00 ] 2日のマイネルキッツは、栗東入厩での調整メニューは坂路1本。 第119回(1999年) スペシャルウィーク 第043回(1961年) ヤマニンモアー さらに内からはマイネルキッツが抜け出す。そこから先は2頭の叩き合いとなり、クビの差だけしぶとく競り勝ったマイネルキッツが、天皇賞(春)史上第3位タイとなる3分14秒4の好タイムでゴールへ飛び込んだのだった。 Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 第153回(2016年) キタサンブラック マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) の元競走馬[1]。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス[1]。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」[2]。ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は17万×100口の1700万円[2]。, 2003年3月18日、北海道新冠郡新冠町のビッグレッドファームにて生まれる[3]。日本中央競馬会美浦トレーニングセンターの国枝栄厩舎に入厩し[3]、2005年9月24日の第4回中山競馬第5日第5競走のサラブレッド2歳新馬戦で後藤浩輝を鞍上に据えデビューを果たし5着となった[3]。2005年10月15日、次走の10月15日に東京競馬場で出走したサラブレッド2歳未勝利戦で初勝利を記録[3]。2006年9月30日、第2回札幌競馬第7日目第10競走の恵庭岳特別(500万円下条件)で2勝目をあげた[3]。, その後1年間勝ち星から遠ざかったが[3]、2007年9月22日に前年に勝利をあげた恵庭岳特別(札幌競馬場)で3勝目を記録[3]。2007年の神奈川新聞杯、2008年の早春ステークス(1600万下条件)と勝利した[3]。2008年夏競馬の七夕賞(福島競馬場)で3着[3]、新潟記念(新潟競馬場)で2着となり[3]、その年の秋の福島記念(福島競馬場)でも2着に入る[3]。, 2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った[3]。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した[4]第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングスや2番人気スクリーンヒーローを退け勝利した[5]。なお、重賞未勝利馬が天皇賞(春)を制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり[6]。その後宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた[3]。, 秋競馬の緒戦は京都大賞典。5番人気に推されたものの、7着に敗れた[3]。その後、11月29日のジャパンカップでは出走18頭中の最後方18番手に位置取ってレースを進め8着に終わった[3]。続く有馬記念では三浦皇成が騎乗して18頭中の10番手から追い上げ5着へ入着した[3]。, 2010年1月24日のアメリカジョッキークラブカップから始動、11番手から最後の直線で追い上げるも届かず4着に終わった[3]。2ヶ月の間を挟んで3月27日の日経賞に出走、エアシェイディに3/4馬身差をつけて勝利、前年春の天皇賞以来の重賞2勝目となった[3]。しばらく勝利の無い状況が続いたが、2011年12月3日のステイヤーズステークスで勝利した[3]。, 2012年2月18日のダイヤモンドステークスで始動したが見せ場無く10着[3]。再び勝ちをあげられない状況が続き、10歳となった2013年も現役を続行したが惨敗が続き[3]、11月30日のステイヤーズステークス11着を最後に現役を引退した[3]。, 引退後は神奈川県横浜市の根岸競馬記念公苑内のポニーセンターで、マイネルキッツは乗馬として第2の馬生を過ごしている[7]。馬の博物館のホームページに設けられた「マイネルキッツ写真館」では、マイネルネオスと仲良く過ごす姿や、鞍上を務めていた松岡がマイネルキッツを乗馬として手綱を操る姿を確認できる[8]。, 上記「競走成績」は、netkeiba.com「マイネルキッツの競走成績」に基づく[3]。. 第059回(1969年) タケシバオー 第057回(1968年) ヒカルタカイ 第035回(1957年) キタノオー 第145回(2012年) ビートブラック  昨秋の秋華賞ブラックエンブレム戴冠から注目を集める“栗東留学”だが、国枝師は、その先駆者的な存在だろう。10年以上前から関西圏で出走させる場合、馬の個性に合わせて栗東で調整して送り出すことを試みてきた。桜花賞を走ったダノンベルベールと入れ替わる形でキッツは16日に栗東入厩。栗東駐在の福田調教厩務員が毎日付きっきりで調教、世話にあたった。 第061回(1970年) リキエイカン 第135回(2007年) メイショウサムソン 第031回(1955年) タカオー 【天皇賞・春】1着マイネルキッツ [ 2009年5月4日 06:00 ] <天皇賞・春>マイネルキッツ(左)で勝利した鞍上・松岡正海はNo.1ポーズで大絶叫 第097回(1988年) タマモクロス  国枝師は関西圏でG1初勝利。“留学効果”を自らの手で実証に成功、喜びを爆発させた。 第159回(2019年) フィエールマン 第155回(2017年) キタサンブラック 16. 第079回(1979年) カシュウチカラ 第101回(1990年) スーパークリーク 第083回(1981年) カツラノハイセイコ 【天皇賞・春】1着マイネルキッツ [ 2009年5月4日 06:00 ] <天皇賞・春>マイネルキッツ(左)で勝利した鞍上・松岡正海はNo.1ポーズで大絶叫 第107回(1993年) ライスシャワー アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」.  春のグランプリには厩舎の大将格マツリダゴッホも登場する予定。G1馬2頭を送り込む。栗東留学のパイオニアが、春のG1戦線を一層盛り上げてくれそうだ。. 第073回(1976年) エリモジョージ 第071回(1975年) イチフジイサミ  内枠のメリットを最大限に生かした騎乗が光った。道中は中団内で左前方にアサクサキングスなど強力なライバルを見る形。勝負どころから有力馬が外を回って進出しても、ぎりぎりまでインにこだわった。直線入り口はホクトスルタンの右、最内へ進路を取った。1頭になるとソラを使うタイプだが、アルナスラインとの併走で集中力を持続させた。 第091回(1985年) シンボリルドルフ 第143回(2011年) ヒルノダムール 【天皇賞・春】マイネルキッツG1初制覇 [ 2009年5月3日 06:00 ] 春の天皇賞を制したマイネルキッツと笑顔の国枝栄調教師(左)、松岡正海騎手 第117回(1998年) メジロブライト 第081回(1980年) ニチドウタロー 第161回(2020年) フィエールマン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マイネルキッツ&oldid=71737048. マイネルキッツ Meiner Kitz 第139回天皇賞(春)〔GⅠ〕優勝 2009年(平成21) 松岡正海騎手騎乗 第139回天皇賞(春)〔GⅠ〕ゴールシーン. 第017回(1948年) シーマー 第049回(1964年) ヒカルポーラ 天皇賞・春(2009)回顧 第025回(1952年) ミツハタ 第157回(2018年) レインボーライン 第037回(1958年) オンワードゼア 第151回(2015年) ゴールドシップ  「返し馬はいつも歩いているのに今回は他馬が来たら一緒に行こうとした。具合がいいなと思っていました。スタッフが本当によく仕上げてくれたと思う」 第127回(2003年) ヒシミラクル 第109回(1994年) ビワハヤヒデ, 第111回(1995年) ライスシャワー 第133回(2006年) ディープインパクト 第010回(1942年) ミナミモア 第085回(1982年) モンテプリンス 第051回(1965年) アサホコ 第137回(2008年) アドマイヤジュピタ 天皇賞(春)(gi)・結果 1着 1枠02番 マイネルキッツ 松岡 2着 2枠04番 アルナスライン 蛯名 3着 6枠12番 ドリームジャーニー池藷ャ. 第063回(1971年) メジロムサシ 天皇賞を勝ったマイネルキッツはタイムが良かったですが、過去と比較しても天皇賞に勝つにふさわしいに強い馬?フロック?相手に恵まれただけ? 強いのかどうかわからないです。この後のG1で連対はあ … 第105回(1992年) メジロマックイーン 第139回(2009年) マイネルキッツ 第008回(1941年) マルタケ 第123回(2001年) テイエムオペラオー 第099回(1989年) イナリワン 第002回(1938年) ハセパーク 第039回(1959年) トサオー 【天皇賞・春】マイネルキッツG1初制覇 [ 2009年5月3日 06:00 ] 春の天皇賞を制したマイネルキッツと笑顔の国枝栄調教師(左)、松岡正海騎手 第131回(2005年) スズカマンボ  「うれしいね。やっぱり天皇賞は別格のレースだから。やけにスムーズで、1周目に“何かやりそう”と思った。よく栗東を使わせてもらっているが、結果が出なかった。やっとだね。環境の変化に動じるタイプではない。また宝塚記念で栗東へ持ってきたい」 第041回(1960年) クリペロ 第004回(1939年) スゲヌマ 中央競馬のなかでも長い歴史と伝統を有する名誉ある競走「天皇賞」に勝利した元競走馬です。