そして、テレサの創設した「神の愛の宣教者会」は瞬く間に世界へと広がっていきます。 彼女の平和への貢献度は誰の目にも著しく、ノーベル平和賞を始め、多くの賞が贈られました。 テレサの死から数十年経った今もなお、世界123 そんなマザーテレサの活動は、生前から高く評価されています。 1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。 その中でも 1979年に受けたノーベル平和賞 は有名で、彼女は 賞金や晩餐会などの費用は貧しい人たちの為に使って欲しい と願いました。 最後まで貧しい人たちの為に生きたマザーテレサは多くの人が見守る中、87歳でその生涯を終えました。 ノーベル平和賞を受賞した、マザーテレサ。今回はそんなマザーテレサが活動していた施設でのボランティア体験ができます。日本とは全く違った現地のやり方で戸惑うこともありますが、それも今の自分を見つめなおすひとつの機会になります。 マザーテレサとは? 出典:laughy.jp. マザー・テレサといえば、1979年に受賞したノーベル平和賞で有名な エピソード があります。 テレサはノーベル賞の授賞式であっても、普段通りの 白い木綿のサリーと皮のサンダル という粗末な格好で出 … keikoyasさん、♯1のかたの回答を見て納得されましたか?私は回答を読んでマザーテレサは素晴らしい方だと再認識いたしました。涙が出ました。貴方はどう感じましたか?まだマザーテレサがノーベル平和賞受賞に疑問がおありなんでしょ