第59回(2014年) ジェンティルドンナ 第48回(2007年) アドマイヤムーン 第067回(1973年) タイテエム 第002回(1938年) ハセパーク 第51回(2006年) ディープインパクト 第008回(1941年) マルタケ 第031回(1955年) タカオー 第117回(1998年) メジロブライト 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第60回(2015年) ゴールドアクター 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 第24回(1979年) グリーングラス 第017回(1948年) シーマー 第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ 第095回(1987年) ミホシンザン 第45回(2004年) タップダンスシチー 第133回(2006年) ディープインパクト 『ジャスタウェイはジャスタウェイ以外の何ものでもない。それ以上でもそれ以下でもない』 週刊少年ジャンプで連載されている漫画「銀魂」のファンな... 秋の淀で行われる3冠最終章「菊花賞」。3000メートルという誰も経験したことが無い長距離で行われることなどから「最も強い馬が勝つ」と言われる... 師走のある日の朝、まだ私が学生の頃。父の訃報をしらせる電話を受けたとき、私は下宿先で寝ているところだった。「落ち着いて聞きなさい」と切り出す... 「障害レース、かっこいい!」「馬って飛ぶんだね!」 初めて障害レースを観戦した競馬ファンが、1レースですっかりその虜になっている――そんな光... JBC競走。 日本で唯一、1日に3レースものJpn1競走が行われる、地方競馬界の一大イベントである。 開催場が毎年違うため、その年によって違... [対談]キタサンブラックは種牡馬でも覇権を握れるか!? 2021年産駒デビュー・キタサンブラックについて語る──治郎丸敬之×緒方きしん. 第30回(1989年) イナリワン 第069回(1974年) タケホープ 第14回(1973年) ハマノパレード 第56回(2015年) ラブリーデイ 第15回(1974年) ハイセイコー 第53回(2008年) ダイワスカーレット 第023回(1951年) タカクラヤマ 第60回(2019年) リスグラシュー この自在な脚質こそ、マヤノトップガンの代名詞とも言える。 しかし、何でもこなせたというよりは、気性が良くなく掛かり癖もあったため、鞍上がその時々での最適解を選択してきた結果な … マヤノトップガンは日本の競走馬、種牡馬。主な勝ち鞍は菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞(春)。4つのGI競走をそれぞれ違う戦法で勝つという変幻自在の脚質が特徴。1995年に年度代表馬に選ばれている。, マヤノトップガンのデビュー戦は1995年1月8日のダートの新馬戦。鞍上は武豊が務め、単勝1番人気に支持されたが、後の桜花賞馬ワンダーパヒュームに敗れて5着に終わった。その後、ダート戦を2戦するも勝てず、4戦目の3月25日の未勝利戦でようやく初勝利を挙げた。, 初勝利後も脚部にソエが見られたため、陣営の判断によりダート1200メートルのレースを使い続けたがなかなか勝てず、7戦目となる5月28日(同年の日本ダービー当日)の500万下のレースで2勝目を挙げた。その後、初の芝レースとなる900万下(現・2勝クラス)のロイヤル香港ジョッキークラブトロフィーで3着に入り、芝コースへの適性の不安を解消したマヤノトップガンは次走のやまゆりステークス(900万下)で3勝目を挙げ、芝転向を決定づけるとともに本格化の兆しが見え始めた。秋は4歳クラシックの最終戦である菊花賞を目指し、菊花賞トライアル初戦・神戸新聞杯に出走、タニノクリエイトの2着に入り、出走権を獲得した。続くもう1つの菊花賞トライアル・京都新聞杯にも出走し、ナリタキングオーの2着と好走した。, この年の菊花賞は、ダービー馬のタヤスツヨシが秋になって不調に陥り、皐月賞馬のジェニュインは距離適性から天皇賞(秋)に回ったことで、主役不在の混戦となっていた。この時の1番人気は牝馬ながら菊花賞に挑戦してきたオークス馬ダンスパートナー、2番人気はトライアルの京都新聞杯を制したナリタキングオーであった。マヤノトップガンはトライアルでは勝ちきれなかったものの3番人気に推されていた。レースではスタート直後に4番手につけ、道中はその位置をキープし続けた。そして、第4コーナーで一気に先頭に立つと、直線では後続を寄せ付けず、当時のレースレコードで優勝した。, 菊花賞後、ここまで数多くのレースを使ってきたことから、陣営は年末の大一番・有馬記念へはなかなか出走の意思を明確にしなかったが、状態が悪くなかったことから出走を決断。出走馬に実績のある馬が多く、GIを1勝しただけで信頼が厚くないこと、状態が絶好調ではなかったことから、ヒシアマゾンや三冠馬ナリタブライアンより人気がなく、6番人気にとどまった。しかし、レースではスタート直後に先頭に立つとスローペースに落とし、ゴールまで他馬の追随を許さず、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。, 騎乗していた田原成貴は菊花賞と有馬記念でゴールをしたときに「十字を切って投げキッス」というパフォーマンスを演じたが、これは同年に凱旋門賞をラムタラで制したランフランコ・デットーリの真似である。後輩の騎手たちに「勝ったらやってくださいよ」と言われていたためにやった、と田原は後年、自らのエッセイで記している。マヤノトップガンはGIを2勝したことが決め手となり、1995年度の年度代表馬、JRA賞最優秀4歳牡馬(部門名は当時)に選ばれている。, マヤノトップガンは阪神大賞典から始動。このレースには前年秋の不振からの復活を期すナリタブライアンも出走し、2頭の年度代表馬対決として競馬ファンの注目を集めた。レースは期待に違わずマヤノトップガンとナリタブライアンのマッチレースとなる。残り600メートルの標識付近から他馬を引き離して互いに譲らず、最後はアタマ差の2着という決着になった。2着のマヤノトップガンと3着ルイボスゴールドとの差は9馬身も離れていた。2頭の実力馬が激しく鎬を削ったこの第44回阪神大賞典は、のちに日本中央競馬会 (JRA) のCMにも使われたほどの名勝負として語り継がれることになるが、このレースについて田原は「所詮はステップレース」と、名勝負と囃す世評に疑問を呈している。, 次の天皇賞(春)では、単勝オッズがナリタブライアンが1.7倍、マヤノトップガンが2.8倍と2頭が抜けた人気になったが、3番人気(14.5倍)のサクラローレルが優勝し、折り合いを欠いたマヤノトップガンは5着に敗れた。敗因について、マヤノトップガンを管理していた調教師の坂口正大は、調教にミスがあったと語っている。, 天皇賞後、陣営が次走に選んだのは宝塚記念であった。この年の宝塚記念は前年に発生した阪神・淡路大震災の復興支援競走として行われた。有力馬の回避が相次いだため、マヤノトップガンは圧倒的な1番人気となるが、鞍上の田原がムチを入れることもなく快勝、見事1番人気に応えた。また、馬主の田所祐も大震災で大きな被害を受けており、地元の摩耶山から冠名をとったマヤノトップガンの勝利は被災者に勇気を与えた。, 秋はオールカマーから始動。サクラローレルと人気を二分(両馬とも単勝オッズ1倍台)するも4着と完敗。天皇賞(秋)では先行し接戦のなか2着と踏ん張ったが、有馬記念ではサクラローレルの快勝の前に7着と惨敗した。マヤノトップガンが中山コースで2戦とも惨敗したことについて、坂口は当時の中山は力のいる馬場になっていて、トップガンには合わなかったと語っている。, マヤノトップガンは昨年と同じく阪神大賞典から始動。前年からマヤノトップガンの騎乗で悩んでいた田原は、このレースでそれまでの先行策とは一転して初めて最後方からの競馬を試みた。観客からどよめきが起きるほどの驚きを与えたが、マヤノトップガンは3コーナー過ぎから馬なりのまま他馬を交わしていき、4コーナーで先頭に立つとそのまま後続を突き放し圧勝した。そして天皇賞(春)では、先行していたサクラローレルとマーベラスサンデーの2頭を大外から豪快に差し切り、GI4勝目を挙げた。マヤノトップガンがこの時記録した勝ちタイム3分14秒4は1993年にライスシャワーが記録した3分17秒1を2秒7も更新する世界レコードだった。(詳細は第115回天皇賞参照), 天皇賞後、マヤノトップガンはジャパンカップを最終目標として京都大賞典から復帰する予定だったが、調教中に左前脚に浅屈腱炎を発症したため、9月25日に現役引退が発表され、種牡馬入りすることとなった。, 引退後、マヤノトップガンは種牡馬となり、北海道の優駿スタリオンステーションに繋養される。 第06回(1965年) シンザン 第10回(1969年) ダテホーライ 第081回(1980年) ニチドウタロー 第073回(1976年) エリモジョージ 第157回(2018年) レインボーライン 第64回(2019年) リスグラシュー, 国際競走指定前: 第19回(1974年) タニノチカラ 第03回(1962年) コダマ 第43回(1998年) グラスワンダー 第025回(1952年) ミツハタ 第089回(1984年) モンテファスト 第43回(2002年) ダンツフレーム 第151回(2015年) ゴールドシップ 【逆転】暴落NTT株を24万円買ったらさらに暴落 → 2カ月売らずに持ってたら奇跡が起きた!, 【衝撃】西友『みなさまのお墨付き 5種のチーズピザ』と競合ピザを食べ比べてみた結果 → 思った以上に差があることが発覚!, 【実録】突然「声が出るよ」と書かれた謎の段ボールが届いた → 開封してみた結果 …, ベルリンの壁崩壊から30年 … 普通の日本人が現地へ行ってみて感じたこと / 今日は『ドイツ・運命の日』, 【100均検証】ついに『ダイソーオンラインショップ』がオープンするも「これじゃない感」がハンパない, 激安エナジードリンク『ミラクルエナジーV』がリニューアルした結果 → ド級のカフェインモンスターが爆誕! 驚異のコスパで無事優勝を果たす, インドのレトルトカレーが375円だけど具ギュウギュウ! 本格インドカレーが手軽に味わえる「マザーズレシピ」, » 【衝撃競馬動画】1997年天皇賞(春)『マヤノトップガン』伝説のラスト200メートル. 第58回(2017年) サトノクラウン 第26回(1985年) スズカコバン 第53回(2012年) オルフェーヴル 第29回(1984年) シンボリルドルフ 第123回(2001年) テイエムオペラオー 第44回(2003年) ヒシミラクル 第065回(1972年) ベルワイド 第52回(2011年) アーネストリー 第010回(1942年) ミナミモア 第28回(1983年) リードホーユー 第18回(1977年) トウショウボーイ 第50回(2009年) ドリームジャーニー 第012回(1943年) グランドライト 第16回(1975年) ナオキ 第139回(2009年) マイネルキッツ 第093回(1986年) クシロキング 第004回(1939年) スゲヌマ 第053回(1966年) ハクズイコウ, 第055回(1967年) スピードシンボリ 第04回(1963年) リユウフオーレル 第135回(2007年) メイショウサムソン 第57回(2016年) マリアライト 第039回(1959年) トサオー 第27回(1986年) パーシャンボーイ 第46回(2005年) スイープトウショウ 第027回(1953年) レダ 第147回(2013年) フェノーメノ 第28回(1987年) スズパレード 第33回(1992年) メジロパーマー 第35回(1994年) ビワハヤヒデ 第14回(1969年) スピードシンボリ ごきげんよう、フェンリルです。 今回は前回の続きからです。 銅札以下のオススメを書いていきます。 1992年生まれ(マヤノトップガン・ダンスパートナーと同世代) エイシンバーリン … 外史実馬となります。 第31回(1986年) ダイナガリバー 第087回(1983年) アンバーシャダイ 第49回(2008年) エイシンデピュティ 第05回(1964年) ヒカルポーラ ブログを報告する.