アホなと言うか、スケベな質問です(;^_^A シーズン痛では通信と怪人の転送機能を備えた装備「モヤモヤズキューン」を入手しており、より戦闘に適した形態への変身(「邪妄想」)が可能になった。, シーズン痛第11話にて、スーパー戦隊シリーズに代わって出現した悪の特撮シリーズ。 ツー将軍が歴代戦隊の敵組織マニアなせいか、前期と比較してより戦隊の女幹部としてのシチュエーションが増えている。 ステマ乙は彼女以外に幹部と言える人物が物語終盤に登場したデリューナイトくらいしかおらず(ドクターZは首領ポジションであり幹部とは少し違う)、また様々な事情があるとはいえアキバレンジャーと手を組むことなども多く、敵ではあるがある意味ヒロインのようなポジションにいるとも言える。 非公認戦隊アキバレンジャー!」で、名乗りの際に後方で発生する爆発の威力が不安定かつ過剰である。また、毎回演出が大きく異なり、爆発の種類だけでなく場合によってはロゴの登場など、非公認という割には無駄に凝っている。前述のように不安定で決まらなかった名乗りは、第8話にしてようやくその完成形を見せた。ただし、レッドが変わった第11話では『百獣戦隊ガオレンジャー』や『獣拳戦隊ゲキレンジャー』を連想させる名乗りになっている。, 変身後のスーツは当初は1着のみで、シーズン1途中でイベント用のスーツが追加された[26][27]。第4話の偽ブルーはイベント用スーツを用いている[26][27]。, 秋葉原にあるスーパー戦隊をテーマとしたコスプレ喫茶[44]。戦隊グッズが多数飾られており、どう見ても撮影に用いられていたとしか思えない小道具が多数並ぶ[44]。また、メニューも戦隊にあやかった名称である[44]。客足も多いが、第10話EDのモノローグでは「客は来るもののただ駄弁っていくだけで、経営は赤字」と語られている。ほぼ常にスーパー戦隊の主題歌、映像を流している。, 正式に公認されている歴代スーパー戦隊の事で、本作における歴代スーパー戦隊の存在は、地球を守り続けてきた伝説の戦士「レジェンド」として扱われた『海賊戦隊ゴーカイジャー』とは違って架空の存在で、変身前の役者は本人の役柄で出演する。しかし、アキバレンジャーの戦う妄想世界では公認同様の能力を持った戦士として描かれる。アキバレンジャーからは、「公認様」と呼ばれている。, 秋葉原の堕落したオタク文化を信奉する人々を否定し、粛清する悪の組織。その目的は、秋葉原の文化を作り替えて自分たちの理想的なアニメ文化を崇め奉る土地とすること[50]。「ステマ」はステルスマーケティングの略[50][51]。潜入場所(=3人が妄想に突入した場所)によって出現する係長のキャラや特徴が異なり、同じような外見のものが複数所属している場合もある。, 第11話にてテコ入れのため、ドクターZによってデリュージョン帝国に組織改編されるが、第12話で崩壊した。番宣CMのナレーションでは「ステマン乙」と読まれている。, シーズン1(痛)の最終決戦で壊滅したことが第1痛で語られており、第10痛でマルシーナが復活させている。, デリュージョン帝国での本拠地のセットはスタジオの中庭に作られており、実際には屋根がない[20]。, 塚田P(塚田英明)以外は、「本人が本人を演じる」いわゆる本人役と呼ばれるメタフィクションなものとなっている。, 公認様(歴代のスーパー戦隊)発祥の特殊能力。妄想世界に現れた公認戦隊と結託し、胸を触れられる事で受け取ることが出来る。発動するとその力を託した公認様が武器に変形する。, 大それた力はチーム全体に託されるため、アキバレンジャーであれば直接託された者で無くても使用可能[69]。, 公認様(歴代のスーパー戦隊)発祥の特殊能力。発動するとその力を託した公認様が武器に変形する。, 劇中世界では「スーパー戦隊シリーズ」以外の実在の特撮・アニメ作品は登場しない[73]。ただし、戦隊以外の劇中ヒットキャラを設定する上で、同じ東映の宇宙刑事シリーズなど権利上問題のないキャラクターを劇中用にアレンジして使用している[73]。, 劇中世界で以前放送されていたという設定の深夜アニメ。制作はSTUDIO BELL VILLAGE(スタジオベルビレッジ)。「美少女アクション学園アニメ」として人気を博し、このたび劇場版の制作が決定したという[74]。, プロデューサーに日笠淳、脚本に荒川稔久、監督に田﨑竜太、撮影に菊池亘、キャラクターデザインにさとうけいいちなど、“公認”のスーパー戦隊シリーズでメインポジションを経験したスタッフが手掛けた[7]。日笠は、本来ならば中堅プロデューサーに受け渡す案件であったが、東映テレビ部が多忙であったため自身がプロデューサーを務めることになったと述べている[6]。, 脚本の荒川と香村純子は『海賊戦隊ゴーカイジャー』に引き続いての参加となった[9][76]。両者とも戦隊に詳しく、日笠は荒川は自身が手がけた作品は客観視できなかったが、その範囲は香村が視聴していた頃と重なるため、互いに補完しあっていたと述べている[7][9][76]。, アクション監督はスーパー戦隊シリーズに参加経験のないAAC STUNTSの大橋明が務めた[7][27]。元々はAACの横山誠がオファーを受けたが、横山が多忙であったため大橋が引き受けることとなった[26][27]。日笠は公認未経験者の起用は公認側での格好良さや合成の多用を前提としたアクション以外の部分で面白さを見せるためと述べており、田﨑は大橋についてフレキシブルな対応ができると評している[7]。アクションの一部は、大橋や田﨑が参加したテレビドラマ『キューティーハニー THE LIVE』で実現できなかったアイデアを取り入れている[26]。, スーツアクターはAACのメンバーが多忙であったため大橋の個人的なつながりで集められた[27]。特にアキバブルー役の大島遥はAAC練習生からの抜擢であり、本作品がデビューとなった[27]。アキバレッド役の和田三四郎は、イタイッシャーロボやブーメランタイタンなどのモーションアクターも務めた[77]。第5話で熟女イエローを演じた一条かおりは『光戦隊マスクマン』で地帝忍フーミンを演じており、すでに引退していたが大橋の妻がJAEの同期であった縁から土日限定で参加した[26][27]。, 音楽には東映特撮作品では初参加となる川井憲次が起用された[7]。日本コロムビアは本家でも以前より川井に参加を要望していたものの、1年番組ではスケジュールの都合がつかず実現していなかったが、本作品は1クールで曲数も少ないことから参加できることとなった[7]。, 『ズキューーン葵』の劇中アニメ制作は、さとうけいいちが所属するベルズン・ウィッスルが担当した[7]。, 選曲担当の大森力也が用意した音楽メニューに沿って川井憲次がBGMを作曲・編曲[79]。「信夫の頭の中ではこう聞こえているはず」という、カッコイイながらどこか抜けていたり古臭く聞こえたりする曲を、「残念」を合言葉に製作した[79]。川井はまた、ボーカロイドの声も入力した(初音ミクを使用)[79]。, 脚本は、荒川稔久が特撮作品としては初めて全話を手がけた[12]。シーズン1に参加していた香村純子は、『仮面ライダーウィザード』を手がけていたため本作品には不参加となった[12]。荒川は、当初の予定では『小説 仮面ライダークウガ』の執筆完了後に本作品に参加する予定であったが、同作品の執筆が長引いたため本作品の執筆と並行作業となり、本作品最終話の執筆と『クウガ』の脱稿はほぼ同時であったという[12]。, 第2痛以降(第4痛・第8痛・最終痛を除く[注釈 53])は、戦隊シリーズのエンディングや挿入歌をレギュラーキャストの誰かがカバーした曲が使用される。最終痛では回想している話数のエンディングが挿入歌として使用されている部分がある。, バンダイナムコゲームスより『ズキューーン葵 萌こみゅアプリ』がスマートフォン向けに配信されている。コミュニケーションアプリであり、無料ガチャ(一部有料)を引くことにより「にじよめ学園ズキューーン葵」の世界観を追体験でき、葵との会話も楽しめる。, バンダイ(現在はBANDAI SPIRITS)の可動フィギュアシリーズS.H.Figuartsより、レッド・ブルー・イエロー3名の商品化された[84][70]。レッドの初回限定版には、アキバレンジャーのロゴが入れられた3人分の特製展示スタンドが付属する。同シリーズのデカレッド・ボウケンレッド・レッドホークにはそれぞれデカワッパー・ボウケンスコッパー・ジェットウインガーが付属しており、これらをアキバレンジャーに装備させることや、ダイソレタキャノンを再現することも可能[84]。また、モエモエズキューーンも9月下旬の商品化が決定し、劇中同様のディテールと変形ギミック・音声の完全再現がなされている[84]。イタッシャーロボもS.H.Figuartsブランドで11月発売が決定しており、変形できるだけでなく3人が搭乗可能なビッグサイズになっていて、価格もサイズもシリーズ最大級のものとなっている[84]。宣伝文句は「高いが安い」。S.H.Figuarts関係のCMは本作品で葉加瀬博世を演じている内田真礼が行っているが、モエモエズキューーンのCMは玄田哲章が公認様のCMを意識したナレーションを行った[2]。さらに魂ウェブ商店限定でデリューナイトとシャチークも商品化された[70]。また、シーズン痛の第1痛で巨大戦の際にS.H.Figuartsのアキバレンジャー及びイタッシャーロボが使用されている。, 同じくバンダイのトレーディングカードゲーム「クルセイドシステムカードシリーズ」でも、ブースターパックとしてリリースされている。このブースターのために「非公認」という追加ルールが制定された。これは、出典が「非公認戦隊アキバレンジャー」以外のカードを「公認様」として扱い、それらがいない間は大変強いが、場に公認様が出てきた途端に弱体化してしまうというものである。ただし、キャラクターの特殊能力などで公認様を無理やり「非公認」扱いとすることで、元の強さを取り戻すことが出来るという特徴がある。また、これまでリリースされたカードは全てアニメ化された作品が出典であるため、アニメから抜粋した絵、あるいは描き下ろしイラストが描かれていたが、このブースターパックでは実写シーンをそのままカードに載せている。, シーズン痛ではS.H.Figuartsにて、超アキバレッド、アキバブルー(シーズン痛Ver.)、アキバイエロー(シーズン痛Ver.)が商品化された[70]。ブルーとイエローにはダイレンボンバー(イエロー)・ジュウレンバックラー(ブルー)・ハリケンボール(ブルー)が付属しており大それたバズーカを再現することも可能[70]。また同シリーズのデカワッパー・ボウケンスコッパー・ジェットウインガーと組み合わせて大それてるキャノンバズーカも再現可能[70]。同シリーズで販売されたリュウレンジャー、キバレンジャー、ティラノレンジャー、ドラゴンレンジャー、ハリケンレッドは本編に登場したチャイナレッド、非公認マークの付いたキバレンジャー、レッドレンジャー、グリーンレンジャー、シュリケンジャーのマークの付いたハリケンレッド用の差し替えパーツが付属している[70]。さらに第12痛に一瞬だけ登場した超アキバレッド・スーパーがイタッシャーボーイ用デカール(イタッシャーロボに貼ることでイタッシャーボーイに変更できる)付属で発売された[70]。また、なりきりアイテムとしてモヤモヤズキューンとムニュムニュズバーーンが商品化された[70]。後者は前シーズンのDXモエモエズキューンと合体させることが可能である[70]。, また、プレミアムバンダイ限定で、レソジャーキー(海賊戦隊ゴーカイジャーの変身アイテムであるレンジャーキーのパロディー)のセット販売(レッド1種・ブルー2種・イエロー2種)を行っている。ただし、非公認らしくモバイレーツなどには挿さらない。, 第1作は2012年7月27日にバンダイビジュアル(現在はバンダイナムコアーツ)からDVD、Blu-ray Discが発売された。共に全4巻。, ただし、前作の同様のシーンを新しく撮影しなおしたシーンも有り、その部分は髪がロングヘアになっている。, アクション監督の大橋明は、シーズン1の時点で名乗りポーズが存在していたが使われなかったと述べている, 第3痛ではアキバブルーを名乗らず「イワシ大好き・侮るな・石清水ルナ」と名乗っている。第4痛以降はアキバブルーとは名乗っているが名乗りの手前の台詞を毎回変えている。第6痛以降はレッドの名乗りでの推しに合わせて台詞を変えるようになったが、あまり詳しくないためトンチンカンなことを言ってレッドにつっこまれている。, クリスタルは眼帯や帽子などで隠せば簡単に封印することが出来るが、プリズムAが放つ「妹」の文字の形をしたビームを受けるとヒロヨに戻ってしまう。また、クリスタルを封印され博世に戻るとヒロヨのときの記憶は残っていない。, この芝居の元となった『ダイレンジャー』第27・33話は、第3痛が放送される週に偶然にもバンダイチャンネル(代理配信は含まない)で無料配信がなされた。またこのダイレンジャー第27・33話はどちらも渡辺勝也演出で、第3痛内ではひみつきちの壁に張ってある渡辺勝也のサインが映し出されていた。, アキバレッドとアキバイエローは、「五星」だけにアキバレンジャー3人とキバレンジャーの計4人に加え、5人目の「アレンジャー」も予定されていたと予想していた。, 本来の『五星戦隊ダイレンジャー』でキバレンジャーが追加されるのは第17話から。しかし、『五星戦隊アキバレンジャー』は、全13話で打ち切りとなってしまっている。, アキバレンジャーシーズン痛の公式サイトのこぼれ話によると、チャイナマンの企画書は存在しているが、(仮)名なのか、ダミータイトルなのか、タイトル決定前に幾つか出された候補のひとつなのか良く、覚えていないとのこと。, 当初本名は不明だったが、第5痛で苗字が判明し第9痛で赤木たちがアパートに乗り込んだ際、ポストを見たことでフルネームが明らかになった。, 第5痛でマルシーナの「恐竜みたいなの(戦隊)」の言葉から、ジュウレンジャーではなくアバレンジャーをイメージしてしまうなど。, ただし、新しく造形された怪人は次の回には一部を変更して別組織の怪人のようになって登場(ユルキャラジゲンとシーラカンスカンスは除く)している(ブルーレイ係長→HvD編集長、スマホモンガー→クニマスマホガニー、テントライジャー→ムトウムシテ。なお、正確にはバロスwではなくステマ乙所属である亀有アルパカ(←浅草アルパカ←月島アルパカ)も含む)。, ただし、原典で巨大な状態でのみ登場する設定のメカジャイガンを元にしたシーラカンスカンスは除く。, ただし、妄想世界でのみ暗躍していたHvD編集長とシーラカンスカンス、もともとマスコットキャラがモチーフのユルキャラジゲンは除く。, 妄想世界に登場したものはマシンイタッシャーと同じデザインで、ひみつきち内に置かれていたものは赤い車体に葵のイラストを張り付けたようなものになっている。公式サイトによるとこれはこのフィギュアがステマ乙との最終決戦のイタッシャーロボ(第1痛)→アキバルカンロボ(第2~3痛)→イタッシャーボーイと順番に流用されていたため。, ただし「ズッキューン!」の音声がマルシーナの声になっており、変身時にはBGMの代わりにBGMのメロディーをマルシーナが口ずさんだものが流れる。また、変身の際にマルシーナの服が脱げる。, ただし、ツー将軍は妄想世界に現れる度に女性キャラの足元から(2回目以降は足元に寝た状態で)登場している。, 公式サイトによるとティラノレンジャー・リュウレンジャー・ハリケンレッドに対応した悪の幹部にしたかったがスーツや着ぐるみが残っていなかったらしい。堀川の演じた筋殻アクマロ(『, ダイレンジャーの歌詞の始まりが「転身だァァッ!ウォウ ウォウ ウォウ ウォウ」であるのに対し、アキバレンジャーは「妄想だァァッ! スーツアクターさん 本物で大興奮です。 細かい演技とか スーツきてこなすのが美しい! マルシーナ!! まちこも憧れの悪のセクシー幹部にはやくなりたいです!! ガワショーでは、係長(渋谷・門前仲町・歌舞伎町さま!!) きたーーーーーー! 「mirage(ミラージュ)」とは、子供から大人まで アクション女優・アクターを集めた女性専門アクションチームです。現在は、小学生の頃からスーツアクター経験の有るメンバー中心に、ドラマ、映画、cm、アクションショーと幅広く活動しております。 このバトルモード・・・アップ用スーツでは地肌に胸の谷間を露わにし、素脚に網タイツという非常に色っぽいスタイルになっています。ところがアクション用スーツでは、胸も脚も肌色のタイツ地になっていました・・・これを見て(´・ω・`)ガッカリ・・・してしまったのは自分だけでしょうか?, 特撮・884閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50, 相変わらずアキバレの回答数が少ないですね・・・(´・ω・`) 『黒十字女王マルシーナ』(秘密戦隊ゴレンジャー・黒十字軍) シーズン痛 なお、シーズン痛のEDでは数々のコラボ写真の中に『歴代敵幹部に囲まれたマルシーナ』の写真が確認される。 アキバ文化を否定する「邪団法人ステマ乙」の女性幹部。 グラマラスな体型に黒の衣装を纏った美女であり、戦隊オタクである赤木信夫/アキバレッドからも「理想の幹部」と評されるほど外見・スペック共にレベルが高い。 ステマ乙は彼女以外に幹部と言える人物が物語終盤に登場したデリューナイトくらいしかおらず(ドクターZは首領ポジションであり幹部とは少し違う)、また様々な事情があるとはいえアキバレンジャーと手を組むことなども多く、敵ではあるがある意味ヒロインのようなポジションに … 彼女を囲んでいるメンツは以下のとおり。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, アキバレンジャー シーズン痛のマルシーナについて 続いてスーツアクター和田三四郎(アキバレッド)、大島遥(アキバブルー)、藤田房代(アキバイエロー)が登場して、そのままアクションを見せてくれました! いきなり「房ちゃん大好き~~~!」と抱き付く荻野。 大島は「膝や腰をやってしまって…。 レジェンドスーツアクター・新堀さんとレッドホ-ク登場&マルシーナ現実世界へと、てんこ盛りの内容でした。 公認戦隊撮影の本拠地・東映撮影所を見学してるかのようにも見える今回。それにあわせたのか、係長・下北沢ホヤも、 マルシーナの画像(特に最初のボンテージ衣装)が見られるの凄く楽しみにしています。 Posted by ねくすと at 2014年07月16日 09:26 アキバブルーのスーツアクターの大島遥さんが好きです。 しかし、本人は「サブキャラ」になるのを嫌い、メインキャラとして戦いたかった為、八手三郎が無意識に生み出した新キャラであるツー将軍が邪魔であり、彼を排除するべくあの手この手で暗躍していたのである。 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。 グラマラスな体型に黒の衣装を纏った美女であり、戦隊オタクである赤木信夫/アキバレッドからも「理想の幹部」と評されるほど外見・スペック共にレベルが高い。 もん もん もん もん」と変化している。, もう1名の名について優子らは「アレンジャー」と推測しており、2人合わせて「アキバレンジャー」になると指摘している。, TOKYO MXでは12回の放送でクールが入れ替わるために当初13話目の放送は未定だったが、最終話のみ別の放送枠で放送されることになった。, 公式サイトによると第4痛にも「キャプたん Chu-Chu-Chu」以外に「天国サンバ」を赤木信夫が歌うエンディングを用意していたが、本編の尺が長くなりすぎたことと堀江美都子の歌を途中でカットするのはもったいないとの配慮から「キャプたん Chu-Chu-Chu」を急遽本来のエンディング曲と差し替えたとのこと。そのため、シーズン痛のEDアルバムで赤木信夫が歌う「天国サンバ」はボーナストラック扱いとなっている。, 最終痛(第13痛)のみ別の放送枠(6月26日・水曜 25:00 - 25:30)で放送されることになった。その結果本来の最速放送局より最終回が早く放送された。, 『特撮ザテレビジョン「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」』86頁。, 『非公認戦隊アキバレンジャー オリジナル・サウンドトラック』(型番:COCX-37420)の付属ブックレットより。, New Year LIVE 2019「take you take me BUDOKAN! 風のヤイバ (轟轟戦隊ボウケンジャー) マルシーナはアキバレンジャーの生み出した小学校教室に 貼られている絵に気づく。 番組EDと同じクレヨン画のなかにまぎれている 「はかせひろよはかせ」の絵。 今まで妄想世界には声しか登場していない(できてない) はかせの絵がそこにはあったのだ。