王さんもびっくりやろ! 由規のヤクルト在籍中には、登録名と支配下登録選手としての背番号にちなんで、チームカラーである紺色のボンネットに「11 yoshinori」というロゴが白く描かれたタクシーを自社で運行していた。 All Rights Reserved. 2020年から佐々岡監督の就任でカープがどう変化していくのか楽し …, 2020年プロ野球の開幕はいつ?コロナの影響でクライマックスはどうなる?無観客での公式戦はあり?, 【実践】炭水化物を夜の夕食だけ抜くダイエットのやり方と効果は?結果すごい痩せた!!. 選手登場曲 メディア出演情報 出場選手登録 公示 2020春 … 来年チャンスあるで! つば九郎とも仲が良いし。 pic.twitter.com/wzxv75kxbL, 2011年~2018年でケガで出場できない年(2015年)以外で本塁打を30本以上打っています。, マジで今の日本プロ野球の中で7年間毎年30本塁打以上打ってるのはバレンティンだけ!, プロ野球界でホームイラン打ちまくりのバレンティンですが、実はつば九郎(ヤクルトのマスコットキャラ)と超仲が良いんです。, 他にもyoutubeで『バレンティン つば九郎』で検索したらバレンティンとつば九郎のほっこり動画がヒットしますよ。, 今年金農旋風を巻き起こした吉田選手の先輩。雄平。 夢は全球団のホームゲームを家族で見に行くことです。. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. もうすぐ2018年のプロ野球が開幕しますね。高校野球で活躍した選手たちの多くもプロ野球で活躍しています。このブログは主に高校野球の記事を中心に書いているのですが、高校野球から羽ばたいたプロ野球選手の出身中学や経歴が気になり、調べてみました。 東京ヤクルトスワローズの人気・注目選手を成績付きで紹介! 山田哲人26最、二塁手、背番号『1』 ヤクルトといえば山田哲人!3度目のトリプルスリーは史上初!! 王さんもびっくりやろ! 打率・本塁打・盗塁どれも難しい。 打率・本塁打・盗塁どれも難しい。 6月19日にプロ野球が開幕することが決まりました。 雄平も高校NO.1投手だったんだよな。 早く買わないと無くなっち... Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 最下位常連だった横浜DeNAベイスターズでしたが、ラミレス監督が就任してから2016年、2017年とAクラス入りを果たしましたね! 選手成績. 今年も2位と圧倒的な「差」を作 …, プロ野球ファンはどれほど待ち望んだであろうか… ヤクルトD5位指名・並木、神宮のSPEED STARに! 50メートル走5秒32 10.31 05:02 ヤクルトが2年連続最下位確定 高津監督「非常に悔しいです」 10.30 22:50 東京ヤクルトスワローズに所属する選手のSNSアカウント(ツイッター・フェイスブック・インスタグラム・ブログなど)まとめ。, yoshinori11sato・Instagram photos and videos, 秋吉亮 (@r.akiyoshi_14) • Instagram photos and videos, narukiterashima18 • Instagram photos and videos, Kyohei Muranaka (@kyohei15) • Instagram photos and videos, 川端慎吾オフィシャルブログ「ALL TRY MY BEST」Powered by Ameba, Wladimir Balentien (@cocobalentien) | Twitter, Tweets with replies by @wladimirBalentien4 (@ElWlady4) | Twitter, therealcocobalentien・Instagram photos and videos, 上田剛史 (@tsuyoshi50) • Instagram photos and videos, Takahiro Araki (@a.lucky.t) • Instagram photos and videos, 田代将太郎 (@s_tashiro61) • Instagram photos and videos, 池山隆寛オフィシャルブログ「BUN BUN STADIUM」Powered by Ameba, 抜けている選手やアカウント、またはリンク切れなどがありましたらコメント等で教えいただけると助かります。情報が入り次第、訂正や更新をさせていただきます。. 会社員に勤めながら大好きな野球の情報を発信していきます。 We would like to show you a description here but the site won’t allow us. 投手成績 1軍 打撃成績 1軍 投手成績 ファーム 打撃成績 ファーム. 坂口 智隆(さかぐち ともたか、1984年7月7日 - )は、兵庫県神戸市生まれ[2]・明石市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。, 愛称は「グッチ」。2019年シーズン終了時点の現役野手でただ1人、大阪近鉄バファローズに所属した経験を持つ[注 1]。, 小学2年時[2]に軟式野球の「鵯台ライオンズ」で野球を始め、投手で4番。明石市立望海中学校時代は硬式野球のヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩には栗山巧がいた[3]。, 神戸国際大学附属高等学校に進学後、1年秋から背番号1を着けてエースとなり秋季近畿大会でベスト4入りし[4]、翌春に春夏通じて同校初の甲子園出場となる第73回選抜高等学校野球大会にエースで5番として出場。3年時は背番号1のままながら外野手として出場することが多かった。夏の全国高等学校野球選手権兵庫大会では準決勝で金刃憲人を擁する市立尼崎高校を相手に9回裏2死から5点差を逆転してサヨナラ勝ちし、決勝では尾崎匡哉・大谷智久らを擁する報徳学園高校に敗れたものの準優勝。高校通算23本塁打[5]。, 2002年度ドラフト会議にて高井雄平の交渉権を抽選で逃した大阪近鉄バファローズから1巡目指名を受けて入団、神戸国際大附高出身者初のプロ野球選手となった。また、大阪近鉄バファローズ最後のドラフト1位指名選手でもあった。4番を打っていた打撃と俊足強肩の身体能力を買われて外野手に転向[6]。, 2003年はウエスタン・リーグで打率.302を残し、ドラフト指名を受けて入団した高卒野手では球団史上8人目となる1年目での一軍初出場を果たし、初安打も記録した。, 2005年から球団合併に伴う入団2年以内の選手への措置でオリックス・バファローズ所属となり、二軍で打率.285、13盗塁を記録。, 2006年も二軍で54試合出場、打率.328、12盗塁を記録。オフにはハワイ・ウィンターリーグへ派遣された。, 2007年はオープン戦で結果を残し、テリー・コリンズは「平野恵一が離脱している中で1番バッターは彼以外いない」と絶賛。1番中堅手で初の開幕スタメン出場を果たし、初回に同年のチーム初安打を放った。5月初旬に打撃不振で二軍に降格するも、シーズン終盤に再昇格後はレギュラーに定着し、9月以降は3割近い打率を残し猛打賞も記録。二軍では48試合に出場、打率.317、チームトップの10盗塁を記録。, 2008年も開幕1番に選ばれ、前半戦は好調を維持。夏場以降は打率が下がり三振も増えたが、主に1・2番打者として、タフィ・ローズと並ぶチーム最多の142試合に出場、初めて規定打席に到達するなどレギュラーに定着した。6三塁打・13盗塁(後藤光尊と同数)はチームトップ、安打数・犠牲バント数・犠牲フライ数はいずれもチーム2位を記録し、満塁時には9打席で7打数6安打11打点と満塁男ぶりも見せた。守備でも外野手としてリーグ3位の7補殺を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。一方で、全打席の半分以上で、3球目までに打った打撃スタイルとチーム4位の三振数を記録した、追い込まれてからの脆さから四死球が少なく、アベレージタイプの打者としては出塁率が低い事や、サウスポーに対し打率.232に終わるなど課題も残した。, 2009年は、シーズン途中から元近鉄選手用の汎用応援歌に替わり、新たに専用応援歌が作られた。オープン戦では打率.349と好調だったが開幕後は5月初旬まで打率1割台と打撃不振に陥り、同年から加入した近鉄時代のチームメイトでもある大村直之が1番を打つようになった。その後は徐々に復調していき、6月からは大村に替わって再び1番打者に定着。5月以降は7月以外全て月間打率3割以上で8月には月間打率.386、イチロー以来球団史上2人目となる月間40安打を記録し[7]、最終的にはチームトップの137試合に出場してチーム内の規定打席到達者で唯一の打率3割となるリーグ2位[8]の打率.317に同2位の167安打、前年の自己最多を更新するチームトップでリーグ10位の16盗塁を記録。また、リーグ6位の出塁率.381で左投手に対しても打率.297と前年課題を残した部分でも改善が見られた。守備では外野手としてリーグトップの14補殺に同2位の守備率を記録してゴールデングラブ賞を2年連続で受賞し、下位に低迷したチームの中で活躍した。この年は、野手8人の中で唯一日ハムではない選手の受賞となった。同年オフ、背番号を9に変更する事が決まった。12月21日には、阪神・淡路大震災復興15年チャリティーマッチに参加し、地元選手、ブルーウェーブOBらで構成された「がんばろう神戸ドリームズ」の選手として出場した[9]。, 2010年はフルイニング出場を目標[9]とし1番打者として起用されていたが、打撃不振によりわずか12試合でスタメン落ちした。しかし、セ・パ交流戦初戦となった5月12日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、延長10回表に決勝適時三塁打を打ち、チームの対ヤクルト戦2年ぶりとなる勝利に導く活躍や、6月7日の対広島東洋カープ戦ではプロ野球新記録となる10者連続安打の先頭打者として口火を切り、1イニング2安打を放つなど、交流戦打率.389とMVP候補にも挙がった。しかし7月は打率.213、OPS.539と再び不振に陥り、前半戦終了間際に3年ぶりの2軍降格を味わうも、前半戦終了時点で.288だった打率を昇格後は3割に戻し、最終的に2年連続3割、3年連続ゴールデングラブ賞、3年連続150安打を達成し、三塁打はリーグトップの10本をマークした。また、8月には10二塁打と6三塁打を放ち、8月度のJA全農Go・Go賞(表彰テーマ:最多二、三塁打賞)を受賞した。, 2011年は全144試合フルイニング出場を果たし、パ・リーグ最多安打を受賞した。シーズン序盤は不振であったが、交流戦では打率.412と一気に調子を上げて3割に乗せ、交流戦首位打者、最多安打、最多得点を記録して日本生命賞を受賞した。終盤まで3割をキープして首位打者を狙える位置にいたが、最後の最後で17打席連続無安打を記録するなど不振に陥り、最終的には打率.297でシーズンを終えた。しかし、最多安打、最多タイ三塁打、リーグ3位の得点、同5位の四球、同7位の打率、同8位の出塁率を記録するなど一番打者として活躍した。守備でも無失策の守備率10割、守備機会リーグ3位、補殺同5位と俊足・強肩ぶりを存分に発揮し、4年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。また、9月度のJA全農Go・Go賞(表彰テーマ:最多二、三塁打賞)にも2年連続で受賞した。, 2012年、シーズン前の3月10日に行われた東日本大震災復興支援ベースボールマッチの対台湾戦において初の日本代表に選出され、4回から途中出場し、2打数1安打1四球の活躍を見せた。開幕戦では1番・中堅手として先発出場を果たしたが、この年もここ数年同様に春先から打撃不振、守備でも失策を喫するなど精彩を欠いたことから、5月5日の日本ハム戦ではスタメン落ち。この試合で2010年9月19日から続いたフルイニング出場が179試合で途切れた。それでも一向に調子が上がらないまま、5月17日の対巨人戦で、初回に坂本勇人の放った飛球をダイビングキャッチで好捕したが、この際に右肩を地面に強打し負傷退場。検査の結果、右肩肩鎖関節の脱臼、さらに靭帯も断裂と診断され、長期離脱を余儀なくされた。シーズン復帰は絶望的と言われていたが、なんとかその後9月7日のウエスタンリーグ・中日ドラゴンズ戦で戦線復帰(岡田彰布監督が坂口の復帰を一軍戦の試合中に初めて知った[10])。しかし、打撃は問題はないが、守備で投げられるほどには万全ではなかったため[11]、専らDHまたは代打として守備に就かずに二軍戦に出場し続け、公式戦終了間際の10月5日に一軍登録され、同日の対ソフトバンク戦で7回裏に代打として復帰を果たすと、大隣憲司からダメ押しの適時打を放った。同月7日の対西武戦でも代打で安打を放ったが、一軍定着後最少となる40試合の出場に留まり、最下位に低迷したチームにとって坂口の戦線離脱が攻守に手痛いシーズンとなってしまった。この年のオフに伊藤光と共にオリックスの副選手会長に就任するも、新選手会長の大引啓次がトレードで移籍したのに伴い、選手会長に就任した。, 2013年は選手会長として試合に出場。しかし序盤から不振。さらに夏場に入っても一向に調子が上がらず、シーズン途中にはぎっくり腰になり8月に登録抹消。シーズン終盤に復帰した。最終的に97試合に出場。規定打席にはあと6打席届かなかった。, 2014年は、8年振りに開幕スタメンを逃したものの、一軍公式戦122試合に出場。出場試合数が、3年振りに100試合を超えた。しかし、8月以降は川端崇義にスタメンを奪われてしまうなど、シーズン全体では前年に続いて不振。その一方で、前年を下回る打席数で40打点を記録するなど、随所で勝負強さを発揮した。シーズン中には国内FA権を取得したものの、シーズン終了後に球団と2度交渉した結果、権利を行使せずオリックスへ残留することを表明している[12]。, 2015年にも、一軍の公式戦に開幕からスタメンで出場。一時、3番打者として起用されていた[13]。「『プロになりたい』と思わせてくれた」という阪神・淡路大震災発生年(1995年)のオリックス・ブルーウェーブ復刻ユニフォームで臨んだ4月18日の対西武戦では、地元に近いほっともっとフィールド神戸で、この年唯一の本塁打を放っている[14]。しかし、5月11日に出場選手登録を抹消[15]。抹消の直後に右肘を痛めた影響などから、一軍への復帰を果たせなかった。さらに9月には、翌年の契約について、野球協約上の減額制限を超える大幅な減俸を球団から提示される。坂口はこの提示に同意せず自由契約を申し入れ[16]、球団はシーズン終了直前の10月1日に坂口の退団を発表した。この発表を受けて、東京ヤクルトスワローズが坂口の獲得調査に着手している。, 2015年11月13日に、東京ヤクルトスワローズが坂口の獲得で合意に達したことを発表した[17][18]。推定年俸は3,000万円で、オリックス在籍時の最終年俸(7,500万円)から4,500万円減額。その一方で、「死を連想する不吉な数字」として日本人選手から敬遠されがちな背番号42を、自身の意向で着用することを決めた(詳細後述)。, 2016年には、シーズンを通じて一軍に帯同。一軍公式戦には、主に1番や2番打者としてチームトップの141試合に出場するとともに、オリックス時代の2011年以来5年振りにリーグの最終規定打席へ到達した。また、6月2日の対日本ハム戦(札幌ドーム)では一軍公式戦通算1000試合出場、同月8日の対楽天戦(Koboスタ宮城)1回表の第1打席では通算1000安打を相次いで達成。シーズン全体では、打率.295、 自己最多の63四球を記録するなど出塁に徹した結果、リーグ7位の出塁率(.375)を記録した。その一方で、この年のセントラル・リーグ規定打席到達者(27選手)でただ1人、ノーアーチでシーズンを終了。坂口にとっても、一軍定着後に規定打席に到達したシーズンでは初めての出来事だった。, 2017年には、春季キャンプへ入る前の1月に、ローリングスとの間で野球用具アドバイザリースタッフ契約を締結した[19]。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦136試合に出場。3年振りのセ・リーグ最下位に沈んだチームにあって、規定打席到達選手でトップの打率.290、4本塁打、出塁率.364を記録するなど、シーズンを通じて活躍した。また、シーズン中に一軍公式戦での通算打数が4000に達したため、NPBの通算打率ランキングに名前を連ねた。シーズン終了後の契約交渉では、オリックス時代の2012年以来5年振りに1億円プレイヤーへ返り咲いた[20]。, 2018年には、 ヤクルトを経てMLBで6シーズン活躍した青木宣親(前ニューヨーク・メッツ外野手)が、春季キャンプ中にチームへ復帰。青木を復帰前と同じ正中堅手に据えるチーム構想の下で、この年にヘッドコーチへ就任した宮本慎也が坂口の身長の高さ(181cm)に目を付けたことを機に、中学生時代を最後に遠ざかっていた一塁の守備練習を始めた[21]。レギュラーシーズンでは、3月30日の横浜DeNAベイスターズとの開幕戦(横浜スタジアム)で「6番・一塁手」としてスタメンへ起用[22]ことを皮切りに、一軍公式戦98試合で一塁の守備に就いた。打撃面では、シーズンを通じて安打を量産。前半戦は下位打線に組み込まれることが多かったが、7月頃から1番打者へ定着すると、2番打者・青木とのコンビで強力打線を牽引した。一軍公式戦全体では139試合に出場。打率はセ・リーグ9位の.317で、オリックス時代の2010年以来8年振りに3割を超えた。また、自己最高の出塁率.406をマーク。シーズン終了後には、推定年俸1億4,000万円をベースに年俸が変動するという条件で、翌2019年からの3年契約を結んだ[23]。, 2019年には、 守備中に脇腹へ送球を受けたり、打席で自打球が目に当たったりするなど、オープン戦からアクシデントが相次いだ。阪神とのレギュラーシーズン開幕カード(京セラドーム大阪)には「1番・一塁手」としてスタメンに起用されたものの、3月31日の第3戦8回裏の第4打席で、島本浩也から左手に死球を受けて交代。後に左手親指の骨折が判明したため、翌4月1日に出場選手登録を抹消された[24]。5月17日に一軍へ復帰した[25]が、前年ほどには調子が上がらず、6月9日に登録を再び抹消されて[26]からは二軍生活に終始した。一軍公式戦全体では22試合に出場。10試合で一塁、9試合で外野の守備に就いた[27]一方で、打撃面では打率.125、0本塁打、2打点と精彩を欠いた。この年で3年契約の1年目を満了したが、成績などに応じて年俸が変動する条件に沿って、シーズン終了後の12月5日には推定年俸1億1,500万円(前年から2,500万円減)という条件で2年目の契約に合意した[28]。, 2020年では、10月19日の対阪神戦(阪神甲子園球場)で史上129人目の通算1500安打に到達した[29]。, 本人曰く守備が好きで打撃は苦手、(アマチュア時代に)投手を務めるのも嫌だったと言う。高校時代の監督である青木尚龍は「運動能力は高いが投手としてはハラハラする投球が多かった」とし、「粘りがないが明るい目立ちたがり」な性格とコメントしている[6]。, 一塁到達3.71秒の俊足を生かし[30]、2008年から2010年までの内野安打率は14.7%である。さらに巧打者として追い込まれた時カットすることも多い。