第33回(2008年) リトルアマポーラ 競馬最強馬は?馬鹿「ディープインパクト」にわか「キタサンブラック」老害「オグリキャップ」, シンメイフジの大逃げに始まり有力各馬の熱い差し比べになった2011スノーフェアリー(2回目), トゥザヴィクトリーの大接戦神レースかファレノプシスのブライアンが近々に死んでて送る胡蝶蘭みたいなあれとかどっちかかな, ブライアン、トップガンに隠れがちだけど、サクラローレルってあの時代ではNo.1だったよな?. 第03回(1978年) リードスワロー 第06回(1981年) アグネステスコ 第41回(2016年) クイーンズリング 第33回 エリザベス女王杯 名手に導かれての新戦法で、リトルアマポーラが悲願のGI獲りを果たす エリザベス女王杯(GI)にはドイツのフェアブリーズ、フランスのトレラピッドが参戦、4週連続の国際GIからなるレースシリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」開幕戦に色を添えました。 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/07/31(水)18:50:4 ID:8/3omCaF0 なぜなのか... 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/03/23(金)18:54:3 ID:ikT3uelC0 絶対見え張ってるよな... 1 : 2019/12/23(月)22:32:47 ID:oEwZ6uyc0 馬連だな... 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/11/12(火)07:48:23.18 ID:H49QpdfN0 キタサンブラック... 1 : 2020/06/05(金)12:05:14 ID:sqfzromd0 なお、皐月賞→ダービーとかはその後G1を勝ったうちには入らない... 1 : 2020/06/28(日)16:28:57 ID:BUOfb4og0 買える要素あったか?... 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/03/06(水)19:38:1 ID:EhpQGCxO0 戸崎圭太 7勝(中山3勝、東京3勝... 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/07/24(火)23:00:5 ID:6lRdGHrM0 ?... 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/09/11(水)10:27:3 ID:R6+n44aq0 ウオッカのジャパンカップ... 1 : 2020/04/23(Thu)12:01:54 ID:ycPDAndzx 天皇賞・春 NHKマイルカップ ヴィクトリアマイル 優秀牝... 【検証】種牡馬として失敗したシンボリクリスエスが種牡馬の父・繁殖牝馬の父として健闘している理由, アーモンドアイ、牝限を除くとJC×1ドバイ×1秋天×2 5-2-1-1の雑魚だった…. 第14回(1989年) サンドピアリス 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第44回(2019年) ラッキーライラック, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リトルアマポーラ&oldid=78755381. 第19回(1994年) ヒシアマゾン エリザベス女王杯(過去gⅠ成績) レース成績データ 過去gⅠ成績. 第04回(1979年) ミスカブラヤ お前らが衝撃的だった競馬の事件; 勝てる券種ってやっぱり3連単なんだな; 消えた天才(競馬編) あのアーモ … 第23回(1998年) メジロドーベル エリザベス女王杯(エリザベスじょおうはい)は、日本中央競馬会(jra)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(gi)である。. 第34回(2009年) クィーンスプマンテ No.1競馬サイト「netkeiba.com」がエリザベス女王杯(G1)2020年11月15日阪神の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報 … 第18回(1993年) ホクトベガ 第17回(1992年) タケノベルベット 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 第22回(1997年) エリモシック 正賞はエリザベス女王杯、京都府知事賞、日本馬主協会連合会会長賞 第35回(2010年) スノーフェアリー 第27回(2002年) ファインモーション 1 : 2020/11/02(月)15:38:31 ID:LkOf7Rh30. 第25回(2000年) ファレノプシス ファレノプシス. 人気の投稿とページ. リトルアマポーラ (Little Amapola) は日本の競走馬。馬名の由来は、英語とスペイン語を組み合わせた言葉で「小さなひなげしの花」。, エリザベス女王杯・クイーンカップ(いずれも2008年)、愛知杯(2009年)優勝馬。, 2007年12月8日、ミルコ・デムーロを鞍上に迎えた新馬戦でディープインパクトの半妹ヴェルザンディらを破り初勝利を飾る。2戦目では武幸四郎に乗り替わり、17頭中9番人気となったが最後の直線で外から豪快に差し切り2勝目を挙げた。, 年明けの緒戦は京成杯。22年ぶりの牝馬制覇に挑むが道中馬込みに揉まれマイネルチャールズの4着に終わる。その後、クイーンカップに出走。馬体重が大幅に減っていたがここでは1番人気に推され、その期待に応えるように3勝目を挙げ重賞初制覇を果たした。, レース後は桜花賞に向けて調整され、レース当日には馬体重も戻りトールポピーに次ぐ2番人気に支持される。レースではやや出遅れたため位置取りがやや後方になってしまい、出走馬最速の上がり3ハロン34秒3の脚で猛然と追い込んでくるも届かずレジネッタの5着に敗れた。, その後、優駿牝馬では前走での最速の上がりが評価されて1番人気に支持されたが、伸びない大外を回らされたこともあって、トールポピーの7着に敗れ、レース後はリフレッシュ放牧に出された。しかし、放牧先では春の激戦の影響もあって体調を崩し、調整が大幅に遅れることになった。そのため、秋はトライアルを使わず直行で秋華賞から始動したが、ブラックエンブレムの6着に敗れた。, エリザベス女王杯ではクリストフ・ルメールを鞍上に迎えて挑み、道中は前目に付け最後の直線の入口で先頭に立つと、カワカミプリンセスやベッラレイアの追撃を振り切りGI初制覇を飾った。鞍上が武幸四郎に変わってからは後方からレースを進め大外を回すというスタイルであったが、これを先行させて勝たせたルメールの騎乗は、それまで後方一辺倒であったハーツクライを先行させて勝った2005年の有馬記念の再現と評されている。, カワカミプリンセスやベッラレイア等の古馬相手に勝利した事が評価され、同年のJRA賞で、並み居る3歳牝馬クラシックホース3頭を抑え、最優秀3歳牝馬を受賞した。, 4歳となった2009年は鞍上に福永祐一を新たに迎えマイラーズカップから始動。好位からレースを進めたが、直線で伸びあぐねて7着に敗れた。その後、5月17日のヴィクトリアマイルでは好位からレースを進めたが、直線で伸び切れず6着に終わった。その後、6月21日のマーメイドステークスでは中団から最後の直線で追い込んでくるものの逃げるコスモプラチナを捕らえることができず3着に敗れた。, 休養を挟んで10月18日の府中牝馬ステークスでは好位追走も伸び切れず5着に敗れた。連覇がかかったエリザベス女王杯ではクリストフ・スミヨンを鞍上に迎え4番人気で出走。道中3番手でレースを進めたが、直線で伸び切れず7着に敗れた。12月19日の第47回愛知杯に出走、スタートから好位置をキープし、最後の直線で逃げ粘るブラボーデイジーを交わして1着入線し、1年ぶりの勝利を挙げた。, 5歳となった2010年は2月6日の小倉大賞典に1番人気で出走。道中先団でレースを進めたが、直線で失速してしまい13着と大敗した。続く3月13日の中京記念では5着に敗れた。続く4月17日のマイラーズカップでは中団待機もまったく伸びず18着と殿負けに終わった。5月29日の金鯱賞では好位を追走するも伸びを欠き6着に敗れた。6月20日のマーメイドステークスでは中団追走も直線では伸びず11着と大敗した。, 夏の休養を挟み、10月17日の府中牝馬ステークスに出走し、最速の上がりを記録したが、人気通りの7着に敗れた。11月14日のエリザベス女王杯では好位を追走するが直線でアパパネとの追い比べに敗れ4着だった。12月4日の鳴尾記念では道中3番手を追走するが直線で失速し11着と大敗した。そして12月10日付けで登録抹消され、引退後は繁殖牝馬となった。, 国際競走指定前: 2020年11月7日 2020年11月6日. 表はスクロールすることができます. 第20回(1995年) サクラキャンドル 国際競走指定後: 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第44回: 2019年: ラッキーライラック: 成績: レース映像: 第43回: 2018年: リスグラシュー: 成績 第09回(1984年) キョウワサンダー 第40回(2015年) マリアライト 第01回(1976年) ディアマンテ 第11回(1986年) メジロラモーヌ Facebook; Twitter; はてブ; スポンサーリンク. エリザベス女王杯 ・ レース映像は、gⅠ開催日の18時頃に掲載いたします。 ・ 1984年以降のgⅠレースの映像となります。 エリザベス女王杯. 第10回(1985年) リワードウイング 1975年にエリザベス2世が来日したことを記念し、4歳牝馬限定(旧年齢表記)、芝2400mで創設されたエリザベス女王杯。エリザベス女王杯が現在の3歳上、芝2200mでのレースに変わったのは1996年。そこから24年、連覇を狙って出走した馬は計13頭、その中で連覇を達成したのは3頭と少ない。 第13回(1988年) ミヤマポピー リトルアマポーラ (Little Amapola) は 日本 の 競走馬 。 馬名 の由来は、 英語 と スペイン語 を組み合わせた言葉で「小さな ひなげし の花」。 エリザベス女王杯 ・ クイーンカップ (いずれも 2008年 )、 愛知杯 ( 2009年 )優勝馬。