(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (function() { 私は、「株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと」だと想定しています。, 逆に言えばリーマンショックを乗り越え、いまでも株式投資を継続している人は、経済的および心理的な逆境に耐えてきた方ということ。, そこで本記事では、リーマンショックを駆け抜けた個人投資家6名の声をネットから拾ってまとめてみました。, 信用取引をしていた個人投資家は株価暴落時にいつの間にいなくなっていったという怖い話。, 現物投資であっても2,000万~3,000万円の運用で、900万円の評価損を抱えたそうです。, サラリーマンの場合には勤め先からのリストラなどを含めて、先人の経験をしっかりと学んでおきましょう。, >>昨日までの3連休の間に、 >>世界の金融マーケットには文字通り大げさでもなんでもなく、激震が走った。, >>てっきり救済されるのがコンセンサスだと思われたリーマンがあえなく破綻した。 >>米政府が公的資金を投入しないと言明したことで、各社手を引いてしまった。 >>そして、支援企業として最も有力視されていたバンカメは、なんとメリルを買収した。, あまりに強烈な金融危機だったが故に、それ以降の○○ショックはショックとは感じないというメンタルの強さを身につけられたようです。, 株価暴落とは心理なダメージを投資家に与え、その試練を乗り越えた人には強い心を提供するのですね。, NightWalker’s Investment Blogの、NightWalkerさんの投稿です。, リーマンショックを乗り越えつつ、いまも投資ブログを継続している方は、きわめて稀な人種なのでしょうか。, 多くの個人投資家は、世界金融危機によって株式市場から退場し、別の道へと進んでいるのかもしれません。, 月1万円の積立投資をいくつかしていましたが、途中で残金不足となっても気がついたのは5年後だったというどうしようもない記憶があります、、、, ですから先人の経験から状況を想像し、自分だったらどうするのかというシミレーションをたてておきたいわけです。, 100年に一度の戦場を駆け抜けた諸先輩方の経験・生の声をを心に刻み、万が一に備えるのです。, 1900年以降、米国株式市場では大暴落が9回発生しています。つまり10数年に1回のサイクルで、暴落はやってきていたのです。, 暴落時の株価下落率を知ると、頭がくらくらしてしまいます。だからこそ日ごろからアセットアロケーションに気を配る必要があるのですね。, 株価暴落の最大のダメージは、個人投資家が築き上げてきた運用への自信を奪うことなのかもしれません。. gcse.type = 'text/javascript'; 米国株価の大暴落の過去を学ぶことは、投資活動に有用です。 歴史は繰り返さないが、韻を踏む。 そこで本記事では、 アメリカ株式市場がいつ暴落したのか その周期はどうだったのか について紹介していきます。 い... 投資家は、株価大暴落のドローダウンを知っておいた方がよいでしょう。 運用資産がどの程度下落するのか、イメージがつくからです。 お金が半分になっても、投資を続けていくことができますか? ということで、米国株式、日本株... 株価暴落とは、これまで気づいてきた投資収益を奪います。 さらにそれまで築いてきた投資家の自信を粉々に打ち砕くのです。 ですから株価暴落は個人投資家にとっては耐えがたいもの。 投資家が恐れるのも無理はありません。 ... もし次、リーマンショック級の暴落が来れば今度こそ余裕資金を突っ込みたい気持ちはありますが、実際は何もできないだろうと思います。, 別にそんな事態を予想していた訳でもなんでもなく、運が本当に良かっただけ。危ないところだった。, たかだかお金のことといいますがやはり大金を失うのにはかなりの精神的ショックがあり人によってはずっと尾を引く出来事になってしまうでしょう。, おそらく人間の性というものは変わらないので、いずれまた暴落が来ると思いますが、今度こそはうまく対処したいと思います, アセットアロケーションの変遷(その1・リーマンショックのナイアガラっぷり)【アセットアロケーションの決め方・その9】. ・個人がホームエクイティローンで借入額以上に値上がりした自宅を担保にお金を借りて消費した, ・借り入れをしてまで家を買わなくて良い人(返済能力が十分ではない人)が住宅ローンを利用した, 結果として、金融機関の破綻や危機が続き、特に米国では過剰債務を抱えた個人の需要(消費意欲)が一気に減退、経済全体として失業が増え、突然の変化に対応できなくなった。金融機関のリスク管理を強化する政策が実行された一方、失業増・危機が約2年続いた後、企業の淘汰と雇用・賃金・消費の回復までに約4~5年を要し、「失われた7年」と呼ばれるほどの長い道のりとなった。, ・バブル的要素は生産(過剰設備)面でも需要(個人や法人の過剰負債)面でも見当たらなかった, そもそもウイルス蔓延が続く期間を予想・想定することは難しい。ただし、直接的には政府の感染防止策が需要を抑え込んでいることは明確で、回復させるために各国政府が財政政策で対応することが当然となる。, もう一つの大きな違いは、リーマン・ショックの時よりもコロナ・ショックの方がインフレ期待が低い(米国長期金利はリーマン・ショック時は4%程度、今回は1%程度)ことだ。金利がもともと低い状態なので、金融政策(利下げ)は、前回と比較して今回のほうが、需要ショックに対して効きにくい。, もともと金融バブル(金融機関に問題あり)だったリーマン・ショックと異なり、経済(需要)低迷の直接の原因がウイルスと政府の感染防止策にある上、低金利が続いていたことで、金融政策の限界が明確になりやすい環境であることだ。, このように、経済が突然受けたショックの原因と環境の違いが明確だとすれば、ショックからの反転のきっかけとして、金融政策より財政政策の規模とスピードに注目したい。FRB(米連邦準備制度理事会)や日本銀行の政策は、緊急事態(金融の目詰まり)回避的で、需要の押し上げ(設備投資を増やすなど)効果は小さそうだ。日銀のETFやREITの買い入れ増額も、市場心理の不必要な悪化を防ぐ副次的効果はあるが、経済へのインパクトは限定的となるだろう。, 世界経済が米国の雇用拡大、賃金上昇、消費と貿易の拡大にけん引された成長トレンドにあったとすれば、今回のショックがもたらすであろう、市場で想定されている2~3四半期程度の「景気後退(マイナス成長)」は、技術的・サイクル的なショックに過ぎないはずだ。, 今回の経済と金融市場の混乱解消の進展を占うポイントは、日・米・欧の財政政策の規模とタイミングだ。まず、政府が不要不急の外出などを止めたことによる需要の減少で被害を受けた企業などに対して、目先の休業補償などが緊急対応策となるが、これは最低限必要な緊急措置として適切に行われる必要がある。重要なのは、その後も続くであろう消費減退を抑える財政支出だ。, 具体的には、「トランプ米政権は17日、新型コロナウイルスによる経済不安を抑えるため、総額1兆ドル(約107兆円)の景気刺激策の検討に入った」とされ、「米国民に小切手を直接送る施策を検討している」(ムニューシン財務長官)、給与税の免除や航空会社、宿泊業、航空機メーカー支援策などが盛り込まれるとの見通しだ。これは「2008年のリーマン・ショック直後の緊急対策を上回る規模」になるとも報道された(3月18日付日本経済新聞)。, 日本では消費税率の短期引き下げの可能性も取り沙汰されている。そもそもすべての人にかかる消費税率を下げるより、その分のお金を低所得層に再分配したほうが貯蓄より消費に回りやすく格差是正につながるのだが、時間がかかりそうなので、緊急策としてあってもおかしくない。, 株価の下げのめどと今後のシナリオを語ることは不可能への挑戦だが、現時点で市場で想定されている2四半期程度の消費低迷とその後の正常化を前提とすると、3月23日時点の日・米・欧の株価指数はおおむね悪材料を織り込んでいるとみられ、さらなる下げが長く続くとは考えにくい。今回のショックがリーマン・ショックより小さいという想定が変わるとすれば、欧米のウイルス問題の正常化に1年程度はかかるという懸念が強まるときだろう。, 2020年4-6月にウイルス収束、7-9月に景気回復し、10-12月に経済が正常化することを前提として考えよう。まず、財政政策の効果が消費や企業売上に波及していけば、金利上昇要因となる。日・米の金融緩和後に長期金利が高止まりしているのは、現金選好(cash is king)とともに財政拡大への期待とも解釈できる。, 仮に正常化がこの程度の期間であれば、不必要な金融収縮(例えば、貸しはがし)は想定できず、所得減はあっても一時的もしくは部分的に終わり、消費の回復(いわゆるペントアップ・デマンド)がすぐに見え始めるだろう。完全に元に戻るには時間がかかるだろうが、止まっていた消費や投資の回復は、正常化を早めることになる。, 今後一時的に株価の下げがあるときは、(ウイルス収束の遅れがみられる場合を除き)財政政策催促相場となるだろう。米大統領選挙がある年に、(可能性は低いが)与野党が歩み寄れないことなどがあれば、懸念が強まる恐れはある。一方で、無力扱いされがちな金融政策だが、市場を落ち着かせる効果はある。, 日本で、仮に年度末に株式やREITの投げ売りがあれば、日銀によるETFやREITの買い入れが、投資家の不安心理を和らげることになり、現金選好に伴う日米長期金利の最低水準からの底打ちも、財政拡大期待に支えられるものと変わるだろう。現段階では、世界経済は成長トレンドに戻っていくと想定している。, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります. gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; 米政府の“リーマン・ショック”対応の評価と今後の株式市場. 9月14日の「流血の日曜日」以来、経済ニュースはリーマン・ブラザースの破たん、そして北米発の金融危機の話題一色でした。前回、このコーナーでもリーマン破たんについて詳しく述べました。 もし次、リーマンショック級の暴落が来れば今度こそ余裕資金を突っ込みたい気持ちはありますが、実際は何もできないだろうと思います。 経済危機による株価大暴落時に個人投資家としてどのように対応したらよいのか? var cx = 'partner-pub-3192422046532843:4877132615'; s.parentNode.insertBefore(gcse, s); リーマン・ショックとは、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。 gcse.async = true; リーマンショック後の10年間で 世界経済はどう変わったか 調査部 枩村秀樹 《要 点》 リーマンショック後の10年間で世界経済は大きく変化。とりわけ以下の3点。 ① 成長率が低下。中国の高成長一巡、世界的な過剰貯蓄、潜在成長率の低下など が背景。 リーマン・ショックとは?原因と日本韓国への影響世界的に大きな影響を及ぼしたリーマン・ショックですが、その詳細はご存知でしょうか。あの時、世界では一体何が起こっていたのでしょうか。今回はリーマン・ショックが起こった背景とその後の状況、そして日 コロナ・ショックとリーマン・ショックの違い 2020/03/25 15:15 自民党が2050年温室効果ガスゼロで推進本部新設へ 二階氏が本部長 var gcse = document.createElement('script'); })(); https://twitter.com/jukucho7/status/858479011495792641. var s = document.getElementsByTagName('script')[0];