世界金融危機 (せかいきんゆうきき、 英: Global Financial Crisis )とは、 2007年 に顕在化した サブプライム住宅ローン危機 を発端とした リーマン・ショック と、それに連鎖した一連の国際的な 金融危機 である。 © 2020 日本と愉快な仲間たち(JAW) All rights reserved. その後、日本の企業はリーマン・ショックと東日本大震災を経験することになる。2008年9月にリーマン・ショックが発生し、約1万6000件の企業が倒産した。このため、政府は中小企業の資金繰り支援策として時限立法で「中小企業金融円滑化法」を施行した。 リーマンショックがいつ起こったか と言うと、 2008年9月 にアメリカの リーマンブラザーズという超大手証券会社が経営破たん したことで起こりました。 日本でいうと野村証券や大和証券のような有名な … 2008年9月にリーマン・ブラザーズの経営破たんから、リーマンショックは発生した。. このことに衝撃を受けた投資家が投資資金を一斉に引きあげたため、未曾有の世界不況に突入したのでした。, まず、なぜ巨大な証券会社とはいえ、アメリカの1企業が破たんしただけで世界的な大不況の原因とまでなったのでしょうか?, それは、リーマンブラザーズを始め色々な金融機関が販売していた、ある金融商品(投資信託のようなもの)が原因でした。, サブプライムローンは住宅ローンの一種なのですが、日本人の感覚で住宅ローンを組むことを考えると、住宅ローンは経済的な信用力のある人しか組めません。, もちろん自営業の方でも住宅ローンは組めますが、返済が滞る可能性が会社員より高くなるため、借りる時の審査が厳しくなったり金利が高くなったりします。例え年収が公務員より多くても、そうなる可能性が高いのです。, ところがサブプライムローンは、こういった経済的な信用力が低い人達に向けて発売された住宅ローンでした。, サブプライムローンという住宅ローンがどのように利益を出して、返済が滞る高いリスクを回避するはずだったのかは次の通りです。, 実際にしばらくはうまくいきました。高金利ですから、サブプライムローンからの収益は大きなものとなりました。借りた人の返済が滞ったら住宅を売却して返済させればOKでした。, そのようにうまくいくものだから、がんがんサブプライムローンを売りまくりました。それこそ、ウェイトレスさんやビルの窓ふきのアルバイトさんにも(^▽^), 味をしめた投資銀行や金融機関は、サブプライムローンをもっと売ってたくさん儲けようと考えました。, よし!そのリスクは、信用力の高い人達に貸した普通の住宅ローンとセットにすれば、多少貸し倒れがあっても信用力の高い住宅ローンでカバーできる!, という理屈で、サブプライムローンは投資銀行により証券化されました。リスクの低い金融商品などとセット販売という形で。, そして、この証券化されたサブプライムローンが混在した金融商品を、アメリカを代表するような投資銀行・証券会社が売り出したものですから、世界中の銀行や機関投資家などがこぞって買いました。, 私達からするとお金は限られたものという感覚ですが、世界中にはお金(投資資金)は有り余っているようです。そのため、良いと思われる金融商品はどんどん売れていきます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめまして!JAW(日本と愉快な仲間たち)管理人のヤナイと申します。複雑な国際情勢や政治経済を、わかりやすく&面白おかしくご紹介しています!詳しくはこちらをどうぞ!. アメリカでは地方の中規模の銀行がバタバタと潰れ、世界中の国々で失業者が激増する大不況を引き起こしました(ノД`)・゜・。, 私は、当時フリーランスで働いていましたので、自営業者は影響をモロに受ける立ち位置ということを痛感しましたね・・・, おそらく、リーマンショックは300年後の社会の教科書にも、しっかりと記載されることでしょう。, 今回は、そんな金融危機からの世界的大不況のキッカケとなった、リーマンショックはいつ起こったのか?その経緯をわかりやすく、解説したいと思います。, リーマンショックがいつ起こったかと言うと、2008年9月にアメリカのリーマンブラザーズという超大手証券会社が経営破たんしたことで起こりました。, 日本でいうと野村証券や大和証券のような有名な巨大企業です。1850年に創業し150年以上も歴史のある、アメリカで第4位の証券会社でした。なんと倒産時の負債総額は約64兆円!米国最大の負債額でした。, そんなリーマンブラザーズが倒産し、その後数年の間、歴史に残る世界的な大不況となりました。, 影響の大きすぎる巨大企業なので、経営破たんしたまま放っておくと被害が拡大してしまいます(連鎖的な倒産などの大規模な悪影響)。そのためアメリカ政府が救済するだろう、と市場(しじょう、株式市場、為替市場など)は予想しました。, しかしアメリカ政府は救済しませんでした! まずはリーマンショックの概要について確認しておきましょう! リーマンショックとは2008年9月、大手投資会社リーマン・ブラザーズが経営破たんしたことで起きた、世界的な経済危機のことです。アメリカ市場のみならず世界の市場が混乱状態に陥り、株価が急落しました。 ちなみにリーマン・ショックは和製英語です。英語ではthe financial crisis of 2007–2008(2007年から2008年の金融恐慌), the Global Financial Crisis(国 … 続きを読む. リーマンショックとは、いつ起き、その影響は リーマンショックとは、いつ起きたかと言いますと、平成20年 (2008年)9月15日、アメリカの大手証券会社、 リーマン・ブラザーズ が経営破綻し、 世界中がパニック に見舞われました。 映画『鬼滅の刃』国内の歴代興行収入5位に。公開24日で『ハリポタ』1作目超える【ランキング一覧】, カマラ・ハリス氏はなぜ勝利演説で白いパンツスーツを着たのか。初の女性副大統領誕生へ, パジャマで路上をダッシュ。バイデン大統領誕生に、ジェニファー・ローレンスが「イエーーーイ!!!」と大歓喜(動画). リーマンショックっていつだっけ? ... 日本平均株価は、リーマン・ショックで安値6,994まで暴落しましたが、2012年11月頃からは「アベノミクス」によって大幅上昇していき、2015年6月には20,952を記録しました。 リーマンショックは、2008年9月15日にアメリカの投資銀行大手「リーマン・ブラザーズ」が倒産したことをきっかけに起こった世界的な金融・経済危機のこと。 リーマン・ショックとは、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。, 2007年のアメリカ合衆国の住宅バブル崩壊をきっかけとして、サブプライム住宅ローン危機を始め、プライムローン、オークション・レート証券、カードローン関連債券など多分野にわたる資産価格の暴落が起こっていた。, 2007年からの住宅市場の大幅な悪化と伴に、危機的状態となっていたファニー・メイやフレディ・マックなどの連邦住宅抵当公庫へは、政府支援機関における買取単価上限額の引上げや、投資上限額の撤廃など様々な手を尽くしていたものの、サブプライムローンなどの延滞率は更に上昇し、住宅差押え件数も増加を続けていた。歯止めが効かないことを受け、2008年9月8日、アメリカ合衆国財務省が追加で約3兆ドルをつぎ込む救済政策が決定。「大き過ぎて潰せない(英語版)」の最初の事例となる[1]。, リーマン・ブラザーズも例外ではなく、多大な損失を抱えており、2008年9月15日(月曜日)に、リーマン・ブラザーズは連邦倒産法第11章の適用を連邦裁判所に申請するに至る[2][3]。この申請により、同社が発行している社債や投信を保有している企業への影響、取引先への波及と連鎖などの恐れ、及びそれに対するアメリカ合衆国議会・アメリカ合衆国連邦政府の対策の遅れから、アメリカ合衆国の経済に対する不安が広がり、世界的な金融危機へと連鎖した。2008年10月3日には、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが、金融システムに7,000億ドルの金銭支援を行う緊急経済安定化法案(Troubled Asset Relief Program)に署名する[1]。, 日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日(金曜日)の終値は12,214円だったが、10月28日には一時は6,000円台(6,994.90円)まで下落し、1982年(昭和57年)10月以来、26年ぶりの安値を記録した。, リーマン・ブラザーズは、負債総額約6000億ドル(約64兆円)というアメリカ合衆国の歴史上、最大の企業倒産により[3]、世界連鎖的な信用収縮による金融危機を招いた。, リーマン・ブラザーズは、破綻の前日までアメリカ合衆国財務省や連邦準備制度理事会(FRB)の仲介の下でHSBCホールディングスや韓国産業銀行など、複数の金融機関と売却の交渉を行っていた[4]。日本のメガバンク数行も参加したが、後の報道であまりに巨額で不透明な損失が見込まれるため、買収を見送ったと言われている。, 最終的に残ったのはバンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ、バークレイズであったが、アメリカ合衆国連邦政府が公的資金の注入を拒否[5] していたことから交渉不調に終わった。, しかし交渉以前に、損失拡大に苦しむメリルリンチはバンク・オブ・アメリカへの買収打診が内々に決定され、バークレイズも巨額の損失を抱え、すでにリーマン・ブラザーズを買収する余力などどこにも存在していなかった。リーマン・ショックの経緯については、アンドリュー・ロス・ソーキン著の「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」(原題: Too Big to Fail)に詳細に説明されている。, 日本は長引く不景気から、サブプライムローン関連債権などにはあまり手を出していなかったため、金融会社では大和生命保険が倒産したり農林中央金庫が大幅な評価損を被ったものの、直接的な影響は当初は軽微であった。しかし、リーマン・ショックを境に世界的な経済の冷え込みから消費の落ち込み、金融不安で各種通貨から急速なアメリカ合衆国ドルの下落が進み、アメリカ合衆国の経済への依存が強い輸出産業から大きなダメージが広がり、結果的に日本経済の大幅な景気後退へも繋がっていった。, 「リーマン・ショック」は和製英語であり、日本においては一連の金融危機における象徴的な出来事として捉えられているためこの語がよく使用されている。英語では同じ事象をthe financial crisis of 2007–2008(「2007年から2008年の金融恐慌」)や the global financial crisis(「国際金融危機」)、 the 2008 financial crisis(「2008年の金融危機」)と呼ぶのが一般的である。文脈にもよるが the financial crisis(「金融危機」)だけで「リーマン・ショック」を意味することも多い。, Lord Mervyn King: why throwing money at financial panic will lead us into a new crisis, https://web.archive.org/web/20080916121429/http://www.mainichi.jp/select/today/news/20080916k0000e020024000c.html, https://web.archive.org/web/20080907013550/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080904/fnc0809041911011-n2.htm, NHKスペシャル 金融危機1年 世界はどう変わったか | NHK放送史(動画・静止画), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リーマン・ショック&oldid=80161488.