【AFP=時事】(更新)ロシアのシベリア(Siberia)地方で、火力発電所から大量の軽油が川に流出した事故で、非常事態省は5日、AFPの取材に対し、軽油の拡大を阻止したと明かした。 !」 40秒間も笑い続けたテレビ伝道者 ネットでは「狂ってる」と話題に, 韓国のガールズグループ「BLACKPINK」の動画に 中国人ネットユーザーらが猛非難!, 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの, 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの, 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの, スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの, そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ), 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド), インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング), テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合, 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明. 【6月9日 AFP】ロシアの北極圏にある都市ノリリスク( Norilsk )で燃料油が流出し、河川を広範囲に汚染した事故についてロシア当局は5日、永久凍土が融解したことが原因だとし、同じように脆弱(ぜいじゃく)な地域に立てられているインフラ施設の点検を指示した。 平成9年1月2日に島根県沖の日本海で沈没し、船首部分が福井県三国町に着底したロシア船籍タンカー「ナホトカ号」の油流出事故では、大量の重油が日本海沿岸各地に漂着し、自然環境や地域住民の生活に深刻な影響を与えました。 【6月4日 AFP】(更新)ロシアのシベリア(Siberia)地方の火力発電所で大量の軽油が川に流出する事故があり、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は3日、非常事態を宣言する一方、発電所の運営会社を厳しく叱責した。, ロシア当局によると、事故が起きたのは、北極圏の都市ノリリスク(Norilsk)近郊の火力発電所。5月29日に燃料タンクが損傷し、軽油1万5000トンが付近の川に、6000トンが土壌に流出した。, 当局が発電所を運営するNTEKが事故報告を怠ったと指摘したことを受けて、プーチン氏はテレビ会議で、NTEKのセルゲイ・リピン(Sergei Lipin)社長を厳しく批判。「なぜ政府機関が事故について把握するのが、発生の2日も後になったのか? 政府は緊急事態をソーシャルメディアで知るものなのか?」などと問いただし、異例の厳しい叱責を行った。, NTEKの親会社、金属大手ノリリスク・ニッケル(Norilsk Nickel)は、NTEKが「適時適切」な方法で事故について報告したと発表している。, 重大犯罪の捜査を担当する連邦捜査委員会(Investigative Committee)は、環境法令違反の疑いで捜査を開始し、発電所の職員1人を拘束したと発表した。, 連邦捜査委員会が公開した現場のものとされる動画には、軽油が燃料タンクから流れ出したり、フェンスの下を流れたりする様子が映っていた。, 世界自然保護基金(WWF)の専門家、アレクセイ・ニズニコフ(Alexei Knizhnikov)氏によると、今回の流出量は、1994年にロシア北西部コミ(Komi)共和国で数か月にわたって発生した原油流出事故に次ぎ、ロシア近代史上2番目になるという。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. プーチン大統領はノリリスクの火力発電所で2万トンの石油製品が河川に流出した事態を受け、連邦レベルの非常事態宣言を発令するというジニチェフ非常事態相の提案に同意した。, 5月29日、ロシア北部、クラスノヤルスク地方ノリリスク市の火力発電所内にあるディーゼル燃料貯蔵庫の機密性が損なわれ、その結果2万トンの石油製品が河川に流出。汚染面積はおよそ10万平方メートルに及んでいる。, プーチン大統領は連邦非常事態宣言の発令に同意し、環境への被害を一刻も早く食い止め、石油製品の処理問題を解決するよう求めた。, ロシア自然利用監督庁の現段階での調査では、これによる損害額は数百億ルーブルにたっするおそれがある。すでに燃料流出の刑事事件として捜査委員会が捜査に乗り出した。, クラスノヤルスク地方政府は流出した燃料を燃焼させて処理する方法を提案したものの、これに対して天然資源省のドミトリー・コブィルキン大臣は極圏でこれだけ広大な面積でこれほど多量の燃料を燃やした場合、その被害は想像を絶すると答えた。, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/750/80/7508049_0:80:1200:755_1200x675_80_0_0_b1b58b6c6cb73a8c33dfc68efa55730f.jpg.webp, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png, https://jp.sputniknews.com/incidents/202006047508129/, 下記の「登録」ボタンをクリックすると、貴殿の個人情報の処理と、個人情報保護方針への貴殿の同意が確認されたことになります。, プロフィールが削除されました。プロフィールの再現は削除後30日以内であれば、登録の際のこちらからの送信メールにあるアドレスから可能です。, ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。, © 写真 : Prosecutor's office of Norilsk, ロシアカップ第4戦 トルソワ優勝 複雑なコンビネーションジャンプ決める コストルナヤは2位, バイデン氏当選に「ハハハ! 【AFP=時事】(更新)ロシアのシベリア(Siberia)地方で、火力発電所から大量の軽油が川に流出した事故で、非常事態省は5日、AFPの取材に対し、軽油の拡大を阻止したと明かした。, 軽油除去の対策本部は「軽油の拡大を阻止した。すべての方向で食い止められており、これ以上どこにも広がることはない」としている。, 事故が発生したのは先月29日。環境保護活動家らは、北極圏では過去最悪の油流出事故だとみている。, 軽油の流出は、シベリア北部の都市ノリリスク(Norilsk)近郊の火力発電所で燃料タンクが損傷した際に始まった。, 国の環境監視当局によると、軽油1万5000トンが付近の川に、6000トンが土壌に流出したという。, この発電所は、金属大手ノリリスク・ニッケル(Norilsk Nickel)の子会社が所有している。, ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は、収拾を図るために非常事態を宣言していた。, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, © AFP PHOTO / Public Joint Stock Company Transneft, © AFP PHOTO / MARINE RESCUE SERVICE OF RUSSIA. 【6月4日 AFP】(更新)ロシアのシベリア( Siberia )地方の火力発電所で大量の軽油が川に流出する事故があり、ウラジーミル・プーチン( Vladimir Putin )大統領は3日、非常事態を宣言する一方、発電所の運営会社を厳しく叱責した。 5月29日、ロシア北部、クラスノヤルスク地方ノリリスク市の火力発電所内にあるディーゼル燃料貯蔵庫の機密性が損なわれ、その結果2万トンの石油製品が河川に流出。汚染面積はおよそ10万平方メートルに及んでいる。