Sputnik / Evgeny Biyatov, ロシアカップ第4戦 トルソワ優勝 複雑なコンビネーションジャンプ決める コストルナヤは2位, バイデン氏当選に「ハハハ! ど、ロシアの財政安定化にも大きく貢献してきた。 図1 ロシアの石油・天然ガス輸出額と実質経済成長率の推移. ����j8��%@��~ D�h�" "�(gȧ1�q (>���0Bo��;����+�u��2���a'����r�� �Τ�*��yU��g�('sV��Yq��t��T΃# ��q��V��r"���*���Q���'�=6x�n���%��m�gnCн ��iZ`�[s�5��2���k���&�E����K=�B�r�IPw=yaXw�)��. 原油の生産は、グラフ爬で見るとおり、2001年 の統計で、世界の3強はサウジアラビア(792万バ レル/日)、ロシア(690万バレル/日)、アメリカ(570 万バレル/日)である。 500,000 450,000 400,000 350,000 300,000 250,000 200,000 150,000 100,000 50,000 0 1992 94 96 98 2000 02 04 06 08 15 10 5 0 5 10 15 20. Российские банки борются за частников, Ежегодно объем потребительского кредитования в России удваивается, ОСНОВНЫЕ СОЦИАЛЬНО-ЭКОНОМИЧЕСКИЕ ИНДИКАТОРЫ УРОВНЯ ЖИЗНИ НАСЕЛЕНИЯ, 2009年5月12日付東芝ニュースリリース ロシア企業との原子燃料分野での協力関係に関する検討開始について, Russia takes the third place in the world by grain exports, 北海道新聞 平成22年12月26日 ロシアに裏金 稚内、釧路など漁業4社が5億円 国税調査で判明, BP Statistical Review of World Energy June 2010, http://www.cnn.com/2007/WORLD/europe/08/02/arctic.sub.reut/index.html?eref=yahoo, http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2286452/2167444, http://www.realeconomy.ru/themes/details/index.shtml?id=7215, Russian defense industry production up 2.5% in 1Q09, “Russian arms exports exceed $8 bln in 2008”, http://en.rian.ru/russia/20081216/118889555.html, Successful Year for Aerospace Manufacturers, “Prospects for the Domestic Aircraft Industry”, http://dlib.eastview.com/browse/doc/20573392, http://electronics.ihs.com/news/2006/gsma-3g-russia.htm, Nanotechnology state investment until 2015, http://www.asahi.com/international/update/1217/TKY201112160835.html, http://www.ier.hit-u.ac.jp/rrc/RRC_WP_No22.pdf, http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/euro-insight/EUI101028.pdf, http://www.nids.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j11_1_1.pdf, http://www.jawic.or.jp/jawic_world/No1.pdf, http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200810_693/069301.pdf, https://oilgas-info.jogmec.go.jp/_res/projects/default_project/_project_/pdf/4/4493/201109_001a.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロシアの経済&oldid=76739456, 農林漁業 4.6%、鉱工業 39.1%、サービス産業 56.3% (2007年暫定値), 農林漁業 10%、鉱工業 31.9%、サービス産業 58.1% (2007年暫定値), 2005年 7月 「サハリン2」の総工費が当初予定から倍増(200億ドル)することが判明。, IP (Индивидуальный предприниматель) - 個人起業家, OOO (Общество с ограниченной ответственностью, ООО) - 有限会社, ZAO (Закрытое акционерное общество, ЗАО) - 非公開会社、閉鎖型株式会社、閉鎖会社など (株は公開取引されず、特定の法人・個人に所有され、転売にも制限がある, OAO (Открытое акционерное общество, ОАО) - 公開会社、公開型株式会社、開放会社など, ANO (Автономная некоммерческая организация, АНО) - 独立非営利法人, GP or GUP (Государственное унитарное предприятие, ГП or ГУП) - 国営企業、国有企業, PK (Производственный кооператив, ПK) - 生産協同組合. ・ 左サイドのカテゴリのリンクをクリックすると統計を分野別を検索できます。, 出典・参照:UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development), GLOBAL NOTE®はグローバルノート株式会社の登録商標です。 © 2012-2020 GLOBAL NOTE Inc. All Rights Reserved, 世界170ヵ国以上、1,600種類以上の国際統計を国別ランキング・時系列推移・グラフ・各国比較などの形式で掲載 ダウンロード可能, UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development). 2019年の世界の石油(原油)輸出額 国別比較統計・ランキングです。各国の石油(原油)輸出額と国別順位を掲載しています。原油の輸出額。時系列データは1995-2019年まで収録。 ロシアが2018年に生産した5億5600万トンの原油のうち4億930万トンが輸出された。これほど輸出量が多いのは、最近20年間、国内の石油消費量が徐々に減少しているためだ。1990年以降、石油の輸出量の割合は、総石油生産量の47.7%から73.6%に増加している。 旅客航空機市場においても、スホーイ民間航空機社が外国資本と共同開発したスホーイ・スーパージェット100の他、ロシア国営企業の統一航空機製造会社がボーイング社やエアバス社に対抗してMS-21を開発中であり、2016年の運用開始を計画している。, ロシア経済は未だに商品主導型の経済である。燃料・エネルギー部門からの関税・税金といった収入は、連邦政府歳入のおよそ半分にもなり、輸出の大部分を石油・天然ガスといった原材料などが占めている[15]。なお、貿易額は2000年には20%であったが、2007年ではGDP全体の8.7%でしかない[29] 。貧富の差も拡大している。2000年から2007年にかけて、富裕層の所得は貧困層のおよそ14倍から17倍に増加しておりロシア経済の課題のひとつとなっている。(参考:ジニ係数、国の所得格差順リスト), 下記の図表は2000年からのロシアの名目GDP総額等の推移を示したもの[30]。単位:ルーブル、率=%、為替レートは対米ドルレートで期中平均値。, ロシアの実質GDP成長率は2000年から2008年までの間平均7.0%で推移してきたが、2008年9月に起きたリーマン・ショック以降の世界的な不況の影響などから2009年の実質GDP成長率は-7.9%に落ち込んだ。一人当たり名目GDPは2008年11,739ドル、2009年8,681ドルとなっており、BRICsの一国ブラジルや、メキシコ、トルコなどと同じく中・低所得国の水準である[31]。1992年は2508.9%、1998年にも84.4%であったインフレ率は、2000年20.2%、2001年の18.6%から2009年には8.8%となっており、ソ連崩壊やその後の財政危機を脱し安定してきているといえる。2009年の失業率は8.2%で[26]、2000年の10.4%よりは減少したが、2006年の6.9%に比べると増加している。, 2007年の鉱工業生産指数は2006年に比べて6.3%上昇した。これは投資と個人消費の伸びによって下支えされたものであったが、2009年の前年比伸び率は-15.2%と大幅に下落し、不況の影響をまともに受けた形となった。, 為替レートは1998年8月の1ドル6.5ルーブルから1999年4月には1ドル25ルーブルにまで下落し、1年後さらに下落して1ドル28.5ルーブルになったが、2001年1ドル29.2ルーブルであり2002年6月の時点では、為替レートは1ドル31.4ルーブルとなるなど、2000年代前半は比較的安定して推移した。, 1998年8月の経済危機以降いくつかの大規模なインフレ対策が行われた結果インフレ率は落ち着いていた。 513 0 obj <>stream 一連のアラブ諸国が、テロを支援したとしてカタールと国交を断絶するというペルシャ湾の危機的状況は、日本にも影響をもたらすものだ。日本は全石油輸入量のうちの約8パーセントと、液化天然ガスの輸入量のうち18パーセントをカタールから輸入している。 ・ 当該統計に内訳データや詳細データがある場合は、右サイドに「この統計の内訳データ」のボックスが表示されます。 によれば、2010 年現在774 億バレルで、世界第7 位、 全世界の5.6 パーセントとされている。 ロシア連邦エネルギー省の公式統計によると、2018年にロシアは、ほぼ5億5600万トンの原油(ガスコンデンセートを含む)を汲み上げ、過去30年間で最高を記録。1987年の過去最高記録、5億6940万トンに迫った。, 昨年、ロシアは、7兆2540億立方メートルの天然ガス、4億3930万トンの石炭、1兆920億kWhの電力も生産した。, これらをまとめると、以上の生産量によりロシアは、アメリカと中国に次ぐ世界3位のエネルギー生産国となる。モスクワ・マネジメント・スクール「スコルコヴォ」のエネルギーセンター長であるタチアナ・ミトロワ氏による。, 「ロシアは、世界の一次エネルギー生産の10パーセントを提供している。...そして、全世界のエネルギー取引の16パーセントはロシアによるもの。他の様々なエネルギーも加えると、実際、最大の量になる」。4月24日にモスクワで開催された「UNICON 2019 Directors Conference」の席で ミトロワ氏はこう述べた。, ロシアが2018年に生産した5億5600万トンの原油のうち4億930万トンが輸出された。これほど輸出量が多いのは、最近20年間、国内の石油消費量が徐々に減少しているためだ。1990年以降、石油の輸出量の割合は、総石油生産量の47.7%から73.6%に増加している。, これは主に、国内の石油消費が天然ガスの消費の増加に取って代わられているためだ。しかし、ロシアは依然として世界第4位のエネルギー消費国であり、世界の消費量の5%を占めている。, 「一次エネルギーの総消費量の52%は、化石燃料としては炭素ガス排出量が最も少ない天然ガスだ」。ミトロワ氏はこう説明する。「原子力と水力発電によるエネルギーの割合もかなり大きい。太陽光や風力発電など、再生可能エネルギーも含まれている。しかし、水力発電は非常に重要だ」, BPによると、2017年には、天然ガスが国内消費の52.3%を占め、次いで石油(ほぼ22%)と石炭(13%)がそれに続いた。再生可能エネルギーも、急成長してはいるものの、ロシアの一次エネルギー消費量に占める割合は、わずか0.04%にとどまった。ちなみに、原子力は6.6%を占めている。, 石油および天然ガス鉱区関連プロジェクト「サハリン2」の一部である液化天然ガス生産工場の係留施設付近を進むLNGタンカー。, ロシア中央銀行の統計によると、2018年にロシアは、2億6020万トンの原油、1億5010万トンの石油製品、2206億立方メートルの天然ガス、および3670万立方メートルの液化天然ガス(LNG)を輸出した。, また、ロシアの経済紙「ヴェドモスチ」によると、ロシアの石油輸出は、ヨーロッパからアジアに大きくシフトしつつあり、かなりの量が中国に向けられている。報告によると、2018年にロシアは7150万トンの石油製品を中国に供給した(2017年から20%増)。, また興味深いのは、米国が、制裁措置を受けたベネズエラやOPEC加盟国からの輸入減を補うために、ロシアの石油を買い増ししていることだ。, 5月前半だけで、ロシアから13隻の船舶が、米国に500万バレルの原油と石油製品を運んだ。EIAのデータによると、2018年度の全出荷量は、約1億3700万バレルだった。, 天然ガスについては、ロシアの国営企業「ガスプロム」は、2018年度に計2008億立方メートルのガスをヨーロッパに供給したと発表した。主な輸出先は、ドイツ(58.5 bcm)、トルコ(約24 bcm)、イタリア(22.8 bcm)、イギリス(14.3 bcm)、フランス(約13 bcm)。, さらに、中国とロシアは、パイプライン「シベリアの力」が稼働するとすぐに、年間1.3兆立方メートルのガスの供給に合意している。, ロシアのLNG(液化天然ガス)は、全エネルギー輸出の5.8%を占め、主に日本、韓国、台湾に輸出されている。「国際LNG輸入者国際グループ」(GIIGNL)の報告による。, 然り、開発している。ミトロワ氏によると、ロシアは徐々に再生可能エネルギーに投資するようになっている。具体的な方法としては、機器を現地生産し、必要な能力を獲得しようとしている。ロシア当局は、再生可能エネルギーが特定の地域で経済的な競争力をもつように、条件を整えようとしている。, 「これこそが、ロシア政府が風力と太陽光エネルギーで対処しようとしていること。政府は、特別な税制を設け、他のタイプの発電以上に支援している。そして、ロシアでの機器生産の現地化と大規模生産の達成を目指している。これにより、再生可能エネルギーをより低価格で販売することが可能になる」。ミトロワ氏はこう述べる。, 「必要な枠組みが作られ、研究開発への初期投資が行われ、再生可能エネルギーを開発する企業の活動を妨げる規制のグレーゾーンと小さな障害が取り除かれた後で、政府は後ろに退き、産業を自立的に発展させることができる」。ミトロワ氏は語る。, 「しかし、これはようやく10~15年後の見通しだ。グリッドパリティ(再生可能エネルギーによる発電コストが既存のそれと同等以下になるポイント〈コスト〉を指す――編集部注)が多かれ少なかれ達成された後でやっと、新しいエネルギー源が競争できるようになる。その後で、市場を活動させられる。ロシアでは、ソ連時代の国家計画の遺産とエネルギー部門の強力な集中化によって状況が損なわれている」, 再生可能エネルギーが市場に投入された最初の好例は、ロシアの電力大手「ルスギドロ」だ。同社は、ロシア極東のサハ共和国の北極圏に位置する居住地に、900キロワットの風力発電所を立ち上げた。, 過去5年間で、ロシア極東では、ルスギドロが所有する水力発電所が、容量が計1.6メガワットの太陽光発電所19か所および3.1 MWの風力発電所4か所を稼働させている。, このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。, エネルギー資源は、伝統的にロシアの輸出収入のかなりの部分を占めてきた。しかしロシアはその石油と天然ガスをどのくらい国内で消費しているのだろうか?また、再生可能エネルギー資源の開発には取り組んでいるのだろうか?. 2.韓国への石油製品輸出量. �d�z ? ・ ランキング表の国名をクリックすると当該国の時系列推移データを表示します。グラフ化・ダウンロードもできます。 ・ 上部検索窓にキーワードを入力すると統計をキーワード検索できます。 2. 500,000 450,000 400,000 350,000 300,000 250,000 200,000 150,000 100,000 50,000 0 1992 94 96 98 2000 02 04 06 08 15 10 5 0 5 10 15 20. 2008年2月、退任直前のプーチン大統領は「2020年までのロシアの発展戦略について」と題する演説を行った。プーチンは自身の任期の成果を、政権発足時の諸問題を改善しロシアに安定と自信を取り戻したと総括する一方、人口問題や官僚の腐敗、経済の非効率性などの諸課題を挙げて「革新的(イノベイティブな)発展戦略」の形成が重要であると提唱し、今後の国家戦略の方向性を示した[25]。, メドヴェージェフ大統領就任直後の2008年8月に起きた南オセチア紛争や、翌9月中旬に発生したリーマン・ショックに続く世界的な景気後退の影響を受けて、ロシア経済は製造業を中心として深刻な景気後退に陥った。なかでも、原油価格が1バレル当たり140ドル(08年7月)から40ドル(08年12月)に急落したこと、ソブリン債や社債を運用する機会が減少したこと、外国資本の流れが逆流(800億ドル流入していた資本が1200億ドル流出)したこと、の3点はロシアの長期的経済成長にとってマイナス要因である。こうした中、鉱工業生産指数は前年比マイナス15.2%となり、2000年以降年平均7%で推移してきた実質GDP成長率は2009年にマイナス7.9%となった[26]。これは財政危機の起きた1998年(マイナス5.3%)以来のマイナス成長である。, ロシア経済が原油・天然ガスなど資源輸出に依存する経済構造から脱却できず、国家資本主義化の傾向に歯止めがかからない状況に対して、メドヴェージェフ大統領は2009年11月の教書演説において市場経済の活性化とロシア経済の近代化の必要性を強調しているが、金融危機後のロシア経済はロシア連邦安定資金を再編した「予備基金」ならびに「国民福祉基金」に蓄積された国家資金を危機対策に用いることによって辛うじて支えられているのが現状である[27]。, なお、近年のロシアの成長分野には、軍需産業、IT産業、特にアルゴリズム設計やマイクロエレクトロニクスなどのハイテク関連のニッチ産業などが挙げられる。ロシアはインド、中国に次ぐ世界3位のITアウトソーシング受け入れ国である。衛星打ち上げ産業ではヨーロッパのアリアン5に次いで世界2位である他、原子力発電所建設事業では、中国とインドに原発を売り込むなどしている。また日本の東芝は2009年5月、原子力燃料分野でロシア企業との協力関係を結ぶことで合意したと発表した[28]。