株式会社ロッテリア(英: LOTTERIA Co., Ltd.)は、ハンバーガーを中心とするファーストフードチェーン店を運営する企業である。 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. ロッテリアの公式Webサイト。メニュー、店舗情報、会社案内、採用情報に加え、割り引きクーポンやメールマガジンなどのお得な情報が盛り沢山です! | Activeる! ロッテリアは日本国内で生まれたチェーン店ですが、特に海外での出店に力を入れています。 韓国では1979年9月に1号店を出店していますが、わずか20年後の2001年9月には700店舗を達成しており、驚異的なスピードで韓国市場を開拓していったことが伺えます。 サイドメニュー&スナックとして定着しているフライドポテト。英語で“フレンチフライズ”のためフランス発祥と思われることもありますが、ベルギー起源説もあり発祥地は断定されていません。各発祥説や普及の歴史、フライドポテトの種類などを紹介します。 株式会社ロッテ(LOTTE Co., Ltd.)は東京都 新宿区に本社が在る菓子メーカー。 重光武雄(辛格浩)が1948年(昭和23年)に日本で創業。 創業以来、世界各地でグループを展開し、重光の出身地である韓国で積極的に投資して大規模に事業しているロッテグループ#韓国ロッテグループに詳述がある。 [4]The History of French Fries, 和製英語と言われつつ、フレンチフライではなくフライドポテトという呼称を採用した日本人は偉いと思った次第。日本でも世界大戦中とかカタカナ禁止がありましたけど、ほかの国でも政治的な理由から呼び名を変えるということは結構あるみたいです。, 日本人からするとアメリカ人の平均フライドポテト消費量が途方もないですが、フライドポテト発祥国を自負するベルギーは「1人当たりのポテト消費量がアメリカ人の3倍」という記事も見ました。フライドポテトの話なのかジャガイモ全体の話なのか分からず本編には掲載しませんでしたけど、フライドポテト(フリッツ)だとしたら年間約40kg…。, この時期になると食べたくなってくるのがアイス・シャーベット・かき氷などのフローズンスイーツ。かき氷ブームがメディアでも取り上げられていますが、ひねくれ[…], 家庭でも外食でも目にすることが珍しくないオムレツ。今となれば多くの方にとって当たり前にある料理の一つとなっているのではないでしょうか。そんなオムレツで[…], 欧米では朝食の定番として親しまれているコーンフレーク。日本でもその手軽さから朝ごはんやおやつとして食べている方は少なくありません。砂糖(甘味料)が多い[…], 地域によってどのタイプが使用されているかは差がありますが、ウスターソースや中濃ソースなどのソース類は日本の食卓にも欠かせない調味料の一つと言えます。と[…], ブリオッシュはふんわり食感とリッチ風味が人気のパン。ぽっこりとした形のブリオッシュやブリオッシュ食パンなどが代表的ですが、それ以外にもフランスには沢山[…], ハムと並んで家庭料理でも外食でもよく見かける食肉加工製品ベーコン。朝食にそのまま焼いたりベーコンエッグにして食べるのはもちろんのこと、ベーコンバーガー[…], 日本の伝統文化が薄い、北海道出身者。 Can Belgium claim ownership of the French fry. [1]United States Standards for Grades of Frozen French Fried Potatoes 世界最古の国⑦ エジプト:紀元前3100年. モスバーガー(mos burger)は、株式会社モスフードサービス(英称:mos food services, inc.)が展開する日本発祥のハンバーガー(ファストカジュアル)チェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。 エジプトといえば人類史上でも世界四大文明の発祥地の一つとして有名。 そんなエジプトでは、紀元前6000年頃にはすでに文明の痕跡が確認出来るとされています。 失敗国家(破産国家)について知っていますか?その定義から、ランキング形式で21ヵ国の具体例を確認して理解を深めていきましょう。 失敗国家(破綻国家)とはどのような国を指すのでしょうか? 国際開発や国際関係に携わると、「失... 人類未踏峰の山について具体例を挙げながら詳しくみていきます。なぜ未だに山頂まで登れていないのかの理由なども合わせてチェックしてみましょう。 世界に点在する未踏峰、つまり、未だかつて誰も頂上まで登ったことがないと信じられている山... アエロフロートビジネスクラス搭乗記|機内食・アメニティ・ラウンジの経験をまとめてみたよ!, (インド半島:現在のインド・バングラデシュ・パキスタン・ネパール・ブータンなどを含む土地), 世界四大文明(古代四大文明)とは?地図付きで比較!共通点や場所までも確認してみよう. 日本には名だたる企業が多く存在します。その多くは東京をはじめとした都市に集中していますが、一方で、いまでは誰もが知る企業の発祥地は全国各地に存在しています。そこで、今回は「え!この企業は で生まれたんだ!」と思わずにいられない、地元企業の意外な発祥地をご紹介します。 ファンタ(Fanta, [faːnta])は、コカ・コーラのドイツ法人が開発したフルーツ味の炭酸飲料のブランドで、アメリカのザ コカ・コーラ カンパニー(コカ・コーラ社)やそのグループ企業から発売されている炭酸飲料(一部例外もあり。後述参照)。, コカ・コーラ社は1929年にドイツに現地法人を設立してドイツでのコカ・コーラ生産を開始した。不況期のスタートであり、1929年の販売量は5,840ケースに過ぎなかったが、ナチス・ドイツ政権下での売り上げと生産の伸張は大きく、1939年の販売量は450万ケースにまで激増する成功を収めた。, しかし1939年の第二次世界大戦勃発によって、翌1940年、コカ・コーラ社ドイツ法人はアメリカ本国からコカ・コーラの原液を輸入できなくなった。1938年からドイツ・コカ・コーラの支配人を務めたマックス・カイト(Max Keith)は、コカ・コーラの代替商品となる清涼飲料を求め、ドイツ・コカ・コーラの主任研究者ヴォルフガング・シェテリーク(Wolfgang Schetelig)らにより、炭酸飲料向けの新たなフレーバーシロップが開発された。, これはリンゴジャム製造時の残渣と、チーズ等乳製品の製造工程中に生じる副産物の乳清などを原料に調合され、味は「果汁入りオレンジジュース : コーラ : レモンジュース を 0.375 : 0.375 : 0.25 位の割合で混合したようなもの」とされている。後年知られる「ファンタ」とは相当に異なったものであった。当時、この味に慣れ親しんだ世代のドイツ人の間ではシュペツィという名称の飲み物として名残りが残っている[1]。ブランド名の語源はドイツ語「Fantasie」である。商品名を決める会議でカイトが「想像力(Fantasie)を使え」(英語で「空想」を意味するFantasyとは意味が少し異なる)と言ったのに対して、ある出席者から「Fanta」([faːnta])との即答が返ってきたことによる。, 最初のファンタは物資不足の中で作られた代用品飲料ではあったが、戦時中のドイツでは相当に受け入れられた。初期には甘味を得るためにサッカリンを利用せねばならなかったが、1941年には当局からテンサイ糖の供給を得られるようになり、砂糖不足のドイツでは料理用シロップの代用に使われたほどであった。またビタミンCとカフェインも添加された上で粉末ジュース加工され、戦地のドイツ軍にレーションの一部として支給された。ドイツでは敗戦後も1949年までコカ・コーラ原液の輸入が止まっていたため、ドイツ・コカ・コーラの経営を支えたのはファンタであった。, 1955年、イタリア・ナポリのコカ・コーラのボトラー・SNIBEG社で、オレンジ果汁を配合した炭酸飲料が開発され、ドイツ起源の「ファンタ」の名が付けられた。これがいわゆる「ファンタ・オレンジ」の最初で、以後は、糖分、果汁、フレーバーや着色料を配合し、炭酸水で割った清涼飲料として、各国で生産されるようになった(生産国により、果汁を含まなければフルーツ名のドリンクとして販売できない国と、フレーバーや着色料のみで販売できる国があり、各国ごとに独自の調合が行われている)。, 日本では、第二次世界大戦後の1958年に初めて販売された。この当時、すでに世界36カ国で販売されていた。1960年にはコカ・コーラ社によって商標が買い取られた。1961年、アメリカ国内では「7 Up」に対抗するため、ドイツ国内で販売されていたファンタクリアレモン味を「スプライト」という名称で販売した。現在は世界180カ国で販売されており、最も消費量が多い国はブラジルである。, ファンタはこれまでに多種類のフレーバーを発売している。その中、2000年前後の日本では、1970年代に「ゴールデンアップル」というフレーバーが存在したか否かという話題がインターネットを中心に巻き起こり、存在を肯定する側と否定する側に意見が分かれ論争となった[7]。, やがて日本コカ・コーラ社は「過去に日本国内でそのような製品を販売したことはない。ゴールデングレープならあった」という公式見解を発表した。この後、日本コカ・コーラ社は、2002年10月に「ファンタゴールデンアップル」を新フレーバーという形で新発売した。さらに2006年に同商品をセブン-イレブン限定で、「あの伝説の商品」「1970年代の復刻版デザイン」として1970年代のファンタに用いられたデザインで販売している。, 半ば都市伝説化した一方で、2002年に久須美雅士(清涼飲料史研究家)が生活情報サイト『All About』で発表したWeb記事[8]において、日本コカ・コーラ社社員からの「売った事がある」「知っている」という発言や複数ボトラー社員からの「よそのボトラーでは売ったらしい」という旨の発言を紹介している。このほか、「日本コカ・コーラ社が公表していないから、発売していない」とする否定側の意見についても、ジョージア・マックスコーヒーが日本コカ・コーラ社ウェブサイトの販売商品一覧に載っていない事を取り上げ、公表している情報が絶対ではないとしている。また、2010年には清水りょうこ(清涼飲料水評論家)の編著によりミリオン出版から発行された書籍『なつジュー。20世紀飲料博覧會』の41ページで、日本コカ・コーラ社に関係していた人による「あったはずだが、資料がないため、公式にあるとは言えない」という旨の発言を紹介している。続けて「各地のボトラー社からの限定品を含めた全商品を把握できていないらしい」「30年以上も前の話で、外資系企業であることから人の出入りが激しく、知る人がいない」という旨の記述をしている。とはいえ、ライターの里田実彦も、これらの主張は都市伝説の定番である「友だちの友だち(英語版)に聞いた」と同じパターンであり、勘違いと思い込みの可能性が高い事を指摘している[9]。, 1970年代から1980年代初頭まではタレントを使ったCM、1980年代中盤からは主要顧客層である子供を使ったCMを放送していた。前者では、CMの最後に「ファンタスティック」のコピーがあった。また後者では、「ファンタはぼくらのヒーローだ!」というコピーの最後に猫の鳴き声を被せていた。, 1986年頃から1993年まではディズニーキャラクターを使ったCMを放送。マスカットの缶にミッキーマウスのイラストをプリントしていたのもこの時代の影響である。1986年のCMでは、実写の映像にディズニーキャラクターのアニメーション(主にミッキー・ドナルド・グーフィーの3者)を合成したものが放送され、翌年のパインフルーツ初登場を知らせるPS部でもミッキーのアニメーションが合成された。