ファンが選ぶロッテ歴代ベストナイン 世界一捕手にマサカリ投法、幕張の安打製造機も. 【動画】パ・リーグ史上最速での1000奪三振! 千賀滉大が節目の三振を奪った際の映像. プロ野球・千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供します。 ファンが選ぶロッテ歴代ベストナイン 世界一捕手にマサカリ投法、幕張の安打製造機も. 野茂英雄超えのパ最速、歴代2位のスピード記録. ロッテ・鳥谷、遊撃手歴代最多1768出場 サンスポ・コム(sanspo.com)はスポーツニュースをはじめ、今話題の最新情報をお届けします。 モバイル 2005年にロッテと熾烈な優勝争いを繰り広げ、惜しくも2位に終わったソフトバンクの先発陣です。 2000年代のダイエー・ソフトバンクを支えたのは何と言っても杉内投手、斉藤和巳投手、和田毅投手、新垣渚投手からなる『先発4本柱』の存在でした。 監督【2018年-現】井口資仁/【2013-17年】伊東勤/【2010-12年】西村徳文/【2004-09年】バレンタイン/【1999-2003年】山本功児/【1997-98年】近藤昭仁/・・・プロ野球・ロッテ(毎日)の年度別スタメン(基本オーダー)データです。 高橋ユニオンズ→トンボユニオンズ→高橋ユニオンズ(1954年~1956年) (大映スターズに吸収合併) ゴールドスター→金星スターズ→大映スターズ→大映ユニオンズ(1946年~1957年) (毎日オリオンズと対等合併) 毎日オリオンズ(1950年~1957年) 毎日大映オリオンズ(1958年~1963年) 東京オリオンズ(1964年~1968年) ロッテオリオンズ(1969年~1991年) 千葉ロッテマリーンズ(1992年~) 00年代に入ってからaクラス入りの常連となってきた千葉ロッテマリーンズ。やはりチームが強い時は、クローザーがしっかりしているものだ。歴代の千葉ロッテマリーンズで名クローザーと呼ばれる選手たちを紹介していこう。 開幕延期で「野球ロス」になっているファンの方々に少しでも心の隙間を埋めていただきたく、Full-Count編集部では“夢のベストナイン”選考をツイッターにて限定アンケートで実施。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!! 開幕延期で「野球ロス」になっているファンの方々に少しでも心の隙間を埋めていただきたく、Full-Count編集部では“夢のベストナイン”選考をツイッターにて限定アンケートで実施。 ソフトバンクの千賀滉大投手が、史上151人目の通算1000奪三振を達成した。4日に敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦で先発し、3回にこの日3個目となる三振を奪い、節目の記録に到達。855回1/3での到達は、野茂英雄氏の871イニングを上回るパ・リーグ最速、歴代2位のスピード記録となった。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, 通算997奪三振として、この日の試合に臨んだ千賀。2回に昨季までチームメートだった福田秀からこの日1個目の三振を見逃しで奪い、3回1死で安田を空振り三振に仕留めて王手。続く荻野から節目の三振を奪って大台の1000奪三振とした。, 通算1000奪三振到達は、今季限りで引退する阪神・藤川球児投手の771回2/3が史上最速。藤川が2017年に達成するまでは野茂英雄氏の871イニングが最速だった。千賀の記録は野茂氏を上回る歴代2位でパ・リーグでは最速。田中将大投手の1042回やダルビッシュ有投手の1058回2/3、松坂大輔投手の1070回なども遥かに上回る大記録となった。, 「とんでもない投手になる」専門家が“千賀2世”の可能性を感じた鷹の22歳右腕とは?, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 2005年にロッテと熾烈な優勝争いを繰り広げ、惜しくも2位に終わったソフトバンクの先発陣です。 2000年代のダイエー・ソフトバンクを支えたのは何と言っても杉内投手、斉藤和巳投手、和田毅投手、新垣渚投手からなる『先発4本柱』の存在でした。 ソフトバンクの千賀滉大投手が、史上151人目の通算1000奪三振を達成した。4日に敵地zozoマリンスタジアムで行われたロッテ戦で先発し、3回にこの日3個目となる三振を奪い、節目の記録に到達。