そのため、 日本の証券取引所で株を購入することはできず、株価もありません 。 ロッテほどの大手企業が上場していないのは珍しいですね。 ロッテが上場していない理由は株主が経営のコントロールを握られるのを避けるためかと思われます。 自社資本だけでも着実に成長しているロッテではありますが、株式上場を果たして株主資本を得られればさらなる成長も期待できそうなものですが、上場を果たした後に待ち受けるであろうデメリットについてはあまり知られていないものです。 その始まりは1948年6月にまでさかのぼります。, 株式会社ロッテとして創業した当初、ロッテの主力商品はチューインガムでした。 上場企業という響きがあればこそ企業としての信頼性が高いイメージがありますが、この上場するという行為にもデメリットが存在するためにあえて非上場を貫く企業もあるほどです。, そこで今回の記事ではお菓子メーカーの大御所とも言えるロッテが上場しない理由と、これまでの企業としての歴史について解説します。 この番組もまた例に漏れず番組司会者のオープニングの台詞から番組開始となる訳ですが、当時の司会者である玉置 宏さんが「一週間のご無沙汰でした。玉置宏でございます。お口の恋人、ロッテ提供」というフレーズを毎週のように口にしたことに端を発します。 それらの面倒を鑑みれば、上場せずに経営するというのも一つの方法ではあるかもしれません。, これまでロッテが上場しないまま経営してきたことを念頭に置けば、今後ロッテが株式上場を果たす可能性は限りなく低いと言ってもいいでしょう。 企業の考え方にもよりますが第三者意見により不要な戦略の変更や妥協を強いられるくらいならば、自社資本のみで一貫して経営していく方が効率が良いとも言える訳です。, また非上場企業では財務状況の開示の義務が発生しないため、たとえ赤字に傾きつつある状況であろうとその情報を一般公開する必要が一切ありません。 大手お菓子メーカーのロッテが、2022年のIPOに向けて着々と準備を進めているようです。, ロッテは経営権を巡ってのお家騒動もありましたが、2020年3月には終止符が打たれ、新生ロッテのIPOが本格的に進められていくものと期待されます。, ロッテがIPOすることになれば、時価総額3,000億円規模の超大型IPO案件になることは確実です。, 特にチューインガムでは強みを持ち、「コアラのマーチ」や「チョコパイ」、「雪見だいふく」といった有名なお菓子を多数手掛けています。, ロッテは1948年に重光武雄氏が創業しました。重光氏の出身地である韓国では韓国第五の財閥であるロッテグループとして君臨しています。, ロッテの関連企業の関係はやや複雑となっており、ロッテグループ全体の持株会社ロッテホールディングスの下に、お菓子メーカーのロッテや、ファーストフードチェーンのロッテリア、プロ野球の千葉ロッテマリーンズなどが置かれる形となっています。, ロッテの経営権を巡って長男の重光宏之氏と次男の重光昭夫氏が対立し、韓国では不買運動も行われる事態に発展しました。, 2020年1月に創業者の重光武雄氏が亡くなり、同氏が退任した2017年以降空白となっていた会長職に次男の重光昭夫氏が就任したことで、お家騒動にも終止符が打たれています。, 日本でお菓子事業を展開するロッテは、2018年4月1日に、お菓子・アイスの製造会社ロッテ、お菓子販売を手掛けるロッテ商事、アイス販売のロッテアイスの3社が合併しています。, 新生ロッテの社長に就任した牛腸栄一氏は、上場を目指す方針を日本経済新聞の取材で明らかにしており、2022年の上場を目指しているとのことです。, 他の大手お菓子メーカーの売上高と時価総額を見てみると、売上高約2,000億円の【2201】森永製菓の時価総額は約2,500億円、売上高約3,600億円の【2206】江崎グリコの時価総額は約3,200億円となっています。, ロッテがIPOすることになれば、この2社の時価総額に近い値になるものと期待されるため、ロッテのIPOは時価総額3,000億円規模の超大型IPO案件になることは間違いありません。, ・ロッテは日本でも有名な大手お菓子メーカー ・ロッテは2022年に向けてIPOの準備を進めている ・ロッテのIPOは時価総額3,000億円規模の超大型IPO案件となることは間違いない, ロッテのIPOでも注目されるかもしれないお菓子メーカーの株価動向をチェックしておきましょう。, 「チョコボール」や「チョコモナカジャンボ」などで知られる【2201】森永製菓は、代表的なお菓子メーカーです。, 同社の2020年3月の売上高は2,070億円と予測されており、ロッテの売上高約3,500億円よりはやや小さくなっています。, 同社の株価は、2019年3月初めには5,000円を付けていました。この1年はやや上昇して2019年11月には5,910円まで上げたものの、新型コロナウイルスの世界株安で2020年3月には一時3,610円まで下げました。, この1年間の最大上げ幅は+18.20%、最大下げ幅は-27.80%となっており、典型的なディフェンシブ銘柄の値動きとなっています。, 「ポッキー」や「ジャイアントコーン」などを手掛ける【2206】江崎グリコも、代表的なお菓子メーカーです。, 同社の2020年3月の売上高は3,660億円と予測されており、ロッテとほぼ同規模のお菓子メーカーと見てよいでしょう。, 同社の株価は、2019年3月初めには5,650円を付けていました。この1年は横ばい気味にズルズルと下げており、2020年3月には世界株安の影響で3,585円まで下落しました。, この1年間で最大-36.54%まで下げています。位置付け的にはディフェンシブ銘柄であり、短期的に大きく値下がりすることはありませんが、ズルズルと下落し続けています。, ロッテのIPOには注目が集まりますが、IPO後には上記2銘柄のようなローリスク・ローリターンのディフェンシブ銘柄になるものと思われます。, ・お菓子メーカー株はディフェンシブ銘柄に位置付けられる。 ・ロッテと同規模のお菓子メーカーである森永製菓と江崎グリコはこの1年間では下落している。, ロッテは2022年に向けてIPOの準備を進めていると報じられています。お家騒動も一段落したことで、IPOの準備が加速することが期待されます。, ロッテと同規模のお菓子メーカーである森永製菓と江崎グリコの時価総額から推定すると、ロッテのIPOは3,000億円規模の超大型IPO案件になることが確実です。, ロッテも他のお菓子メーカー株の例に漏れず、IPO後はディフェンシブ銘柄に位置付けられる銘柄になるものと思われます。, このため、ロッテのIPOは、上場益に加えて長期の値上がり益や配当金、株主優待といった長期投資向けの要素を重視して行うことがおすすめです。, サポート体制には自信があり、銘柄相談も無料にて承っておりますので是非ご活用下さい。厳選3銘柄も先行配信しております。, 契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する, ※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。, [免責事項] 当サイトのコンテンツは細心の注意を払い作成しておりますが、その再現性、および正確性を保証するものではありません。実際の取引につきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。 当サイトの運用手法に基づいて被った如何なる損害について、当サイトは一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。 また、当サイトに掲載している広告はアフィリエイト広告です。また当サイトのコンテンツの全ての内容を当サイトの許可なく転載・掲載することを禁じます。. 世界的な展開も視野に入れて経営されているロッテですが、なぜそれほどまでに日本国民の間で浸透したのでしょうか。, そのきっかけとして一役買ったのが、1959年5月から放送された「ロッテ 歌のアルバム」という番組でした。 ロッテホテルはロッテグループ系列のホテルチェーンである株式会社ホテルロッテが運営する韓国のホテルチェーンである。1973年5月に株式会社ホテルロッテを設立し、1979年にロッテホテルソウルをはじめ蚕室、釜山、済州道西帰浦、蔚山などの地にホテルを建設した。2009年4月、ソウル市麻浦区にビジネスホテルである「ロッテシティホテル麻浦」をオープンし、2010年6月には海外チェーン1号店をモスクワにオープンした。2011年12月8日にはロッテモール金浦空港内にビジネスホテル「ロッテシティホテル金浦空港」をオープンした。, 設立は1973年5月5日で、1979年3月10日にロッテホテルソウル(ソウル特別市中区)が開業、ロッテホテル第1号のホテルとなる。ロッテホテルは外国にロイヤリティーを一切支払わない純粋な国内チェーンホテルであり、特級ホテルであるソウル、ロッテワールド、蔚山、釜山、済州に続き、2009年3月15日にはソウル市麻浦区の孔徳駅から徒歩約2分のところにプレミアム級ビジネスホテルの「ロッテシティホテル麻浦」をオープンした。2010年9月13日には海外チェーン1号店をモスクワに、そして2011年12月8日には、金浦空港から徒歩約5分のところにロッテシティホテル金浦空港をオープンした。, なお、大田広域市にあったロッテホテル大田(1993年8月開業)は2003年7月31日をもって閉館した。(ただし、ロッテシティホテル大田として再進出する予定がある), ロッテホテルの運営会社である韓国法人ホテルロッテは韓国ロッテ製菓やロッテ七星飲料、ロッテショッピング(「ロッテ百貨店」や量販店「ロッテマート」等の運営会社)、ロッテ建設、湖南石油化学といった韓国ロッテグループの主要企業において筆頭株主となっている。一方、そのホテルロッテの筆頭株主は日本のロッテホールディングスである[1]。つまりホテルロッテは韓国ロッテグループの実質的な持株会社であるが、日本と韓国にまたがるロッテグループの頂点に位置するのは日本のロッテホールディングスである。, しかし、そのほかに第1から第12まで数字がつけられた日本法人の「L投資会社」でホテルロッテ株の約72.65%を保有しているため、事実上の筆頭株主はL投資会社だとの意見もある。「L投資会社」については情報がほとんどなく、ロッテグループ関係者ですらその正体について知られていないが、本店所在地がロッテグループ創業者である重光武雄の日本の自宅であったり、代表取締役に重光武雄や次男の重光昭夫らが名前を連ねていることから、重光武雄が作った特殊目的法人(SPC)、もしくは一種の投資組合である可能性が指摘されている。, なお、日本のロッテホールディングスおよびロッテを含む傘下の事業会社がすべて株式非上場企業であるのとは異なり、韓国のロッテグループ企業の中にはロッテ製菓やロッテ七星飲料、ロッテショッピングのように韓国取引所に上場している企業も少なくないが、日本側の出資比率の高いホテルロッテは日本にあるロッテグループ企業と同様、非上場となっている。, 一連の「お家騒動」を受けて、重光昭夫会長は、現在の非上場や重光一族による不透明な経営に加えて、日本側が過半数超の出資をしているという問題を解消するために、ホテルロッテをはじめ、非上場のロッテグループ会社を早期に上場する方針であると明らかにした[2]。, http://japanese.joins.com/article/109/115109.html, 自衛隊は拒否の韓国ロッテホテルが人民解放軍のレセプション 韓国内から批判も (1/3ページ), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロッテホテル&oldid=79952043.