こんにちは、ワンキャリ編集部です。2016年も残り2日となりました。今年最後の企画として、ワンキャリがこの1年で配信した記事の中から今年読まれた記事ランキングを2日に分けてお届けします! 本日は... <早稲田大学4年 Aさん(男性/文系)>内定先バンクオブアメリカ・メリルリンチ(投資銀行部門/資本市場部門)、三菱商事、三井物産、など就活サマリー附属校は就活に有利? 一貫したグローバル志向を武... こんにちは、ワンキャリア編集部です。 下旬にかけて気温の低下とともに秋物商品の売れ行きは伸長したものの、全店売上高前年比は89.2%、既存店前年比は88.5%となりました。 <店舗> ◆退店:1 店舗 鉄道業界完全攻略記事一覧1.鉄道業界の就職事情仕事内容・動向・選考フロー等について徹底解説2.【徹底比較】鉄道業界主要8社の特徴(事業... 「街づくり」というビッグプロジェクトに携わる仕事であることから、就活生の間で最も人気のある業界のうちの1つです。中でも、総合ディベロッ... NTT東日本のインターンES一覧はこちらNTT東日本はインターネット回線業界において7割のシェアを占める通信インフラ企業です。「ホワイ... さてエントリー戦略についてはほぼ全て説明を終えたのですが、最後に「企業選びの軸」についてお話しておきたいと思います。「企業選びの軸」と... 志望動機完全攻略記事一覧1.志望動機とは2.志望動機の書き方3.面接時の志望動機の考え方4.インターンにおける志望動機の書き... ガクチカ完全攻略記事一覧1.そもそもガクチカって何?2.ガクチカがない人の対処法3.ガクチカの書き方を徹底解説4.ガクチカの... 自己PR完全攻略記事一覧1.【まず初めにこれを読もう!】自己PRとは?基礎知識を理解2.自己PRすべき長所の見つけ方3.自己... 挫折経験はエントリーシート・面接での頻出質問ですが、「挫折経験なんて特にないよ」「ESや面接で挫折経験を聞かれた際にはどうす... シンクタンク完全攻略記事一覧高学歴就活生から高い人気を得ているコンサルティング業界。高度な論理的思考力や幅広い知識、高年収な... コンサル業界完全攻略記事一覧コンサルティング業界では、他業界への転職や独立といった多様なキャリアプランを描きやすいため、「な... コンサル業界完全攻略記事一覧「リサーチにもとづいて国家の政策、企業の経営戦略を支援する」というハイレベルな業務を行うシンクタ... 広告代理店はテレビのCMを手がける仕事などから華やかなイメージを持たれやすく、就活生から人気の高い業界です。広告代理店を志望... みなさんこんにちは。unistyle編集長の郡山隼人(@unistylehyt)です。いつもunistyleのご活用並びにT... ※本記事はLINEオープンチャットの特集記事になります。昨今、就活における情報収集の手段として"SNSを活用すること"が一般... シンクタンク完全攻略記事一覧皆さん経験があると思いますが、コンサルについて調べていると「コンサル・シンクタンク」でまとめられ... 業界研究完全攻略記事一覧1.業界研究の目的・やり方2.業界研究ノートの作り方3.業界研究にオススメのサイト4.業界研究にオス... パスワード変更のためのメールを送信致します。 https://twitter.com/onecareerjp アイテム別では、長袖カットソー、パンツ類が売上の中心となり、雑貨では、トートバッグやアルコールミストが人気です。 <WEBストア> なし (意味:人を使うというのは、思い上がった考えだ。人を使おうというのではなく、そのものが持っている力・技能を最大限に活用させていただく。), 【回答方法】 グローバルワーク 1店舗(ニューポートひたちなか) <WEBストア> 外資系企業71社ランキング!エリートで忙しいイメージのある外資系企業を一覧でまとめて... 【Webテスト対策:玉手箱】計数・言語・英語の問題例一覧!出題企業とおすすめ問題集も. ベイフロー 1店舗(イオンモール広島府中)  ⇩ なし, 6月は、3日より全実店舗で営業を再開しました。一部の商業施設では、1~2時間の営業短縮を続けています。  ⇩ アイテム別では、半袖トップス、パンツ類が売上の中心となり、気温の上昇に伴って夏物商品が伸長しました。, ◆出店:4 店舗 エルーラ 3店舗(ららぽーと愛知東郷、相鉄ジョイナス、アピア) ある日、彼は今後の勢力拡大を決定づける大きな戦いを控えていた時、信玄は伝令からあるひとつの情報を手に入れた。それは、敵の勢力が実際に想定していたものよりも、はるかに少ないというものであった。彼の家臣は「一城の君主たるものが本城をそう簡単に空けてはならない。万一のために、殿は本城に残り、私たちが戦場に出向くべきである」という助言を信玄にした。しかし信玄は家臣のその言葉に耳をかさず、翌日、本城からいつも通りに出軍することを決めたのだった。それは彼が圧倒的な自信を戦に持っていたためである。信玄は、自軍がもつ最大の兵力を以て、敵勢力を迎え撃った。 ラコレ 1店舗(ららぽーと愛知東郷) もちろん海外売上比率も高く、早い人で3~4年後に海外勤務のチャンスを獲得しているようなので、勤務地に拘らない方にはおすすめです。 3.まとめ. ニコアンド 1店舗(ヨドバシ京都) レイジブルー 1店舗(天神コア) 最終面接, ロッテをはじめとする多くの外資系企業は日本では非上場企業であるため、情報収集が難しいという意見が目立ちます。, 情報収集に苦労しながらも、企業研究で立てた仮説を持って企業説明会に参加し、差別化できていたことが評価され内定に近づいた。, エントリーシート レピピアルマリオ 2店舗(イオンモール鹿児島、イオンモール新潟南) <WEBストア> ・月間を通して、国内店舗の約9割で、1~2時間の短縮営業を実施 2つめは海外事業の拡大です。現在は約10%程度の海外売上比率を、将来的には20%程度にまで高めることを目標にしています。戦略の中心は東南アジアで、現在タイ、インドネシアとベトナムに1カ所ずつの計3カ所の工場が稼働中です。 <店舗>  ⇩ スタディオクリップ 1店舗(グランツリー武蔵小杉) ニコアンド 1店舗(ららぽーと愛知東郷) ジーナシス 1店舗(松本パルコ) アイテム別では、Tシャツ、ブラウス、パンツ類が売上を牽引した他、サンダルやトートバッグも人気です。 アンデミュウ 1店舗(楽天) アイテム別ではシャツやブラウス、パンツ類、サンダル等が売上の中心となり、レイングッズ、エコバッグ等の生活雑貨も人気です。, ◆出店:4 店舗 11年の売上は,73兆ウオン(5130億円)前年比、9%増の見込み,/07年に比較、2倍、, 韓国ロッテの重光昭夫新会長は、2010年に11%だった海外売上高比率が「2018年に30~40%になる」とし、小売りや石油化学で中国や東南アジアなど新興国への進出を加速すると述べている。, これまで、韓国内の事業を中心に成長してきたが、2010年は買収資金として過去最高の3兆6600億ウォンを投入、11件の買収のうち5件が海外だった。百貨店事業では海外3店舗目として2011年4月、天津店を開店し、2018年までに中国で計20店舗を出す。大型スーパー「ロッテマート」は2011年に中国、ベトナムなど海外で約30店を開店する。, 新会長は、将来は中国で日本、韓国に次ぐ第3のロッテグループを立ち上げ、4番目はインドネシアかベトナムにしたいとしている。, 飲料メーカーのロッテ七星(チルソン)が、ペプシコーラ・フィリピンの株式34.4%を44億4700万ペソ(約86億5000万円)で取得する契約を交わした。ロッテ七星が同社の筆頭株主となる。これまで同社の筆頭株主だった香港の投資会社GUOCOが保有していた株式を買い取る。ペプシフィリピンは1965年に設立され、1985年にボトリング体制に転換した。1997年にGUOCOが経営に参画し、ペプシのフィリピン独占ボトラーとして現在まで運営されている。2008年にはフィリピンの証券市場に上場しており、フィリピン全域に11の工場と106の支店を保有している。30万以上の店と取引があり、「ペプシコーラ」のほか、「マウンテンデュー」「ゲータレード」「セブンアップ」などを生産販売している。今年8月末基準で、フィリピンの飲料市場でコカ・コーラに次いで15%のシェアを持っている。従業員数は2500人。6月末基準で年間売上は4200億ウォン(約308億円)に達し、当期純利益は200億ウォン程度。, ロッテ七星飲料関係者は、「2018年までに売上7兆ウォンのグローバル総合飲料メーカーに成長するというビジョンを持って海外進出を積極的に進めている。ペプシフィリピンの買収は、これまで中国、ロシアに進出しているロッテ七星飲料が東南アジア地域に領域を拡大する契機になるだろう」と話している。, フィリピンの飲料市場はこの3年間で年平均12%の成長を示しており、ロッテ七星は既存製品に加えコーヒーやミネラルウォーターなど非炭酸系のカテゴリー製品なども追加投入する計画だ。【KRN】, これまで、韓国内の事業を中心に成長してきたが、2010年は買収資金として過去最高の3兆6600億ウォンを投入、11件の買収のうち5件が海外だった。, 百貨店事業では海外3店舗目として2011年4月、天津店を開店し、2018年までに中国で計20店舗を出す。, 中国新車市場、10月販売台数、前年比比2%、乗用車の伸びは鈍化、成長は維持されている、, ポーラのシワ取り化粧品、1本1万5400円が売れている!シワがミニマ浅くなる?感じ!, 93才の介護ダイアリー、ママ、今年は90才になるんだよ、ウソツ、私はならないわよ!, ドンキ、ユニファミマ提携報道はユミファミマのドンキ化による業績の改革、向上.ドンキ、出資も4割, ドラッグ市場、上位4社の寡占的競合、5位のココカラは再編、あるいはM&Aが戦略的課題?, 93 才の介護ダイアリー、不思議な縁で、カラオケでユー・レイズ・ミー・アップを歌う!, 韓国のヒュンダイモーター、17年の世界新車販売台数は、450万7千台、前年比、6.4%減、, 韓国、ヒュンダイの新型FCVのSUV、NEXO、燃料効率世界一、370マイル/liter、, 米、サンダース上院議員、バチカン会議に招待せずとの異例の反論、バチカン内部も派閥?, 27097、ロックフェラーの孫、飛行機事故死亡,父、デービッドがロックフェラー財閥をリード支配、, HV,EVが増える、なかでもEVの普及では特殊鋼使用量の減少が大きくなる、27年には41万t, 12455、巨大なロッテグループのデータ2、ロッテ、フィリピンペプシコを買収、世界化戦略の一環、, ダイナミックプライシング、価格変更の店頭化が可能に,価格変更の主体が仕入先で可能に?. そういった思いを抱え、商社ではなく敢えてメーカーを志望する方も多いと思います。そこで今回、ワンキャリ編集部は「海外売上高比率」に着目し、「日系ではあるが、グローバルに働けるメーカー10社」を紹介したいと思います。今回、紹介する10社はすべて, 日本のキヤノンは、「世界中のキヤノンのヘッドカンパニー」的な存在で、海外売上比率がなんと8割を超えています。地域別に見ると、ヨーロッパ(31%)、南北アメリカ(27%)、アジア・オセアニア(22%)、日本(20%)となっています。従業員が、全体で働いているのが19.8万人に対して、日本で働いている人は7万人にすぎないという、超グローバル企業です。, 海外売上比率が80%を超えており、海外で働く、または、海外に関わる業務につく可能性が高いこともあって、内定者の約半分を海外経験があるかまたは、語学系大学・学部出身の人がしめています。, 日本人駐在員のうち半分以上がアジア・オセアニアにいます(日本人海外駐在員は約900人のうち、アジア・オセアニアには500人)。これは、アジアが発展期にあるためだと考えられます。生産拠点を増やしており、技術者が現地工場に赴任しているケースが多いです。これに対応するため、「アジアトレーニー制度」といわれる、アジアに2年間滞在する仕組みが存在し、語学力・異文化理解・国際感覚に長け、かつ文化や商習慣を熟知したプロフェッショナル人材の育成を目指しています。今後も、アジアに赴任できるチャンスは強まるでしょう。, 言わずと知れたグローバル企業。キヤノン同様海外売上比率が高く、7割を超えています。地域別に見ると、日本(28%)、欧州(23%)、米国(22.1%)となっており、日欧米とバランスの取れた売上になっています。, この言葉はソニーの創業者の1人である井深大氏が設立趣意書で述べた言葉。この言葉のとおり、ソニーは日系企業にしては自由な社風です。, 社員は出勤の際にスーツではなく、私服で出勤できることから、面接でも私服が奨励されています。また、社員の方からは、「意思とスキルさえあれば、役職にかかわらず新しい製品開発やビジネスの立ち上げに参加することができる」といった声もありました。, 業績不振に苦しむソニーは、現在、攻めるというよりは、事業を整理し地盤を修復している状態にあります。サムスン台頭の影響を受け、テレビなどを中心にホームエンタテイメント&サウンド部門で巨額の赤字を出したのは記憶に新しいところ。ただ、事業整理は着実に進み、同ホームエンタテイメント&サウンド部門において、2012年に2,032億円だった赤字を、2013年には843億円に減らすことに成功しました。また、2014年度の決算ではテレビ事業を黒字化することもできました。, 海外に行けるチャンスとしては、社費で留学派遣ができる制度があります。海外大学の研究室を中心に、年1度会社から候補者の公募があります。これまで、400名以上の社員がこの制度により留学するなど、海外経験を踏む機会は豊富にあるといえるでしょう。, ここ10年間で海外売上構成比が、27%から64%へ急激に伸びています。特に新興国売り上げ比率は46%と半分に迫ります。この比率は、日用品世界大手の蘭英ユニリーバや米コルゲート・パーモリーブに次ぐ、3番手。各社とも対象とする新興国の数に違いはありますが、業界最大王手のP&Gの新興国売上比率39%を凌いでいます。, トップダウン型の組織で、社内の意思統一がしっかりしています。社員の方からも、「トップの意思が現場マネージャーに徹底されている」といった意見が多くあがるほど。また、ベンチャーらしく、口だけでなく実行力が高い人が評価されます。残業するのが当たり前で、残業時間の長さを暗に自慢する傾向もあるそうです。社員数も1,300人で、新卒採用されている人数も毎年20人と少数精鋭といえるでしょう。, これからもアジアの人口は増加するため、需要が伸びていくと考えられます。今のアジアでのポジションをより確固たるものにしていくために力をいれていくでしょう。さらに、今後はアジアでの強固な経営基盤を背景に、アフリカや南米などの市場に参入していくと考えられます。採用も、海外赴任を前提に行っており、高原社長は「英語を喋れない、海外勤務を断る学生は採用しない」と言っているほどです。赴任の期間は10年程度が想定されているようです。この背景には、腰を据えて現地ビジネスに取り組んでもらうには、ある程度まとまった期間が必要だとの考えがあるようです。, 日本では圧倒的な知名度をもつ資生堂。売上高比率では、海外が53%を占めています。内訳としては、日本(47%)、アジア・オセアニア(21.9%)(アジアうち中国が約68%を占めます)、米州(17.1%)、欧州(14%)となっており、アジア中心の事業展開を行っています。, 資生堂は「安定=資生堂」というイメージから「攻めの資生堂」へと変えています。「攻め」とうイメージは、現在、国内・海外ともに苦境に立っており、組織の改革を進めていることにつながります。実際に、2014年4月に代表取締役に、伝説のマーケターとして知られる、元日本コカ・コーラの会長である魚谷雅彦を据えました。加えて、年功序列ではなく、実力に応じた人事考課を導入し始めるなど、組織として大きな転換期にあるといえます。, 1980年には30%以上を占めていた国内シェアは、カネボウ、コーセー、花王といった、国内メーカーの台頭もあり2015年現在、半分以下に低下しています。, 研修のなかには、「グローバルビジネス研修」、「グローバルキャリアプログラム」などがあり、「異文化適応力」「グローバルビジネス理解力」などを備えた人材を継続的に育成しているものの、ユニチャームに比べると海外赴任のチャンスは少ないといえるかもしれません。, 堅実なグローバル展開で知られる住友化学の海外売上高は1.5兆円程度。売上の58%を海外であげている計算になります。地域別にみると、アジア地域が7割、北米2割弱、欧州1割弱となっており、アジア地域では、ポリエチレンやポリプロピレンなどの石油化学製品や液晶ディスプレイ部材などを主に販売しています。北米では、医薬品や農薬などを中心に販売しているなど、幅広い事業領域であることが見受けられます。, 積極的に、海外展開を図っているため、海外に駐在するチャンスはありますが、リスクをとってまで事業をすすめることはあまりないでしょう。これは、基本的に年功序列で、部長職に就くのが50歳近くなるため、部長職以上が若手の挑戦を後押しするよりも、波風立てずに過ごすことが意識するためだと考えられます。年功序列と、グローバル化が共存している企業といえるでしょう。, 「真面目なグローバル」と、その社風が形容されるように、事業の大幅な変化などは考えづらいため、今後も既存の事業を伸ばしていくと考えられます。グローバル人材育成のための制度としては、リーダー育成を目的とする、シンガポールを拠点とした英語によるプログラムや、英語学習のためのコミュニケーションスキル要請講座などがあります。堅実に成果を出していけば、グローバルで働くチャンスがあると思われます。, 富士フイルムは、世界200以上の国と地域で事業を展開するグローバル企業です。地域別の売上高は、国内(42.5%)、米州(17.9%)、欧州(12.0%)、アジアその他(27.6%)となっています。, 一般的な日系と同様、年功序列の制度は残っています。しかし、自ら動くことでやりたいことをやらせてもらえる風土ではあります。, 中長期計画によると、大きな成長が期待される新興国市場を最重要地域ととらえ、BRICsやトルコ、中東、東南アジアなどに、人材や資金などの経営資源を集中投入していくと考えられます。また、積極的に現地法人を設立することで、地域ごとに戦略を考え、現地ニーズに合った開発・生産体制を強化して商品の競争力の向上を図っていくと打ち出しています。現地に送れる社員を増やすために、トレーニー制度、短期派遣制度といった制度が整っています。現地に密着した商品開発・マーケティングをしたい学生には合っているかもしれません。, 言わずと知れた世界のトヨタ。しかし、実際にどれぐらい海外売上高比率があるかを知らない人も多いのではないでしょうか。海外の売上高は69%。内訳では、北米が35%、アジアが17%、欧州が10%という順になっています。30カ国/地域に50以上の海外の製造事業体があり、グローバルに事業展開しています。, 現場の「声」を重要視するため、直接自分の目で見ることが大切にされています。これは、世界に誇るトヨタの生産方式が、現場から生まれたことからもわかります。現場を観察し、「ムダ」があれば、それを「なぜ」、「なぜ」と考え、その原因に対処することで今の生産方式にたどり着きました。この文化は今でも深く根付いており、「現地現物はもはや文化だ」という声もあります。, 現地現物文化により、海外の拠点に日本人幹部を送り、日本人がコントロールするのではなく、世界の地域ごとに自立して運営することを目指しています。そのため、配属先でのOJT(※1)や全社研修に加えて、あるいは海外研修などを実施し、それぞれの分野のプロフェッショナルとして腕を磨き、早ければ入社7、8年目に海外駐在員として赴任できます。しかし、まずは国内勤務がメインです。数年国内で鍛えて、海外に確実に行きたい、という学生が向いているといえるでしょう。, (※1)OJT:オン・ザ・ジョブ・トレーニング。業務現場での日常業務を通して育てること。指導役がつき、計画的におこなわれる。, 日産自動車は「もはや外資系の企業」とでもいえるかもしれません。海外売上高比率は78%で、2012年から順調に売り上げを8.7兆円から11.3兆円と伸ばしています。販売台数で考えると、国内ではあまり変化がないのに対して、海外での販売台数が2倍以上に伸びています(2000年度には190万台、2014年度には530万台)。内訳としては、北米(43%)、アジア(16%)が中心となっています。, ヨーロッパ最大の自動車製造会社ルノーと業務提携したことで、多くの外国人や帰国子女が入社しており、役員の半数が外国人になりました。そのため、社内で英語を使う機会も多いです。女性従業員に関しては、約1割が女性社員で、新卒に限れば、4人に1人は女性です。女性管理職比率は2004年度の1.6%から、2015年度には8.2%まで上がり、国内製造業の平均値3.1%も大幅に上回っています。, 今後グローバル化を更に推し進めるなかで、グローバル市場占有率8%を目指しています。今後は、海外拠点での生産能力の向上を図かるとともに、新たな販路の拡大や新規事業の立ち上げに積極的に取り組んでいくと考えられます。中長期戦略のうちの「攻める戦略」として、中国・ロシア・ブラジルに加えて、アセアン5カ国をあげています。アセアン5カ国での市場占有率を、2011年度6%のところを2016年度までに15%まで上げることを目標として掲げています。グローバルリーダー育成のための海外研修も用意されています。G-FTPという制度では、半年~2年の研修生として海外拠点や関係機関に派遣され、海外の業務や専門知識を学びます。, 売上高比率では、日本および日本以外の構成比は約4 : 6になっています。具体的には、日本(44%)、アジア(28%)、米州(18%)、欧州(11%)となっています。それに準じて、工場数もアジアが一番多く、数値としてはアジア(92工場)、米州(23工場)、欧州(13工場)となっています。, 年功序列が残っており、体育会気質の部分があるようです。「味の素グループWay」にもある「人を大切にする」「開拓者精神」が社員に浸透しています。, 中長期計画によると、今後は海外コア展開国と位置づけているFive Stars、ブラジル・インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピンを中心として海外事業の拡大を図っていきます。その後、周辺国であるイスラム圏、中南米市場を開拓していくといっています。それに伴い、2016年度までにグローバル経営人材/ローカル専門人材の選抜、採用、育成ためにダイバーシティマネジメント基盤を確立していくようです。このように今後も、アジア・南米・中東など、幅広い国で働くチャンスはあると考えられます。, 世界的に、「KIKKOMAN」はしょうゆの代名詞となり、アメリカ・アジア・ヨーロッパにある7つの海外工場から100カ国以上の国々に出荷され、愛用されています。地域別にみた海外売上比率では、日本(46%)、北米(41%)、ヨーロッパ(6%)、アジア・オセアニア(6%)となっています。特徴は、北米での海外売上高が大きいことでしょう。, 老舗であるため古くからの制度が残っており、会社の制度や人事の面では保守的であると考えられます。若手でバリバリ働きたいというよりは、腰を据えて働くタイプの方が向いているかもしれません。, 中長期計画では、北米、欧州、アジア・オセアニアにおいてそれぞれ、売上高成長4%、10%、10%を掲げており、今後も既存の市場を中心に戦っていくと考えられます。キッコーマンでは、とりあえず海外に行かされるのではなく、しっかりと専門性を磨いた「プロ人材」になることを求められます。そのために、社員1人1人が自分のキャリアについて考え、自らの強み、専門性を磨き上げていく制度があります。, 日系でも、世界を舞台に働ける企業があること、をご理解いただけたのではないでしょうか。また、こういった「売上高の50%以上を海外であげている」かつ「日本人が海外に行くチャンスがある」企業でも、その実態はさまざまであることがおわかりいただけたと思います。ぜひ、自分にあった企業を探してください。, ▼【ワンキャリ業界研究:第1弾】計32本の記事、全26業界!!のまとめ記事はこちら▼, ──【大好評!ワンキャリ業界研究】就活が落ち着く時期にこそ手軽に業界研究!上位校向け、業界研究の総まとめ!, 「ワンランク上のキャリア」を目指す人の為の就活メディア ONE CAREER の編集チーム。