このページは2度削除が検討され、1度削除されました。削除についての議論はWikipedia:削除依頼/千葉ロッテマリーンズ歴代4番打者一覧・Wikipedia:削除依頼/千葉ロッテマリーンズ歴代4番打者一覧 070603をご覧ください。, 前進球団の四番打者も加えたほうがいいのではないでしょうか?--中尉 2006年8月4日 (金) 07:01 (UTC), 19代目が抜けているのは何故でしょうか?--幕張防波堤 2007年2月19日 (月) 12:23 (UTC), 百科事典として意味がないのは同意 歴代監督. 7番:有藤通世(三塁手) 通算成績=.282・2057安打・348本塁打・1061打点・282盗塁 キャリアハイ=1977年 .329・133安打・16本塁打・53打点・26盗塁. 湯浅禎夫(1950 - 1952) 若林忠志(1953) 別当薫(1954 - 1959) 西本幸雄(1960) 宇野光雄(1961 - 1962) 本堂安次(1963 - 1965) 田丸仁(1966) 戸倉勝城(1967) 濃人渉(1968 - 1971途) 大沢啓二(1971途 - 1972) 金田正一(1973 - 1978・1990 - 1991) ルーキーが4番に座ると話題になる、しかし8番に座れば話題にならない、と言うところから考えて、歴代8番打者一覧は作る必要はないですが、歴代4番打者一覧はあってもいいと思います。--222.145.160.138 2007年7月20日 (金) 13:54 (utc) --板倉重昌 2007年3月5日 (月) 02:47 (UTC), とりあえず、赤リンクになっていたマックス・ヴェナブルとマーク・キャリオンの記事を作成しました。en:Max Venable,en:Mark Carreonにも日本のロッテでプレイしたカテゴリの追加をしています。第何代の4番打者といったことだけではマニアックすぎて存在意義が薄いと思いますが記事作成や加筆対象とするためには役に立つ一覧と思います。より良い一覧にするためには何年から何年に4番打者だったか、チームに在籍した年などが加筆できれば今より良い一覧になるのではと期待します。千葉に移る以前の選手についても加筆が必要だと思いますが。他にもメジャーリーグ歴のある選手の記事を何人か作成してみます。4番打者のステータスについては異論もあると思いますが、オールスターの際に4番を誰が打つか話題になったり、過去には大リーグで4番を打ったことのある選手という触れ込みで多くの来日外国人選手が紹介されていることもあり、日本のプロ野球では少なくともステータスとしてまだまだ注目されているといえます。巨人の4番の記事は有用だが他の球団の記事はいらないといった議論はメジャーリーグでいった場合、ヤンキースのような人気球団の記事ならばいるが、デビルレイズのような球団の記事はいらないというのと似たようなものではないかと思います。--Tiyoringo 2007年6月6日 (水) 14:10 (UTC), メジャーでは3番打者最強でも、日本では4番打者が最強だと言うことは野球ファンなら誰でも知っている事実です。なので、歴代4番打者の項目はあっても良いと思います。しかも、日米野球でも来日した中で最強の打者のライアン・ハワードが4番に座っていたりしたわけで、メジャーの全ての球団が3番打者を最強としているわけではないと思います。--xcab 2007年7月2日 (月) 12:45 (UTC), サブローを4番に起用したのはそこまでチームの4番を張り続けていたベニーが故障したからですし、ベニー復帰後も4番をずっと務めていたのも4番で好成績を残していたからです。2005年のオリックスは後藤光尊、北川博敏が4番を務めることも多かったです。あと、歴代4番打者一覧が作れるなら歴代9番打者一覧も作れると言っていましたが、2003年に西武のルーキー後藤武敏が開幕戦でいきなり4番に座った時はかなり話題になりましたが、オリックスのルーキー大引啓次が今年開幕戦で8番に座ってもあまり話題にはなりませんでした。ルーキーが4番に座ると話題になる、しかし8番に座れば話題にならない、と言うところから考えて、歴代8番打者一覧は作る必要はないですが、歴代4番打者一覧はあってもいいと思います。--222.145.160.138 2007年7月20日 (金) 13:54 (UTC), 削除依頼中に改名を議論するのはけしからんとお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、記事名、定義、検証性の点で百科事典的でないという主張が多いと思いますので千葉ロッテマリーンズとその前身球団の4番打者一覧やロッテの4番打者一覧などへの改名を提案いたします。改名の意見が多数を占めても削除という結論になればそれまでですが。--Tiyoringo 2007年6月10日 (日) 03:30 (UTC), ロッテ打線などへの改名を再提案いたします。前身球団の打線についての歴史も記述することができ、大毎ミサイル打線や旧本拠地の川崎球場の狭さなども取り上げて加筆することが可能になると思うのですが。--Tiyoringo 2007年7月7日 (土) 11:14 (UTC), 4番打者は、試合後とに決められるものであって、何年から何年という「情報」を書くのは、誤解の元です。正確に書くなら、何年の何試合目、と書かざるを得ません。一覧の記載順序も一意でなく、恣意的、個人的な羅列になっています。このような不正確で個人の観念的な一覧表は早期に削除されるべきでしょう。--PeachLover- ももがすき。 2007年6月16日 (土) 02:40 (UTC), 所属年と初めて4番を打った年がごっちゃになっていますが、どちらかに統一しませんか?, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ノート:千葉ロッテマリーンズ歴代4番打者一覧&oldid=14259673, 削除依頼の議論では存続の決定がなされたようですが、歴代4番打者一覧を許可してしまうと、9番打者一覧の記事も作成可能となり、収拾が付かなくなります。4番打者のステータスといっても、2005年のサブローのように、単なる「4番目の打者」の意味合いしかないしか持たない場合もあります。個人的にはさらなる議論の余地があると思うのですが、いかがでしょう?. ロッテの歴代永久欠番は? 2017年現在ロッテの永久欠番はありません。しかし、準永久欠番は二つあります。 まず一つは、8番です。8番は2017年から野手の中村選手がつけています。長年活躍していた今江選手の印象もあります。 コアなマリーンズファンとしては、歴代の背番号18番を背負った選手を知りたいだろう。 今回の記事で、往年の名選手から、期待の若手までを紹介する。 千葉ロッテマリーンズの永久欠番には、現在も使用されていない準永久欠番と、欠番を経て復活した背番号とがある。そのひとつひとつには敬意と感謝がこめられ、大切に扱われてきた歴史があるのだ。千葉ロッテマリーンズの永久欠番とその理由を、エピソードと共に紹介する。 株式会社ロッテ(LOTTE Co., Ltd.)は東京都 新宿区に本社が在る菓子メーカー。 重光武雄(辛格浩)が1948年(昭和23年)に日本で創業。 創業以来、世界各地でグループを展開し、重光の出身地である韓国で積極的に投資して大規模に事業しているロッテグループ#韓国ロッテグループに詳述がある。