第06回(2011年) アパパネ 大波乱呼ぶ『人気薄の逃げ馬』はあの馬?. 第07回(1973年) キョウエイグリーン 第47回(2013年) ロードカナロア 第53回(2019年) タワーオブロンドン ストレイトガール(英: Straight Girl 、香: 真誠少女 )は日本の競走馬。 おもな勝ち鞍は2014年のシルクロードS、2015年・2016年のヴィクトリアマイル、2015年のスプリンターズステークス。 ヴィクトリアマイル穴馬発掘の秘訣?連覇のストレイトガールとjra・g1史上最高2000万馬券の『立役者』にはある共通点が… 上がったストレイトガールはホントに強かった! 引退撤回して臨んだ戦いだけに、 陣営はホッとしている事でしょう^^ <ヴィクトリアマイル2016 着順> 01着 ストレイトガール 牝7 戸崎 圭太 1.31.5 33.4 02着 ミッキークイーン 牝4 浜中 俊 1.31.9 2 1/2馬身 33.6 第14回(2019年) ノームコア 【穴党必見!】JRAアルゼンチン共和国杯、どんなに人気がなくてもこの馬を馬券から外すな、7週連続G1の資金稼ぎはここで獲る!? 横山典弘「ラストラン」は勝負所から別馬の「悲しい過去」, JRA武豊「G1を4つ損した」……脚にボルト入れ現役続行、“幻の3冠馬”が29年前のアルゼンチン共和国杯で見せた復活劇, JRAファンタジーS(G3)“レシステンシア2世”候補は意外な「穴馬」!? ストレイトガール(英:Straight Girl、香:真誠少女)は日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2014年のシルクロードS、2015年・2016年のヴィクトリアマイル、2015年のスプリンターズステークス。, 2009年3月12日、岡本牧場に生まれる。体が小さかったものの健康体であった、と生産者の岡本章は話している[6][7]。岡本牧場と関係の深かった調教師の伊藤雄二の仲介によって、廣崎利洋が馬主となった[7]。馬名の由来は「まっすぐな少女」[8]。, 栗東・藤原英昭厩舎に入ったストレイトガールは、2011年8月21日の新馬戦にて宮崎北斗を鞍上に初出走し、10番人気の11着。8月27日の未勝利戦にて同じく宮崎が手綱を握り、初勝利を挙げた。2歳から3歳までに11戦したが、勝ち星は未勝利戦と、2012年6月の500万下条件の2勝に留まった[9]。2012年9月1日の1000万下条件・摩周湖特別で2着入った後は休養に入った。岡本は、ストレイトガールが輸送を苦手としていたこともあり、藤原が長期休養を行ったと話している[7]。, 2013年6月16日の500万下条件戦で復帰し、このレースは2着に終わったが、連闘で臨んだ23日の500万下条件戦で勝利[9]。ここから8月にかけてストレイトガールは4連勝し、オープン馬となった[7]。8月25日には重賞初挑戦となるキーンランドカップに出走、2着に敗れたものの、12月のオープン特別・尾張ステークスで勝ち星を挙げた[9]。, 2014年2月2日のGIII・シルクロードステークスで5歳の初戦を迎え、苦手としていた輸送も克服し[7]、重賞初勝利を手にした[9]。3月にはGI初挑戦となる高松宮記念に出走するも、不良馬場の影響もあり3着に敗れた[10]。続く5月18日のヴィクトリアマイルにも登録したものの、3着。騎手を務めた岩田康誠は敗因について、進路が開かなかったと話した[11]。6月には函館スプリントステークスに出走、1番人気に推されたものの、直線で進路がふさがれてしまい11着に敗れた[12]。10月5日には、新潟競馬場で開かれたスプリンターズステークスに出走したが2着に敗れた。12月14日には香港スプリントに挑戦、最後の直線で先頭との差を詰めたものの、3着に敗れた[13]。, なお、スプリンターズステークスと同じ日に行われた、美しく手入れされた馬を厩務員の手入れの技術を競う「ベストターンドアウト賞」では、ストレイトガールを担当する調教助手の田中博司が受賞した[14]。, 6歳となったストレイトガールの初戦は2015年3月29日の高松宮記念であった。香港スプリントでの好走などが評価され1番人気に推されたものの、13着に敗れる。この日は雨が降っており、鞍上の岩田は雨により馬場条件が良くなかったことを敗因に挙げた[10]。, 5月17日にはヴィクトリアマイルに出走。岩田がこのレースの1番人気であったヌーヴォレコルトに騎乗することから、ストレイトガールの騎手は戸崎圭太に替わった[15]。人気としては5番目であったが、レースレコードタイとなる1分31秒9のタイムで勝利、GIレース初勝利を果たした[16]。6歳牝馬のGIレース勝利は、1989年のジャパンカップでのホーリックス以来の出来事であった[16]。, 5月22日に放牧に出され休養した後[17]、9月13日のセントウルステークス(4着)を経て、10月4日のスプリンターズステークスに出走。1番人気に推された。レースはスローペースの展開となる中、後方からの追込みが決まり勝利、GIレース2勝目を挙げると共に、藤原と戸崎に初のスプリンターズステークス勝利をもたらした[18]。その後、香港に遠征し12月の香港スプリントに出走したが9着に敗れた。, 2016年初戦の阪神牝馬ステークスは9着に終わる。続く2戦目、5月15日のヴィクトリアマイルで、ミッキークイーンやショウナンパンドラを抑え連覇し、7歳牝馬としてはJRA史上初のGI勝利を挙げた。そして8月31日に現役引退を発表した[19]。10月30日に東京競馬場で引退式が行われ、11月13日付で競走馬登録を抹消された[20]。12月にイギリスに渡り、ニューマーケット近郊のナショナルスタッドで繁殖牝馬となる[21][22]。, 2016年12月2日(日本時間・12月3日)、イギリスサフォーク州ニューマーケットのナショナルスタッドに到着。着地検査を行ったあと、繁殖牝馬厩舎に入り、2017年から繁殖牝馬として繋養生活を開始した。, 2018年2月11日(日本時間・2月12日)に、初仔・ストレイトガールの2018(父Frankel 競争名・アスクピーターパン)を、イギリス・サフォーク州ニューマーケットのナショナルスタッドで無事に出産した。, 母ネヴァーピリオドは500万下特別・若菜賞を制するなど3勝を挙げ[24]、シャダイカグラの半妹タイセイカグラを母の母に持つ[7]ストレイトガールはネヴァーピリオドの2頭目の産駒であった。, STRAIGHT GIRL (T606) - Racing Information, http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/10/05/kiji/K20151005011261010.html, http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/03/30/kiji/K20150330010077010.html, http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/05/18/kiji/K20150518010368630.html, http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=98534, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ストレイトガール&oldid=77186513, この項目では、JRA所属のGI馬について説明しています。少年ジャンプのHPにて連載された漫画作品については「. 第21回(1987年) キングフローリック 「武豊軍」が芸能人をケチョンケチョンに!? 第42回(2008年) スリープレスナイト 第13回(2018年) ジュールポレール 第23回(1989年) ウィニングスマイル 第32回(1998年) マイネルラヴ 第27回(1993年) サクラバクシンオー リスグラシューの後継者に名乗り, JRAヴィクトリアマイル(G1)コントレイルの日本ダービーに援護!? 第11回(2016年) ストレイトガール, 第12回(2017年) アドマイヤリード 第09回(2014年) ヴィルシーナ 史上初は容易でない……。表には出ない「裏情報」が攻略のヒント, JRA菊花賞(G1)西山茂行オーナーが語った「異端の逃亡者」誕生秘話。グレード制導入以降「唯一」逃げ切ったセイウンスカイの伝説【特別インタビュー】, ヴィクトリアマイル(G1)レッツゴードンキ復活へ岩田康誠騎手が打った「布石」とは? G1レースを”捨てて”でも主戦騎手が示したかった「意気込み」, 浜中俊騎手が「斜行男」汚名返上へ決意も「強すぎる気持ち」が心配……ヴィクトリアマイル(G1)の主役ミッキークイーン「課題」は鞍上のメンタル?, 武豊・スマートレイアーのヴィクトリアマイル(G1)に「大きな声援」を送りたい理由。姉が弟の、弟が兄の「無念」を晴らす?, 【ヴィクトリアマイル(G1)展望】浜中俊復活へ! ミッキークイーン筆頭も「何が起こるか分からない」大荒れ牝馬G1. 距離短縮組の好走が「幻想」に終わる理由とは, JRA ヴィクトリアマイル(G1)史上最高払戻額の立役者「ミナレット2世」!? ストレイトガール(英:Straight Girl、香:真誠少女)は日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2014年のシルクロードS、2015年・2016年のヴィクトリアマイル、2015年のスプリンターズステークス。, 2009年3月12日、岡本牧場に生まれる。体が小さかったものの健康体であった、と生産者の岡本章は話している[6][7]。岡本牧場と関係の深かった調教師の伊藤雄二の仲介によって、廣崎利洋が馬主となった[7]。馬名の由来は「まっすぐな少女」[8]。, 栗東・藤原英昭厩舎に入ったストレイトガールは、2011年8月21日の新馬戦にて宮崎北斗を鞍上に初出走し、10番人気の11着。8月27日の未勝利戦にて同じく宮崎が手綱を握り、初勝利を挙げた。2歳から3歳までに11戦したが、勝ち星は未勝利戦と、2012年6月の500万下条件の2勝に留まった[9]。2012年9月1日の1000万下条件・摩周湖特別で2着入った後は休養に入った。岡本は、ストレイトガールが輸送を苦手としていたこともあり、藤原が長期休養を行ったと話している[7]。, 2013年6月16日の500万下条件戦で復帰し、このレースは2着に終わったが、連闘で臨んだ23日の500万下条件戦で勝利[9]。ここから8月にかけてストレイトガールは4連勝し、オープン馬となった[7]。8月25日には重賞初挑戦となるキーンランドカップに出走、2着に敗れたものの、12月のオープン特別・尾張ステークスで勝ち星を挙げた[9]。, 2014年2月2日のGIII・シルクロードステークスで5歳の初戦を迎え、苦手としていた輸送も克服し[7]、重賞初勝利を手にした[9]。3月にはGI初挑戦となる高松宮記念に出走するも、不良馬場の影響もあり3着に敗れた[10]。続く5月18日のヴィクトリアマイルにも登録したものの、3着。騎手を務めた岩田康誠は敗因について、進路が開かなかったと話した[11]。6月には函館スプリントステークスに出走、1番人気に推されたものの、直線で進路がふさがれてしまい11着に敗れた[12]。10月5日には、新潟競馬場で開かれたスプリンターズステークスに出走したが2着に敗れた。12月14日には香港スプリントに挑戦、最後の直線で先頭との差を詰めたものの、3着に敗れた[13]。, なお、スプリンターズステークスと同じ日に行われた、美しく手入れされた馬を厩務員の手入れの技術を競う「ベストターンドアウト賞」では、ストレイトガールを担当する調教助手の田中博司が受賞した[14]。, 6歳となったストレイトガールの初戦は2015年3月29日の高松宮記念であった。香港スプリントでの好走などが評価され1番人気に推されたものの、13着に敗れる。この日は雨が降っており、鞍上の岩田は雨により馬場条件が良くなかったことを敗因に挙げた[10]。, 5月17日にはヴィクトリアマイルに出走。岩田がこのレースの1番人気であったヌーヴォレコルトに騎乗することから、ストレイトガールの騎手は戸崎圭太に替わった[15]。人気としては5番目であったが、レースレコードタイとなる1分31秒9のタイムで勝利、GIレース初勝利を果たした[16]。6歳牝馬のGIレース勝利は、1989年のジャパンカップでのホーリックス以来の出来事であった[16]。, 5月22日に放牧に出され休養した後[17]、9月13日のセントウルステークス(4着)を経て、10月4日のスプリンターズステークスに出走。1番人気に推された。レースはスローペースの展開となる中、後方からの追込みが決まり勝利、GIレース2勝目を挙げると共に、藤原と戸崎に初のスプリンターズステークス勝利をもたらした[18]。その後、香港に遠征し12月の香港スプリントに出走したが9着に敗れた。, 2016年初戦の阪神牝馬ステークスは9着に終わる。続く2戦目、5月15日のヴィクトリアマイルで、ミッキークイーンやショウナンパンドラを抑え連覇し、7歳牝馬としてはJRA史上初のGI勝利を挙げた。そして8月31日に現役引退を発表した[19]。10月30日に東京競馬場で引退式が行われ、11月13日付で競走馬登録を抹消された[20]。12月にイギリスに渡り、ニューマーケット近郊のナショナルスタッドで繁殖牝馬となる[21][22]。, 2016年12月2日(日本時間・12月3日)、イギリスサフォーク州ニューマーケットのナショナルスタッドに到着。着地検査を行ったあと、繁殖牝馬厩舎に入り、2017年から繁殖牝馬として繋養生活を開始した。, 2018年2月11日(日本時間・2月12日)に、初仔・ストレイトガールの2018(父Frankel 競争名・アスクピーターパン)を、イギリス・サフォーク州ニューマーケットのナショナルスタッドで無事に出産した。, 母ネヴァーピリオドは500万下特別・若菜賞を制するなど3勝を挙げ[24]、シャダイカグラの半妹タイセイカグラを母の母に持つ[7]ストレイトガールはネヴァーピリオドの2頭目の産駒であった。, 国際G1昇格前: