21位 森下卓九段 1892@1992年5月20日 . プロ棋士の三浦弘行氏(九段)にスマホのカンニング疑惑があるとして、日本将棋連盟から年内の公式戦出場停止処分を受けた件。 将棋のことよく分からないけど、そもそも対局中にスマホの持ち込みができたって時点でルールどうなってんの? 20位 三浦弘行九段 1900@2016年3月23日 . 23位 山崎隆之八段 1886@2005年2月28日 . 2013年4月20日に行われた第二回電王戦第五局より、三浦弘行八段とコンピューター将棋ソフトのGPS将棋の棋譜です。 棋譜解析には技巧2(ver.2.02)を、1手あたり20秒、定跡は20手目まで、読みの深さ100に設定して行っています。 22位 千田翔太七段 1891@2019年9月30日 . 七冠を達成し長期にわたり将棋界の頂点に君臨していた羽生九段、昨年から年間最高勝率を更新する勢いで勝利を重ねる渡辺三冠、それとも現名人にして毎年高勝率をあげている豊島名人。, 人によって様々な名前が思い浮かぶと思いますが、今日はそんな疑問を解決するヒントとして『現役棋士の最高レーティング』をランキング形式で紹介したいと思います!!, レーティングはどうしてもインフレするため最近の棋士が有利な傾向にありますが、参考までに是非ご覧ください!!, ※本記事は2019年12月16日時点の将棋棋士成績DB様のレーティングを引用させて頂いております。, インフレの影響で近年の棋士が多くランクインしており、古くからのファンにとっては少し意外な結果も多かったのではないでしょうか。, いずれレーティングのインフレ率も考慮したランキングも作りたいと考えていますので、機会がありましたらまたこのHPをご覧ください!!, 【振り飛車か居飛車か!?】127名が選んだ将棋戦法人気ランキング2019 トップ10, 【将棋界人気NO.1は誰だ?】192名による将棋棋士人気ランキング2018トップ10, 【女流棋士人気NO.1は誰だ?】83名が選んだ将棋女流棋士人気ランキング2018トップ10, はじめまして『味噌人』です。 24位 阿久津主税八段 1880@2009年10月7日 . さて、いよいよ電王戦最終局まであと2時間を切りました…(切ってない)切ってないですが、もう既に対局始まったようなもんです。皆さん既にギロッポンですよね?ニコファーレ前ですよね?今、私はギロッポンのニコファーレ前にエア並びしていますが、脳内のニコファーレは既に長蛇の列です…。もう戦前に書くことは殆どない…と思っていたのですが、有りました。それは三浦弘行プロとGPS将棋の棋風、実力についてです。まずは三浦弘行プロ。棋士レーティングでいうと1728点。プロ棋士全体で20位に位置しています。A級棋士ということでトップ10である、という言い方もできますが全棋戦の成績で作ったレーティングだと20位。大体その10位から20位の間に位置していると考えられます。2000年から今年までの成績をみてみると、まず今期はまだ0−2と勝ち星に恵まれておりません。2000年度から今期までの年間勝率をみてみると、強いところと当たり続ける宿命ではありますが、勝率は五割台が最も多い状態です。2007年からのレーティング推移をみても、今が一番低い状態ですね。。以下がグラフになります。(参考:レーティングサイトのこちらより。アダルト含むのでご注意ください)。画像(クリックで拡大)レーティング自体は上がっていますが全体でのインフレ傾向が更に強い(全体のレベル上昇が大きい)ために、順位としては徐々に下がっているという感じが見て取れます。ただし、羽生善治の七冠を破った男であり、そもそも羽生善治からタイトルを奪取できた棋士というのが棋界にはごくわずかしか存在していませんが、その中の1人です。(羽生善治からタイトル奪取出来たのは、一〇人いないですよね。六人ぐらいかな?)【追記】コメントいただいたので正確にその棋士の名前を記すと以下のとおりです。谷川浩司 竜王 名人 王位 森内俊之 竜王 名人 王座 佐藤康光 竜王 王将 深浦康市 王位 渡辺明  王座 丸山忠久 棋王 久保利明 王将 三浦弘行 棋聖 郷田真隆 棋聖得意戦法は矢倉。前期のA級順位戦では屋敷伸之、羽生善治を先手番の矢倉で破っていますので、得意戦法になれば超トップクラスの実力を発揮することは間違いないと思います。もし後手が振り飛車であれば穴熊を志向する可能性が高く、角交換型の振り飛車にも勿論対応しています。ただGPS将棋も基本的には居飛車志向なので相居飛車の可能性が高そうです。仮に後手番のGPS将棋が、横歩を志向してきた場合は、アンチコンピュータ戦略であれば違う作戦を採る可能性もありますが、プロ棋戦においては基本は横歩を取るタイプではあります。GPS将棋の二手目が△8四歩なのか、或いは△3四歩なのか?には注目したいところです。さてGPS将棋。コンピューター将棋の対局場であるFloodgateではコンピューター将棋用のレーティングが用意されています。最近二週間のレーティングをみるとgpsshogi_exptというものがあります。こちらがast_modifiedが2013-04-19(昨日)で、レーティングは2966点となっています。Gekisashi_X5590_7c、ponanza-990XEEに続く値であり、コンピューター将棋の中でもトップクラスなのは間違いないです。これが東大のPC繋ぎまくりでどこまで向上しているのか?が気になるところです…。最近の対戦サマリーを見ると、Gekisashi_X5590_1c(激指の1コアということでしょうか?)には、2−2。Gekisashi_X5590_7c(7コア??)には2−5と負け越しています。GPSの種類がいっぱいありすぎてどれがどれなのかわかりませんが、とりあえずGPSと名のつくコンピューター将棋の後手番がどういう作戦を指しているか?というのをサンプルチェックしてみました。こちらの対局ではいきなり四手目に角道をふさぎました…。これがあるなら、ほぼ先手必勝であるべきですね。コンピューター将棋は終盤強いのでどうにかされる可能性も当然高いのですが、棋理としては。ただ現代に全盛期の大山康晴が戻ってきたら?という仮想対決として観戦が面白くなる可能性もあります。この対局でもまた角道塞いでるんですが…。なんだろうこれは。後手番で4手目に角道を閉じる作戦を今日は用いる可能性あるんですかね?戦型固定しているわけじゃないですよね??これも先手が咎めない展開だったにもかかわらず普通に四間飛車にしていますね。中盤の展開はプロとしてはありえないもので、こうなるなら三浦弘行プロであれば圧勝するでしょう。こちらは、変な序盤です。コンピューター将棋特有の変な序盤で駒組みとしては後手が相当苦しそうな将棋。これも三浦弘行プロであれば圧勝しそう。これもありえない序盤ですね。こちらはゴキゲン指してますね。こちらは一手損。なるほど。色々やってますね。ちょっとありえない序盤になっているものも幾つかありました。こうなると、人間側、三浦弘行プロ次第ですが序盤の隙を咎めに行く船江恒平スタイルか、或いはそこは穏便に行く作戦か。もしくは少しだけポイントリードして無難な中盤を目指す佐藤慎一スタイルというのもありますね。阿部光瑠プロのように序盤でハメる展開だけは今回は考えにくいのと、後手番ではないので塚田泰明先生のようなプロ側からいい意味で対人間だと通らないけどコンピューター将棋だから通る…というような、やや誤魔化したような序盤もなさそう。GPS将棋が変な序盤固定をしていないのであれば、割りとあらゆる戦型が出現する可能性がありますね。二手目△8四歩であれば三浦弘行プロは矢倉を目指すでしょう。二手目△3四歩であれば▲2六歩。ここからGPS将棋が指す可能性のある手は、考え方で分類して4つあります。■1.一手損角換わりを志向する場合一番可能性が低いのは、一手損を目指す△3二金。これは専門的には既に後手が面白く無い展開しか残っていません。なので一手損を目指すのであれば、4手目で△8八角成り。これはありえますね。こうなると将棋としてはかなり面白くなる期待はあるものの、GPS将棋にプロの最新形の情報が少なすぎるので超力戦からグダグダになる可能性のほうが高いでしょうね。■2.角道オープン型振り飛車(新藤井システム)これもある意味、一手損の派生系ではありますが、将棋としての盛り上がりはかなりありそうな戦型です。ただし、一手損と同じ理由で超力戦型からのグダグダ…という懸念がありますね。。■3.ノーマル振り飛車△4四歩と角道を塞いでノーマル振り飛車をGPS将棋が目指す展開。コレもあります。これがもしかすると序盤・中盤に隙がなく、一番おもしろいかもしれません。先手の三浦弘行プロは確実にイビアナを目指すでしょうが、大山康晴名人の亡霊と戦うような勝負になると思います。これは正直見てみたい。プロの攻めが完切れにされる可能性もあります。疲れない全盛期の大山康晴がみれるでしょう。ただし、専門的には三浦弘行プロというか先手が勝つべき勝負ですね。■4.横歩取りこれも見てみたい戦型です。先手は引き飛車もありますし、普通に横歩取りにするのもあります。コンピューター将棋にもある程度定跡蓄積されていて、戦いとしてもコンピューター将棋の性能がフル活用されるので面白いはず。正直、コンピューター将棋というか今回のGPS将棋のスペック、東大駒場のPCをたくさんつないだ状態でどういう将棋になるのか?を観る意味では一番楽しい戦型だと思います。ということで、戦型予想としてはやはり矢倉が第一候補なのですが、GPS将棋がもし二手目に△3四歩と角道を開けると、かなり面白い将棋になるか、とてもグダグダの将棋になるか?の二択。そして面白い将棋になったとしたら、現代に蘇る大山康晴か、スーパーハイスペックを完全に活かせる激しい戦いの二択になりそうです。んーやっぱりそういう意味では△3四歩を期待したいですねえ。いやー超楽しみです。いよいよあと一時間を切りましたよ!(まだ切ってない角道を塞いだノーマル振り飛車期待ということで以下の書籍を紹介しておきます。特に現代に生きる〜は本当に名著です。私も何度も読み返しています。四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)(2012/10/23)阿部 健治郎商品詳細を見る現代に生きる大山振り飛車(2006/12)藤井 猛、鈴木 宏彦 他商品詳細を見る. これはそんな曖昧な決着ですませられるような問題ではないと思う。」「挑戦者が差し替えになった時点で将棋界の歴史は大変な汚点を残したと思う。」と将棋連盟の対応を批判し、三浦については「三浦九段は濡れ衣だと言っている。本当か?」「三浦九段が本当に不正をしていないのであれば、強い態度に出てほしいと思う。」とした[59]。, 囲碁タイトル戦史上6人目の名人本因坊である高尾紳路は「仲間の棋士が『黒』と言い切っている。それを信じる。」と三浦に対して懐疑的な見方を述べた[55]。本因坊6期などの実績のある武宮正樹は「将棋連盟は冷たい対応だねえ」と三浦に同情した[55]。, 王将・玉将 - 飛車→(竜王) - 角行→(竜馬) - 金将 - 銀将→(成銀) - 桂馬→(成桂) - 香車→(成香) - 歩兵→(と金), 行き所のない駒 - 打ち歩詰め - 王手 - 後手 - 先手 - 千日手 - 詰み - 成駒 - 二歩 - 入玉 - 必至 - 封じ手 - 振り駒 - 待った - 持ち駒 - 持ち時間, 合駒 - 居玉 - 上手と下手 - 大駒・小駒 - 飾り駒 - 感想戦 - 奇襲戦法 - 棋譜 - 棋風 - 急戦 - 棋力 - 公開対局 - 持久戦 - 定跡 - 攻め - 大局観 - 太刀盛り - 中段玉 - 長考 - 付き人 - 手順前後 - 手待ち - 成金 - 羽生マジック - 藤井マジック - ハメ手 - 早指し - 盤外戦 - 盤寿 - 番勝負 - 妙手 - 米長玉 - 力戦 - 両取り - レーティング, 将棋界 - 棋士 - 棋戦 - 将棋の段級 - 日本将棋連盟 - 日本女子プロ将棋協会 - 将棋大賞 - 国際将棋フォーラム - コンピュータ将棋 - 将棋電王戦 - ソフト不正使用疑惑騒動 - 観戦記者 - 囲碁・将棋チャンネル - AbemaTV 将棋チャンネル, 棋士一覧 - 女流棋士一覧 - タイトル在位者一覧 - 女流タイトル在位者一覧 - 将棋類の一覧 - 将棋類の駒の一覧 - 将棋棋士とコンピュータの対局一覧, 原将棋 - 平安将棋 - 平安大将棋 - 小将棋 - 中将棋 - 大将棋 - 天竺大将棋 - 大大将棋 - 摩訶大大将棋 - 泰将棋 - 大局将棋 - 和将棋 - 禽将棋 - 広将棋, 詰将棋 - 五分摩訶将棋 - 5五将棋 -3三将棋 - 京都将棋 - 鯨将棋 - ジャドケンス将棋 - 槍将棋 - 四人将棋 - 四神将棋 - 大砲将棋 - 川中島将棋 - 征清将棋 - 国際三人将棋 - 京将棋 - 9マス将棋 - どうぶつしょうぎ - ろっかくしょうぎ - サッカーしょうぎ, 軍人将棋 - 哲学飛将碁 - 太閤将棋 - J-Chess - じゃんけんしょうぎ - 宇宙将棋 - リアルタイムバトル将棋, はさみ将棋 - まわり将棋 - 将棋崩し - 将棋倒し - おはじき将棋 - 飛び将棋, ペア将棋 - 目隠し将棋 - 郵便将棋 - 人間将棋 - 盲人将棋 - ついたて将棋, 将棋の手合割 - 将棋の格言 - 詰将棋‎ - 名人 - 新進棋士奨励会 - 将棋のアマチュア棋戦 - 日本アマチュア将棋連盟 - 将棋講座 - 将棋会館 - 将棋倶楽部24 - 81Dojo - 天下一将棋会 - 将棋ウォーズ - 将棋・チェス板 - 天童市 - チェス - シャンチー - チャンギ - 将棋パズル - 縁台将棋 - 将棋用語 - 将棋天国社 - 近代将棋 - 将棋まつり - 将棋の日, 連盟も今回の騒動で大変な被害を被ったと思うんですけど、ただやっぱり悪意を持って、私のことや将棋界全体を苦しめた一部のメディアと一部の棋士、そして私が不正をしているという噂をまき散らし将棋界を無茶苦茶にした観戦記者の, 「マスコミの取材殺到などを避けるため」などの理由により当該ツイートは既に削除されている。, 後に第三者委員会の報告書によって、31分間の離席は久保の勘違いであったことが判明している, 当時、離席は棋士それぞれの自由であり、頻繁な離席長時間の離席ともに特にルールは決められていなかった。, しかし、渡辺が疑った指し手のうちのひとつは後の調査により、三浦と若手棋士の事前研究であったと対局以前のキャリアメールから判明しており、その他の手についても後に複数の高段位棋士から三浦の手として自然だと証言されている。, 一方で三浦は島元理事から竜王戦は開催されないとの報告をうけて休場を受け入れたと主張しており、これについて佐藤会長は連盟としてどうすべきだったか検証する必要はあると発言した。, のちに第三者委員会の調査で、「休憩室へ行ったら先輩棋士が囲碁をやっており、横になれないので仕方なく、守衛室で休んだ」と詳細が公表された。また「連盟からの要望がなかったにもかかわらず、自ら保有するノートパソコン2台、デスクトップパソコン2台、スマートフォンの全アプリを撮影した画像を提出しています」と主張した。, その後、妻のTwitterでより詳しい説明がなされ、疑惑について当時「その経緯が本当に事実でもグレーと」「証拠もないのに処分は全く不当!」と島元理事に伝えたものの、「【グレー羽生善治】の所だけに焦点を当てたご都合切取り主義と、主人をあたかも三浦先生告発の一員と誤解を受ける様に名前を利用された」と当初の報道を強く否定している。, ただし、ヤマダ電機のはからいにより、三浦は前日3日の「第13回YAMADAこども将棋大会」の開会式にサプライズで登場し、来場のファンに挨拶を述べた, 他の2局は、竜王戦本戦トーナメント準決勝の対・久保戦と、A級順位戦の対・渡辺戦である。, 囲碁の棋聖戦は、将棋の竜王戦と同じく読売新聞社が主催し、囲碁の名人戦・本因坊戦を上回るタイトル序列1位の最高棋戦である。, http://www.news-postseven.com/archives/20170228_496690.html, http://mainichi.jp/articles/20161026/ddm/041/040/167000c, http://mainichi.jp/articles/20161013/k00/00m/040/037000c, http://www.asahi.com/articles/ASJBF5SY1JBFUCVL033.html, http://www.yomiuri.co.jp/culture/igoshougi/ryuoh/20161014-OYT8T50052.html, http://www.sankei.com/life/news/161013/lif1610130027-n1.html, https://web.archive.org/web/20161020051705/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010734201000.html, http://mainichi.jp/articles/20161226/k00/00e/040/172000c, http://www.asahi.com/articles/ASJDW7WL5JDWUCVL02M.html, http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1760313.html, https://mainichi.jp/articles/20170609/ddm/041/040/051000c, http://www.asahi.com/articles/ASK1K6CTBK1KUCVL029.html, http://www.hochi.co.jp/topics/20161021-OHT1T50112.html, “日本将棋連盟の谷川浩司会長 辞任会見詳報 「体調不良が最大の理由」「出処進退にけじめ」”, http://www.sankei.com/life/news/170118/lif1701180039-n1.html, https://web.archive.org/web/20170118063832/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170118/k10010844011000.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/30/kiji/20170130s00041000160000c.html, http://toyokeizai.net/articles/amp/157331, http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/30/news147.html, http://www.asahi.com/articles/ASK274GQ4K27UCVL008.html, http://www.asahi.com/articles/ASK2F62G0K2FUCVL01Q.html, http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15358010U7A410C1CR8000/, http://www.nikkei.com/article/DGXLASFG27H8F_X20C17A2000000/, http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170227-OYT1T50077.html, http://mainichi.jp/articles/20170228/k00/00m/040/073000c, “三浦弘行九段と将棋連盟が「将棋ソフト不正疑惑」で和解 慰謝料は非公表(会見詳報)”, https://web.archive.org/web/20170607223729/http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/24/miura-shogi_n_16779528.html, http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1829144.html, “三浦弘行九段と将棋連盟が和解 会見詳報(上) 渡辺明竜王が三浦弘行九段に謝罪「2、3回、『すみませんでした』と…」”, https://web.archive.org/web/20170607223241/http://www.sankei.com/life/news/170524/lif1705240073-n4.html, http://www.hochi.co.jp/topics/20170913-OHT1T50288.html, http://www.news-postseven.com/archives/20161101_461585.html, http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011100756&g=soc, https://web.archive.org/web/20171107074701/http://www.news-postseven.com/archives/20161019_458434.html, http://www.sankei.com/life/news/170111/lif1701110033-n1.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=将棋ソフト不正使用疑惑騒動&oldid=80291625, 告発の理由とされていた感想戦で示した指し手は事前に三浦が棋士仲間と研究していた手であったこと.