ゴージャスランチ(山元トレセン) 3月8日(日)中山4Rマジカルマジカル3着 8月2日(日)札幌5Rバニシングポイント1着 9月5日(土)札幌6Rマティアス2着 4月21日(日)東京6Rカフェクラウン1着 1月19日(土)京都9Rダイアトニック1着 10月4日(日)中山6Rフジノタカネ1着 4月29日(月)京都8Rロードマドリード3着 7月18日(土)阪神9Rセプタリアン1着 9月13日(日)中京4Rビーアイフェリペ2着 10月3日(土)中山6Rサイファーシチー1着 土曜勝負馬⇒金曜21時 5月19日(日)東京3Rベルウッドカザン1着 3月20日(金)阪神5Rリーガルマナー1着 5月31日(日)京都9Rダンツキャッスル3着 ウイングレイテスト 追い切り評価:B+ 3月28日(土)中山6Rサクラトゥジュール2着 2月8日(土)東京10Rサトノラディウス1着 8月4日(日)小倉6Rヒバリ1着 ⇒京都新聞杯最終予想へ 【2020中山牝馬s過去成績(偏差値予想表)】 今週の土曜には中山で古馬牝馬のハンデg3中山牝馬ステークスが行われます。あわせて中山牝馬s(g3)の競馬偏差値予想表、過去の成績結果をまとめています。 ※過去4年分((2016~2019年) 【2020中山牝馬s過去成績(偏差値予想表)】 【2020中山牝馬s出走登録馬 … 10月13日(土)東京1Rチャーチスクエア3着 3月23日(土)阪神10Rサウンドキアラ2着 7月5日(日)福島5Rオーホンブリック3着 5月26日(日)京都5Rチュウワフライヤー1着 ⇒大阪杯最終予想へ 6月8日(土)阪神11Rファッショニスタ2着 9月6日(日)小倉3Rピクシーサンライズ1着 8月16日(日)新潟5Rヴェイルネビュラ1着 5月24日(日)京都8Rクーファウェヌス2着 9月30日(日)中山4Rフィルムフェスト1着 カリビアンゴールド 追い切り評価:C エグレムニ(グリーンウッド) 4月14日(日)中山7Rネクストムーブ3着 11月10日(日)京都5Rグランデマーレ1着 8月23日(日)新潟6Rファインルージュ2着 2月10日(日)小倉5Rカレンモエ2着 カリビアンゴールド(ミッドウェイファーム) 8月25日(日)札幌8Rレッドフィオナ3着 7着:ウインシャトレーヌ 11月9日(土)東京4Rヴィズサクセス1着 今走なし ウインシャトレーヌ(なし) 3月10日(日)阪神1Rブロードハースト1着 自分のリズムで走れれば、展開次第では可能性十分でしょう。, エーティーメジャー 追い切り評価:B 2月3日(日)京都6Rマルシュロレーヌ2着 レッドランディーニ(なし), 元々攻め動くタイプの馬ではありましたが、最終追い切りの動きが絶好! 2月29日(土)阪神3Rトゥルブレンシア2着 ヴェスターヴァルト 追い切り評価:B+ デンコウアンジュ 追い切り評価:B ウラヌスチャーム(ノーザンファーム天栄) 3着:エスポワール(3/4馬身) | 2月23日(日)東京7Rミスマリア1着 7月12日(日)福島7Rラブアドベンチャー1着 6月2日(日)東京6Rモーベット1着 12月8日(日)中山6Rセイウンヒロイン3着 5月12日(日)京都4Rシルヴァーソニック2着 ウラヌスチャーム 追い切り評価:B+ ゴージャスランチ 追い切り評価:B 乗り込みも十分で態勢は整ったと見て良いでしょう。, ターコイズSでは5着に敗れたものの、斤量+1kgとなる前走は3着に好走しています。 6月14日(日)東京5Rグアドループ2着 4月25日(土)東京6Rグレイトオーサー1着 10月31日(土)東京5Rアヴェラーレ1着 11月4日(日)京都4Rサヴォワールエメ1着 ノーザンファームしがらき 3月31日(日)中山10Rデアフルーグ1着 リュヌルージュ(宇治田原優駿ステーブル) ビアンフェ 追い切り評価:A 10月6日(土)東京9Rブラックプラチナム2着 12月1日(日)中山7Rレイテントロアー3着 ツイッターでも情報更新中! 10月5日(土)京都5Rグランレイ3着 3月17日(日)阪神2Rアスカリ1着 大きな偏りはありませんが、押さえておくなら3枠、4枠、5枠です。 2月9日(土)京都2Rラデツキー1着 5月16日(土)京都4Rカケル3着 1月12日(土)京都3Rカレンリズ1着 ソングオブザハート(なし) 2019年優勝馬:フロンテアクイーン 牝6 1:47.7 三浦皇成 中山牝馬ステークス 2020 枠順 今年も3枠〜5枠の馬には要注意ですよ!, 脚質傾向としては、先行馬と追込馬が中心です。 ソウルスターリング(山元トレセン) 斤量増えたにも関わらず着順を上げたのは好感が持てますし、今走は前走からさらに-2kgのハンデ。 ライチェフェイス 追い切り評価:B+ コスモリモーネ(なし) 2月22日(土)東京5Rクロノメーター1着 ⇒金鯱賞最終予想へ 7月14日(日)福島11Rアンヴァル2着 11月24日(日)京都6Rヒラソール1着 4月20日(土)東京5Rミスマリア1着 [CDATA[ 3月28日(土)阪神3Rアンセッドヴァウ1着 8月11日(日)札幌5Rエカテリンブルク1着 京都新聞杯(G2) 9月1日(日)新潟3Rトロワシャルム2着 今走なし 9月29日(日)阪神7Rドナウデルタ1着 レイホーロマンス 追い切り評価:B+ 4月27日(土)東京3Rタマノカイザー1着 宇治田原優駿ステーブル 6月22日(土)阪神8Rスマートフルーレ2着 ⇒ファルコンS最終予想へ 7月5日(日)阪神9Rヒートオンビート2着 【みやこステークス 2020予想】追い切り・ラップ適性 & 各馬評価まとめ / 瞬発力とスピード両方を問われる一戦, 【追い切り注目馬】【アルゼンチン共和国杯】【12R2勝クラス】他 11/8(日) 東京競馬 夢の競演, 【追い切り注目馬】【みやこステークス】【4R新馬戦】他 11/8(日) 阪神競馬 今回はマジです(? 第38回 中山牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m 4着:デンコウアンジュ(ハナ) エーティーメジャー(なし) 10月20日(土)京都4Rゴルトマイスター1着 ワコーファームアカデミー 中山 芝右1800m. 10月27日(日)東京8Rピースワンパラディ3着 【2020中山牝馬s過去成績(偏差値予想表)】 今週の土曜には中山で古馬牝馬のハンデg3中山牝馬ステークスが行われます。あわせて中山牝馬s(g3)の競馬偏差値予想表、過去の成績結果をまとめています。 ※過去4年分((2016~2019年) 【2020中山牝馬s過去成績(偏差値予想表)】 【2020中山牝馬s出走登録馬 … フィリアプーラ 追い切り評価:B 8月9日(日)新潟5Rトーセンインパルス3着 「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」. アブソルティスモ(ノーザンファーム天栄) 次いで、2番人気、4番人気、5番人気が続き、1番人気以外の上位人気馬は好走率が高いですね。 競馬情報サイト「競馬の魅力」では動画や結果から出走予定馬、予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 中山牝馬ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中山牝馬ステークスの着順は1着:フェアリーポルカ、2着:リュヌルージュ、3着:エスポワールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 2020年3月14日(土) | 2回中山5日 | 15:45発走 10月7日(日)東京10Rシヴァージ2着 1月5日(土)中山5Rブルーエクセレンス2着 中山牝馬ステークス2020の予想、ファルコンステークス2020の予想、土曜日レースの軸馬予想についての記事になります。 中山牝馬ステークス2020追い切り評価 まずは、追い切りを見てみましょう! モルフェオルフェ 追い切・・・ 6月13日(土)東京5Rノックオンウッド1着 直線も11.5秒の力強い伸び脚で、前走よりも更に上積みが見込めます。, しかも、2週連続で終い11秒台をマーク。 4月6日(土)阪神9Rエクレアスパークル1着 先行馬の前残りの展開も少なくないですが、全体的に見ると後方勢が活躍しています。 8月18日(日)新潟6Rペコリーノロマーノ1着 情報なし 2月10日(日)京都6Rイグナーツ3着 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © 2019 競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】 All rights reserved. ⇒京王杯SC最終予想へ 4月13日(土)中山7Rネクストムーブ1着 まずは、2番人気〜5番人気の馬を中心に、穴馬を数頭絡めて予想を組み立てるのが良いでしょう。, 枠番傾向としては、中枠が好成績です。 全て登録が無料のものを紹介しているので、是非参考にしてみて下さい! 2月16日(土)東京9Rシャドウディーヴァ3着 2020年3月15日(日) 7月20日(土)中京6Rペールエール1着 11着:ロフティフレーズ ただ、昨年は11番人気が3着して、3連単163,380円と思ったより配当は少ないです。 ライチェフェイス(なし) 7月18日(土)阪神5Rヴェールクレール1着 4月20日(土)京都4Rスリーカナロアー3着 ドゥーベ(なし) 9月15日(日)中山3Rジュラペッシュ1着 9月29日(土)阪神5Rサトノルークス2着 5月10日(日)東京4Rヤシャマル1着 エーポス(なし) 2月22日(土)東京6Rレッドサーシャ1着 「雨で内枠が欲しいと思っていました。道悪は小倉(前走)でそれなりにこなしていましたからね。(前に)いい目標がいましたし、千八のほうがしまい切れるし、思っていたとおりのレースになりました。使うたびによくなっていますからこれからも楽しみです」, 2着 リュヌルージュ(団野大成騎手) 9月22日(土)中山5Rルガールカルム1着 12月2日(日)阪神3Rアーデンフォレスト1着 12月22日(土)中山8Rダノンチャンス3着 8月15日(土)小倉9Rヨカヨカ1着 3連複4,540円的中 テーオーマルクス(グリーンファーム甲南) 1月14日(月)京都3Rマスターフェンサー1着 4月11日(土)中山6Rヴァンタブラック2着 9月14日(土)阪神5Rラストブラッサム3着 「すみません。この馬場で全然でした。3、4角まではいい感じでしたが、直線向いてやめてしまった。次ですね」, フェアリーポルカ(Fairy Polka)牝4/鹿毛 西村 真幸(栗東) ワンスカイ(松風馬事センター) 6月20日(土)東京5Rクールキャット1着 2020年3月14日 2回中山5日目. 「4コーナーまでは良い感じで上がって行きましたが、その後は伸びませんでした。久しぶりだったことも影響したと思います」, 4着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手) 7月21日(日)中京9Rアルティマリガーレ1着 8月17日(土)小倉10Rキラーコンテンツ1着 3月24日(日)中山6Rヴァンケドミンゴ2着 9月16日(月)中山5Rミアマンテ1着 ファルコンステークス(G3) ただ、6番人気以下で3着以内に好走しているのは全て先行馬。 10月27日(土)東京5Rレディマクベス1着 ブログを報告する. 16着:コントラチェック, 1着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手) 10月6日(日)京都8Rルプリュフォール1着 ビアンフェ(なし) 吉澤ステーブルWEST フィリアプーラ(ノーザンファーム天栄) 10月11日(日)東京8Rヴォウジラール1着 9月8日(日)中山5Rシベール3着 3月20日(金)中山4Rバーナードループ1着 7月28日(日)新潟9Rヴァンクールシルク1着 日曜勝負馬⇒土曜21時 3連複5,880円ダブル的中! 大穴なら3枠が活躍しており、昨年も11番人気のアッフィラートが3着しています。 10月27日(日)京都5Rフライライクバード2着 10着:フィリアプーラ シャインガーネット(ノーザンファーム天栄)   11月15日(日) マイルチャンピオンシップ 最終追い切り情報, 「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨ 4月4日(土)阪神9Rサトノシャローム2着 ⇒ファルコンS最終予想へ, onix-onikuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 「感じは良かったのですが、勝負どころでのめってしまって、力を出し切れませんでした」, 15着 カリビアンゴールド(石橋脩騎手) アブソルティスモ 追い切り評価:B+ 「いいところを選んで走って、しまいはこの馬なりには伸びている」, 10着 フィリアプーラ(L.ヒューイットソン騎手) 6月20日(土)阪神5Rインテンスフレイム2着 馬連1,550円 マイネルグリット 追い切り評価:B+ 2月15日(土)東京3Rサトノアレックス2着 レイホーロマンス(VH名張) サラ系4歳以上オープン. 5着:レイホーロマンス(2-1/2馬身) 12月21日(土)阪神2Rサンライト1着 8着同着:ウラヌスチャーム 【アルゼンチン共和国杯 2020 レース回顧・結果】3歳Vで飛躍は約束されたようなもの? ゼンノジャスタ 追い切り評価:B (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 11月10日(土)東京6Rカヌメラビーチ1着 8月22日(土)新潟6Rリーガルバトル1着 2月1日(土)京都10Rボッケリーニ1着 7月6日(土)函館5Rアメージングサン2着 10月14日(月)東京5Rルナシオン1着 デンコウアンジュ(なし) 1月12日(土)中山5Rパロネラ2着 1月13日(日)京都9Rジョーダンキング1着 2月29日(土)阪神8Rサトノウィザード1着 11月8日(日)阪神2Rシャーレイポピー1着 Copyright(c)2016-2020 Onix-Oniku All rights reserved. 8月10日(土)小倉10Rエングレーバー2着 セイウンパワフル 追い切り評価:B 10月5日(土)東京5Rクロミナンス3着 ・競馬歴:25年以上 6着:レッドアネモス 11月7日(土)阪神7Rマティアス1着 2020年の中山牝馬ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の中山牝馬ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、中山牝馬ステークス。, 1着賞金3600万円、ハンデキャップ競走。正式名称は「ローレル競馬場賞・中山牝馬ステークス」。ヴィクトリアマイル(G1)の前哨戦。, ユキノサンライズ・スカーレットブーケ・ラビットボール・ホッカイセレス・アルファキュート・プレイリークイーン・ショウリノメガミ・メジロランバダ・ナリタルナパーク・レッドチリペッパー・エイシンルーデンス・ダイヤモンドビコー・レディパステル・オースミコスモ・ウイングレット・ヤマニンシュクル・マイネサマンサ・ヤマニンメルベイユ・キストゥヘヴン・ニシノブルームーン・レディアルバローザ・マイネイサベル・フーラブライド・バウンスシャッセ・シュンドルボンなど。, 中山牝馬ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の中山牝馬ステークスのレース映像分析ではありません。, 過去の中山牝馬ステークスの結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。, 前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の中山牝馬ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。, 中山牝馬ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? トーセンビクトリー・カワキタエンカ・フロンテアクイーン。, どのような競馬を前走でしていた馬が過去の中山牝馬ステークスで馬券になったのか。ウラヌスチャーム・レイホーロマンス・マジックタイム。, 中山牝馬ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。, 過去に中山牝馬ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱・出走表から消える激走買いデータをまとめます。, 中山牝馬ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも中山牝馬ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。, JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。, 例えるならば、過去の中山牝馬ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。, 毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。, レースラップ・12.5-11.6-11.9/12.3-11.5-12.4/12.2-11.4-11.9, 2019年中山牝馬ステークス1着、フロンテアクイーン(オッズ・5番人気。血統・メイショウサムソン産駒)の前走は、ターコイズステークス(中山競馬場・芝1600m)でした。, レースラップ・12.3-10.8-11.1/11.3-11.5/11.8-11.7-12.2, フロンテアクイーンは、7枠13番からスタート。出遅れ。促していく。前目、先行。抑えつつも逃げ馬の外へつけていく。, 逃げて行ったのは、カワキタエンカ。テン3ハロン34.2秒。早めの逃げ。フロンテアクイーンのテン3ハロンは34.3秒。こちらも早め。, 向正面。逃げ馬のペースは少し早目を継続していく。フロンテアクイーンは、抑えつつ逃げ馬の外をつけていく。, 直線。逃げ馬の外をつけて回ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って追う。しかし、伸びはじわじわ。逃げ馬を交わして先頭に立つも、外から3頭に交わされて行く。フロンテアクイーン4着。上がり3ハロン35.8秒。, ※【中山牝馬ステークス2019・過去結果データメモ】フロンテアクイーンの斤量はターコイズステークスから1キロ減の54キロ。前走のフロンテアクイーンは、テン3ハロン早目→中間ラップも少し早目で流れたレースを走った。, フロンテアクイーンは出遅れ。促して逃げ馬の外へつけるも、ペースが早い流れで走ることに。中間ラップも早いまま継続して行って、直線伸びて先頭に立つも後続に交わされて行って4着。上がり3ハロン35.8秒。, 単純にペース早すぎる流れに内1頭外とはいえ距離ロスありつつの競馬になった形。テン3ハロン34.3秒は早すぎる。テンを急かしてハイペースにしなくっても競馬できる馬であり、鞍上のミスである。上がりが35.8秒と垂れてないこともあり、馬券には入れたい。中山競馬場・芝1800mになって、上り坂からスタートすることもあり、前走のような形をとりにくいコース形態替わりもプラス(重賞によらずこのパターンで馬券になる馬はそこそこいる)。, 2019年中山牝馬ステークス2着、ウラヌスチャーム(オッズ・3番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、愛知杯(中京競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・12.9-11.4-12.9/12.8/12.2-11.8-11.7/11.8-11.2-11.3, ウラヌスチャームは、6枠9番からスタート。出遅れではないが、若干後手な発馬。促して行って前目へ。先行ポジションの外目につけていく。, 逃げて行ったのは、ランドネ。テン3ハロン37.2秒。遅めの逃げ。ウラヌスチャームのテン3ハロンは38.1秒。こちらはスローペース。, 向正面。逃げ馬のペースは標準前後を継続していく。ウラヌスチャームは中団の外目を強めに抑えつつ、折り合いつつ追走していく。, 直線。外目を回ってこともあり、追い出せる位置は確保。じわじわ追い上げていく。追って、追う。ムチ入れして伸びを確認する追い方で伸びてくる。しかし、挟まれ気味になって、勝ち馬のワンブレスアウェイに進路を消され気味になり、そのままゴール。ウラヌスチャーム4着。上がり3ハロン33.9秒。, ※【中山牝馬ステークス2019・過去結果データメモ】ウラヌスチャームの斤量は愛知杯と変わらずの53キロ。前走のウラヌスチャームは、テン3ハロン遅めで進み→中間ラップは標準前後で流れたレースを走った。, ウラヌスチャームはスタートまずまず、促しつつ前へ。先行の外目につけるも、距離ロス抱えての競馬に。道中は折り合いつつ脚を溜めて、3角-4角も距離ロス抱え、直線はムチ入れしつつ伸びを確認しつつ伸びてくるも、勝ち馬にフタされ気味になり追えないシーンが見られる。ウラヌスチャーム4着。上がり3ハロン33.9秒。まともに追えてたら、3着内はあったはず。, 2019年中山牝馬ステークス3着、アッフィラート(オッズ・11番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、初富士ステークス(中山競馬場・芝1800m)でした。, レースラップ・12.5-12.9-12.1/12.6-12.0-12.0/11.5-11.1-11.9, アッフィラートは、3枠4番からスタート。若干後手なスタート。促して、押して中団のインへ。押して行ったのはいいものの、前のスピードが上がらなかったので、少しケンカしてる。, 逃げて行ったのは、ティソーナ。テン3ハロン37.5秒。遅い逃げ。アッフィラートのテン3ハロンは38.5秒。, 向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続していく。アッフィラートは中団後方のインで押し溜めつつ、折り合いつつ。, 直線。入り口で後方馬群の中にアッフィラート。追って、追って、進路探しつつ。他馬に迷惑かけたが進路を見つけて追い込んでくる。追って、追って追う。伸びて伸びてくる。しかし、先に抜け出していたレッドローゼスは交わせず。アッフィラート2着。上がり3ハロン33.8秒。, ※【中山牝馬ステークス2019・過去結果データメモ】アッフィラートの斤量は初富士ステークスから4キロ減の51キロ。前走のアッフィラートは、テン3ハロン遅め→中間ラップも遅めで流れるレースを走った。, アッフィラートは後手気味なスタート。押して押してスピードに乗せていくも、目論見が外れて前を走る馬と喧嘩しつつ出したスピード削ぎつつの1角入り。インベタで回りつつ、道中は中団の後方で脚溜めつつ。3角-4角、距離ロスありつつ直線は追って伸びてきての2着。上がり3ハロン33.8秒。, 道中のペースが遅かったこともあり、上がりの出やすい流れとなったものの、1角入るまでの動作は脚を削がれてる部分はある。距離ロスを抱えたのは3角-4角で、直線上がり3ハロン33.8秒。ここに4キロ減が加わる以上、ヒモには入れたい前走内容である。, レースラップ・12.5-12.1-12.3/12.3-12.1-12.3/12.0-11.5-11.9, 2018年中山牝馬ステークス1着、カワキタエンカ(オッズ・6番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、洛陽ステークス(京都競馬場・芝1600m)でした。, レースラップ・12.5-11.4-11.7/11.7-11.8/12.3-11.8-13.0, カワキタエンカは、6枠8番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目へ。逃げていく。カワキタエンカのテン3ハロンは35.6秒。おおよそ標準くらいの逃げ。, 直線。入り口で先頭も、鞍上が抑え込んで無理しないで全く追っていない状態で残り200mを過ぎていく。ただ、交わされる一方。カワキタエンカ10着。上がり3ハロン38.2秒。, ※【中山牝馬ステークス2018・過去結果データメモ】カワキタエンカの斤量は落陽ステークスより1キロ減の53キロ。前走のカワキタエンカは、自身が逃げていく。テン3ハロンは標準くらいで進み、中間ラップで早くなっていくラップを作って走った。, カワキタエンカはスタート出て、抑えつつ前に行き逃げていく。強目に抑えつつ、標準→少し早めの流れ。インベタで回って行って、直線を迎えるも、鞍上は全然追わずのゴール。10着。, 追わないと競走馬は伸びない。雨も降って重馬場近づく馬場もあっただろうけど、怪我や不利などを除いて、直線追ってくれないと判断のしようがない。前々走、秋華賞はかなりのハイペースで逃げて行っての5着。当たり前に流れるペースが京都から中山に変わって遅くなることを考えると、坂があることで早く逃げにくくなるコース形態は加点ポイントと見ていい。, 2018年中山牝馬ステークス2着、フロンテアクイーン(オッズ・2番人気。血統・メイショウサムソン産駒)の前走は、ターコイズステークス(中山競馬場・芝1600m)でした。, レースラップ・12.5-11.6-11.8/11.8-11.8/11.7-11.2-11.8, フロンテアクイーンは、4枠7番からスタート。発馬まずまず。軽く促して前目へ。外からペイシャフェリスが入ってきて、若干しんどくなるシーンあり。抑えつつ、先行集団へ。, 逃げて行ったのは、リエノテソーロ。テン3ハロンは35.9秒。遅めの逃げ。フロンテアクイーンのテン3ハロンは36.3秒。, 向正面。逃げ馬のペースは少し遅いままを継続していく。フロンテアクイーンは先行集団の真ん中あたりで強めに抑え込んで、追走していく。, 直線。入り口過ぎでは前は壁。ついて行きつつ、どうにか進路をこじ開けて、追って追うフロンテアクイーン。伸びて伸びて伸びて、ミスパンテールにクビ差負けるも2着に飛び込んでいく。フロンテアクイーンの上がり3ハロン34.4秒。, ※【中山牝馬ステークス2018・過去結果データメモ】フロンテアクイーンの斤量はターコイズステークスから1キロ増の54キロ。前走のフロンテアクイーンは、テン3ハロン遅め→中間ラップも少し遅めを継続していく流れを走った。, スタートまずまず。フロンテアクイーン軽く促して先行へ。外から入ってくる馬がいて窮屈なシーンありつつ、脚を溜めていく。スローペースもあって、脚はためやすい流れ。距離ロス少なく回っていく。直線は追い出しが遅れるもどうにか急激に一杯に追って行って、2着まで間に合わせる。上がり3ハロン34.4秒。, スタートからじっくり脚を溜めていくプランがうまくいかないシーンあるも、直線追い出しが遅れるも、上がり3ハロン34.4秒出せれば、次走も馬券になる可能性は大。, 2018年中山牝馬ステークス3着、レイホーロマンス(オッズ・9番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、愛知杯(中京競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・12.2-11.3-12.1/12.3/12.4-12.6-12.1/11.8-11.3-12.0, レイホーロマンスは、4枠8番からスタート。発馬まずまず。抑えて行くも、マキシマムドパリとエテルナミノルがちょっと前で挟む形になり、レイホーロマンスとキンショーユキヒメの進路が狭くなってブレーキ踏んでるシーンがある(キンショーは次走7着ののち、福島牝馬で1着)。その後は後方に抑えつつ下げて行く。, 逃げて行ったのは、コパノマリーン。テン3ハロンを35.6秒で。少し早めの逃げ。レイホーロマンスのテン3ハロンは37.3秒。, 向正面。逃げ馬のペースは遅いペースになっていく。レイホーロマンスは、後方馬群の外目を抑えつつ追走して行く。, 直線。入り口で後方4番手あたり。追って、追って、追うレイホーロマンス。外目を伸びて伸びて行く。競っていた、3着馬・マキシマムドパリを交わす。しかし、先に抜け出していたエテルナミノルは交わせず。レイホーロマンス2着。上がり3ハロン34.0秒。最速。, ※【中山牝馬ステークス2018・過去結果データメモ】レイホーロマンスの斤量は愛知杯から1キロ増の52キロ。前走のレイホーロマンスは、テン3ハロンが早いペースで流れて行き、中間ラップはスローペースになって流れるレースを走った。, レイホーロマンスはテン3ハロンから抑えつつ進むも前を走ってた馬に挟まれ気味に進路無くして、後手踏む。そのまま距離ロスを抱えつつ後方馬群の外目追走。ペース遅かったこともあり、脚貯めつつ、3角-4角で再び距離ロス抱える。直線は追って伸びて伸びて伸びての2着。上がり3ハロン34.0秒の最速。, 距離ロスあっても上がりのあった馬は消さない方がいいパターン。ただし、強烈な追い込み馬ということもあり、ヒモで抑えておくのがいいかと。, レースラップ・12.9-12.3-12.6/12.4-12.2-12.1/11.8-11.3-11.8, 2017年中山牝馬ステークス1着、トーセンビクトリー(オッズ・5番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、アンドロメダステークス(京都競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・12.6-11.1-12.0/12.0/12.0-12.1-11.8/11.8-11.5-12.2, トーセンビクトリーは、5枠9番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目へ。逃げていく。テン3ハロン35.7秒。早めの逃げ。, 1角-2角。トーセンビクトリーはジワッと逃げていったこともあり、最内から押して押して行ったマドリードカフェに1角入りで内から入られて、内1頭外を回っていくことに。2角入るまでに内に入って行く。, 向正面。逃げていくトーセンビクトリーのラップは少し早めを継続していく。抑えつつも、逃げていく。, 直線。直線入って、外からマイネルフロストに交わされる。しかし、垂れつつも食らいついてくトーセンビクトリー。追って追う。残り100m切って、3番手4番手。そこから後続殺到。交わされていく。トーセンビクトリー8着。上がり3ハロン35.9秒。, ※【中山牝馬ステークス2017・過去結果データメモ】トーセンビクトリーの斤量はアンドロメダステークスと変わらずの53キロ。前走のトーセンビクトリーは、テン3ハロン早めで進み、続けて中間ラップも少し早めを継続していく流れを走った。, トーセンビクトリーはスタート決めてじわっと前目へ。促してハナを奪わなかったこともあり、内から競りかけて来た馬が。そのため、自身のペースが上がる+1角内1頭外周りに。些細なことだけど、その後ペースアップして走ることになるきっかけで負荷は大きい。3角-4角はインベタで回るも、直線は抵抗するも脚が上がる。トーセンビクトリー8着。上がり3ハロン35.9秒。, テン3ハロンから中間からハイペースになったのはトーセンビクトリーとってしんどい展開。重馬場になって時計がかかる上で早いラップ。京都から中山に変わって当たり前に流れるペースが遅くなるのは、トーセンビクトリータイプにとってプラス。前走の上がりは35.9秒だか、ゴール近くまで粘っていたこともあり、テンを遅く行ければ挽回できるサインでもあった。最低、ヒモには入れておきたい。, 2017年中山牝馬ステークス2着、マジックタイム(オッズ・1番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、ターコイズステークス(中山競馬場・芝1600m)でした。, レースラップ・12.4-10.8-11.4/11.8-11.9/11.7-11.9-11.7, マジックタイムは、5枠10番からスタート。発馬まずまずも抑えつつ、後方へ下げていく。最後方からの競馬。, 逃げて行ったのは、クロコスミア。テン3ハロン34.6秒。少し早めの逃げ。マジックタイムのテン3ハロンは36.3秒。, 向正面。逃げ馬のペースは少し遅めを継続していく。マジックタイムは、最後方からじわじわ内目を上がっていく。, 直線。入り口では後方馬群の中で、進路なし。ウキヨノカゼが抜けていく後について行って、進路確保していくマジックタイム。追って、追って追う。伸びて伸びてく。残り100m切って先頭。そのまま交わされることなくゴール。マジックタイム1着。上がり3ハロン34.2秒。, ※【中山牝馬ステークス2017・過去結果データメモ】マジックタイムの斤量はターコイズステークスと変わらずの56キロ。前走のマジックタイムは、テン3ハロン少し早め→中間ラップは少し遅め継続な流れを走った。, マジックタイムはスタートまずまずも、後方インからの競馬。抑えつつ。抑えつつ。道中内目からジワジワと上昇して、少しの距離ロス抱えつつ、直線は抜けだしていく馬の後についていって、追って伸びてくる。上がり3ハロン34.2秒。, 少し遅い程度の流れで、この上がりがあれば、距離延長もこなせる範囲。ただ、今回外目の枠に行ったのは若干マイナス。重賞に限らず、中山競馬場・芝1600m→芝1800mへのコーナー増+200m距離延長で馬券になりやすいパターン(嗚呼、有料noteで1980円くらいになるネタ)。, 2017年中山牝馬ステークス3着、クインズミラーグロ(オッズ・7番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、愛知杯(中京競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・12.9-11.6-12.7/12.3/12.1-11.8-11.9/11.8-11.7-12.6, クインズミラーグロは、1枠1番からスタート。発馬決めて軽く促して行く。前目、先行のイン。外からプリメラアスールが入ってくる。, 逃げて行ったのは、プリメラアスール。テン3ハロン37.2秒。少し遅めの逃げ。クインズミラーグロのテン3ハロンは37.9秒。, 向正面。逃げ馬のペースはおおよそ標準前後で進む。クインズミラーグロは3番手4番手のインを抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。, 3角-4角。クインズミラーグロはインベタで回りつつも、逃げ馬の脚が垂れつつあるのを気にしつつ回って行く。, 直線。入り口で4番手5番手。前が開いて、追って追うクインズミラーグロ。ジワジワジワと伸びてくる。一瞬先頭に出たものの、外からマキシマムドパリ、サンソヴールに交わされる。クインズミラーグロ3着。上がり3ハロン36.2秒。, ※【中山牝馬ステークス2017・過去結果データメモ】クインズミラーグロの斤量は愛知杯から1キロ減の52キロ。前走のクインズミラーグロは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは標準前後で流れるレースを走った。, スタート決めて、クインズミラーグロは少し促してスピードに乗せて前目へ向かう。しかし、外から逃げ馬に入ってこられて、しんどい1角入りに。道中はインベタで脚溜めつつ。3角-4角も同様。逃げ馬の脚がなくなりつつあるのに少々付き合い、直線は抜け出してきてほんの一瞬なものの先頭に。交わされて3着。上がり3ハロン36.2秒。, スムーズに脚整えて競馬できなかったシーンがちらほら。ただ、直線追い出せる位置がすんなり確保できたのはラッキー。ペースは遅すぎるペースではなかったこともあり、上がり3ハロン36.2秒は評価していい数字。ヒモ。, 以上、中山牝馬ステークス2020競馬予想に。過去の結果から1~3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。, 「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!, -競馬レース映像分析